目次へ戻る

万が一の交通事故・・・!事故車のその後は修理?廃車?「買取」!?

万が一の交通事故・・・!事故車のその後は修理?廃車?「買取」!?

交通事故が増える12月。年末に掛け遠出、外出が増える時期ですが交通事故の当事者にはなりたくないもの。ですが万が一交通事故にあってしまった場合、その後の車はどうしますか?本記事では事故車の「買取」サービスを紹介します。


1年で最も交通事故の発生件数が多い月 12月

12月も終盤に近づき寒い日々が続いております。

年末年始などの長期休暇はもちろん、今年は23日~クリスマスまでの3連休にて長距離の運転や、車に乗っての移動が増える時期ではないでしょうか。

この季節の交通事故の要因としてあげられるのは、「忙しい」という感覚から交通事故を誘発してしまったり、上記にあげたような年末年始、クリスマスなどのイベントで交通量が増え、交通事故も増えてしまったり。

降雪のある地域では路面凍結を起因として交通事故に繋がってしまったりとさまざまです。

上記の図は、平成25年、平成26年の交通事故件数と、交通事故による死者数のグラフになりますが、見ていただいたとおり、1年間を通じて交通事故発生件数、交通事故による死者数がもっとも多いのが12月となっています。

交通事故の発生件数で見ると、一番交通事故の少ない2月の42,403件(平成26年データ)と比べると、同年の12月の交通事故発生件数は約1.3倍の54,419件と、1万件以上の差が出ていることがわかります。

万が一交通事故の当事者になってしまったら

万が一交通事故の加害者、被害者であれ当事者になってしまった場合、主に心配される被害、損傷としては、「身体的損傷」「物質的損害」の2つに分けられるのではないでしょうか。

身体的損傷、物質的損傷どちらも自分自身が被害にあう可能性も大いにあります。

本記事では「物質的損傷」の中でも事故を起こしてしまった「車両」に焦点を当てたサービスを紹介していきます。

「修理」か「廃車」という選択肢

国内の事故発生車数は年間でおよそ553万台にものぼるようです。

そのうち、交通事故にあった車を修理するという選択肢は約90%。
台数で換算すると503万台。

修理をしない(廃車、その他)という選択肢は約10%の50万台程度という結果になるようです。

日本国内においてほとんどのドライバーは、事故を起こしてしまった車両でも修理をし乗り続けているという現状であるといえます。

事故の程度により変わりますが、「修理」と「廃車」という選択肢がほとんどです。

意外と知られていない修理・廃車のデメリット

交通事故にあってしまい、自身の車が修理、廃車どちらかを迫られた。

そんな経験をお持ちの方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、意外と知られていないのが事故車両の修理、廃車の際のデメリットです。

具体的なデメリットとしては下記のようなものがあげられます。

「修理のデメリット」
■高い費用をかけて修理をするも、その後売却をする際に
「修復歴車」となってしまい、車体の買取価格が大幅に下がってしまった。
■車両保険を使い修理をしたら、翌年の保険料が大幅に上がってしまった。

「廃車のデメリット」
■結局下取り価格がつかず、やむを得ず廃車に。
■廃車登録にリサイクル料がかかり、車が無くなる上に費用を支払うと損した気分。

と、上記のようなデメリットがあげられます。

いずれにしても事故車両の処理は、ドライバーにとって大きな経済負担がのしかかります。

そこで利用したい「事故車を買い取る」サービス

そこで利用したいサービスが「事故車買取サービス」です。

「事故車買取サービス」とはどのようなサービスかというと、上記のような事故車を専門に、
「事故現状のまま」買い取るサービスです。

このようなサービスがあること自体あまり知られておらず、筆者自身も今回初めて知りました。

実際の買取額は?

とはいえ、ここまで壊れてしまった車。

買い取ってくれると言っても、
大した額にならないんじゃないか、
スズメの涙程度の金額だったら意味が無い
一体いくらで買い取ってくれるのか?

そこが一番重要なポイントでしょう。

事故車買取業界シェアNo.1の株式会社タウで買い取られた車両毎の損傷具合と、買取額をまとめました。

車名/グレード:アルファード/2.5S
年式:2015年式
走行距離:3.2万km

損傷箇所:フロント、足周り
ディーラー提示修理費用:120万円
買取時期:2016年5月

上記アルファードの実際の買取価格は「228万円」となったようです。

年式が新しい、走行距離が少ない、元の車両価格が高額、という点はあるにせよ
驚きの買取価格です。

車名/グレード:プリウス/S
年式:2011年式
走行距離:10.3万km

損傷箇所:サイド、足周り
ディーラー提示修理費用:90万円
買取時期:2016年4月

こちらのプリウスの買取価格は「22万円」

アルファードと比べるとインパクトは落ちますが、ポイントとしては走行距離が10万kmを越すような過走行の車両でも買い取ってくれるという点でしょう。

車名/グレード:アウディ/2.0TFSI
年式:2013年式
走行距離:0.3万km

損傷箇所:フロント、エンジン、エアバッグ
ディーラー提示修理費用:修理不可
買取時期:2016年1月

こちらのアウディQ3の買取価格は「40万円」

ポイントとしてはなんといっても、修理不可といわれてしまった車両であっても買取してくれているというところ。

車名/グレード:BMW320d/Mスポーツ
年式:2014年式
走行距離:0.5万km

損傷箇所:フロント、サイド、足周り、エンジン、エアバッグ
ディーラー提示修理費用:200万円
買取時期:2016年6月

最後にこちらのBMW。買取価格は「114万円」となったようです。

リア以外の殆どの箇所を損傷し、修理費用として提示された額は200万円。

修理費用が200万円となると保険を使うにせよですが、かなり大きな金額です。
が、タウでの買取額は、修理をせず画像のままの状態で114万円の買取という結果。

上記にあげたよう驚きの買取価格が多々でした。

車両保険と買取金額を合わせれば新たに車を購入する際の頭金にも充分なります。
車両によっては丸々1台車の購入に充てれる可能性も。

なぜ高額で買い取ってくれるのか?

事故車両をそのままの状態で、且つ高額で買い取ってくれるのは非常にありがたく、すばらしいサービスなのですが、なぜそのように高額で買い取ってくれているのでしょうか。

その答えは「海外」にあるようです。

海外が答えといわれてもピンときませんが、日本と海外の事故者、損害車に対する価値観の違いにあるようです。

図のように日本における事故車両の扱いは決して高くありません。
むしろ事故を起こした車を買うという選択肢を多くの人が好まないというのが実情です。

しかしながら海外のリユース先進国113カ国では、事故車に対しての意見も「直っていれば良い」「安い」と高評価。

事故歴車に対する嫌悪感が低いため、中古車よりも安価に購入できる事故車には旺盛な需要が存在しているのです。

この点に関しては国毎の価値観としか言いようが無いかもしれません。

もう1点加えて言うとすれば事故車両の修理コストが日本と比較し、約1/5程度と非常に安価で修理ができるという点です。

車体価格や、輸入関税が通常の中古車と比較して安価になるケースもあるようです。

このように日本と異なる『リユース文化』や『合理的な考え方』が高い需要の理由であり、
販売先となるリユース先進国は113カ国。

だからこそ、高価な買取が実現しているサービスなのです。

関連する投稿


年式で見る愛車の売り時!賢く売ろう!

年式で見る愛車の売り時!賢く売ろう!

愛車も長く乗っていると、気になる新型車が出てきて購入を迷うこともあります。いざ乗り換えるために、今の愛車を売って新車のために資金の足しにしようとしても「思っていたより全然安くなってしまう」なんてことも・・・。こちらの記事では愛車の売り時についてを紹介しています。


いつが売り時!?大事な愛車を高く売る方法

いつが売り時!?大事な愛車を高く売る方法

大事にしていた愛車もそのうち、買い替えの時がやってきてしまいます。でも大事にしていた愛車なら、高く売りたい!と思ってしまうのが世の常ではないでしょうか・・・。そんな時にするべき方法をこの記事では紹介して行きたいと思います。


予期せぬ事故を防ぐためには?360°動画で学ぶ自転車の安全運転

予期せぬ事故を防ぐためには?360°動画で学ぶ自転車の安全運転

JAFは自動車事故を回避する為の動画をネットにて多数公開しています。しかし車の次、あるいは同じくらいの頻度で利用されているのが「自転車」です。今回は私達が自転車を運転する際、どのような危険が潜んでいるのか、どういった点に注意すべきか、改めて認識できる動画をご紹介します。


360°動画で疑似体験! 後部座席のシートベルト非着用、水没時の対処方!

360°動画で疑似体験! 後部座席のシートベルト非着用、水没時の対処方!

交通事故を起こしてはならないと、ほとんどのドライバーが気をつけながら車を運転している中、他人の不注意による事故や対策のしようがない災害などに巻き込まれてしまうリスクは決して低くありません。本記事ではそんな時に使える知識を学べる360度動画を紹介します。


急増するネットの中古車買取。仕組みやメリット・デメリットは?

急増するネットの中古車買取。仕組みやメリット・デメリットは?

インターネット上で「車 買取」と検索すると多数存在する車の買取サービス。テレビCMでも有名なカーセブンやラビット等の買取業者とは別に「最大○社の中から一括査定」というサービスも多々存在しています。本記事ではネットの車買取サービスの仕組みやメリット、デメリットについて説明すると共におすすめサービスの紹介をしてます。


最新の投稿


【9月22日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【9月22日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【9/22情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。


【最上級SUV】レクサス LX スペック、燃費、新車・中古車価格は?

【最上級SUV】レクサス LX スペック、燃費、新車・中古車価格は?

レクサス LXは、トヨタ自動車が販売する、高級な大型SUVです。マイナーチェンジを行ったレクサス LXはボディ、室内空間、性能がさらに充実し、国内最高クラスのSUVになっています。本記事ではレクサスLXについてご紹介します。


【いつかは乗りたい】貴方が乗ってみたい未来の乗り物って?【アンケート】

【いつかは乗りたい】貴方が乗ってみたい未来の乗り物って?【アンケート】

自分が運転しなくても、車が代わりに運転をしてくれたり、昔見たSF映画のように、車が空を飛んだりする…。子どものころ思い描いた夢が、今、現実になろうとしています。そんな中、NewsCafeでは、「貴方の乗ってみたい未来の乗り物」についてアンケートを実施しました。今回は気になる結果についてまとめています。


【続報続々】注目のSUV マツダのCX-8新型 続報まとめ

【続報続々】注目のSUV マツダのCX-8新型 続報まとめ

新しいSUV・マツダのCX-8。12月14日発売ではあるものの、発売前から話題になっています。今回はそんなマツダのCX-8の、続報についてご紹介します。


【ハロウィン2017】東京駅・エキナカオススメハロウィングルメ6選

【ハロウィン2017】東京駅・エキナカオススメハロウィングルメ6選

2017年ハロウィン到来目前!昨今ハロウィンが熱いですが、その影響はグルメにも。今回はそんな東京駅のエキナカで食べられる、ハロウィングルメをご紹介します。お土産にもオススメですよ。