IT・モバイルのイベントで、プジョーがコンセプトカーを世界初公開!

IT・モバイルのイベントで、プジョーがコンセプトカーを世界初公開!

2017年2月27日~3月2日、IT・モバイル業界の未来を占うヨーロッパ最大のイベント、「Mobile World Congress(モバイル・ワールド・コングレス 通称MWC)」にて、プジョーがコネクテッドカーの出展をしました。こちらの記事では出展されたコンセプトカーを画像と共に振り返ります。


IT・通信・モバイルの見本市でクルマの展示

IT・モバイル業界の未来を占うヨーロッパ最大のイベント、「Mobile World Congress(モバイル・ワールド・コングレス、通称MWC)」がスペイン現地時間の2月27日から3月2日まで開催されました。

MWCはIT・通信・モバイルの見本市で、近年のコネクテッドカーの盛り上がりを受けてブースに車両を展示する企業が増えてきたそうです。とはいえ、まだまだ通信・モバイル関連事業者のためのイベントという性格が強いようです。

しかし今回、プジョーがIT・通信・モバイルの関係者も自動車に高い関心を持っていることを証明してくれました。プジョーがコンセプトカーのワールドプレミアにMWCという舞台を選んだことは、最早、英断だといえるでしょう。

コンセプトカーの名前は『INSTINCT』(インスティンクト、"本能"という意)。レベル4の自動運転に対応した、10年先の未来に市場投入されることを想定したコンセプトカーとなっています。パワートレインはPHVで、ボディタイプはシューティングブレイク。高速走行時にはリアのウィングが自動で出てくる仕様。

助手席には大型ワイドモニターがインストールされています。シートは、座席自体は固定されて動きませんが、ファブリック素材の座面が上下前後左右に動き、快適なシートポジションを実現。シートの頭部には3Dプリンターを使用して作られたパーツが試験的に使用されています。

運転モードは自動運転時の2モードと、通常運転時の2モードの合計4モード搭載されています。自動運転時はくつろぎながらクルマでの移動を楽しむことができる「Soft」モードと、目的地まで短い時間できびきびと運転してくれる「Sharp」モードの2モードが、そして通常運転時も同様に快適運転モードとスポーツ運転モードの2つが用意。

なお自動運転モードの際は、リアのプジョーエンブレムの周囲が淡く光り、周囲の車両に自動運転モードで走行していることを知らせることができるようになっています。

運転席のドアを開けるとドアポケットに、最新のコンセプトカーとは対象的な、かなり年季の入ったのフランスのSF小説が入っていました。これは「自動運転時にくつろぎながら小説を読むことができるということの示唆だ」とのこと。粋な演出です。

サムスンのARTIC Cloud(アーティック・クラウド)を採用し、各種モバイル端末やウェアラブルデバイスと連携する。これにより乗員のバイタルデータを分析し、快適な車内空間や走行モードを自動で選択してくれる。なお、オーディオはフォーカルを採用しています。

コネクテッドカー・自動運転の未来はフランスが牽引?

このコンセポトカーのデザイナーはMtthias Hossan(マティアス・ホッサン)氏、そしてプロジェクトマネージャーはPhilipie-Emanuel(フィリップ・エマニュエル)氏。両名ともフランスの出身。

フォーカルもまたフランスのオーディオメーカー。

フランスのパリでは毎年5月に5000以上のスタートアップ企業と、ベンチャー企業と組みたい100以上の大手企業、そして100以上ものベンチャーキャピタルが集まる「Viva Technology(ビバ・テクノロジー)」という、世界最大級のベンチャー企業のビジネスマッチングイベントがあります。

MWC会場でも、MWCと同時開催されるベンチャー企業軍の展示会である「4 Years From Now(フォー・イヤーズ・フロム・ナウ、通称4YFN)」でも「French Tech」というフランス企業群のプレゼンスは際立っていました。

もしかすると、コネクテッドカーと自動運転によってもたらされる新しいモータリーゼーションはフランス企業が牽引していくのかもしれませんね。

関連する投稿


【ジュネーブモーターショー2017】プジョー3008お目見え!

【ジュネーブモーターショー2017】プジョー3008お目見え!

日本導入が発表されたプジョーの新型SUV『3008』。ジュネーブモーターショーの会場では、欧州カーオブザイヤー受賞のニュースと合わせ、新世代プジョーの旗艦車種として大々的にアピールされていた。


最新の投稿


自動で動くイス?日産の「プロパイロットチェア」が面白い

自動で動くイス?日産の「プロパイロットチェア」が面白い

日産の「プロパイロットチェア」はプロパイロットのコンセプトをわかりやすく人々に伝えるために製作された自動で動くイスです。その動画と体験デモの様子を見てみましょう。


「生物兵器防衛モード」EVテスラの空気清浄がすごい

「生物兵器防衛モード」EVテスラの空気清浄がすごい

テスラは、病院や宇宙産業などで使われている空気濾過システムにヒントを得て、空気清浄システムを開発してきた。そして今回、花粉、バクテリア、汚染物がキャビンに潜入する前に外気から取り除き、これらの微粒子を完全に消去するために、キャビンの空気を系統的に洗浄することの可能なHEPA (ヘパ)フィルトレーションシステムを開発した


2020年に高速道の逆走事故ゼロへ、メーカー・国土交通省の様々な取り組み

2020年に高速道の逆走事故ゼロへ、メーカー・国土交通省の様々な取り組み

国土交通省は2020年までに高速道路での逆走事故ゼロを目指し、高速道路各社と自動車メーカーが連携した各種の取り組みを行っています。


国が定める新基準「安全運転サポート車」ってなに?

国が定める新基準「安全運転サポート車」ってなに?

高齢運転者による交通事故対策の一環として、自動ブレーキなどの先進安全技術を活用した一定の運転支援機能を備えた車「安全運転サポート車」について調べてみましょう。


クルマ業界の赤い彗星!?シャア専用オーリスⅡ! (画像多め)

クルマ業界の赤い彗星!?シャア専用オーリスⅡ! (画像多め)

皆様はシャア専用オーリスをご存知でしょうか?シャア専用オーリスは2013年に初代が作成され、2015年に第2世代目が作成されました。こちらの記事ではシャア専用オーリスⅡの情報を画像と共にお届けします。