目次へ戻る

軽自動車販売、首位はなんと?

軽自動車販売、首位はなんと?

全国軽自動車協会連合会が発表した3月の軽自動車ブランド別新車販売台数によると…。


軽自動車販売、スズキが11か月ぶりに首位浮上 3月ブランド別

全国軽自動車協会連合会が発表した3月の軽自動車ブランド別新車販売台数によると、スズキが前年同月比9.4%増の7万1215台を販売し、11か月ぶりにトップとなりました。

10か月連続で首位を守ってきたダイハツは、同2.7%減の7万0857台と伸び悩み、首位スズキにわずか358台届きませんでした。

1位:スズキ 7万1215台(9.4%増)
2位:ダイハツ 7万0857台(2.7%減)
3位:ホンダ 4万2896台(5.4%減)
4位:日産 2万3549台(7.1%減)
5位:三菱 9050台(6.8%減)
6位:マツダ 5208台(1.3%増)
7位:スバル 4777台(9.2%増)
8位:トヨタ 3165台(2.8%減)

王座奪還のスズキが誇る軽自動車、ワゴンRに迫る

ワゴンR、スティングレーのスタイルは?

さて、スタイルの話からしよう。サイドビューが日本で一番人気のミニバンを彷彿させる話は、ハイブリッド車の試乗でもした通り。スズキのクルマはよく、売れてるクルマのいいとこどりをデザインに反映させる傾向にある。人気車『ハスラー』のHマークとその文字は、今は無きハマーのエンブレムにそっくりだし、今回のワゴンRの場合、サイドビューもそうだがスティングレーのデザインでは、ヘッドライトはどことなく、キャデラック風だし、グリルは今や旧世代となった上下分割グリルのシボレーを彷彿させる。

ワゴンR、スティングレーインテリアは

水平基調を強調したインテリアデザインは、今回からセンターメーターが採用されて、確認すべき計器類は、ナビなども含め、ボディ中央に集約されている。おまけにオプションだが、ヘッドアップディスプレイも装備されるので、目線の横移動が嫌な人は、最低限の情報はヘッドアップディスプレイからも得られる。スティングレーの場合、黒ベースのダッシュボードにその水平基調をさらに強調する赤いピンストライプが入れられている。ターボ車の場合、パドルシフトも装備されて、7速のマニュアル操作も可能だ。車高や地上高はNAハイブリットモデルと同一だが、タイヤサイズはNAの155/65R14から、165/55R15と大型化していて、乗り味はNAモデルと比較して一段と引き締まった印象を受けるが、決してゴツゴツと硬いという印象ではなかった。

総じて、新しいワゴンRスティングレーはその性能、乗り味、装備、コストパフォーマンスなどの点で、現行軽自動車の頂点にあるモデルと言って過言ではない。褒めすぎか?

水平基調を強調したインテリアデザインは、今回からセンターメーターが採用されて、確認すべき計器類は、ナビなども含め、ボディ中央に集約されている。おまけにオプションだが、ヘッドアップディスプレイも装備されるので、目線の横移動が嫌な人は、最低限の情報はヘッドアップディスプレイからも得られる。スティングレーの場合、黒ベースのダッシュボードにその水平基調をさらに強調する赤いピンストライプが入れられている。ターボ車の場合、パドルシフトも装備されて、7速のマニュアル操作も可能だ。車高や地上高はNAハイブリットモデルと同一だが、タイヤサイズはNAの155/65R14から、165/55R15と大型化していて、乗り味はNAモデルと比較して一段と引き締まった印象を受けるが、決してゴツゴツと硬いという印象ではなかった。

総じて、新しいワゴンRスティングレーはその性能、乗り味、装備、コストパフォーマンスなどの点で、現行軽自動車の頂点にあるモデルと言って過言ではない。褒めすぎか?

水平基調を強調したインテリアデザインは、今回からセンターメーターが採用されて、確認すべき計器類は、ナビなども含め、ボディ中央に集約されている。おまけにオプションだが、ヘッドアップディスプレイも装備されるので、目線の横移動が嫌な人は、最低限の情報はヘッドアップディスプレイからも得られる。スティングレーの場合、黒ベースのダッシュボードにその水平基調をさらに強調する赤いピンストライプが入れられている。ターボ車の場合、パドルシフトも装備されて、7速のマニュアル操作も可能だ。車高や地上高はNAハイブリットモデルと同一だが、タイヤサイズはNAの155/65R14から、165/55R15と大型化していて、乗り味はNAモデルと比較して一段と引き締まった印象を受けるが、決してゴツゴツと硬いという印象ではなかった。

総じて、新しいワゴンRスティングレーはその性能、乗り味、装備、コストパフォーマンスなどの点で、現行軽自動車の頂点にあるモデルと言って過言ではない。褒めすぎか?

水平基調を強調したインテリアデザインは、今回からセンターメーターが採用されて、確認すべき計器類は、ナビなども含め、ボディ中央に集約されている。おまけにオプションだが、ヘッドアップディスプレイも装備されるので、目線の横移動が嫌な人は、最低限の情報はヘッドアップディスプレイからも得られる。スティングレーの場合、黒ベースのダッシュボードにその水平基調をさらに強調する赤いピンストライプが入れられている。ターボ車の場合、パドルシフトも装備されて、7速のマニュアル操作も可能だ。車高や地上高はNAハイブリットモデルと同一だが、タイヤサイズはNAの155/65R14から、165/55R15と大型化していて、乗り味はNAモデルと比較して一段と引き締まった印象を受けるが、決してゴツゴツと硬いという印象ではなかった。

総じて、新しいワゴンRスティングレーはその性能、乗り味、装備、コストパフォーマンスなどの点で、現行軽自動車の頂点にあるモデルと言って過言ではない。褒めすぎか?

おすすめの軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶ2017年最新情報!

https://matome.response.jp/articles/555

【2017年5月16日更新】国内の自動車販売台数の内、およそ3割の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車価格、中古車価格(中古車平均価格)、ユーザー評価などの情報をまとめて掲載しています。

関連する投稿


【9月22日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【9月22日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【9/22情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。


【話題】軽自動車を白ナンバーに!|料金・手続方法やデメリットは?

【話題】軽自動車を白ナンバーに!|料金・手続方法やデメリットは?

【9/20更新】2017年4月1日、道路運送車両法施行規則等が一部改正され、図柄入りナンバーが導入されました。軽自動車も白ナンバーにできるということで話題になっているラグビーワールドカップ、東京オリンピックの特別仕様ナンバープレートについての概要から手続き方法や、料金、またメリット・デメリットに関してをまとめています。


スズキ スイフトスポーツ新型 9月20日より発売!価格は183万円から

スズキ スイフトスポーツ新型 9月20日より発売!価格は183万円から

9月13日、スズキのスイフトスポーツ新型が発表されました。3代目となる新型「スイフトスポーツ」は、軽量化技術とともに走行性能を向上させた新型「スイフト」をベースにし、日常での使いやすさを確保しつつも、より高性能なホットハッチバックへと進化させた魅力あふれる一台。なのに183万円からとかなりお買い得の一台です。


スズキ アルトワークス 詳細情報一覧!スペック~中古車情報も網羅!

スズキ アルトワークス 詳細情報一覧!スペック~中古車情報も網羅!

初代~5代に渡るモデルチェンジを繰り返してきたスズキアルトワークス。スズキ アルトワークスを購入検討中の方、情報を集めている方、そんな方々向けにアルトワークスのスペック、燃費、ユーザー評価等を、今回は主に現行モデルである5代目にあたる2015年モデルHA36Sについてまとめています。


ホンダ新型N-BOX(エヌボックス)!どうかわった?価格・スペックは?

ホンダ新型N-BOX(エヌボックス)!どうかわった?価格・スペックは?

【9月5日更新】ホンダの大人気、軽トールワゴン『N-BOX(エヌボックス)』と『N-BOXカスタム』がフルモデルチェンジを行い2017年9月1日より発売されました。今回は新型N-BOX、新型N-BOXカスタムについての価格、スペックや広さ、燃費などの情報をまとめてお届けしています。


最新の投稿


【9月22日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【9月22日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【9/22情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。


【最上級SUV】レクサス LX スペック、燃費、新車・中古車価格は?

【最上級SUV】レクサス LX スペック、燃費、新車・中古車価格は?

レクサス LXは、トヨタ自動車が販売する、高級な大型SUVです。マイナーチェンジを行ったレクサス LXはボディ、室内空間、性能がさらに充実し、国内最高クラスのSUVになっています。本記事ではレクサスLXについてご紹介します。


【いつかは乗りたい】貴方が乗ってみたい未来の乗り物って?【アンケート】

【いつかは乗りたい】貴方が乗ってみたい未来の乗り物って?【アンケート】

自分が運転しなくても、車が代わりに運転をしてくれたり、昔見たSF映画のように、車が空を飛んだりする…。子どものころ思い描いた夢が、今、現実になろうとしています。そんな中、NewsCafeでは、「貴方の乗ってみたい未来の乗り物」についてアンケートを実施しました。今回は気になる結果についてまとめています。


【続報続々】注目のSUV マツダのCX-8新型 続報まとめ

【続報続々】注目のSUV マツダのCX-8新型 続報まとめ

新しいSUV・マツダのCX-8。12月14日発売ではあるものの、発売前から話題になっています。今回はそんなマツダのCX-8の、続報についてご紹介します。


【ハロウィン2017】東京駅・エキナカオススメハロウィングルメ6選

【ハロウィン2017】東京駅・エキナカオススメハロウィングルメ6選

2017年ハロウィン到来目前!昨今ハロウィンが熱いですが、その影響はグルメにも。今回はそんな東京駅のエキナカで食べられる、ハロウィングルメをご紹介します。お土産にもオススメですよ。