トヨタ レクサスGS モデルチェンジで北米に対抗 【詳細情報一覧】

トヨタ レクサスGS モデルチェンジで北米に対抗 【詳細情報一覧】

レクサスGSは日本を代表する高級車ブランドであるレクサス(トヨタ)が、北米で他国の高級車に対抗できるように投入されたセダンです。高級車としての内外ともに端正なデザイン、ハイブリッド仕様車もラインナップに加わったレクサスGSの、力強く安定性のある走りと、心地の良い乗車体験を生み出す様々な魅力に迫ります。


レクサスGSがフルモデルチェンジ!?真相は…

レクサスGSがフルモデルチェンジをする、若しくはESと統合されGSは撤廃するという情報が一部のメディアで掲載されていますが、公式な情報、決め手となるソースは一切無く、あくまで噂レベルの話となっています。

本記事では、現行のレクサスGSの情報についてをまとめて掲載しています。

レクサスGSの快適性能・車内空間

レクサスGSは日本を代表する高級車ブランドであるレクサスが誇るセダンです。端正なデザインだけでなく運転席はもちろん助手席や後席も高級車に恥じない作りになっています。まずはレクサスGSの快適性性能と車内空間について紹介していきます。

概要・特徴

GS(グランドツーリングセダン)はメルセデス・ベンツEクラス、BMW5シリーズ、アウディA6に対抗できる数少ないセダンです。これらのドイツの高性能セダンは世界中で高い評価を受けており、バランスが良くシャープな走りを提供してくれます。

先代モデルのGSはこれらに対抗するために作られましたが、結果的に差は縮まらず評価も今一でしたが、フルモデルチェンジにより室内空間を見直し、ライバルのように個性を出すべくハンドリングを始め車全体の切れの良さをGSの個性として全面的に打ち出しました。

デザイン・ボディーカラー

先代GSの個性でもあったスクエア型4灯ヘッドライトを廃止し、レクサスの新しいテーマでもあるスピンドルグリルに合わせて切れ長のヘッドライトを採用しました。これらは一目でレクサスと分かるようにデザインされたもので、ライバルにあってレクサスになかった個性を得ることになります。

またレクサスの塗装は世界で高い評価を受けており、ボディーカラー 12色というライバル以上のカラーが用意されています。

インテリアでは新型GSを皮切りに、竹が採用されています。特筆すべき点である竹のステアリングは、細かく切った11本の竹を合わせて作られており、職人によって一つずつ手で磨かれ手で塗装されています。

静粛性・インテリア

レクサス十八番の高い静粛性は至る所に見受けられます。ボディ剛性の向上やサスペンション、ダンパー等日本基準から世界基準に見直されました。中でもダンロップ製の高品質タイヤは、スポーティーな走りと高い静粛性を両立させることができるため採用されました。

シートは可動域を増やし、肩部分の前後や背もたれ、座面のシート幅を調整できるなどドライバーに合わせて細かく設定することができるようになりました。
新型GSには広い後部座席が与えられ、頭上のスペースも拡大されたため居住性が大きく向上しています。一部グレードでは後席にエアコンやエンターテイメントのスイッチが設置されています。

現行モデルの特徴

ライバルのドイツ車はフルモデルチェンジするごとにサイズが大きくなっており、狭い日本では扱いづらくなっていました。新型GSは2012年に出たにもかかわらず、幅2mmしか大きくなっていないので、日本の立体駐車場に入るサイズとしてちょうどいい大きさとして人気があります。

ガソリンモデルはもちろんハイブリッドモデルにも広いトランクスペースが与えられました。バッテリーの小型化とバッテリー以外のシステムをボンネットに収めることでゴルフバッグが3つ(サイズによっては4つ)積めるようになり、使い勝手の良さが向上しています。

レクサスGSの燃費・走行性能

レクサスGSはトヨタが提供するセダンの高級ブランドです。ハイブリッド仕様車もラインナップに加わったレクサスGSの、力強く安定性のある走りと、心地の良い乗車体験を生み出す様々な機能について解説していきます。

GS300h

レクサスGS300hは、高い燃焼性能を追求したハイブリッド専用のL4 2.5Lエンジンを搭載しています。熱効率の良さ、吸排気のタイミングを最適化するDual VVT-i、D-4S等の技術が採用されています。これにより、高い環境性能と走行性能の両立を可能としています。

走行燃料消費率(国土交通省審査値)では、JC08モード 23.2km/Lを記録。またモーターのみで走行が可能なEVドライブモードは、ハイブリッドバッテリーの電力を使用することで、エンジン始動の制限、走行中の静粛化、排出ガスの低減等に配慮することが出来ます。

GS350 Iパッケージ

GS350 IパッケージではV6 3.5Lエンジンを搭載。V6は力強いパワーフィール、優れた環境性能を特徴とした新開発のエンジンです。最先端のテクノロジーにより、パワーと環境性能において同排気量車種でトップクラスの性能を誇っています。

アトキンソンサイクル、シリンダヘッダ内の冷却性能の強化によって燃費の向上が図られています。またパーツの軽量化に伴い、軽快な加速フィールを実現しています。走行燃料消費率は、JC08モード 10.8km/Lとなっています。

走行性能

考え抜かれた高剛性ボディは乗員と車の間に一体感をもたらします。GSでは剛性をさらに強化することによって、操作性と乗り心地の安定性を高めることが出来ました。優れた剛性は振動の抑制にも効果を発揮しています。ドライブモードセレクトは、走行モードをドライバーに合わせて変更する機能です。

これによりドライビングの快適性は格段に向上します。LDH=レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステムによる統合制御が行われ、ドライバーの操作に迅速かつ正確に反応する車両挙動を実現しています。

試乗評価

レクサスGSの鍛え上げられたエンジンフィールは、息を飲む強烈な加速力(ECOモードでも十分速い)と快適な乗り心地を生み出すと評価されています。高速度域でも安定した走行が可能ですし、なおかつ静粛性にも配慮されているのが嬉しい点です。

GS300hは搭載する機能の豊富さからGS250に比べ重量自体は増していますが、ボディ重さを感じさせない軽快感のある走りが可能となっているようです。ゆとりのある室内空間と、体を包み込むようなシート構造によって長距離ドライブをしても疲労感が違います。

レクサスGSの装備・安全性

トヨタが北米で他国の高級車に対抗できるように投入された「レクサス」。現在では日本でも販売され、高級車としてのイメージも定着しています。
今回はそのレクサスの中でもグランドセダンとしての位置付けであるレクサスGSシリーズの安全性能や装備について紹介していきます。

安全性能

安全に関する分野について、レクサスNXやレクサスRXが米国ⅡHS(道路安全保険協会)で最高評価であるトップセーフティピック+を獲得する一方、レクサスGSについては日本の自動車アセスメントであるJNCAPの新評価で最高ランクの「ASV++」を獲得しています。

2015年より設定された「Lexus Safety System +」と呼ばれる予防安全を目的とするパッケージにて衝突回避や自動追従に関する最新技術をふんだんに活用した結果での受賞です。
その中でも衝突を未然に防ぐ各機能について次項で触れていきます。

衝突回避

レクサスGSの衝突回避性能として大きな特徴がプリクラッシュセーフティシステム。上位車種のレクサスLSに搭載されているアドバンスド プリクラッシュセーフティシステムから赤外線投光機能以外を備えたもので、レーダーとカメラを利用し歩行者や車両との接触が想定される状況下で自動ブレーキがかかります。

また、カメラ部で白線を認識し操舵補助や車線逸脱を警告するレーンキーピングアシストも搭載。
さらに一部グレードでは対向車など周辺状況を感知し、ハイビーム走行が可能な場面で自動的にハイビームに切り替わりドライバーの視界確保に貢献するオートマチックハイビームも装備されます。

標準装備

レクサスGSは価格帯からも高級セダンの部類に入りますが、標準装備としては専用インテリアを搭載する“GS F SPORT”以外のグレードでドライバーコクピットのパネル中央にマルチインフォメーションディスプレイが用意されています。オーディオ情報やカーナビと連動した道路情報、あるいは携帯電話として着信の通知が可能です。

さらに車内随所にスピーカーやウーハーを配置し車内のサウンドクオリティを極限まで高めたレクサスGSプレミアムサウンドシステムも装備されている他、新車購入時から無償でオイル交換等が受けられるレクサストータルケアも用意されます。

グレード一覧・価格

レクサスGSには排気量と駆動方式、ハイブリッドシステムの有無で大きく4種類のバリエーションが存在。その4種類の中でシートが本革で作られた“GS version L”、本革に似せた合成皮革で構成された“GS I package”、走りを重視した専用のフロントグリルやブレーキキャリパーを搭載した“GS F SPORT”と""ベースグレード""が展開されています。

価格帯は全グレードでは577万円~846.3万円、ベースグレードを除くとGS200t “I package”の616.6万円~です。
また、GSの文字で始まりますが別車種の扱いとしてアクティブサウンドコントロールを搭載するGSFも存在します。

冒頭でも触れたように、2018年にフルモデルチェンジという情報は噂レベルでしかありませんが、レクサスのセダンに乗りたいという方は是非レクサスGSをご検討してみては如何でしょうか。

関連するキーワード


レクサス GS

関連する投稿


いつか乗りたいレクサス!スポーツ・セダンタイプはどんなものがあるの?

いつか乗りたいレクサス!スポーツ・セダンタイプはどんなものがあるの?

長年、世界の自動車市場では日本車は「価格の安さがウリのコンパクトカー」というイメージが強くありました。そんな中、高級車としてはじめて世界中で受け入れられたのが「レクサス」です。改めて、レクサスにはどのような種類と魅力があるのか、レクサスを調べてみました。


一度は乗りたい高級車レクサス!最新LS、LC500~人気車種まとめ

一度は乗りたい高級車レクサス!最新LS、LC500~人気車種まとめ

トヨタの高級車ブランド、レクサス(LEXUS)。レクサスと言ってもそのバリエーションはライフスタイルに合わせてさまざまです。最新の新型LS、LC500、特に人気の高いハイブリッド車、SUV、クーペについて、価格や違いなどをまとめてみました。


レクサス×BMW=最小モデル!他、発売が待ち遠しい新車まとめ

レクサス×BMW=最小モデル!他、発売が待ち遠しい新車まとめ

レクサス最小モデルとなる、初のプレミアムコンパクトの最新情報を元に、Spyder7では予想CGを作成しました。一体どんなデザインになるのでしょうか。他、スープラ、VW、アウディの時期型を紹介しています。


期待のラグジュアリークーペ、ドリフトも可能なレクサスLChのヒミツ

期待のラグジュアリークーペ、ドリフトも可能なレクサスLChのヒミツ

レクサスのラグジュアリークーペ『LC500h』に搭載されるマルチステージハイブリッドシステムには、電気式無段変速機ながら、LC500に搭載される10速ATと同様に、10段の変速制御を設け、リニアな感覚を実現しているという。


レクサスRX 実燃費、スペック、価格など詳細情報一覧!

レクサスRX 実燃費、スペック、価格など詳細情報一覧!

クサスRXは、トヨタ自動車が販売している高級車ブランドの「レクサス」シリーズの中の大型クロスオーバーSUVです。いつかは乗ってみたいと誰もが憧れる車でしょう。そんなレクサスRXについてまとめてみましたので、あなたのクルマ選びの参考にしてみてください。


最新の投稿


日産リーフ新型激写?!初公開は東京モーターショー2017か!?

日産リーフ新型激写?!初公開は東京モーターショー2017か!?

2010年発売以来、電気自動車として第一線を走り続ける日産のリーフ。 満を持して新型が発売されると話題になっています。今回は新型リーフの公開されている情報をまとめてみました。


抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャルの受付日時決定!

抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャルの受付日時決定!

『モンキー』最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル」の商談受付が7月21日より開始すると発表されました。「モンキー・50周年アニバーサリー」「モンキー・くまモン バージョン」は既に生産台数を大幅に上回る注文数で受付終了だそうです。今回はなんと500台限定とのこと。更なる激戦が予想されます。


きかんしゃトーマス号に乗れる76日間!2017年は6月17日から!

きかんしゃトーマス号に乗れる76日間!2017年は6月17日から!

静岡県の大井川鐵道にて、今年で4回目となるきかんしゃトーマス号の先行受付が開始しました。こちらの記事では2017年の運行スケジュール、料金はもちろんのこと、過去の振り返りを含めて「きかんしゃトーマス号」の紹介をします。


【クルマイベント2017】東京モーターショー 旧車天国 他 2017年車イベントまとめ

【クルマイベント2017】東京モーターショー 旧車天国 他 2017年車イベントまとめ

2017年、気づけば半年が終わろうとしています。しかし車好きにはこれからビッグイベントが控えていますね!そう!10月に行われる東京モーターショーです。また、モーターショー開催はもちろん、車関連のイベントが目白押しです!今回はこれから開催される主要な車イベントをまとめてみました。車好きさんはブックマークをお願いします!!


【大注目】RX-7(RX-8)の後継モデルRX9が2019年発売!?

【大注目】RX-7(RX-8)の後継モデルRX9が2019年発売!?

2017年の東京モーターショーでマツダから公開されるかもしれないと噂されている「RX-9」。このニュースの詳細そして、ロータリーエンジンの中身、どのように「RX-9」がなると予想されているのか、、まとめてみました!