新型続々!スバルの人気車種 インプレッサ、フォレスター、XV比較!!

新型続々!スバルの人気車種 インプレッサ、フォレスター、XV比較!!

発表から1ヵ月で目標の4倍の受注を記録したスバルの新型インプレッサ!なぜこんなに人気があるのか、今までのインプレッサと何が違うのか?他、フォレスター、XVについてもまとめました。


スバルの新型インプレッサの人気に迫る!

新型インプレッサが公式に発表されたのは2016年10月13日、そして発売が同月25日です。スバルの販売目標は当初250万台でしたが、発表後1ヵ月で、9月からの先行受注も含め累計受注は1000万台を突破しました。10月25日に発売されたのは「インプレッサG4」と「インプレッサスポーツ」の2.0ℓモデルで、1.6ℓモデルの発売日は12月20日です。

新型インプレッサは「2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。この賞をスバルの車が受賞するのは2003年度の4代目レガシィから13年ぶりです。世界的にも人気を博しているスバルのインプレッサ、その人気の理由は何なのでしょうか。

スバルXV新型の先行予約が本日開始!新型XVのベースはインプレッサってホント?

http://matome.response.jp/articles/134

そんな人気のインプレッサをベースにしたXV、新型の先行予約が3月9日にスタート!!!気になる方はこちらもチェック!

インプレッサ、安全装備は?アイサイトは?

スバルの安全装備といえばアイサイト。そのアイサイトの最新ver.3が、新型インプレッサの全車種に標準装備されています。ver.3の大きな特徴の一つが新たなステレオカメラです。視野角、視認距離を約40%拡大したステレオカメラにより、より正確にブレーキシステムが機能するようになりました。さらにステアリングアシストや誤後進の抑制などの新機能も搭載されています。

スバルの公式サイトによると、アイサイトver.2搭載車は非搭載車に比べて事故率が約6割減少したそうです。グレードアップしたver.3の安全性は間違いないでしょう。

スバルが言う、「動的質感」って何?

スバルがアピールするポイントの1つである「動的質感」とは、まっすぐ走れる、不快な振動騒音がない、快適な乗り心地、のことです。例えば、「まっすぐ走れる」というのは基本的には自動車として当たり前のことですが、悪路や天候が乱れているときには難しいこともあります。

しかし新型インプレッサではドライバーのハンドル機敏に対応することで、悪条件でも文字通り「まっすぐ走れる」ようになりました。

このように今まで以上の快適さを実現できた要因は、スバルの新型プラットフォームにあります。

スバルグローバルプラットフォームって何?

スバルのグローバルプラットホームとは

プラットフォームとは、フレームやステアリングなど自動車の構成部品の型式のことです。スバルグローバルプラットフォームはスバルの最新のプラットフォームで、1989年発売の初代レガシィ以来の刷新となります。この新型プラットフォームにより動的質感が達成されたのです。

「スバル史上最高の総合性能進化」と評価されるスバルグローバルプラットフォームは2025年まで対応できるとされ、その名の通り世界中のほぼ全てのスバル車に搭載される予定です。操作感や安全性など全てにおいて高性能なプラットフォームは、ドライバーの信頼を裏切るものではないでしょう。

スバルグローバルプラットフォーム詳細解説…目指したのは「動的質感の向上」 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2016/03/08/271178.html

7日に発表されたスバル(富士重)の次世代プラットフォーム。「スバルグローバルプラットフォーム」とのネーミングだが、その詳細はどうなっているのだろうか。

スバル、フォレスターについて知りたい!

2015年にマイナーチェンジが行われたフォレスター。その中で最も良くなった点が走行性能です。サスペンションの改良によって振動の大きさ、収束までの時間が大幅に減り、その他にもガラスの板厚の増加、衝撃吸収材等の最適化などで走行時の騒音・振動が軽減されています。

操作性も研究され、ステアリングのギア比の変更によってより滑らかにコーナーを曲がれるようになりました。それらに加えて最低地上高220mmの高い車高が悪路の走行に適しており、どんな道路でも滑らかな乗り心地を実現しています。

ファミリーカーに最適なフォレスター

先ほど書いた通りの静粛性の向上は、お子さんのいる方にとっては嬉しいですよね。さらに後部に取り付けられたシートヒーターや広々とした空間も家族の快適なドライブに貢献してくれます。コンパクトSUVですから市街地の走行も問題ありませんし、安定した車体なので運転の安心感も大きいです。スイッチ一つで開閉するパワーリヤゲートも活躍するでしょう。

フォレスターは、日常の買い物から旅行まで様々な場面で活躍できる性能を持ち、スバルならではの走行性能でドライバーもそのご家族も満足させてくれます。

安全装備にはやや不満が残るか?

今やスバルだけでなく他の自動車メーカーでもブレーキシステム等の安全装備が開発されていますが、全ての車に標準装備ではありません。フォレスターもグレードによって安全装備は異なります。

アイサイトはグレード「2.0i」と「2.0i-L」には取り付けられていませんし、アドバンスドセイフティパッケージは「2.0XT ES」にしか標準装備されていません。(アドバンスドセイフティパッケージは「2.0i」、「2.0i-L」以外ならオプションで付けることができます)

アイサイトなどの安全装備が欲しい方は装備されている物を選びましょう。

フォレスターのインテリア、エクステリアについて知りたい

フォレスターは、力強いく逞しいデザインのエクステリアに上質でスポーティなインテリアと、高級感がありドライバーを満足させる見た目を持っています。

バンパーやホイールなどの細部にもスバルのこだわりがありますし、カラーも豊富なので納得のいく一台を選択できるでしょう。

スバルのフォレスターは家族向けのコンパクトSUVですが、乗り心地やユーティリティだけでなく走行性能や安全性といった自動車本来の機能も高い水準にあります。家族連れでなくても、よく遠出をするという方にも適しています。

スバルXVについて知りたい!

クールなエクステリアも魅力の一つ

スバルXVは、インプレッサをベースとしたSUVで、現行車のコンセプトカーは2011年に広州モーターショーでお披露目されました。

インプレッサは2016年に5代目に移行しましたが、XVの新型発売はまだアナウンスされていませんでした。しかし、1月17日、満を持してXVの新型情報が発表されました。

グレードは、2.0i、2.0iL、2.0iL-Eyesightの3グレードを展開しています。そのほか、2013年にはハイブリッドモデルもラインナップされています。

富士重工業は17日、新型スバル『XV』の国内導入を今春に予定していることをメディア向け試乗会の中で明らかにした。昨年12月に発売した『インプレッサ』に次ぐ「スバル・グローバル・プラットフォーム」採用車種の第2弾となる。

新型は「XVコンセプト」として2016年のジュネーブモーターショーで登場を予告されており、ベースとなるインプレッサのフルモデルチェンジを待って、いよいよその姿が明らかになる。新型の仕様など詳細は明かされていないが、「スバル・グローバル・プラットフォーム」採用第1弾であるインプレッサは格段に進化した走りや質感が高く評価されており、XVにも期待が持てそうだ。

日本、北米だけでなくグローバルでの販売を見込み、コンセプト同様、3月に開催されるジュネーブモーターショーでのワールドプレミアが予想される。その後、日本での発売となる見込みだ。

XVの乗り心地はどうなの?

それではXVの乗り心地はどうでしょうか。基本的にインプレッサの特性を受け継いでいますが、最低地上高が200mmあることで、スピードを通常のセダンより感じにくく、酔わなくなったという方もいます。

また、通常重心の高いSUVはロールが大きくなりがちですが、水平対向エンジンを採用しているおかげでしょうか、それほど大きくなく仕上げられています。ステアリングを握っていてもベースとなったインプレッサとさほど変わりません。

安心・安全性についてもアイサイトを選択すれば文句なしでしょう。

最低地上高ってどれくらいなの?

前段でも述べましたが、最低地上高が200mmもあります。SUVとして十分なロードクリアランスですが、実は全高については1,550mm(オプションのルーフレール非装着時)に抑えられています。この値は、ほぼすべての機械式立体駐車場に入庫できる数値になっています。

200mmという値はレガシィアウトバックと同じで、本格SUVと比較しても見劣りしません。オフロードをメインに走る車ではありませんが、スキー場までの雪道などは、除雪が不十分でも問題なく走破できるでしょう。

現行のXVを買う?それとも新型を待つ!?

ベースとなっているインプレッサは2016年10月に新型が発表されましたが、XVは一年前の2015年10月にマイナーチェンジを行い、直前の2016年9月に新グレードのHYBRIDtSを発売するなど、まだまだ人気の高い車です。

しばらく生産販売は継続されることでしょう。日本で乗るにはちょうどいいボディサイズに、SUVらしいワイルドなエクステリア、先進のEyesightVer3.0に代表される安全テクノロジーが詰まったXV、モデル末期ではなく、熟成のSUVです。

さあ、あなたはどのスバルを選びますか?

VR動画でスバル人気車種を擬似試乗!

こちらのリンクからはスバルの人気車種を試乗している動画を360°の視点でお楽しみいただけます。是非ご覧下さい。

【360°動画】スバリスト必見!スバル人気車種をVR試乗で疑似体験!

http://matome.response.jp/articles/86

スバルの人気車種、インプレッサ、WRX S4 tS、レガシィ、フォレスターの試乗動画をVR動画にてお届けします。臨場感あふれる走行映像をお楽しみ下さい。

関連する投稿


スバル・インプレッサ。気になる燃費は?快適性は?

スバル・インプレッサ。気になる燃費は?快適性は?

スバル インプレッサは国内のみならず、世界各国で高い評価を受けるスバルブランドの一つです。多くの人に愛される車種であるインプレッサですが、今回は、この車に取り入れられている最先端の技術と快適性、安全性についても解説していきます。


スバル フォレスター!燃費はどう?試乗した感想は?

スバル フォレスター!燃費はどう?試乗した感想は?

スバルの人気車種、フォレスター。気になってはいるものの思いきれない。という方もいるかもしれませんね。フォレスターの乗り心地や、どんな性能なのか?フォレスターの魅力について迫りました。


アイサイトだけじゃない、スバルの「総合安全」とは

アイサイトだけじゃない、スバルの「総合安全」とは

スバルの安全技術と言えば、各社に先駆けて実現した自動ブレーキ「アイサイト」が有名です。でも、現在スバルが取り組む安全技術はアイサイトだけではありません。スバルが掲げる「総合安全」についてまとめました。


【ジュネーブモーターショー2017】出たッ!スバルXV新型!気になる走破性!

【ジュネーブモーターショー2017】出たッ!スバルXV新型!気になる走破性!

新型スバル『XV』は、「Fun Adventure」をコンセプトに開発したクロスオーバーSUV。ジュネーブモーターショーでの公開とほぼ同時に、気になる日本での発売も発表されました。


スバルXV新型の先行予約が本日開始!新型XVのベースはインプレッサってホント?

スバルXV新型の先行予約が本日開始!新型XVのベースはインプレッサってホント?

富士重工(スバル)は、今春発表予定の新型『XV』の先行予約を3月9日より開始します。新型XVは、「Fun Adventure」をコンセプトに開発したクロスオーバーSUV。都会的で洗練されたデザイン、スバルらしいSUVとしての走破性、世界トップクラスの安全性能を備えることを意図しているとのこと。新型XVについてご紹介。


最新の投稿


自動で動くイス?日産の「プロパイロットチェア」が面白い

自動で動くイス?日産の「プロパイロットチェア」が面白い

日産の「プロパイロットチェア」はプロパイロットのコンセプトをわかりやすく人々に伝えるために製作された自動で動くイスです。その動画と体験デモの様子を見てみましょう。


「生物兵器防衛モード」EVテスラの空気清浄がすごい

「生物兵器防衛モード」EVテスラの空気清浄がすごい

テスラは、病院や宇宙産業などで使われている空気濾過システムにヒントを得て、空気清浄システムを開発してきた。そして今回、花粉、バクテリア、汚染物がキャビンに潜入する前に外気から取り除き、これらの微粒子を完全に消去するために、キャビンの空気を系統的に洗浄することの可能なHEPA (ヘパ)フィルトレーションシステムを開発した


2020年に高速道の逆走事故ゼロへ、メーカー・国土交通省の様々な取り組み

2020年に高速道の逆走事故ゼロへ、メーカー・国土交通省の様々な取り組み

国土交通省は2020年までに高速道路での逆走事故ゼロを目指し、高速道路各社と自動車メーカーが連携した各種の取り組みを行っています。


国が定める新基準「安全運転サポート車」ってなに?

国が定める新基準「安全運転サポート車」ってなに?

高齢運転者による交通事故対策の一環として、自動ブレーキなどの先進安全技術を活用した一定の運転支援機能を備えた車「安全運転サポート車」について調べてみましょう。


クルマ業界の赤い彗星!?シャア専用オーリスⅡ! (画像多め)

クルマ業界の赤い彗星!?シャア専用オーリスⅡ! (画像多め)

皆様はシャア専用オーリスをご存知でしょうか?シャア専用オーリスは2013年に初代が作成され、2015年に第2世代目が作成されました。こちらの記事ではシャア専用オーリスⅡの情報を画像と共にお届けします。