目次へ戻る

家に芝があってもなくても欲しい!ホンダの最新ロボット芝刈り機の魅力

家に芝があってもなくても欲しい!ホンダの最新ロボット芝刈り機の魅力

ホンダは、5月12日から17日にメットライフドーム(旧:西武プリンスドーム)で開催される「第19回国際バラとガーデニングショウ」に、「調和(harmony)~素晴らしき人生をHondaと共に~」をコンセプトとしたブースを出展する。


ホンダ、最新ロボット芝刈り機などを参考出品へ…

家に芝があってもなくても欲しい。

ホンダは、国際バラとガーデニングショウの開催テーマ「自然との共生」に賛同し、2004年より出展。菜園やガーデニングに役立つさまざまな自然派のアウトドアライフを提案してきました。

今回は、欧州で先行発売し、日本での販売も予定しているロボット芝刈機「Miimo(ミーモ)」や、ハンディタイプ蓄電機「LiB-AID (リベイド)E500」の市販予定モデルを参考出品。

また、四輪車「N-BOX スラッシュ」と二輪車「リトルカブ」、ガスパワー商品の発電機「エネポ EU9iGB」と耕うん機「ピアンタ FV200」の4モデルを、国際バラとガーデニングショウ スペシャルカスタマイズモデルとして参考出品します。

展示ブースのグランドデザインは、ガーデナーの伊藤きみえ氏が監修。

家屋の施工はツインリンクもてぎにある自然体験施設「ハローウッズ」が担い、モルタル造形による外壁や門柱は、空間デザイナーの富澤一信氏が手掛けています。

また、インテリアやエクステリアの色彩は、「アニー・スローン・ジャパン by DCT INC.」のチョークペイントを使用してデザイン。最新品種のバラやクレマチスでおしゃれに彩ります。

さらに、ポタジェ(家庭菜園)はガーデニングカウンセラー岡井路子氏が手掛け、「Honda製品と花」「花とガーデン」「ガーデン空間と色彩」「伝統的ガーデンエクステリアと最新ツール&モビリティ」といったハーモニーを演出したガーデンライフを総合的に提案。

2013年。こんなこともやってた、ホンダ

ホンダの英国法人、ホンダUKと英国BBC放送の人気自動車番組、『Top Gear』の雑誌版、『Top Gear Magazine』が7月17日、共同発表したホンダ『Mean Mower』。ホンダだけでなく、『Top Gear』版の映像もネット上で公開され、再生回数が早くも150万回に迫っている。

この映像は7月18日、『Top Gear』が公式サイトを通じて配信したもの。覆面レーサーの「Stig」が、完成したホンダMean Mowerを早速テストしている。

Mean Mowerとは、芝刈り機の意味。Mean Mowerは、ホンダと『Top Gear Magazine』が協力し、世界最速の芝刈り機を目指して開発。ベース車両は、ホンダの芝刈り機『HF2620』。このHF2620にホンダの高性能バイク、『VTRファイアーストーム』のエンジンを移植した。

排気量1000ccのV型2気筒エンジンは、最大出力109ps、最大トルク9.8kgmを発生。足回りには、専用サスペンションとレース用のATVタイヤを装着。ホンダUKによると、理論上、0‐96km/h加速4秒以下、最高速209km/hのパフォーマンスが可能だという。

ホンダUKは、「テストでは161km/hを計測」と説明。もちろん、本来の機能である芝刈りもできる。『Top Gear』名物の覆面レーサー、「Stig」による、サーキットテストの映像は、公式サイトで公開されている。

『Top Gear』の覆面レーサー、Stig …ホンダの世界最速芝刈り機を試す[動画] | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2013/07/27/203047.html

ホンダの英国法人、ホンダUKと英国BBC放送の人気自動車番組、『Top Gear』の雑誌版、『Top Gear Magazine』が7月17日、共同発表したホンダ『Mean Mower』。ホンダだけでなく、『Top Gear』版の映像もネット上で公開され、再生回数が早くも150万回に迫っている。

関連するキーワード


技術

関連する投稿


日産の直4ターボエンジン「VC-T」とは?詳しく解説!

日産の直4ターボエンジン「VC-T」とは?詳しく解説!

2016年9月に開催されたパリモーターショーで世界初公開された日産(インフィニティ)の直列4気筒ターボエンジン「VC-T」。こちらの記事ではVC-Tエンジンがどのような仕組みか、どういった特徴なのか?詳しく解説しています。


略称は「サポカー」国が定めるセーフティ・サポートカーとは?

略称は「サポカー」国が定めるセーフティ・サポートカーとは?

【9/6 更新】日本自動車会議所は、自動ブレーキなどの先進安全技術を活用した一定の運転支援機能を備えた車「安全運転サポート車」の愛称を「セーフティ・サポートカー(略称=サポカー)」に決定したと発表ししました。この「サポカー」はどのように分類されているのか、どんな車種が該当しているのかをまとめました。


スバル アイサイト「ツーリングアシスト」へ!アイサイトの機能まとめ

スバル アイサイト「ツーリングアシスト」へ!アイサイトの機能まとめ

スバルのアイサイト、アイサイト・ツーリングアシストへと進化します。このように日々進化するアイサイト。「アイサイト?あればぶつからないんでしょ」とか思っているあなた!ちゃんと知らないともったいないですよ!この記事を読んだ後は、スバルのアイサイトはここまで進化してるんだよ!と人に教えたくなること、間違いなしです。


こいつ…動くぞ! 日産の動くイス「プロパイロットチェア」が面白い

こいつ…動くぞ! 日産の動くイス「プロパイロットチェア」が面白い

日産の「プロパイロットチェア」はプロパイロットのコンセプトをわかりやすく人々に伝えるために製作された自動で動くイスです。その動画と体験デモの様子を見てみましょう。


FCV(燃料電池車) もし水素タンクが炎に包まれたら!?安全性について

FCV(燃料電池車) もし水素タンクが炎に包まれたら!?安全性について

クリーンな未来のクルマ、水素社会の未来を拓くクルマとして注目されているトヨタの燃料電池車「MIRAI」。未知の燃料ともいえる「水素」を抱えて走ることに不安を抱える人も少なくないはず。こちらの記事では、燃料電池車の安全性について説明しています。


最新の投稿


あなたのクルマのニオイは大丈夫!?一車に一つ芳香剤!

あなたのクルマのニオイは大丈夫!?一車に一つ芳香剤!

車の中のニオイは人によって気になります。家族やデートなどで誰かを乗せる時、良いニオイを演出したいし、またプライベート空間として、自分に合ったニオイで、心地よくドライブを楽しみたいものです。車の芳香剤をいくつかご紹介します。


【10月20日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【10月20日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【10/20情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。


ボルボの高性能ブランド発! 高級PHEVクーペポールスター1最新情報

ボルボの高性能ブランド発! 高級PHEVクーペポールスター1最新情報

ボルボ発、高性能ブランド、ポールスター。ブランド初のオリジナルモデル『ポールスター1』が登場しました。今回はこのポールスター1について、最新情報をお届けします。 EV航続距離・スペック・価格などをまとめています。


日産キューブ!中古価格・色・内装・口コミ完全網羅!新型はいつ?

日産キューブ!中古価格・色・内装・口コミ完全網羅!新型はいつ?

日産の車、と聞かれたら何の車を思い浮かべますか?マーチ、ノート…。日産には魅力的な車が多いですが、今回ご紹介するのはキューブです。カワイイ見た目とは裏腹に、パワー面もしっかりしているキューブ。今回はこのキューブの、中古価格や色、口コミ、スペック、燃費などについて見ていきます。


新型ステップワゴンのベストチョイスを考えてみたら意外にも・・・

新型ステップワゴンのベストチョイスを考えてみたら意外にも・・・

マイナーチェンジされた新型ステップワゴンは、スパーダに待望のハイブリッド車が設定されたり、「ホンダセンシング」が全車標準装備になったりと、話題満載の改良になりました。となると、ステップワゴンを選ぶとしたら、ベストチョイスは話題のスパーダハイブリッドでしょうか?それとも・・・