目次へ戻る

アルファロメオ車種 まとめ 新モデルは「ジュリア エステート」!?

アルファロメオ車種 まとめ 新モデルは「ジュリア エステート」!?

カッコイイイタリア発のスポーツカー、アルファロメオ。次の新モデルに関する情報が上がってきました。今回は新モデルから既存のアルファロメオについてもまとめてみました。


アルファロメオ、2月8日にマイナーチェンジ

FCAジャパンは、アルファロメオの全ラインアップ、『ジュリエッタ』『4C/4Cスパイダー』『ミト』をマイナーチェンジし、2月18日より販売を開始しました。

ジュリエッタは「スポルティーバ」「スプリント」の2グレードから「スーパー」「スーパー・パックスポーツ」「ヴェローチェ」の3グレードに変更。

エクステリアはフロントグリルをV字型のメッシュタイプとし、スーパー・パックスポーツとヴェローチェのエクステリア全般を、よりスポーティなデザインに変更しました。

インテリアは、ステアリングホイールのデザインおよびブランドロゴを変更。
4Cは、これまでオプション設定だった「カーボンヘッドライトフレーム」と「プレミアムパッケージ」を標準装備。それに伴い、4Cは42万2400円プラス、4Cスパイダーはマイナス12万8400円で、ともに価格を849万円に設定。

全グレードにクルーズコントロールおよびナビゲーションシステムを標準装備しました。価格はスーパーが376万9200円、スーパー・パックスポーツが387万7200円、ヴェローチェが424万4400円。

ミトは、グレード名称を従来の「コンペティツィオーネ」から「スーパー」に変更。

ジュリエッタ同様、メッシュデザインのV字型フロントグリルに変更。またクルーズコントロールを標準装備しました。価格は329万4000円。

そのほか全モデル、車体前後のブランドロゴを新デザインに変更しています。

アルファロメオ 気になる新型モデルは?

2015年、アルファロメオは4ドアセダン「ジュリア」新型を発表しましたが、その派生モデルとなるワゴン、「ジュリア エステート」の開発に着手していることが分かりました。

「ジュリア」は、1962年から1977年まで15年間に渡って発売された名車で、40年ぶりに復活となっていました。

新型には、セダンの派生モデルとなる、「クーペ」投入の噂もあるが、今回はさらなるバージョン「エステート」の予想CGを入手しました!!

セダンのBピラー以降を延長し、後部居住空間を向上し、大容量ブートスペースを持たせています。

パワートレインは不明ながら、ライバルとなる、メルセデス「Cクラスワゴン」、BMW「3シリーズ エステート」、アウディ「A4 アヴァント」と比較して同等以上のスポーツパフォーマンスを持つと期待されており、トップモデルには、フェラーリ製V6搭載「クアドリフォリオ エステート」も噂されています。

アルファロメオ、今までのタイプをおさえておこう

アルファロメオ ジュリエッタ

そもそも論だが、アルファロメオの価値基準は“人からどう見られるか?”よりも“乗り手がどれだけいい気分を味わえるか?”にある。『ジュリエッタ』と車名からしてロマンティックなこのクルマも、もちろんその点での資質は十二分だ。

それともうひとつ、どこから見ても妖艶で饒舌で情感にあふれたスタイリングは、やはりアルファロメオならではの味わいどころだ。試乗車を借り受けて数日間過ごしたが、その間じゅう、クルマを停めるたびに振り返って眺めたくなる…そう実感したことをご報告しておこう。

アルファロメオ 4C スパイダー

まるで一筋のスポットライトを浴びているかのように、行き交うクルマたちの中で輝きを放っている。小粒でも堂々たる存在感は、ダイヤモンドに等しいほどだ。初めて『4Cスパイダー』を目にした時、そんな強烈なオーラにすっかり心を奪われてしまった。

右足に力を込めていけば、その思いがけない重たさに背筋が伸び、ステアリングの頑固さに腕の筋肉まで引き締まる。近ごろあふれている、ドライバーを甘やかすスポーツカーに慣れた身には、久々に感じるハードな刺激がのっけからビシビシくる。

そして、直線では背中にキックをくらったような猛烈な加速に、全身の血液が沸き立つような興奮。シーケンシャル式マニュアルモードで3速まで落として、一気にコーナーを駆け抜ければ目の覚めるような爽快感。だんだんとジャジャ馬をてなずけていくように、4Cスパイダーが思い通りの挙動を示してくれるまでの課程を楽しむのも、近ごろではなかなかできない贅沢な時間だ。

美しき路上のダイヤモンドには、刺も蜜も隠れていた。4Cスパイダーはドライバーを決して退屈させない、近ごろでは希有なオープンスポーツだ。

アルファロメオ MITO

伝統の盾に丸いヘッドランプ、オフセットしたライセンスプレートからなるフロントマスクも、やはり丸にこだわったリアコンビランプも、5人乗りのハッチバックとは思えないほど大胆。むしろミッドシップスポーツ『4C』と似ている。3ドアオンリーであることも、スポーツカーっぽい顔やお尻に合っている。好き嫌いがはっきり分かれそうなほど攻めた造形、さすがアルファだ。

ミトのエンジンは吸気バルブの駆動にカムシャフトを使わず、油圧を用いるという独創のテクノロジー、マルチエアを採用した1.4リットル直列4気筒ターボ。最高出力135ps、最大トルク19.4kgmなので、1260kgのボディを軽々と加速させてくれるのだが、キモはそのときの加速感にある。

ターボの癖は最小限で、発進直後からリニアに力を盛り上げていく。そのときに発するフォーンという響きがとにかく心地良くて、「この先はどうなっているんだろう?」と、ついついパドルを弾いて右足を踏み込んでしまうのだ。

いかがでしたでしょうか。
アルファロメオの続報を待ちつつ、今までのアルファに思いをはせてみるのもいいかもしれませんね。

関連するキーワード


アルファロメオ

関連する投稿


【40年ぶりの復活】アルファロメオ ジュリア新型 発売は10月14日から

【40年ぶりの復活】アルファロメオ ジュリア新型 発売は10月14日から

アルファロメオ、ジュリア新型が2017年10月14日より発売されるという情報が入ってきました。復活のジュリア。本記事では、アルファロメオジュリアについてまとめています。


男心をくすぐられる!大人が楽しむミニカー特集

男心をくすぐられる!大人が楽しむミニカー特集

車が好きで様々な車種をいつも眺めていたいという場合は、本物の車を購入するよりもミニカーをコレクションする手があります。特に高級車のミニカーはミニカーと言ってもおもちゃとは呼べないくらい精巧な作りです。今回は人気の高級車のミニカーについてご紹介します。


最新の投稿


【名車復活】日産の名車 シルビアが復活!?東京モーターショー公開か

【名車復活】日産の名車 シルビアが復活!?東京モーターショー公開か

日本でも海外でも人気の日産・シルビアが15年ぶりに復活するというニュースが飛び込んできました。公開は10月に行われる東京モーターショーではないかと噂されています。今回はそんな名車シルビア新型の最新情報をお届けします。


【9月26日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【9月26日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【9/26情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。


ミニバンから7人乗りSUVへ 生まれ変わった新型プジョー『5008』とは

ミニバンから7人乗りSUVへ 生まれ変わった新型プジョー『5008』とは

プジョー・シトロエン・ジャポンは、9月25日より、7人乗りSUVへ生まれ変わった新型5008を発売しました。この5008、もともとはミニバンとして発売されていました。新型になって何が変わったのでしょうか。新型5008について最新情報をまとめてみました。


【コンパクトSUV徹底比較】ヴェゼルとジューク!どっちが好み?

【コンパクトSUV徹底比較】ヴェゼルとジューク!どっちが好み?

国内で大人気のコンパクトSUVは今、各メーカーが様々なタイプのコンパクトSUVの開発に力を入れています。特にトヨタや日産、ホンダなどが販売したコンパクトSUVは特に人気が高く売れ行きも好調です。今回はその中からホンダ ヴェゼルと日産ジュークを徹底的に比較していきたいと思います。


【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

マツダの大人気CXシリーズ。日本ではCX-3やCX-5が知られていますが、他にもたくさん販売されています。各車種の違いがわからない。そもそも何が違うの?という人向けに、今回はCXシリーズについてまとめています。これを読めばCXシリーズがより好きになるかも!?です。