一台ですべてを賄えるクルマとは?

一台ですべてを賄えるクルマとは?

新型MINI クロスオーバー は、「これ一台ですべて賄えるMINI」だそうです。3ドアのMINIですべての要求に答えるのは無理がありますが、MINI クロスオーバーなら、MINIらしさを堪能できて、実用性もあるようです。それでは、MINI以外で「一台ですべてを賄えるクルマ」とはどのようなクルマになるのでしょうか?


「すべて」とは?何をさすのか

ホンダ フリード

何もメルセデス並みの乗り心地でテスタロッサより速く走れて軽自動車並みの燃費と価格のクルマを探すつもりはありませんが、良く三拍子揃った〇〇という言い方がありますが、これを当てはめてみてはどうでしょう。

国内の一般的な消費者がクルマに求める三つの条件をあげると、低燃費、低価格、安全性ということになるでしょうか。そかし、これでは最新の軽自動車で決まりとなってしまい、長距離ドライブでの快適性とか荷物もたくさん積み込めるという要求が満たせません。そこで、経済性、居住&荷室スペース、安全性能、そして走行性能というマルチな性能を持ったクルマと定義することにしました。

日産エクストレイル

日産エクストレイル

日産エクストレイル

6月8日にマイナーチェンジされたエクストレイルは、高速道路同一車線において「自動運転」をかなえてくれる”プロパイロット”を設定して話題を集めています。自動運転レベルとしては「レベル2」と未熟ながらも、運転者支援システムとしては高水準であり、車選びにおいて今、最も重要視されつつある安全性能は十分に備えた車種であることは間違いありません。

また、他の同クラスのSUVと比較してリーズナブルな価格設定であることも見逃せません。高級感では及ばないものの、トヨタのハリアーより約90万円ほど安い設定であり、メーカーオプションの”プロパイロット”約14万円を装備してもまだ割安感があります。また、割安な2.0L車は1.5Lハイブリッド車並みの219万円台、低燃費のハイブリッド車でも258万円台ですからクラス下のC-HRと同価格帯。

居住性能もワイドなボディで十分な広さがありながら、SUV特有の目線の高さで取り回しも良く、長距離ドライブも快適な後席の居住性も十分。エクストレイルには3列シートも用意されており、広いラゲッジルームとしても使えます。ただし、ハイブリッド車は3列シートしか選べないのが残念。

スズキワゴンR

スズキ ワゴンRスティングレー

スズキ ワゴンRスティングレー

軽自動車の欠点であるパワーの無さからくる、長距離ドライブや高速道路のストレスも、スティングレーハイブリッドTなら、ターボエンジンとそれをアシストするモーターの力で解消。もちろんその低燃費性能は28.4㎞/L。最も上級なグレードなので165万円と高めですが、ターボ無しの通常モデルワゴンRなら107万円で、32.4㎞/Lの燃費ですからライフスタイルに合わせて選択す方が良いでしょう。

フルモデルチェンジでプラットフォームが新しくなったワゴンRの室内は、これまで位以上に広がり、功績の居住性も余裕があります。また、2人乗車なら驚くほどの荷物を積むこともできます。

安全性については、2つのセンサーで、前方の歩行者やクルマを検知。コンパクトなシステムを実現し、自動ブレーキ機能や誤発進抑制機能など、6つのサポートが付くデュアルセンサーブレーキサポートをグレードによってメーカーオプション設定しています。唯一残念なのがここで、全機種に設定されないのはきわめて残念。セットで6万円弱なので、標準装備してもいいくらいなのです。

ホンダ フリード

ホンダ フリード

ホンダ フリード

これまで大勢を占めていたミニバンの、あまりに大きなボディに苦労していた主婦層が、このくらいなら血丁度いいと選び始めたのがフリード、そしてトヨタのシエンタからなるコンパクトミニバンです。背は従来のミニバンより低いのにかかわらず、3列シートを設けた広い室内スペースに豊富なシートアレンジで、荷室も広々。1.5Lクラスのエンジンであっても軽くなった車体と、重心の低さで走行性能も十分です。

そして、何よりも普通の乗用車感覚で運転できるので、他の車種から乗り換えても違和感ななく、取り回しにも優れています。1.5Lクラスの割安なグレードから、動力性能と低燃費を備えたハイブリッド車から選べます。

安全性能についても、ホンダの先進運転者支援システムである「ホンダセンシング」と「サイドエアバッグシステム+ サイドカーテンエアバッグシステム」がタイプ別に設定されています。

まとめ

これらを「一台ですべてを賄えるクルマ」としてみましたが、前提としてファミリーユーザー向けとなります。お子さんがいなかったり、一人暮らしの方が求める場合は、条件が他の項目に変わることもあり、異なる車種が浮かび上がるでしょう。例えば経済性という条件のかわりに豪華さを加えたり、あるいは走行性能が最優先になったらどうでしょうか。また、「荷物なんか載せなくてもいい」という方もいるかも。

「一台ですべてを賄えるクルマ」を捜すには、いかに自分にあった条件を備えた車を探すことが重要であり、そのために我慢する部分をいかに最小限にとどめるか、このような事になるのではないでしょうか?

関連する投稿


日産リーフ新型激写?!初公開は東京モーターショー2017か!?

日産リーフ新型激写?!初公開は東京モーターショー2017か!?

2010年発売以来、電気自動車として第一線を走り続ける日産のリーフ。 満を持して新型が発売されると話題になっています。今回は新型リーフの公開されている情報をまとめてみました。


抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャルの受付日時決定!

抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャルの受付日時決定!

『モンキー』最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル」の商談受付が7月21日より開始すると発表されました。「モンキー・50周年アニバーサリー」「モンキー・くまモン バージョン」は既に生産台数を大幅に上回る注文数で受付終了だそうです。今回はなんと500台限定とのこと。更なる激戦が予想されます。


ホンダフリード トヨタアイシス 徹底比較!

ホンダフリード トヨタアイシス 徹底比較!

ホンダフリードとトヨタアイシスを比較しました。この両車種はSクラスミニバンというのもあり比較的少人数の家族向けで子育て家族などにとても人気の車種です。概要、車内空間、安全性、走行性を見ていきましょう。


日産 セレナ! 最近のセレナ事情を知りたい!2017

日産 セレナ! 最近のセレナ事情を知りたい!2017

日産自動車は、新型『セレナ』の累計受注台数について、発売から7か月が経過した2017年2月末現在で約6万5000台となったことを発表しました。 歴代セレナでトップの売れ行きが続いています。そんな飛ぶ鳥を落とす勢いのセレナについてまとめました。


【比較】 トヨタ エスティマ・日産 エルグランド

【比較】 トヨタ エスティマ・日産 エルグランド

比較シリーズ。今回はⅬクラスミニバンで長い間人気を得ている2台。 トヨタ エスティマと日産 エルグランド比較してみました。


最新の投稿


日産リーフ新型激写?!初公開は東京モーターショー2017か!?

日産リーフ新型激写?!初公開は東京モーターショー2017か!?

2010年発売以来、電気自動車として第一線を走り続ける日産のリーフ。 満を持して新型が発売されると話題になっています。今回は新型リーフの公開されている情報をまとめてみました。


抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャルの受付日時決定!

抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャルの受付日時決定!

『モンキー』最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル」の商談受付が7月21日より開始すると発表されました。「モンキー・50周年アニバーサリー」「モンキー・くまモン バージョン」は既に生産台数を大幅に上回る注文数で受付終了だそうです。今回はなんと500台限定とのこと。更なる激戦が予想されます。


きかんしゃトーマス号に乗れる76日間!2017年は6月17日から!

きかんしゃトーマス号に乗れる76日間!2017年は6月17日から!

静岡県の大井川鐵道にて、今年で4回目となるきかんしゃトーマス号の先行受付が開始しました。こちらの記事では2017年の運行スケジュール、料金はもちろんのこと、過去の振り返りを含めて「きかんしゃトーマス号」の紹介をします。


【クルマイベント2017】東京モーターショー 旧車天国 他 2017年車イベントまとめ

【クルマイベント2017】東京モーターショー 旧車天国 他 2017年車イベントまとめ

2017年、気づけば半年が終わろうとしています。しかし車好きにはこれからビッグイベントが控えていますね!そう!10月に行われる東京モーターショーです。また、モーターショー開催はもちろん、車関連のイベントが目白押しです!今回はこれから開催される主要な車イベントをまとめてみました。車好きさんはブックマークをお願いします!!


【大注目】RX-7(RX-8)の後継モデルRX9が2019年発売!?

【大注目】RX-7(RX-8)の後継モデルRX9が2019年発売!?

2017年の東京モーターショーでマツダから公開されるかもしれないと噂されている「RX-9」。このニュースの詳細そして、ロータリーエンジンの中身、どのように「RX-9」がなると予想されているのか、、まとめてみました!