【今さら聞けない】EV車!EV車をまとめて紹介!!

【今さら聞けない】EV車!EV車をまとめて紹介!!

ニュースや新聞で一度は耳にしたことがあるであろう「EV」。これらが何なのか、あなたは説明できますか?今回はそんな知っているようで知らないEVについて解説します!


車のテクノロジーは日々進化している

テクノロジーは日々進化しています。

それはもちろん車の世界でも同じこと。

最近ではよく耳にするようになったEV。

ですが、EVって何なの?と聞かれた時に、あなたは正しく説明することはできますか?

今回は改めてEVとは何か、そして今発売されているEVについて迫っていきたいと思います。

そもそもEVとは


EVとはElectric Vehicleの略称で、日本語に直訳すると電動輸送機器のことです。

EV=電気自動車だと思っている方も多いかと思いますが、厳密にいえば電気自動車はElectric carなのでECです。

ただ、一般的にはEVが電気自動車を意味していることが多いようです。

あなたは全部知ってる?日本で今購入できるEV車一覧

■日産 リーフ

日産 リーフ

≪リーフ推しポイント≫
やわらか系の見た目と裏腹に、その姿に似合わぬ走りの良さがすばらしい

≪リーフの推せないポイント≫
走行音が静かで、むしろ静かすぎること

日産のEV リーフ新型激写!初公開は東京モーターショー2017か!?

http://matome.response.jp/articles/677

【2017年6月28日更新】2010年発売以来、電気自動車として第一線を走り続ける日産のリーフ。 満を持して新型が発売されると話題になっています。今回は新型リーフの公開されている情報をまとめてみました。

■日産 e-NV200 (イーエヌブイニイマルマル)

日産 e-NV200

『e-NV200』はガソリン車の『NV200』をベースに、『リーフ』用の電気モーターやリチウムイオン電池を搭載して作られた電気自動車。

乗用車のワゴン、商用車のライトバンがあります。

こちらが日産 NV200バネット バン

≪e-NV200の推しポイント≫
電気自動車らしく、走りの元気の良さがある
静かな走りで、乗り心地も快適

≪e-NV200の推せないポイント≫
商用車ベースのクルマなのでインテリア回りが安っぽい

もっとe-NV200について詳しく知りたい方はこちら

■三菱 i-MiEV (アイミーブ)

リーマンショック前の資源高騰をきっかけに、次世代エコカーとして一気に注目を集めたEV(電気自動車)。

その中でも2010年、世界の先陣を切って一般販売にこぎつけたのが、この『i-MiEV(アイミーブ)』です。

≪i-MiEVの推しポイント≫
速がだけでない、ドライバーを楽しませるような速さの演出を狙ったと考えられるパワーチューニングがされている
エクステリアにEV感を強く感じる

≪i-MiEVの推せないポイント≫
少し荷台が狭い

■三菱 ミニキャブMiEV (ミーブ)

三菱 ミニキャブMiEV

≪ミニキャブMiEVの推しポイント≫
電気自動車としては唯一の軽トラックを発売している
ミニキャブMiEVトラックなら、充電時間は200Vの普通充電で4.5時間、100Vの普通充電で14時間。急速充電(80%)なら15分で完了する

≪ミニキャブMiEVの推せないポイント≫
居住性がいまひとつ

三菱 ミニキャブMiEV 軽トラック

■テスラモーターズ ロードスター/モデルS/モデルX/モデル3

テスラモーターズは、アメリカで、バッテリー式電気自動車と電気自動車関連商品を開発・製造・販売している自動車会社のこと。

様々なEVを手掛けており、現行でロードスター、モデルS、モデルX、モデル3が販売されている。

テスラ ロードスター

テスラ モデルS

テスラ モデルX

テスラモーターズジャパンのニコラ・ヴィレジェ社長は9月12日、電気自動車SUV『モデルX』の発表会で、「車内が世界一クリーンなSUVで、車内を手術室と同じくらいのきれいな空気で満たすことができる」と同車の特徴の一つを説明した。

テスラ モデル3

米国のEVメーカー、テスラモーターズは1月3日、2016年第4四半期(10~12月)および2016年通年の新車販売(納車)台数を公表した。

テスラモーターズは従来、販売実績を公表していなかった。2015年4月、初めて販売実績を発表。これは、同社の新方針に沿うもので、今回は8度目の販売実績のアナウンスとなる。

同社の発表によると、2016年第4四半期の販売(納車)台数は、およそ2万2200台。その多くが『モデルS』で、およそ1万2700台。新型クロスオーバー車、『モデルX』はおよそ9500台。

また、第4四半期の生産台数は、2万4882台。2016年通年では、8万3922台を生産。前年比は64%増と、大きく伸びた。


年々、EV人気は高まっていますし、近いうちに日産リーフ新型も発売される予定です。
次購入する一台を決めあぐねているなら、EVも、候補に入れてみては?

関連するキーワード


日産 リーフ 三菱

関連する投稿


デザインが魅力のコンパクトSUV 日産ジューク!評判 中古価格 スペックは?

デザインが魅力のコンパクトSUV 日産ジューク!評判 中古価格 スペックは?

今大人気のSUV。最近ではコンパクトなSUVが特に人気ですね。新しく2017年から発売されたコンパクトなクロスオーバーSUV、C-HRの売れ行きが好調なことからも明らかです。今回はC-HRと同じくコンパクトサイズのSUV、日産が誇るジュークについてご紹介します。


売れていなくても無視できない個性派のクルマ ベスト3

売れていなくても無視できない個性派のクルマ ベスト3

自動車を選ぶ場合、みんなと同じ車種を選びますか?それともみんなが乗っていない車種を選びますか?車選びにはそれぞれの考え方が表れます。そこで今回はあえて、みんなが乗っていないけど、素晴らしい個性のある車種にスポットを当ててみました。


新色も続々!日産マーチに新グレード「パーソナライゼーション」登場!

新色も続々!日産マーチに新グレード「パーソナライゼーション」登場!

日産の人気車種マーチに新グレード「パーソナライゼーション」が登場しました。カワイイとネットで話題の藤野有理さん出演の新CMでもおなじみの既存色、「ナデシコピンク」に加えて、新グレードでは新色2色が追加されます。今回は「パーソナライゼーション」に焦点を当ててみました。


日産のEV リーフ新型激写!初公開は東京モーターショー2017か!?

日産のEV リーフ新型激写!初公開は東京モーターショー2017か!?

【2017年7月4日更新】2010年発売以来、電気自動車として第一線を走り続ける日産のリーフ。満を持して新型が発売されると話題になっています。今回は新型リーフの公開されている情報をまとめてみました。初公開日は9月6日に決定しました!!!


【ミニカー】あの名車がミニカーに!日産スカイラインGT-Rのミニカーに迫る

【ミニカー】あの名車がミニカーに!日産スカイラインGT-Rのミニカーに迫る

ほしい車はありすぎる、しかし車庫スペースはない。そんな悩みを持つ貴方、ミニカーはどうでしょうか。今のミニカーはすばらしいクオリティを持つものばかりです。ミニカーであればスペースの心配は減りますし、何より家の中で愛車を見ることができますよ!今回は日産スカイラインについてご紹介します。


最新の投稿


夏!ドライブ!・・・暑い!! 車内の温度を一番早く下げる方法は?

夏!ドライブ!・・・暑い!! 車内の温度を一番早く下げる方法は?

炎天下の下駐車していた車。扉を開けたらめちゃめちゃ暑い!なんてこと、「夏の車あるある」ですね…。そんな時どんな方法が、すばやく車内の温度を下げられるのかJAFで行われた調査結果を元にご紹介。また、予防対策についてもまとめています。


10年振りに使用率 減…。チャイルドシートの正しい選び方と取付け方

10年振りに使用率 減…。チャイルドシートの正しい選び方と取付け方

子供の安全を守るためのチャイルドシート・ジュニアシート。2017年の使用率は2016年と比べると0.1ポイント減という結果になり、10年振りに使用率が低下してしまったと発表されました。こちらの記事では、調査結果の概要から、チャイルドシート、ジュニアシートの正しい取り付け方についてご紹介していきます。


スバル レガシィ アウトバック 中古価格 燃費 価格  口コミまとめてみた

スバル レガシィ アウトバック 中古価格 燃費 価格 口コミまとめてみた

スバルの大人気車種レガシィ、アウトバック。中古価格 燃費 価格 口コミ・・・気になる情報を盛り込みました!!!


【超接近】東京オートサロン2018! 開催概要/コンパニオン/情報まとめ

【超接近】東京オートサロン2018! 開催概要/コンパニオン/情報まとめ

今年も上半期が終了、折り返しに差し掛かっていますね。そう、つまり東京オートサロン2018ももうすぐだということです。本記事ではオートサロン2018、今わかっている情報をまとめています。


エスカレーターは危険!?過去の事件や面白階段まで紹介!

エスカレーターは危険!?過去の事件や面白階段まで紹介!

普段何気なくエスカレーターに乗った時に、歩行することってありますよね!でもそれが恐ろしい事故を引き起こしてしまうこともあります。エスカレーターに乗ったらすぐに手すりを掴むなど個人での対策も必要です。