ダイハツ ムーヴに改良新型が登場!スマアシⅢも導入!

ダイハツ ムーヴに改良新型が登場!スマアシⅢも導入!

ダイハツは、軽乗用車『ムーヴ』および軽福祉車両『ムーヴ フロントシートリフト』をマイナーチェンジし、8月1日から販売を開始しています。本記事ではさらに進化をとげたムーヴについてまとめています。


ダイハツ ムーヴから改良新型が8月1日より発売開始

ダイハツ工業は、軽乗用車『ムーヴ』および軽福祉車両『ムーヴ フロントシートリフト』をマイナーチェンジし、8月1日から販売を開始しています。

今回のマイナーチェンジでは、歩行者にも緊急ブレーキ対応する「スマートアシストIII」を搭載しました。

また、4つのカメラで車両の前後左右を映すことで、上から見下ろしたような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」を採用し、安全・安心性能を向上させています。

ムーヴ改良新型に搭載された、スマートアシストⅢとは

運転中の「ヒヤッ」とするシーンで事故の回避の支援や被害の軽減を図り、安全運転をサポートしてくれるのが「スマートアシストⅢ」です。

「スマートアシスト」がいまいちピンと来ない、という方に簡単に説明すると、安全機能をまとめたお得なパックを「スマートアシスト」その第三世代が「スマートアシストⅢ」というイメージでしょうか。

他のメーカーですと、トヨタは「Toyota Safety Sence P」、スバルは「アイサイト」などがありますね。

クルマの周囲を認識し、危険が迫るとドライバーに警告したり、緊急ブレーキをかけ、安全運転を支援する「スマートアシスト」。
スマアシは進化を続け、現在第3世代になりました。

ソナーセンサーに加え小型のステレオカメラを採用し、先行車だけでなく、歩行者へのブレーキも可能になります。

スマアシⅢが導入されることで、軽自動車の安心がさらに広がりますね。

スマアシⅢにはこんな機能がある!一挙紹介

衝突警報機能(対車両・対歩行者)/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)

走行中に前方の車両と歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合にドライバーへ注意喚起します。

万が一、更に危険性が高まった場合には緊急ブレーキで減速。

衝突の回避や、衝突時の被害軽減に寄与します。

車線逸脱警報機能

約60km/h以上で走行中、ステレオカメラが車線を検知している場合に、道路上の車線から逸脱しそうになると、ドライバーへ警報、逸脱回避操作を促します。

誤発進抑制制御機能(前方)

前方約4m以内に障害物等があることをステレオカメラが検知した際に、シフトポジションを「前進」にしたまま、ブレーキペダルと間違えるなどして必要以上にアクセルペダルを踏み込んだ場合、急発進を抑制してくれます。

誤発進抑制制御機能(後方)

後方約2~約3m先までに壁などの障害物等があることを、ソナーセンサーが検知している時に、シフトポジションを「後退」にしたまま、ブレーキペダルと間違えるなどして必要以上にアクセルペダルを踏み込んだ場合、急発進を抑制します。

先行車発進お知らせ機能

信号待ちなどで前の車が発進したことに気づかない時、ブザー音とメーター内表示でお知らせします。

オートハイビーム

対向車のヘッドランプなど前方の明るさを検知し、ハイビームとロービームを手をわずらわせることなく自動で切り替えてくれます。

先行車や対向車などがいない時にはハイビームにし、遠くまで見通しを確保。

安心感を高めます。

ムーヴ改良新型 内外装が一新

また、『ムーヴ』『ムーヴ カスタム』ともに内外装を刷新しました。

ムーヴではメッキフロントグリルや新意匠の14インチアルミホイールの採用などにより、シンプルで上質なエクステリアを実現しています。

ムーヴ カスタムでは新開発の多灯薄型LEDヘッドランプ(マニュアルレベリング機能・LEDクリアランスランプ付)や、スモーククリアのインナーレンズを採用したリヤコンビネーションランプ、新意匠のインパネガーニッシュなどを装備。

先進的で上質感ある内外装としています。その他、リヤシートのラゲージ側にリヤシートのスライドレバーを設定することで、使い勝手も向上させています。

ムーヴ 新型改良 気になる価格は


気になる価格ですが、111万2400円から174万9600円となっています。
エントリーグレードの価格を引き下げるなど、見直しを図っています。

さらに、軽福祉車両「ムーヴ フロントシートリフト」についてもマイナーチェンジを実施。

ムーヴ/ムーヴ カスタムの変更内容を織り込み、安全・安心性能の向上と内外装の魅力向上を図りました。

価格は125万4000円から160万4000円です。

いかがでしたか。

本記事では新しくなったムーヴについてまとめました。

軽自動車、というと安全面が不安、という方も多いかと思いますが、スマアシⅢが導入されたムーヴなら、候補に入れてみても良いかもしれないですね。

関連するキーワード


ダイハツ ムーヴ

関連する投稿


【改良新型】人気の軽自動車!ダイハツ ムーヴ スペック 価格 燃費

【改良新型】人気の軽自動車!ダイハツ ムーヴ スペック 価格 燃費

ダイハツは、軽乗用車『ムーヴ』および軽福祉車両『ムーヴ フロントシートリフト』をマイナーチェンジしました。8月1日から販売を開始しています。今回はそんな新しくなったムーヴについてまとめています。改めて、ムーヴについて学びましょう。


【インドネシアモーターショー】三菱エクスパンダーがお披露目!他

【インドネシアモーターショー】三菱エクスパンダーがお披露目!他

インドネシアモーターショーにて、三菱のエクスパンダーがワールドプレミアされました。今回はエクスパンダーをはじめ、インドネシアモーターショーで披露された内容を厳選してまとめています。


ダイハツのオープンカー コペン!電動ルーフが便利なコペン紹介!

ダイハツのオープンカー コペン!電動ルーフが便利なコペン紹介!

国産のオープンカーと言えば、みなさんはどんな車を思い浮かべますか?ホンダのS660、マツダのロードスター・・・そして、ダイハツのコペン。今回はカワイイオープン、コペンについてまとめています。


【2017年上半期】軽自動車おすすめ10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【2017年上半期】軽自動車おすすめ10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【2017年7月13日更新】国内の自動車販売台数の内、およそ3割の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報をまとめて掲載しています。


広い軽自動車といえば!トール・ハイトワゴン 売上ランキングTOP10!

広い軽自動車といえば!トール・ハイトワゴン 売上ランキングTOP10!

今、軽自動車の販売台数がどんどん増えています。それは維持費の安さなど経済的理由だけでなく、車内の広さ、快適さにも注目が集まっています。そこで今回は車内が広い軽自動車の代名詞ともいえるトールワゴン、ハイトワゴン、スーパーハイトワゴンに絞った軽自動車の売上ランキングTOP10を発表したいと思います。


最新の投稿


メルセデスAMGの新型ハイパーカー『プロジェクト ワン』価格・パワートレイン

メルセデスAMGの新型ハイパーカー『プロジェクト ワン』価格・パワートレイン

メルセデスから販売予定のハイパーカー。メルセデスAMG新型「プロジェクトワン」、気になる最新情報についてまとめました。まだまだ謎のヴェールにつつまれている、「プロジェクト ワン」スペック・値段をまとめています。ブガッティシロンよりは少しばかりお手頃…のようです。


新車価格200万円以下で買える!お得なハイブリッドカー10選!

新車価格200万円以下で買える!お得なハイブリッドカー10選!

環境に良くて燃費性能も高いハイブリッドカー。元々国内で販売されていたガソリンエンジン車にもハイブリッドタイプが続々と登場し、今では国内でかなりの台数が販売されています。今回は新車価格200万円以下のハイブリッドカーにスポットを当ててご紹介します。


【アリ!?ナシ?!】愛車、15万キロ以上走行は?

【アリ!?ナシ?!】愛車、15万キロ以上走行は?

毎年、気になる新型やカッコイイ外車、ちょっとお高い高級車が販売されています。そして、道を走れば思わず見とれてしまう外車も多いです。そう。クルマ好きには誘惑が多いですよね。でも、やっぱり、自分の愛車が一番。そう思う方は多いでしょう。今回はそんな自分の車をこよなく愛する方、必見のアンケート調査を載せています。


【ボディタイプ別】新車価格200万円で買えるオススメ車種10選!

【ボディタイプ別】新車価格200万円で買えるオススメ車種10選!

車が欲しくて新車はどれも高く、軽自動車もしくは中古車ならなんとかなるかもとお考えの方は多いと思います。しかし、調べると新車でも意外と買える新車はあるものです。そこで今回は車が欲しいけどお金が無いという方にオススメの200万円以下で買える新車をご紹介していきます。


【本日最終日!】抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル!

【本日最終日!】抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル!

『モンキー』最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル」の商談受付が7月21日より開始すると発表されました。「モンキー・50周年アニバーサリー」「モンキー・くまモン バージョン」は既に生産台数を大幅に上回る注文数で受付終了だそうです。今回はなんと500台限定とのこと。更なる激戦が予想されます。