日産のスーパーカー!GT-Rのスペック 価格 燃費 まとめ

日産のスーパーカー!GT-Rのスペック 価格 燃費 まとめ

日産が誇る、スーパースポーツ、GT-R。ファンも多いこの車。みなさんはどれだけ知っていますか?本記事ではGT-Rのスペック、燃費、価格他気になる情報をまとめています。


日産が誇るスーパースポーツ。GT-R

日産の車と言えば?と聞かれて、思い浮かぶ車の一つが、「GT-R」という方も多いのではないでしょうか。

GT-Rは、2007年より日産から発売されているクーペタイプの車です。

スカイラインGT-Rの後継車として有名ですよね。

日産のGT-R 2017年モデルが発売

そんな『GT-R』ですが、2017年モデルを2016年7月より発売しています。

新型GT-Rは、2007年の発売以来最大規模となるエクステリアやインテリアのデザイン変更に加え、新技術の採用によりドライビングパフォーマンスの向上を実現。

3.8リットルV型6気筒ツインターボエンジンは、GT-R NISMOの技術を採用した気筒別点火時期制御を採用するなど、さらに強化されました。

最大出力は570psと、従来比で20ps引き上げに成功しています。

そしてついにGT-R次期型が!?発売は2020年か

日産が世界に誇るスーパースポーツ、「GT-R」次期型に関する最新レポートを海外から入手、編集部では期待を込めた予想CGを作成した。

現在、最新モデルとして販売されている「R35」型から、新章「R36」型へと移り変わる次期型はどのような進化を見せるのだろうか。

エクステリアは2014年に公開された、「2020ビジョンGTグランツーリスモ」からインスピレーションを得たデザインが有力だ。

ヘッドライトはフェラーリ「458イタリア」を彷彿させ、ボンネットにはエアーバルジ、フェンダーにはエアブリーザー、「GTグランツーリスモ」からさらに進化を遂げたフロントエアスプリッター付きエアダクト、大型リアスポイラーなどを装備させた。

最新レポートには、次期GT-Rはマクラーレンやメルセデスから発売が予定されている、3億円クラスのハイパーカー同等のモデルと予想されており、それに恥じないアグレッシブなエクステリアに仕上げた。

心臓部には 日産の最新エンジン、3リットルV型6気筒ツインターボ「VR30」エンジンと「R-ハイブリッド」を組み合わせ、最高馬力は700ps超えとも噂されている。

予想販売価格もぐっと高く設定されるはずだ。現在の価格帯は1,100万円から1,300万円だが、次期型では1,500万円から2,000万円級も予想される。

ワールドプレミアは2020年と期待されている一方、開発が遅れているという情報もあり流動的だ。

GT-Rの次期型も待ち遠しいですね。

そんな話題のGT-R。

本記事では現行の日産GT-Rについてまとめてみました。

日産 GT-R 基本情報

GT-R スペック

■エンジン:VR38DETT
■エンジン最高出力:419kW(570ps)
■エンジン最大トルク:637kW(65.0kgm)
■全長×全幅×全高:4710×1895×1370(mm)
■ホイールベース:2780(mm)
■車両重量:1770kg
■JC08モード燃費:8.8km/L

※プレミアムエディション参考

GT-R インテリア

高級感のある内装。
エクステリアもインテリアもグレードアップしたGT-R。

いつも目に触れるインストルメントパネルには、高級本革として知られるナッパレザーを贅沢にも“一枚使い”しています。

この一枚使いにより、コックピット全体に圧倒的な質感を醸し出しています(GT-R Premium editionにメーカーオプション設定)。

過去モデル(2015モデル)とインテリア比較してみた

2015年モデル

2015年モデル

GT-R エクステリア

さらなるパフォーマンスと質感の向上を実現するため、過去最大規模のデザイン変更を行っています。

エンジン出力の向上に伴い、空力性能を含めトータルでバランスを取り直しました。

デザインは、GT-Rらしさを極めたエクステリアデザインを追求しています。

過去モデル(2015年モデル)とエクステリア比較してみた 

2015年モデル

2015年モデル

GT-R グレード別価格

■GT-R Pure edition 9,960,840 円
■GT-R Black edition 11,869,200 円
■GT-R Premium edition 11,705,040 円
■GT-R Track edition engineered by nismo 13,699,800 円
■GT-R GT-R NISMO 18,700,200 円

さすがスーパーカー。

お値段もほとんどのグレードが1000万円超えですね。


GT-R 2017年モデルの評価はどうか

新旧を並べると、旧型(現行)が丸みを帯びてホンワカ優しい印象に対して新型はフロント回りが特に引き締まった!! そのカタチの違いだけでも触手が延びるのは理解できる。そのくらい素直にカッコいい。だいたい’17モデルといえば、デビューが2007年だから10年になる。10年間世界の一線級でいられるスポーツカー、その事実だけでも凄いが、さらに進化した事に驚く。

’14モデルから開発責任者が現在の田村宏志氏に変ってから、クルマとは開発陣の思いでこうも変化する、と言う事を改めて教えられる。何よりもクルマを操る「ヒトと対話しながら操縦する、血の通ったクルマとの関係」。’17 GT-Rを前に、かつてGT-Rでレース活動を行い、2度もチャンピオンに輝いたR32時代のGT-R愛が蘇った。親近感が持てるGT-R、と変革した事は間違いない。

一番恐れ入るのは、この期に及んでボディ剛性が向上し、しかもエンジン性能もアップしている点。この両方、実はデビューした2007年以来、基本は何ら変わっていないのである。それこそ、細かい点の煮詰めと潰しを、年を経るごとに行ってきた成果の賜物ではないかと思う。2017年はある意味ではその集大成と言われているが、その集大成に試乗した結果がタイトルに書いたようにその凄さを改めて思い知ったというわけである。

ボディ耐性も向上、エンジン性能もアップし、おまけにエクステリアが文句なしにカッコイイ、日産のGT-R。買わない手はないですね!!

外国車のスポーツカーを購入予定だった人…この機会にGT-Rを候補の車に入れてみてはいかがでしょうか。

そして、GT-Rを購入予定の人、2020年お披露目予定のGT-Rを待つか、それとも今買ってしまうか、むしろどちらも買うか…。

これは悩みどころですね。

復活のNSX 新型NSXの基本情報まとめ

http://matome.response.jp/articles/759

1990年~2006年まで、NSX。2016年に2代目となるNSXが発売されて大変話題になりました。今回は改めて2016年に発売された2代目NSXについてまとめています。

関連するキーワード


日産 GT-R

関連する投稿


【アリ!?ナシ?!】愛車、15万キロ以上走行は?

【アリ!?ナシ?!】愛車、15万キロ以上走行は?

毎年、気になる新型やカッコイイ外車、ちょっとお高い高級車が販売されています。そして、道を走れば思わず見とれてしまう外車も多いです。そう。クルマ好きには誘惑が多いですよね。でも、やっぱり、自分の愛車が一番。そう思う方は多いでしょう。今回はそんな自分の車をこよなく愛する方、必見のアンケート調査を載せています。


「いつまでも名車に乗り続けたい」ファンに答えた名車「再生」支援まとめ

「いつまでも名車に乗り続けたい」ファンに答えた名車「再生」支援まとめ

貴方は、自分の車が好きですか。もちろん、好きですよね。新型がでるたびに欲しくなる、という人もいる一方で、ずっと、自分の車に乗り続けたいと願う方も少なくないと思います。そんな方に朗報。自動車会社大手が、名車「再生」に力を入れています。今回は、ホンダ、マツダ、日産の再生支援について焦点をあててご紹介します。


フェアレディZ 新しい"Z"に、日産の「魂」。基本情報まとめ

フェアレディZ 新しい"Z"に、日産の「魂」。基本情報まとめ

フェアレディZ。それは日産から販売されている人気スポーツカーです。そんな人気車ですが、貴方はフェアレディZの名前の由来をご存知ですか?9年ぶりにフルモデルチェンジかと噂される話題のフェアレディZ。今回は改めてフェアレディZの基本情報についてまとめてみました。


日産の本格SUV、エクストレイルに改良新型が登場

日産の本格SUV、エクストレイルに改良新型が登場

ハイブリッドも完備の本格SUVと言えば。そう日産のエクストレイルですよね。本記事では、エクストレイルの価格・中古価格・燃費・ハイブリッド他についてまとめています。


【謝礼10万円】日産が全国の「遊び場」を募集中!

【謝礼10万円】日産が全国の「遊び場」を募集中!

7月31日、日産からエクストリームスポーツプレイヤー(エクストリーマー)のため日本中の様々なスポットを「遊び場」に変えるプロジェクト「THE PLAY LIST」が開始されます。自治体・施設オーナー・一般の方から幅広く「遊び場の候補地」を募集し、採用の場合、自薦・他薦問わず、10万円の謝礼がいただけるようです。


最新の投稿


メルセデスAMGの新型ハイパーカー『プロジェクト ワン』価格・パワートレイン

メルセデスAMGの新型ハイパーカー『プロジェクト ワン』価格・パワートレイン

メルセデスから販売予定のハイパーカー。メルセデスAMG新型「プロジェクトワン」、気になる最新情報についてまとめました。まだまだ謎のヴェールにつつまれている、「プロジェクト ワン」スペック・値段をまとめています。ブガッティシロンよりは少しばかりお手頃…のようです。


新車価格200万円以下で買える!お得なハイブリッドカー10選!

新車価格200万円以下で買える!お得なハイブリッドカー10選!

環境に良くて燃費性能も高いハイブリッドカー。元々国内で販売されていたガソリンエンジン車にもハイブリッドタイプが続々と登場し、今では国内でかなりの台数が販売されています。今回は新車価格200万円以下のハイブリッドカーにスポットを当ててご紹介します。


【アリ!?ナシ?!】愛車、15万キロ以上走行は?

【アリ!?ナシ?!】愛車、15万キロ以上走行は?

毎年、気になる新型やカッコイイ外車、ちょっとお高い高級車が販売されています。そして、道を走れば思わず見とれてしまう外車も多いです。そう。クルマ好きには誘惑が多いですよね。でも、やっぱり、自分の愛車が一番。そう思う方は多いでしょう。今回はそんな自分の車をこよなく愛する方、必見のアンケート調査を載せています。


【ボディタイプ別】新車価格200万円で買えるオススメ車種10選!

【ボディタイプ別】新車価格200万円で買えるオススメ車種10選!

車が欲しくて新車はどれも高く、軽自動車もしくは中古車ならなんとかなるかもとお考えの方は多いと思います。しかし、調べると新車でも意外と買える新車はあるものです。そこで今回は車が欲しいけどお金が無いという方にオススメの200万円以下で買える新車をご紹介していきます。


【本日最終日!】抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル!

【本日最終日!】抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル!

『モンキー』最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル」の商談受付が7月21日より開始すると発表されました。「モンキー・50周年アニバーサリー」「モンキー・くまモン バージョン」は既に生産台数を大幅に上回る注文数で受付終了だそうです。今回はなんと500台限定とのこと。更なる激戦が予想されます。