記事総数:47  総PV数:25357

公開済みの記事


【プリウス?】盗難の多い自動車ランキング【ハイエース?】

【プリウス?】盗難の多い自動車ランキング【ハイエース?】

日本損害保険協会は3月29日、第18回自動車盗難事故実態調査の結果を発表しました。自動車盗難事故実態調査は、自動車盗難の防止対策の一環として、損害保険会社が2016年11月に保険金を支払った事案(車両本体盗難300件、車上ねらい・部品盗難455件)を対象に実施している調査です。


国内線でオーバーブッキングが多い航空会社ランキング(4〜6月)

国内線でオーバーブッキングが多い航空会社ランキング(4〜6月)

多くの航空会社ではオーバーブッキング発生が判明した時点で自主的に搭乗を取りやめる旅客を航空会社が幅広く募集する「フレックストラベラー制度」を導入しています。国土交通省が公表している資料から、GW期間が含まれる4〜6月のオーバーブッキングが多い航空会社をまとめてみました。


ついに撮影成功!「リーフ」は次世代でこう変わる

ついに撮影成功!「リーフ」は次世代でこう変わる

現行(初代)リーフは2010年末、日本と米国で発売後、バッテリー容量を増やした改良モデルで、航続距離を延ばすなど実用性を高めてきた。 リーフの世界累計販売台数は、25万台を突破。2017年10月の東京モーターショーではモデルチェンジした新しいリーフが発表されるとみられている。


トヨタ・スズキ業務提携で何が変わるのか

トヨタ・スズキ業務提携で何が変わるのか

トヨタ自動車とスズキは2月6日、業務提携に向けた覚書を締結したと発表した。 この業務提携について経緯や、何が変わるのかをまとめました。


軽自動車にも先進安全をダイハツ「スマートアシスト」

軽自動車にも先進安全をダイハツ「スマートアシスト」

2012年に「ムーヴ」に採用された軽自動車初となる衝突回避支援システム『スマートアシスト』。現在は前方車両に加え歩行者との衝突を回避するまで進化をしました。 さらに、オートハイビームや誤発進抑制、車線逸脱警報機能など豊富な先進安全機能がパッケージ化されています。


SUVテイストをまとった軽自動車「キャスト アクティバ」

SUVテイストをまとった軽自動車「キャスト アクティバ」

ダイハツ工業より生まれたキャスト アクティバ、乗り心地や操作性のよさ、そしてSUVのようなおしゃれなデザインとドライバーが望んでいたこと実現した車です。今回はこのキャストのデザインの特徴や走行性能についてお話します。


AIが接客!?ガリバーの「クルマコネクト」がすごい

AIが接客!?ガリバーの「クルマコネクト」がすごい

IDOM(旧ガリバー)が提供する「クルマコネクト」は、リアルの営業現場とデジタルマーケティングの融合をはかるため、2016年1月より提供を開始したO2Oによるオンライン接客型サービスです。 チャットによる相談だけでは無く人工知能「KIBIT(キビット)」による車種レコメンドを受ける事ができます。


定額クルマ乗り換え放題サービス「NOREL」の魅力

定額クルマ乗り換え放題サービス「NOREL」の魅力

IDOM(旧ガリバーインターナショナル)は、2016年に東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の1都3県で月額定額クルマ乗り換え放題サービス「NOREL」を先行リリースしている。 月額定額で好きなクルマに乗れるという、このサービスの魅力を調べてみました。


保険会社に訊く!事故対応で『ドライブレコーダー』は役立つのか!

保険会社に訊く!事故対応で『ドライブレコーダー』は役立つのか!

ここ1、2年の間で、一気に装着率が上がっている「ドライブレコーダー」ですが実際のところ事故後の処理に役立っているのか否か。きになる現状を保険会社に確認しました。


大ヒット!ペダル踏み間違え防止「ペダルの見張り番」

大ヒット!ペダル踏み間違え防止「ペダルの見張り番」

オートバックスセブンが発売する、ペダル踏み間違え防止装置『ペダルの見張り番』は自動車のアフターパーツとしては異例の大ヒットとなっている。 高齢者の重大事故が社会問題となっている背景もあり、注目されるこの商品だが、一体どんなものなのだろうか?


国土交通省発表2016年「乗用車燃費ベスト10」(軽自動車)

国土交通省発表2016年「乗用車燃費ベスト10」(軽自動車)

国交省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、燃費の良い乗用車のベスト10とともに、自動車の燃費性能を評価した「自動車燃費一覧」を公表している。 こちらのページでは軽自動車のランキングをまとめました。


国土交通省発表「乗用車燃費ベスト10」(普通・小型自動)

国土交通省発表「乗用車燃費ベスト10」(普通・小型自動)

国交省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、燃費の良い乗用車のベスト10とともに、自動車の燃費性能を評価した「自動車燃費一覧」を公表している。 こちらのページでは軽自動車を除く普通・小型自動車のランキングをまとめました。


日本自動車研究所(JARI)で行われている研究がすごい

日本自動車研究所(JARI)で行われている研究がすごい

1969年に自動車に関する総合的な研究を行う組織として発足した財団法人、日本自動車研究所(JARI)は東京と茨城県つくば市(研究所)、城里町(テストコース)の3カ所に拠点をもち、自動車に関する研究のほか、規格化・標準化へ向けた協力や提言、調査業務などをおこなっている。


昇降式にフレーム構造 低コスト・軽量化を実現したホームドア

昇降式にフレーム構造 低コスト・軽量化を実現したホームドア

駅での転落事故防止に向け「ホームドア」の設置が各地で勧められています。しかしコストやドア位置の異なる車両に対応できない点や、工事期間、重量など普及への課題が多くあります。 普及に向けて課題に対応した新しいホームドアの実験が進んでいます。


正解率○○%「ファーザーズドライブ」お父さんの運転を見分けられるのか

正解率○○%「ファーザーズドライブ」お父さんの運転を見分けられるのか

カーナビメーカー富士通テンは、目隠しをしてもお父さんの運転を見分けられるのかをテストした実証実験動画「ファーザーズドライブ」を公開しました。 泣けると話題になり、公開6日目で100万回を突破しています。


普及車向け「トヨタセーフティーセンスC(Toyota Safety Sense C)」の実力は

普及車向け「トヨタセーフティーセンスC(Toyota Safety Sense C)」の実力は

トヨタが提供する普及車向け向け衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティーセンス)C」の仕組みや性能、搭載車種についてまとめました。


もう使ったことある?大人気タクシー配車アプリ「全国タクシー」の魅力

もう使ったことある?大人気タクシー配車アプリ「全国タクシー」の魅力

国際自動車通信技術展(略称・ATTT)で第8回 ATTTアワード「コンテンツ・サービス部門」を獲得したタクシー配車アプリ「全国タクシー」、多くのユーザーに支持される、その魅力とは。


LPGハイブリッド搭載トヨタ「次世代タクシー(JPN TAXI)」のおもてなし

LPGハイブリッド搭載トヨタ「次世代タクシー(JPN TAXI)」のおもてなし

今年(2017年)10月から街を走るトヨタ自動車が開発した「次世代タクシー(JPN TAXI)」は、2013年の東京モーターショーで「JPN TAXI Concept」としてお披露目された、LPGハイブリッド搭載の次世代タクシーです。


高速道路で自動運転!日産「プロパイロット」は想像以上にすごかった

高速道路で自動運転!日産「プロパイロット」は想像以上にすごかった

2016年発売のセレナに搭載された日産「プロパイロット」は、自動車専用道路の単一車線での自動運転を実現しました。 これまでのクルーズコントロールや車線キープなどど何が違うのか、今後の展開、実際の使用感などについてまとめました。


こいつ…動くぞ! 日産の動くイス「プロパイロットチェア」が面白い

こいつ…動くぞ! 日産の動くイス「プロパイロットチェア」が面白い

日産の「プロパイロットチェア」はプロパイロットのコンセプトをわかりやすく人々に伝えるために製作された自動で動くイスです。その動画と体験デモの様子を見てみましょう。