目次へ戻る

カー・オブ・ザ・イヤーの大本命!?トヨタのカムリ最新情報 試乗感想他

カー・オブ・ザ・イヤーの大本命!?トヨタのカムリ最新情報 試乗感想他

日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーにも選ばれているトヨタの新型カムリ。1980年にセリカのセダン版として販売されたカムリですが、この度2017年7月よりフルモデルチェンジを経て10代目が販売開始しました。カムリの魅力とはいったい何か。改めてカムリの評価・評判・性能・燃費・試乗感想などについてまとめています。


トヨタのセダン!カムリ新型が2017年7月より販売開始!

セダン復権なるか?!トヨタ カムリ新型販売開始!燃費 価格 スペック 評価は?

https://matome.response.jp/articles/712

トヨタのミッドサイズセダン、カムリ。カムリについてあまり詳しくない貴方も、カムリ大好きオーナーの貴方にも!必見情報を記載しています。

トヨタは、ミッドサイズセダン『カムリ』をフルモデルチェンジし、2017年の7月10日より販売を開始しています。

カムリはもともと、トヨタのセリカのセダン版である「セリカ・カムリ」として登場、2代目以降はおなじみ「カムリ」として販売されています。今回販売されたカムリは10代目になります。

新型カムリは、TNGA採用!フルモデルチェンジで安全装備強化

今回のカムリのフルモデルチェンジでは、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)に基づきプラットフォーム、ユニット、電子系など全ての部品をゼロから開発しました。

また、安全装備も強化され、「Toyota Safety Sense P(安全運転支援パッケージ)」を全車に標準装備しています。

日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーにも選出!

カムリ・チーフエンジニア 勝又正人氏とカムリ

カムリ新型ですが、2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーにノミネートされ、11月14日現在、10ベストカーに選出されている、イヤーカーの有力候補のうちの一つです。

12月に最終選考が行われますので、カムリ好きな方は見逃さないでくださいね。

日本カー・オブ・ザ・イヤー ノミネート車発表!今年は何が…?

https://matome.response.jp/articles/975

【11月8日10ベストカー発表】もうすぐ日本カーオブザイヤーです。カムリは、10ベストカーにも選ばれている、カー・オブ・ザ・イヤー候補の一つです。

日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018公式サイトはこちら

気になる!カムリ新型、試乗感想・評価・評判・口コミは?

購入の際に、一番気になるのが、試乗感想や評価なのではないでしょうか。今回は、カムリ新型の試乗記をまとめましたのでご紹介いたします。

地味から華やかな車に。カムリの雰囲気が変わった

誤解を恐れずに言えば、これまでのカムリは、地味な存在だった。FF最大の武器であるスペース効率を生かした広い室内は評判だったけれど、どこかに華やかな個性が光るわけではない代わりに、どこにも非がないという、質実剛健の言葉が似合う存在であり、それ以上ではなかったのだ。

グローバルで展開され、特にアメリカでは、群雄割拠するこのジャンルで販売トップを継続している。アメリカの国民車といってもいい。だが、日本ではその存在は地味だった。

だが新型は、華やかな印象が強い。これまでのカムリとは、雰囲気が全く異なるのである。

安定感のあるスタイル

低く広く、そして低いフォルムは、新しい開発されたTNGAプラットフォームの恩恵が強い。タイヤを四隅に配することが可能で、エンジン搭載位置も低く後退させることができる。それによって、大地に根をはるような、安定感あるスタイルを得たのだ。

ハンドリングの良さ、そして乗り心地の良さがマル

ハンドリングも上質なのだ。実は僕がもっとも高く評価しているのはこのハンドリングである。先代では、操縦フィールに強く魅力を感じたことはなかった。正しく曲がり正しく加速するだけで、それ以上ではなかった。だが新型は、例えば交差点をスッと曲がるときでさえ、素直なヨーゲインが感じさられるのだ。気持ちいい。

もちろんサスペンションをハードに仕立てているわけではない。乗り心地はすこぶるいい。さらに付け加えれば、しっとりと路面に吸い付くような湿度感が心地いい。

カムリ新型、トランク容量も十分

『カムリ』らしいのは後席が広大といえる広さをもつことで、寝過ぎていない背もたれによって、身体の収まりのいい、快適な着座姿勢がとれる。トランク容量もメカニズムの犠牲になっておらず、車格に見合って、たっぷりと荷物が積み込める。

上級・上質なセダン感

走りも納得がいく仕上がり。とくに17インチタイヤが標準装着の「G」グレードは、快適なフラットライドを実現させつつ全体としてゆったりとした、クルマのイメージに合った乗り味に設えてある(SPORTモードはステアリングフィール等、心地よく引き締まる)。4気筒の2.5リットルエンジンがベースのハイブリッドシステムは1570kgの車重に対して十二分といえる性能を発揮してくれ、上級・上質な味わいだ。

カムリ新型の試乗感想・評価をまとめると、フルモデルチェンジした結果、上質・上級な味わいのある華やかな外観へと進化したことがわかります。

また、走りや乗り心地も好評でした。セダンで迷っている方にはオススメの一台だと言えそうですね。

改めて知りたい カムリ新型 基本スペック・性能

 
【トヨタ カムリ新型】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,885×1,840×1,445mm(ホイールベース:2,825mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,570kg
燃費JC08モード:28.4km/L
エンジンタイプA25A-FXS
エンジン種類直列4気筒
総排気量2.487L
最高出力(kW(PS)/rpm)131(178)/5,700
最大トルク(N・m/rpm)221(22.5)/3,600 ~ 5,200
タンク容量 50L
駆動方式前輪駆動方式
トランスミッション電気式無段変速機
※トヨタ カムリ新型 Gグレード参照

トヨタ 新型カムリ グレード別価格

 
【トヨタ カムリ新型】 価格表
G“レザーパッケージ” 4,195,800円~
G3,499,200円~
X3,294,000円~

エントリーモデルはX。また一番高価なモデルはG“レザーパッケージ”になります。

燃費や価格を気にする方はX、走りにこだわりたい方は18インチホイールを装着したスポーティスタイルであるG“レザーパッケージ”がオススメです。

最後に

新型トヨタ・カムリのダニエル・スアレツ(カスタマイズカー)

いかがでしたか。本記事では、日本カー・オブ・ザ・イヤーにもノミネートされている、トヨタの新型カムリの試乗感想を中心にまとめました。

カムリの購入を迷っている方にとって、少しでもご参考になれば幸いです。

【速報】10ベストカーが決定 2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー

https://matome.response.jp/articles/992

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーが11月8日に発表されました!!!カムリも選出されています。

10ベストカーにも選出!新型N-BOXカスタム最新情報!価格・試乗感想

https://matome.response.jp/articles/1005

9月にフルモデルチェンジを行い、売れ行きも好調・今波に乗っている軽トールワゴン。それがホンダの新型N-BOX/N-BOXカスタムです。10ベストカーにも選出されています。

関連する投稿


「シエンタ」に2列シート車を新設定!「フリード+」とどう違う?

「シエンタ」に2列シート車を新設定!「フリード+」とどう違う?

トヨタは11日、「シエンタ」をマイナーチェンジ、2列シート車を新設定しました。同じような設定の車種にホンダの「フリード+」があります。そこで、このライバル2車はどこが違うのか、2列シート車を中心に比較し、また、2列シート車の必要性も考えてみました。


車両火災の恐れあり、トヨタ「プリウス」「プリウスPHV」「C-HR」3モデル55万台をリコール!

車両火災の恐れあり、トヨタ「プリウス」「プリウスPHV」「C-HR」3モデル55万台をリコール!

トヨタは車両火災の恐れがあるとして人気車種「プリウス」「プリウスPHV」「C-HR」の3モデル計55万3870台のリコールを国土交通省に届け出ました。 。対象車両は2015年6月から18年5月に生産したもので、世界で約102万台をリコール(回収・無償修理)することを発表しました。不具合内容と回収対策を見ていきます。


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


アウディ A8新型 8年ぶりフルモデルチェンジで10月15日発売!最新情報

アウディ A8新型 8年ぶりフルモデルチェンジで10月15日発売!最新情報

アウディのフラッグシップセダンであるA8が、約8年ぶりにフルモデルチェンジして登場しました。発売日は10月15日からで、今回アウディとしては初となるマイルドハイブリッドシステムを採用しています。価格やスペックなど、気になるA8新型の最新情報をまとめています。


【パリモーターショー2018】トヨタ カローラにワゴン登場!

【パリモーターショー2018】トヨタ カローラにワゴン登場!

トヨタ自動車の欧州部門であるトヨタモーターヨーロッパは9月4日に、新型ワゴンの『カローラ・ツーリングスポーツ』の概要を明らかにしました。それによると、実車は2018年10月、フランスで開催されるパリモーターショー2018において、ワールドプレミアされる予定です。


最新の投稿


【スクープ!】ランボルギーニがアウディからポルシェ傘下に!

【スクープ!】ランボルギーニがアウディからポルシェ傘下に!

アウディ傘下となっているランボルギーニ。2019年1月から、ポルシェ傘下へ入ることが確定したと、米Automobile Magazineが報じています。


【パリモーターショー2018】BMW X5新型と M5コンペティション発表!

【パリモーターショー2018】BMW X5新型と M5コンペティション発表!

BMWグループは、フランスで10月に開催されるパリモーターショー2018(Paris Motor Show)の出展内容を発表しています。それによれば新型『X5』(BMW X5)と『M5コンペティション』(BMW M5 Competition)がワールドプレミアされるとのことです。


【パリモーターショー2018】トヨタ ヤリス(ヴィッツ)2019年モデル初公開

【パリモーターショー2018】トヨタ ヤリス(ヴィッツ)2019年モデル初公開

トヨタヨーロッパは、ヤリス(日本名:ヴィッツ)の2019年モデルをパリモーターショー2018にて初公開することを発表しています。


日産のスーパーカー!GT-Rのスペック 価格 燃費 まとめ

日産のスーパーカー!GT-Rのスペック 価格 燃費 まとめ

日産が誇る、スーパースポーツ、GT-R。ファンも多いこの車。あのプロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手も日産車の中ではGT-Rがお好きなんだとか。そんなGT-R、みなさんはどれだけ知っていますか?本記事ではGT-Rのスペック、燃費、価格他気になる情報をまとめています。


フェラーリが経営計画発表!ハイブリッド車とSUV「Purosangue」を導入か

フェラーリが経営計画発表!ハイブリッド車とSUV「Purosangue」を導入か

フェラーリは9月18日に投資家向けに開いた説明会「Capital Markets Day」において2022年までにハイブリッド車をラインナップの6割に導入すること、SUV「Purosangue」を導入する予定であることを示唆しました。本記事ではこの度発表されたフェラーリの経営計画についてご紹介します。