目次へ戻る

カー・オブ・ザ・イヤーの大本命!?トヨタのカムリ最新情報 試乗感想他

カー・オブ・ザ・イヤーの大本命!?トヨタのカムリ最新情報 試乗感想他

日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーにも選ばれているトヨタの新型カムリ。1980年にセリカのセダン版として販売されたカムリですが、この度2017年7月よりフルモデルチェンジを経て10代目が販売開始しました。カムリの魅力とはいったい何か。改めてカムリの評価・評判・性能・燃費・試乗感想などについてまとめています。


トヨタのセダン!カムリ新型が2017年7月より販売開始!

セダン復権なるか?!トヨタ カムリ新型販売開始!燃費 価格 スペック 評価は?

https://matome.response.jp/articles/712

トヨタのミッドサイズセダン、カムリ。カムリについてあまり詳しくない貴方も、カムリ大好きオーナーの貴方にも!必見情報を記載しています。

トヨタは、ミッドサイズセダン『カムリ』をフルモデルチェンジし、2017年の7月10日より販売を開始しています。

カムリはもともと、トヨタのセリカのセダン版である「セリカ・カムリ」として登場、2代目以降はおなじみ「カムリ」として販売されています。今回販売されたカムリは10代目になります。

新型カムリは、TNGA採用!フルモデルチェンジで安全装備強化

今回のカムリのフルモデルチェンジでは、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)に基づきプラットフォーム、ユニット、電子系など全ての部品をゼロから開発しました。

また、安全装備も強化され、「Toyota Safety Sense P(安全運転支援パッケージ)」を全車に標準装備しています。

日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーにも選出!

カムリ・チーフエンジニア 勝又正人氏とカムリ

カムリ新型ですが、2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーにノミネートされ、11月14日現在、10ベストカーに選出されている、イヤーカーの有力候補のうちの一つです。

12月に最終選考が行われますので、カムリ好きな方は見逃さないでくださいね。

日本カー・オブ・ザ・イヤー ノミネート車発表!今年は何が…?

https://matome.response.jp/articles/975

【11月8日10ベストカー発表】もうすぐ日本カーオブザイヤーです。カムリは、10ベストカーにも選ばれている、カー・オブ・ザ・イヤー候補の一つです。

日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018公式サイトはこちら

気になる!カムリ新型、試乗感想・評価・評判・口コミは?

購入の際に、一番気になるのが、試乗感想や評価なのではないでしょうか。今回は、カムリ新型の試乗記をまとめましたのでご紹介いたします。

地味から華やかな車に。カムリの雰囲気が変わった

誤解を恐れずに言えば、これまでのカムリは、地味な存在だった。FF最大の武器であるスペース効率を生かした広い室内は評判だったけれど、どこかに華やかな個性が光るわけではない代わりに、どこにも非がないという、質実剛健の言葉が似合う存在であり、それ以上ではなかったのだ。

グローバルで展開され、特にアメリカでは、群雄割拠するこのジャンルで販売トップを継続している。アメリカの国民車といってもいい。だが、日本ではその存在は地味だった。

だが新型は、華やかな印象が強い。これまでのカムリとは、雰囲気が全く異なるのである。

安定感のあるスタイル

低く広く、そして低いフォルムは、新しい開発されたTNGAプラットフォームの恩恵が強い。タイヤを四隅に配することが可能で、エンジン搭載位置も低く後退させることができる。それによって、大地に根をはるような、安定感あるスタイルを得たのだ。

ハンドリングの良さ、そして乗り心地の良さがマル

ハンドリングも上質なのだ。実は僕がもっとも高く評価しているのはこのハンドリングである。先代では、操縦フィールに強く魅力を感じたことはなかった。正しく曲がり正しく加速するだけで、それ以上ではなかった。だが新型は、例えば交差点をスッと曲がるときでさえ、素直なヨーゲインが感じさられるのだ。気持ちいい。

もちろんサスペンションをハードに仕立てているわけではない。乗り心地はすこぶるいい。さらに付け加えれば、しっとりと路面に吸い付くような湿度感が心地いい。

カムリ新型、トランク容量も十分

『カムリ』らしいのは後席が広大といえる広さをもつことで、寝過ぎていない背もたれによって、身体の収まりのいい、快適な着座姿勢がとれる。トランク容量もメカニズムの犠牲になっておらず、車格に見合って、たっぷりと荷物が積み込める。

上級・上質なセダン感

走りも納得がいく仕上がり。とくに17インチタイヤが標準装着の「G」グレードは、快適なフラットライドを実現させつつ全体としてゆったりとした、クルマのイメージに合った乗り味に設えてある(SPORTモードはステアリングフィール等、心地よく引き締まる)。4気筒の2.5リットルエンジンがベースのハイブリッドシステムは1570kgの車重に対して十二分といえる性能を発揮してくれ、上級・上質な味わいだ。

カムリ新型の試乗感想・評価をまとめると、フルモデルチェンジした結果、上質・上級な味わいのある華やかな外観へと進化したことがわかります。

また、走りや乗り心地も好評でした。セダンで迷っている方にはオススメの一台だと言えそうですね。

改めて知りたい カムリ新型 基本スペック・性能

 
【トヨタ カムリ新型】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,885×1,840×1,445mm(ホイールベース:2,825mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,570kg
燃費JC08モード:28.4km/L
エンジンタイプA25A-FXS
エンジン種類直列4気筒
総排気量2.487L
最高出力(kW(PS)/rpm)131(178)/5,700
最大トルク(N・m/rpm)221(22.5)/3,600 ~ 5,200
タンク容量 50L
駆動方式前輪駆動方式
トランスミッション電気式無段変速機
※トヨタ カムリ新型 Gグレード参照

トヨタ 新型カムリ グレード別価格

 
【トヨタ カムリ新型】 価格表
G“レザーパッケージ” 4,195,800円~
G3,499,200円~
X3,294,000円~

エントリーモデルはX。また一番高価なモデルはG“レザーパッケージ”になります。

燃費や価格を気にする方はX、走りにこだわりたい方は18インチホイールを装着したスポーティスタイルであるG“レザーパッケージ”がオススメです。

最後に

新型トヨタ・カムリのダニエル・スアレツ(カスタマイズカー)

いかがでしたか。本記事では、日本カー・オブ・ザ・イヤーにもノミネートされている、トヨタの新型カムリの試乗感想を中心にまとめました。

カムリの購入を迷っている方にとって、少しでもご参考になれば幸いです。

【速報】10ベストカーが決定 2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー

https://matome.response.jp/articles/992

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーが11月8日に発表されました!!!カムリも選出されています。

10ベストカーにも選出!新型N-BOXカスタム最新情報!価格・試乗感想

https://matome.response.jp/articles/1005

9月にフルモデルチェンジを行い、売れ行きも好調・今波に乗っている軽トールワゴン。それがホンダの新型N-BOX/N-BOXカスタムです。10ベストカーにも選出されています。

関連する投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


【迫力増量中】新型アルファード スペック・価格・評価・燃費完全網羅

【迫力増量中】新型アルファード スペック・価格・評価・燃費完全網羅

2018年1月8日よりビッグマイナーチェンジを経て発売されたトヨタのアルファードとヴェルファイア。ミニバンの中で圧倒的な存在感とラグジュアリー性を誇ります。そんなアルヴェルがマイチェンでさらに過激に!?迫力満点!?本記事ではアルファードに焦点を当て、スペック・燃費・価格・中古価格他詳細について見ていきたいと思います。


【さらに過激】新型ヴェルファイア スペック・価格・評価・燃費完全網羅

【さらに過激】新型ヴェルファイア スペック・価格・評価・燃費完全網羅

2018年1月8日よりビッグマイナーチェンジを経て発売されたトヨタのアルファードとヴェルファイア。ミニバンの中で圧倒的な存在感とラグジュアリー性を誇ります。そんなアルヴェルがマイチェンでさらに過激に!?迫力満載!?そんなヴェルファイア新型について、スペック・燃費・価格・中古価格他詳細について見ていきたいと思います。


【2018年最新版】広すぎ御免!車内空間が広いミニバンランキングトップ10

【2018年最新版】広すぎ御免!車内空間が広いミニバンランキングトップ10

室内が広いことから家族に人気のミニバンですが、今では幅広いタイプのミニバンが存在します。その中で、本当に室内が広いミニバンはどの車なのか知りたくないですか?本記事ではランキング形式でご紹介します。ホンダのフリードから、トヨタのミニバン、アルファードに、日産セレナ、デリカまで…。貴方の気になっているミニバンはありますか?


最新の投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン、セレナに、新世代電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した『セレナ e-POWER』が登場します。このe-POWERはノートに初搭載された技術です。セレナ e-POWER、発売は2018年3月1日とのこと。本記事ではセレナ e-POWERの最新情報および改めてセレナを振り返ります。


フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリの主力車種、『488 GTB』。同車に間もなく設定される高性能モデルのティザーイメージを2月13日、フェラーリが公開しました。この高性能モデルは、488 GTBの前身モデル、『458イタリア』に用意されていた『458スペチアーレ』の再来となる模様。気になる最新情報をまとめています。


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

GfK Japanは全国のカー用品量販店、家電量販店、インターネットの通販等の販売実績を基にドライブレコーダーの販売動向を発表しました。2017年はドライブレコーダーの販売が急増。販売動向の結果のご紹介と、国内販売台数とおすすめのドライブレコーダーのご紹介をします。