目次へ戻る

カー・オブ・ザ・イヤーの大本命!?トヨタのカムリ最新情報 試乗感想他

カー・オブ・ザ・イヤーの大本命!?トヨタのカムリ最新情報 試乗感想他

日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーにも選ばれているトヨタの新型カムリ。1980年にセリカのセダン版として販売されたカムリですが、この度2017年7月よりフルモデルチェンジを経て10代目が販売開始しました。カムリの魅力とはいったい何か。改めてカムリの評価・評判・性能・燃費・試乗感想などについてまとめています。


トヨタのセダン!カムリ新型が2017年7月より販売開始!

セダン復権なるか?!トヨタ カムリ新型販売開始!燃費 価格 スペック 評価は?

https://matome.response.jp/articles/712

トヨタのミッドサイズセダン、カムリ。カムリについてあまり詳しくない貴方も、カムリ大好きオーナーの貴方にも!必見情報を記載しています。

トヨタは、ミッドサイズセダン『カムリ』をフルモデルチェンジし、2017年の7月10日より販売を開始しています。

カムリはもともと、トヨタのセリカのセダン版である「セリカ・カムリ」として登場、2代目以降はおなじみ「カムリ」として販売されています。今回販売されたカムリは10代目になります。

新型カムリは、TNGA採用!フルモデルチェンジで安全装備強化

今回のカムリのフルモデルチェンジでは、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)に基づきプラットフォーム、ユニット、電子系など全ての部品をゼロから開発しました。

また、安全装備も強化され、「Toyota Safety Sense P(安全運転支援パッケージ)」を全車に標準装備しています。

日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーにも選出!

カムリ・チーフエンジニア 勝又正人氏とカムリ

カムリ新型ですが、2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーにノミネートされ、11月14日現在、10ベストカーに選出されている、イヤーカーの有力候補のうちの一つです。

12月に最終選考が行われますので、カムリ好きな方は見逃さないでくださいね。

日本カー・オブ・ザ・イヤー ノミネート車発表!今年は何が…?

https://matome.response.jp/articles/975

【11月8日10ベストカー発表】もうすぐ日本カーオブザイヤーです。カムリは、10ベストカーにも選ばれている、カー・オブ・ザ・イヤー候補の一つです。

日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018公式サイトはこちら

気になる!カムリ新型、試乗感想・評価・評判・口コミは?

購入の際に、一番気になるのが、試乗感想や評価なのではないでしょうか。今回は、カムリ新型の試乗記をまとめましたのでご紹介いたします。

地味から華やかな車に。カムリの雰囲気が変わった

誤解を恐れずに言えば、これまでのカムリは、地味な存在だった。FF最大の武器であるスペース効率を生かした広い室内は評判だったけれど、どこかに華やかな個性が光るわけではない代わりに、どこにも非がないという、質実剛健の言葉が似合う存在であり、それ以上ではなかったのだ。

グローバルで展開され、特にアメリカでは、群雄割拠するこのジャンルで販売トップを継続している。アメリカの国民車といってもいい。だが、日本ではその存在は地味だった。

だが新型は、華やかな印象が強い。これまでのカムリとは、雰囲気が全く異なるのである。

安定感のあるスタイル

低く広く、そして低いフォルムは、新しい開発されたTNGAプラットフォームの恩恵が強い。タイヤを四隅に配することが可能で、エンジン搭載位置も低く後退させることができる。それによって、大地に根をはるような、安定感あるスタイルを得たのだ。

ハンドリングの良さ、そして乗り心地の良さがマル

ハンドリングも上質なのだ。実は僕がもっとも高く評価しているのはこのハンドリングである。先代では、操縦フィールに強く魅力を感じたことはなかった。正しく曲がり正しく加速するだけで、それ以上ではなかった。だが新型は、例えば交差点をスッと曲がるときでさえ、素直なヨーゲインが感じさられるのだ。気持ちいい。

もちろんサスペンションをハードに仕立てているわけではない。乗り心地はすこぶるいい。さらに付け加えれば、しっとりと路面に吸い付くような湿度感が心地いい。

カムリ新型、トランク容量も十分

『カムリ』らしいのは後席が広大といえる広さをもつことで、寝過ぎていない背もたれによって、身体の収まりのいい、快適な着座姿勢がとれる。トランク容量もメカニズムの犠牲になっておらず、車格に見合って、たっぷりと荷物が積み込める。

上級・上質なセダン感

走りも納得がいく仕上がり。とくに17インチタイヤが標準装着の「G」グレードは、快適なフラットライドを実現させつつ全体としてゆったりとした、クルマのイメージに合った乗り味に設えてある(SPORTモードはステアリングフィール等、心地よく引き締まる)。4気筒の2.5リットルエンジンがベースのハイブリッドシステムは1570kgの車重に対して十二分といえる性能を発揮してくれ、上級・上質な味わいだ。

カムリ新型の試乗感想・評価をまとめると、フルモデルチェンジした結果、上質・上級な味わいのある華やかな外観へと進化したことがわかります。

また、走りや乗り心地も好評でした。セダンで迷っている方にはオススメの一台だと言えそうですね。

改めて知りたい カムリ新型 基本スペック・性能

 
【トヨタ カムリ新型】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,885×1,840×1,445mm(ホイールベース:2,825mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,570kg
燃費JC08モード:28.4km/L
エンジンタイプA25A-FXS
エンジン種類直列4気筒
総排気量2.487L
最高出力(kW(PS)/rpm)131(178)/5,700
最大トルク(N・m/rpm)221(22.5)/3,600 ~ 5,200
タンク容量 50L
駆動方式前輪駆動方式
トランスミッション電気式無段変速機
※トヨタ カムリ新型 Gグレード参照

トヨタ 新型カムリ グレード別価格

 
【トヨタ カムリ新型】 価格表
G“レザーパッケージ” 4,195,800円~
G3,499,200円~
X3,294,000円~

エントリーモデルはX。また一番高価なモデルはG“レザーパッケージ”になります。

燃費や価格を気にする方はX、走りにこだわりたい方は18インチホイールを装着したスポーティスタイルであるG“レザーパッケージ”がオススメです。

最後に

新型トヨタ・カムリのダニエル・スアレツ(カスタマイズカー)

いかがでしたか。本記事では、日本カー・オブ・ザ・イヤーにもノミネートされている、トヨタの新型カムリの試乗感想を中心にまとめました。

カムリの購入を迷っている方にとって、少しでもご参考になれば幸いです。

【速報】10ベストカーが決定 2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー

https://matome.response.jp/articles/992

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーが11月8日に発表されました!!!カムリも選出されています。

10ベストカーにも選出!新型N-BOXカスタム最新情報!価格・試乗感想

https://matome.response.jp/articles/1005

9月にフルモデルチェンジを行い、売れ行きも好調・今波に乗っている軽トールワゴン。それがホンダの新型N-BOX/N-BOXカスタムです。10ベストカーにも選出されています。

関連する投稿


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。


【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

トヨタは5月21日、新型『グランビア』(Toyota Granvia)をオーストラリアで発表しました。このグランビアという名前が復活するのは実に17年ぶり。期待が高まりますね。


幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

スズキが2009年に発売したセダン『キザシ』。この『キザシ』という言葉には、物事の始まりの予兆という意味と、芽が出るという二つの意味合いがあります。今回の記事では、志高く誕生したものの短命に終わった『スズキ キザシ』についてまとめています。


進化し続ける BMW 5シリーズ(2014年式)  をご紹介

進化し続ける BMW 5シリーズ(2014年式) をご紹介

世界で最も売れているセダンと聞かれて名前の挙がる車の一つが、このBMW 5シリーズではないでしょうか。マイナーチェンジ・メジャーアップデートを重ねるたびに進化し続けている車です。72年に初代が登場してから十数年の時を経てもまだ進化をやめないのがこの5シリーズです。今回は、このBMW 5シリーズ(2014年式)についてご紹介いたします。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。