目次へ戻る

トヨタのハリアーが6月にマイチェン!ターボ車を新設定・試乗感想は?

トヨタのハリアーが6月にマイチェン!ターボ車を新設定・試乗感想は?

トヨタのクロスオーバーSUV、ハリアーが6月にマイナーチェンジを経て新たに発売されました。マイチェンで、2.0L直噴ターボエンジン8AR-FTS型を搭載したターボ車を新設定。また、Toyota Safety Sense Pを標準装備するなど進化を遂げています。今回はこの新型ハリアーについてまとめています。


トヨタの高級SUV・ハリアーが2017年6月にマイナーチェンジ

トヨタは、クロスオーバーSUV『ハリアー』のマイナーチェンジを行い、6月8日より販売開始しています。

ハリアーは、1997年に初代モデルが販売開始され、以降、高級クロスオーバーSUVとして人気を博しています。
現行ハリアーは3代目。6月にマイナーチェンジが施行、販売されています。

ハリアー、マイナーチェンジでどう変わった?

今回のマイナーチェンジで変更された点は、大きくわけて次の7点です。

●『クラウンアスリート』やレクサス『NX』『IS』『RX』などが採用している2リットル直噴ターボエンジンを新たに搭載
●トランスミッションには6スーパーECTを搭載・シーケンシャルシフトマチックを採用
●フロント・リヤにはパフォーマンスダンパーを搭載、ロール剛性を上げることで、高速走行時における優れた直進安定性や操縦安定性を確保
●走行制御モードスイッチにスポーツモードを追加
●衝突回避支援パッケージ「トヨタ セーフティ センスP」を全車に標準装備
●シフトレバー操作と連動して自動的に作動と解除を行える電動パーキングブレーキを設定
●シーケンシャルターンランプやLEDコーナリングランプの採用

エクステリアはよりアイコニックに

トヨタ ハリアー エレガンス(ダークブルーマイカメタリック)

エクステリアでは、アッパーグリルを薄くしロアグリルをよりワイドにすることで、よりダイナミックなフロントビューを演出しました。

またリヤビューは、リヤコンビネーションランプを赤色の面発光とし、アイコニックなデザインを目指しました。

インテリアについては、フロントシートにシートベンチレーション機能を設定する一方で、シートが自動的に前後にスライドしスムーズな乗降をサポートする運転席オートスライドアウェイ機能を設定し、利便性を向上を測っています。

トヨタ ハリアー プログレス

マイナーチェンジしたハリアー、気になる価格は?

マイナーチェンジを行ったハリアー。気になる価格ですが、価格は294万9480円から495万3960円です。

ターボ車、ハイブリッド車、ガソリン車の3つのモデルがありますので、ご自分の好きなモデルを選んでくださいね。

トヨタ ハリアー 基本情報

 
【トヨタ ハリアー】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,725×1,835×1,690mm(ホイールベース:2,660mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,690/1,730kg
燃費JC08モード:13.0km/L
エンジンタイプ8AR-FTS
エンジン種類直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ
総排気量1.998L
最高出力(kW(PS)/rpm)170(231)/5,200〜5,600
最大トルク(N・m/rpm)350(35.7)/1,650〜4,000
タンク容量 60L
駆動方式2WD/4WD
トランスミッションスーパーインテリジェント6速オートマチック〈6 Super ECT〉
※トヨタ ハリアー ターボ車 PROGRESS参照

ハリアー 試乗感想・評価・評判・口コミ

しばらく交通量が非常に少ない一般道を走行。まあ、快適である。多くのユーザーがハリアーをチョイスしたくなるものもっともだと思わせる。それに楽ちん。運転に何の苦痛も感じない。恐らく長時間乗ると、その恩恵は顕著になると感じられた。ただ、問題がないわけではない。ステアリングから路面情報を伝達してもらいたいわけだが、反力というものが全くと言ってよいほどないから、どんな路面を走っているか非常に掴みづらい。

ハンドリングも機敏でスポーティ。乗り心地はちょっと固めだが、ハンドリングは正確。重心が高いSUVとしてはかなりのレベルと言える。ターボモデルにはパフォーマンスダンパーと呼ばれるハンドリングを向上させるボディパーツが採用されていて、その効果も大きいのだろう。

新搭載されたターボエンジンは231馬力/350Nmというパワースペック。リッター100馬力/150Nmをオーバーするハイスペックで、6速ATが組み合わされる。ターボエンジンの力強さとCVTとは異なりダイレクト感のある6速ATに助けられて、加速感は力強い。ハイブリッドのような段付き感もなくプレミアムSUVというハリアーのキャラクターにはぴったりと合っている印象。

走りがスムーズで快適な分ため、長時間のドライブでも楽しめそうです。

一方で、スムーズに運転できるがゆえに、路面情報がわからないというデメリットもあるようです。

また、新しく搭載されたターボもハイスペックですね。

最後に

ハリアー

今回は、6月にマイナーチェンジを行った、トヨタのクロスオーバーSUVハリアーについてまとめました。

ハリアーは人気の高い比較的大きめのSUVです。このスタイルにピンときたらぜひ一度販売店へ足を運んで見てくださいね。

また、他のSUVも気になるという方は下記記事もご覧ください。

2017年上半期 最も売れた国産SUVは?オススメ・人気ランキング TOP10

https://matome.response.jp/articles/722

今国内でとても人気のSUVですが、2017年の上半期(1月~6月)に最も売れたSUV車種は何だったのでしょうか。

関連する投稿


いつかは乗りたい!憧れのアメ車SUVの魅力や人気の中古車教えます

いつかは乗りたい!憧れのアメ車SUVの魅力や人気の中古車教えます

街中をさっそうと走り抜ける大型のカッコいいアメ車SUVの魅力について解説しているページです。アメ車SUVの魅力や人気車種・メーカー、あるいは中古のアメ車SUVの選び方や人気のカスタムカーまで幅広く役立ち情報をご紹介しています。国産好きもアメ車SUVに興味がある方も是非ご覧ください。


トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタライトエースは、街中でも商用車として走行されることが多いワンボックスタイプのキャブオーバー型のバン・トラックです。本記事ではそんなライトエースバン・トラックに焦点を当てて見ていきたいと思います。


トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

マークXはトヨタ自動車がマークⅡの実質の後継車として、2004年より製造販売しているセダンです。 スタイリッシュな外観とスポーティな走りを得意としており、普通のまじめなセダンとは一線を画します。本記事ではそんなマークXについてまとめています。


【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

レクサスは、SUVのNXを一部改良し、5月6日より販売を開始すると発表しました。価格や、改良点など気になる情報をまとめています。


トヨタ プリウス4WDの実力、そして気になる評価は?

トヨタ プリウス4WDの実力、そして気になる評価は?

大幅マイナーチェンジでどう変わった? 2015年12月9日に発売されたトヨタ プリウス4WDをトヨタ自動車は2018年12月17日に大規模マイナーチェンジしました。発売から丸三年を経過したプリウス4WDはどう変わったのか、一緒に見て行きましょう!


最新の投稿


日本のスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について徹底検証!!

日本のスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について徹底検証!!

2017年2月に販売開始した2代目NSXを受け、初代NSXの中古車相場と20年以上経過する車両の歴史や特徴について、ご紹介していきます。


ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングとはどんなものでしょうか。具体的な意味と使用時の効果について、気になる値段を調べてワックスの上手な方法やコーティングの効果や耐久性における詳しい分析について調べてみます。メンテナンスの手入れの方法など、ポリマーコーティングの良さを見ていきます。


マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダの「ベリーサ」をご存知でしょうか?ベリーサは1500ccのコンパクトカーで、高級感のある「プレミアム・コンパクトカー」として売り出されました。しかし、その完成度にもかかわらず、現在この車について語られることはそれほどありません。そこで今回は、マツダ・ベリーサの特徴や燃費、中古価格を解説していきます。


ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

1999年にダイハツから発売された軽ワンボックス「アトレー ワゴン」。 同社の「アトレー」をベースとして誕生しました。 イタリアのデザイナーによる内外装デザインと大人4人と荷物を余裕を持って収容できる車内空間はモデルチェンジ後の現在でも健在です。 当記事では、アトレーワゴンの燃費や評判、中古価格などを掲載しています。


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。