目次へ戻る

アテンザ改良新型モデル初公開!パワートレインはCX-9と同じもの!?

アテンザ改良新型モデル初公開!パワートレインはCX-9と同じもの!?

マツダの米国法人である北米マツダは11月15日、米国で11月下旬に開幕するロサンゼルスモーターショー2017において、『マツダ6』(日本名:『アテンザ』)の改良新型モデルを初公開すると発表しました。本格改良でどのように変更されるのでしょうか…。最新情報&現行アテンザ情報をお届け!


マツダのアテンザが新型改良して登場か

マツダ6(アテンザ)改良新型

マツダの米国法人、北米マツダは11月15日、米国で11月下旬に開幕するロサンゼルスモーターショー2017において、『マツダ6』(日本名:『アテンザ』)の改良新型モデルを初公開すると発表しました。

マツダのアテンザってどんな車?

現行アテンザ

マツダのアテンザは、カペラの事実上の後継車として2002年に販売開始されました。

2008年に初めてのフルモデルチェンジが実施され、2012年に2度目のフルモデルチェンジが実施されました。つまり、現行のアテンザは3代目になります。

ボディータイプは、4ドアセダンと5ドアステーションワゴンの2タイプ。2016年、2017年に一部改良が行われました。

新型アテンザには、CX-9に初搭載されたあのエンジンを追加

マツダ6(アテンザ)改良新型

本格改良が施されるアテンザ、初公開はロサンゼルスモーターショー2017だと言われています。

パワートレインに関しては、直噴2.5リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン搭載車を追加。

このエンジンは、SUVの『CX-9』に最初に搭載されました。

北米マツダによれば、4リットルV型8気筒エンジンに匹敵するトルクを発生するそうです。

内外装も変更され、クオリティを追求。とくに新設定の上級グレードには、日本の木目がトリムパネルなどに使用されます。

ロサンゼルスモーターショー2017は、今年の12月1日からスタートです。続報が待ち遠しいですね。

新型アテンザには最新先進運転支援システム(ADAS)を搭載

北米マツダによれば、改良新型『マツダ6』(日本名:『アテンザ』)に、最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載します。

改良新型マツダ6に搭載されるのは、危険の認知を支援して被害の低減を図るマツダの先進安全技術、「i-ACTIVSENSE」(アイ・アクティブセンス)の最新バージョン。

全車速追従を可能とした「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)」を採用します。

MRCCは、フロントのレーダーセンサーが、前方車を検知することで、ドライバーがアクセルペダルやブレーキペダルを踏まなくても、設定した速度での定速走行や、前方車との車間距離を車速に応じて一定に保ち、追従走行できるシステム。追従走行時に前方車が急ブレーキをかけた場合や、前方車に接近した際には、警報音と同時にディスプレイに警告を表示してくれます。

車間距離を充分確保するよう、ドライバーに促します。

また、前方車に追従して停車した場合は、自動で停車状態を保持。ドライバーがRESスイッチを押すなどの発進操作を行うと、追従走行を再開します。

さらに、360°ビューモニターも搭載予定。

改めて知りたい!マツダのアテンザ

マツダ アテンザ 基本スペック

アテンザには、ボディタイプがセダンのものと、ステーションワゴンのものがあります。

マツダ アテンザ セダン

 
【マツダ アテンザ(セダン)】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,865×1,840×1,450mm(ホイールベース:2,830mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,540~1,550kg
燃費JC08モード:19.6km/L
エンジンタイプSKYACTIV-D 2.2
エンジン種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ
最高出力(kW(PS)/rpm)129(175)/4,500
最大トルク(N・m/rpm)420(42.8)/2,000
タンク容量 62L
駆動方式2WD
※XD L Package (2WD (6EC-AT))

マツダ アテンザ ステーションワゴン

 
【マツダ アテンザ ステーションワゴン】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,805×1,840×1,480mm(ホイールベース:2,750mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,480kg
燃費JC08モード:16.0km/L
エンジンタイプSKYACTIV-G 2.5
エンジン種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ
最高出力(kW(PS)/rpm)138(188)/5,700
最大トルク(N・m/rpm)250(25.5)/3,250
タンク容量 62L
駆動方式2WD
※25S L Package (6EC-AT)

マツダ アテンザ 試乗感想・評価・評判

8月の改良を受けて、パワートレイン、エンジン騒音が軽くなったといった声がありました。

加速フィールの向上も好評のようです。

実際にドライブしてみて、最も大きく変わったと感じられたのはパワートレイン。従来の2.2リットルターボディーゼルは2000rpm以下の低回転域でクルーズしている時にもノック音がかなり威勢よく聞こえてくるという弱点があったが、今回、1.5リットルディーゼルに使われているノック音低減機構「ナチュラルサウンドスムーザー」が仕込まれた。その効果はかなり高く、加速時やクルーズ時のカラカラ音はかなり小さくなった。

良くなったのはエンジン騒音の低減だけではない。ターボ過給の制御を精密化したというエンジンが生む加速フィールの向上は、旧型との比較でというレベルではなく、エンジンを換装したのではないかというくらいに良くなっていた

マツダ アテンザ エクステリア・外装

マツダが2011年の『CX-5』以降、「魂動デザイン」と称する新しいデザイン文法を新型車に統一して盛り込んでいます。

それはもちろんアテンザにも。アテンザはDセグメントの中でもかなり長い全長を持っていることもあり、流麗さ、伸びやかさをより強く感じられるエクステリアデザインに仕上がっています。

マツダ アテンザ インテリア・内装

アテンザのインテリアは上質なつくり。

L Packageでは、マツダのフラッグシップにふさわしい高い質感にさらに磨きをかけた、しっとりとなめらかなナッパレザーが使用されるなど上級仕様です。

マツダ アテンザ 新車価格

アテンザ セダン 価格

【クリーンディーゼル】

【XD L Package】
ナッパレザーシートなど、上質感を追求。こだわりを感じるアテンザセダンの最上級パッケージ。
■2WD(6EC-AT)3,774,600円
■2WD(6MT)3,774,600円
■4WD(6EC-AT)4,001,400円
■4WD(6MT)4,001,400円

【XD PROACTIVE】
安全運転サポート車(サポカーS)の「ワイド」に該当するとともに、数々の先進技術を搭載。安全重視するならこのグレード。
■2WD(6EC-AT)3,288,600円
■2WD(6MT)3,342,600円
■4WD(6EC-AT)3,515,400円
■4WD(6MT)3,569,400円

【XD】
アテンザセダンのベースグレード。安全運転サポート車(サポカーS)の「ワイド」に該当します。
■2WD(6EC-AT)3,207,600円
■2WD(6MT)3,261,600円
■4WD(6EC-AT)3,434,400円
■4WD(6MT)3,488,400円

【ガソリン】

【25S Lpackage】
ナッパレザーシートなど、上質にこだわり抜いたアテンザセダンのトップ。
■2WD 3,364,200円

【20S PROACTIVE】
安全運転サポート車(サポカーS)の「ワイド」に該当するとともに、数々の先進技術を搭載、マツダの安全思想を体現しました。
■2WD (6EC-AT)2,878,200円

【20S】
ベースグレード。安全運転サポート車(サポカーS)の「ワイド」に該当。
■2WD (6EC-AT)2,797,200円

アテンザ ワゴン 価格

【クリーンディーゼル】

【XD L Package】
ナッパレザーシートなど、上質感を追求、こだわりを感じられるアテンザワゴンの最上級パッケージです。
■2WD(6EC-AT)3,774,600円
■2WD(6MT)3,774,600円
■4WD(6EC-AT)4,001,400円
■4WD(6MT)4,001,400円

【XD PROACTIVE】
安全運転サポート車(サポカーS)の「ワイド」に該当するとともに、数々の先進技術を搭載しています。安全重視するならこのグレードがオススメ。
■2WD(6EC-AT)3,288,600円
■2WD(6MT)3,342,600円
■4WD(6EC-AT)3,515,400円
■4WD(6MT)3,569,400円

【XD】
アテンザワゴンのベースグレード。安全運転サポート車(サポカーS)の「ワイド」に該当します。
■2WD(6EC-AT)3,207,600円
■2WD(6MT)3,261,600円
■4WD(6EC-AT)3,434,400円
■4WD(6MT)3,488,400円

【ガソリン】

【25S Lpackage】
ナッパレザーシートなど、上質にこだわり抜いたアテンザワゴンの最上級グレード。
■2WD 3,364,200円

【20S PROACTIVE】
安全運転サポート車(サポカーS)の「ワイド」に該当するとともに、数々の先進技術を搭載し、マツダの安全思想を体現。
■2WD (6EC-AT)2,878,200円

【20S】
ベースグレード。安全運転サポート車(サポカーS)の「ワイド」に該当。
■2WD (6EC-AT)2,797,200円

最後に

マツダのアテンザ、もうすぐ開催されるロサンゼルスモーターショー2017にて改良新型が初公開されるということもあって注目の一台です。

スペックや、どういった点が変更になるのか等、最新情報が届き次第更新します。

関連する投稿


レクサス HSの燃費、デザイン、価格や評価は?詳細情報一覧!

レクサス HSの燃費、デザイン、価格や評価は?詳細情報一覧!

本記事では、レクサスHSの価格から燃費性能などの基本スペック、そしてユーザーの方からの口コミ評価まで気になる部分を徹底的にご紹介していきたいと思います。


スバル インプレッサ2018年モデル初公開!スターリンク搭載!

スバル インプレッサ2018年モデル初公開!スターリンク搭載!

スバルの米国法人、スバルオブアメリカは、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー2017において、『インプレッサ』2018年モデルを初公開しました。いったいどういった点が変更・改良されているのか?インプレッサ2018年モデルの最新情報をお届けします!!


【本日12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

【本日12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

2017年9月14日、マツダから7人乗りの新型SUV、CX-8が正式に発表されました。9月14日から予約開始となり、発売は12月14日。もう間もなくです!!本記事では気になるCX-8についての価格、燃費、スペックなどについての情報をまとめています。


【最新版】2018年発売が予測される新型SUV情報まとめ【国産/外車】

【最新版】2018年発売が予測される新型SUV情報まとめ【国産/外車】

毎年多くの車種が発表される自動車業界、2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのか楽しみです。実は、2018年も引き続きSUVラッシュなことをご存知ですか。来年もSUVなくして車を語れません。本記事ではSUVに大注目!2018年発売が予測・期待されるSUV新車・新型車最新情報をまとめています!


アルファロメオ 新型ジュリア デザインと技術の融合!ジュリアに迫る

アルファロメオ 新型ジュリア デザインと技術の融合!ジュリアに迫る

アルファロメオ、と言えば車に詳しくなくても名前は聞いたことがある、そんな有名な車ですね。10月より発売されたジュリアは、アルファ久々のミッドサイズセダン。注目度も高まっています。本記事ではそんな新型ジュリアのスペックや価格から、さらに詳細情報・最新情報までをお届けします。これを読めば貴方もジュリアが欲しくなる!?かも。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。