目次へ戻る

世界同時発表!アストンマーティンのスポーツクーぺ ヴァンテージ新型

世界同時発表!アストンマーティンのスポーツクーぺ ヴァンテージ新型

アストンマーティンのスポーツクーペ、ヴァンテージ。ヴァンテージはアストンマーティン史上最大のベストセラーといわれるスポーツクーペだけあって、注目も高まっています。今回はそんなヴァンテージ新型についてまとめています。


アストンマーティンのベストセラー!ヴァンテージ新型

アストンマーティンが11月21日に世界6か国で同時発表した新型『ヴァンテージ』。

日本では東京・青山のショールームがプレミアの場となり、これに続き30日からの3日間、中四国エリアでも新型ヴァンテージのお披露目がおこなわれることが明らかになっています。

アストンマーティン、ヴァンテージとは?

ヴァンテージはアストンマーティン史上最大のベストセラーと名高いスポーツクーペです。

先代モデルは2005年の登場以来、改良を続けながら約12年ものロングセラーを続けた人気モデル。

アストンマーティン、ヴァンテージ新型、気になるエンジン・価格は?


新型ヴァンテージは、アストンマーティンの中期経営計画「セカンドセンチュリープラン」の中核を担うモデルで、新型『DB11』に次ぐ新生商品群の第2弾にあたります。

510psを発揮するメルセデスAMG製の4リットルV8エンジンを搭載、0-100km/hは3.7秒、最高速は314km/hにも達するピュア・スポーツカー。価格は1980万円(税抜)~です。

パワートレインは510PS/685Nmを発揮する4.0リットル・ツインターボV8、トランスミッションはZF製8速を搭載、後輪を駆動する。アストンマーティン初のエレクトロニック・リア・ディファレンシャル(Eデフ)を採用した。

最高速度は314km/h、0~60mph(約97km/h)加速は3.5秒と発表されている。

ヴァンテージ新型、目指したのはスポーツカー

ヴァンテージ新型、開発目標は何だったのか…。

アストンマーティンラゴンダリミテッド車両エンジニアリングチーフエンジニアのマット・ベッカー氏がインタビューの中で答えてくれました。

アストンマーティンラゴンダリミテッド車両エンジニアリングチーフエンジニアのマット・ベッカー氏(左)とインテリアデザイン担当のマット・ヒル氏(右)

DB11はGTカーという立ち位置ですので、乗り心地も良くなければいけませんし、ステアリングもGTカーとしてのフィールを持たせなければいけません。そう考えていくと、エンジンサウンドもそれなりに抑えなければいけませんね。

一方ヴァンテージはスポーツカーとしてのルックスを持たせ、ハンドリングも応答性が良く、機敏。運転していて楽しいクルマでなければいけないと考えていました。

またDB11のサスペンション・システムには、最新世代ビルシュタイン・アダプティブ・ダンピングが採用されており、ロードノイズも抑えることが出来ています。更に機械式のデフを採用しています。一方ヴァンテージのリアサブフレームは剛着していますので、剛性を向上させることが出来ています。そしてEデフを採用することで、よりスポーツカーとしての特性を実現しているのです。

新型「ヴァンテージGTE」も登場

新型ヴァンテージGTEは、11月21日、世界6か所で同時ワールドプレミアを飾った新型『ヴァンテージ』のレーシングカーです。

市販車とレーシングカーの開発は並行して行われていました。

新型ヴァンテージGTEは、アストンマーティンレーシングが開発を担当。

アストンマーティンレーシングは現在、WEC(世界耐久選手権)のLM-GTEカテゴリーに、『V8ヴァンテージGTE』で参戦中。新型ヴァンテージGTEは、その後継モデルになっています。

気になるエンジンについては、メルセデスAMG製の4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボがベースになっており、ブレーキはアルコン、サスペンションはオーリンズ、タイヤはミシュランと共同開発されたそうです。

最後に

お金持ちが持ってる超高級車!!!~イギリス車篇~

https://matome.response.jp/articles/932

アストンマーティンも、イギリスの高級車の一つですね。今回はそんなイギリスの高級車をまとめています。

今回は新型ヴァンテージについてまとめました。

開発の方のお話を見るに、ヴァンテージ新型は見た目もクールに、中身も相当パワーアップをしています。

今の段階ではV8エンジンが搭載されていますが、今後V型12気筒エンジンやそれ以上のものが搭載される可能性もありますね。

今後の展開が楽しみです。

関連するキーワード


アストンマーティン クーペ

関連する投稿


日産 フェアレディZ|NISMO仕様やスペック、新車・中古価格まとめ

日産 フェアレディZ|NISMO仕様やスペック、新車・中古価格まとめ

日産を代表する2シータースポーツクーペのフェアレディZ。歴史ある「Z」から、現行モデルの「Z34」について様々なグレードやスペック、新車や中古車価格、カスタムなどをまとめました。


トヨタ MR-S|世代毎の特徴や燃費、中古価格は?

トヨタ MR-S|世代毎の特徴や燃費、中古価格は?

トヨタが2007年まで製造・販売していたMR-Sをご存知でしょうか?2シーターのミッドシップ車のMR2の後続車として誕生しました。今回は、MR-Sの特徴や燃費、中古価格を解説していきます。


日産 スカイラインクーペのスペック、燃費から中古価格一覧|新型情報も

日産 スカイラインクーペのスペック、燃費から中古価格一覧|新型情報も

スカイラインは日産の誇る有名セダン車ですが、そのクーペタイプの「スカイラインクーペ」はご存知でしょうか。かつてのシリーズ名であるGT-Rという名称を使えば、思い当たる人も多いことでしょう。今回はスカイラインクーペの中古価格や評判、燃費についてまとめていきます。購入を検討しているクーペファンの方はぜひ参考にしてください。


アストンマーティンのスポーツカー!ヴァンテージ新型 価格・試乗記・評価は

アストンマーティンのスポーツカー!ヴァンテージ新型 価格・試乗記・評価は

アストンマーティン・ヴァンテージは、イギリスの高級車メーカーであるアストンマーティンが製造するスポーツカーです。2017年に約12年ぶりとなるフルモデルチェンジを行いました。そんなヴァンテージ新型について見ていきます。価格・試乗記・評価・性能ほか。


【ジュネーブモーターショー2019】アストン初!ミッドシップスーパーカー ヴァンキッシュ・ビジョン・コンセプト

【ジュネーブモーターショー2019】アストン初!ミッドシップスーパーカー ヴァンキッシュ・ビジョン・コンセプト

アストンマーティンは3月5日、ジュネーブモーターショー2019において、『ヴァンキッシュ・ビジョン・コンセプト』(Aston Martin Vanquish Vision Concept)を初公開しました。アストンマーティンは、スーパーカーの激戦区ともいえるミッドエンジンカテゴリーに参入することを目指します。


最新の投稿


令和元年【2019ゴールデンウィーク(GW)】渋滞予測・混雑日・混雑する道路ほか

令和元年【2019ゴールデンウィーク(GW)】渋滞予測・混雑日・混雑する道路ほか

2019年のゴールデンウィークは4月27日~5月6日まで、最大で10日間の大型連休となります。ゴールデンウィーク期間中の渋滞予測から、最も渋滞が予測される日をご紹介します。【4月25日更新】


行ってみたい!新潟県北部の道の駅一覧 Part1

行ってみたい!新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県は甲信越地区における日本海側の自治体で、佐渡島を有しています。天然記念物の朱鷺(とき)や瓢湖の白鳥、冬になると越後湯沢などを中心にスキーのメッカとして有名です。新潟県内の道の駅は39か所と北陸エリアでは比較的多いほうですので、今回は新潟県北部エリアの道の駅を中心に紹介します。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。