目次へ戻る

市販最速SUV!ランボルギーニ ウルス初公開!価格は2574万で来春発売!

市販最速SUV!ランボルギーニ ウルス初公開!価格は2574万で来春発売!

イタリアの現地時間12月4日18時(日本時間12月5日02:05)ランボルギーニ初となる新型SUV「ウルス」が世界初公開となりました。公開されている情報や価格、発売時期、日本での公開情報など、現在判明している情報をまとめて掲載しています。


ランボルギーニのラグジュアリーSSUV「ウルス」がついに世界初公開!

日本時間の午前02時05分。ランボルギーニのアヴェンタドール、ウラカンに続く第3のモデルとなる新型SUV「ウルス」が、ランボルギーニ本拠地のあるイタリア、サンタアガタ・ボロネーゼにて世界初公開となりました。

ウルスは、ランボルギーニ初のSSUV(スーパー スポーツ ユーティリティー ビークル)で、性能、ラグジュアリーさが際立つデザインに加え、日常での使いやすさを備え、ラグジュアリーカーというクラスに新たな地位を確立し登場しました。

ワールドプレミアの場でランボルギーニCEOであるステファノ・ドメニカリ氏は、次のようにコメントしています。

「ウルスは、ランボルギーニのDNAを最も汎用性ある車両、SUVに吹き込むという明確なビジョンを持ったアプローチを行い、これまで不可能だったスーパーSUVというレベルに到達しました。

デザイン、パフォーマンス、ドライビング、エモーションの点で真のランボルギーニであると同時に、様々な環境に適した車です。ウルスはハイパフォーマンスカーとして、ランボルギーニ・ファミリーにフィットします。

新しいタイプのファイティングブルを生み出すための研究開発の集大成であり、お客様と当社にとって、新たな可能性の扉を開く スーパーSUVです。」

世界初公開の最新動画

市販SUV最速の305km/h!ウルスの気になるスペック、ボディサイズは?

理想的な使用レンジを反映するため、初となる新型のアルミニウム製ターボエンジンである4.0リッターV型8気筒ツインターボ、ガソリンフロントエンジンを搭載しています。

6,000rpmでの出力は650 hp、最高回転数6,800rpm2,250 – 4,500rpmで、最大トルク850Nmを発生します。

比出力は162.7 hp/l、乾燥重量は2,200kg以下となっていて、最も優れたパワーウェイトレシオ3.38 kg/hpを備えたスーパーSUVとなっています。

 
ランボルギーニ・ウルスのスペック
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,112×2,016×1,638mm(ホイールベース:3,003mm)
最大乗車定員5名
車両重量2,200kg
エンジン種類V型8気筒、90°
排気量3.996 ccm
最大出力6,000 rpm / 650 hp (478 kW) 比出力 162.7 hp/l
最大トルク2,250-4,500 rpm / 850 Nm 最高回転数 6,800rpm
タンク容量 85L
駆動方式2WD
トランスミッション※四輪駆動
ギアボックス8速オートマチック・ギアボックス、特性はドライブモードによる
※フロント・ディファレンシャル、セントラル・ディファレンシャル(Torsen)、アクティブ・トルク・ベクタリング・リア・ディファレンシャルを一体化した四輪駆動

0-100km/h加速は3.6秒、0-200km/h加速は12.8秒で、最高速度は市販されているSUVの中では、ベントレーのベンテイガの301km/hを抜き、最速となる305 km/hとなります。

ランボルギーニ・ウルスの価格は2,574万円!発売は2018年春か

ランボルギーニ・ウルスの気になる価格ですが、日本での価格は税抜きで、25,740,000円となっています。

他メーカーの高級SUVと価格を比較すると下記のようになっています。

ベントレー ベンテイガ27,390,000円
ランボルギーニ ウルス25,740,000円
ランドローバー レンジローバー※SVオートバイオグラフィー ダイナミック24,050,000円

発売日に関しての公式情報は、「2018年春に、最初のお客様へデリバリー予定」としています。2018年3月~4月頃が予想されます。

ランボルギーニ・ウルスのデザインを画像で紹介

公開されたウルスのエクステリア、インテリアを画像で紹介していきます。

ウルスのエクステリア

ウルスのエクステリアデザインは、ランボルギーニ伝統の基本となるスーパー・スポーツカーからヒントを得た、全体の2/3がボディ、残りの1/3が窓という、ランボルギーニ・スーパー・スポーツカーの比率を採用しています。

短いオーバハングが、強さや、たくましさ、 ダイナミックで自信に溢れたキャラクター、路面を遠くまで見渡せるポジションを感じさせます。

ウルスのインテリア

ランボルギーニ・ウルスは、ラグジュアリーSUVであると同時に、ドライバーと同乗者がともに楽しめる、スーパー・スポーツカーの力強さを備えています。

インテリアデザインは、ランボルギーニらしい配色等が施され、スポーティでありながらラグジュアリーなデザインになっています。

人間工学に基づき設計された室内には、最高級レザー、アルカンターラ、アルミニウム、カーボンファイバー、ウッドなどの高級素材が利用されています。

また、日常の使いやすさを考え、先進のコネクティビティ機能を装備するほか、標準装備のサウンドシステムも8個のスピーカーを備えるなどまさにラグジュアリーなSUVとなっています。

2018年2月6日に日本初公開!

ランボルギーニのスーパーSUV「ウルス」。公式サイトのイベント情報にて、日本での初公開は2018年の2月6日(火)と記されています。

日本での公開、発売などランボルギーニファンで無くとも楽しみですね。

関連する情報が入り次第、随時更新して情報をお届けしていきますのでお楽しみに。

関連する投稿


【スクープ!】ランボルギーニがアウディからポルシェ傘下に!

【スクープ!】ランボルギーニがアウディからポルシェ傘下に!

アウディ傘下となっているランボルギーニ。2019年1月から、ポルシェ傘下へ入ることが確定したと、米Automobile Magazineが報じています。


ランボルギーニ新型限定モデル「LB48」のスペックがリーク!歴代限定モデルも紹介

ランボルギーニ新型限定モデル「LB48」のスペックがリーク!歴代限定モデルも紹介

ランボルギーニは新型の限定生産のスーパーカー「LB48」について日本を含む世界数カ国で行われた顧客イベントで発表していましたが、その詳細が流出しました。 リークされた「LB48」と共にランボルギーニの歴代限定モデル車種を紹介します。


【量産車世界最強】米国生まれの新型ハイパーカーその名は『ヴェノムF5』

【量産車世界最強】米国生まれの新型ハイパーカーその名は『ヴェノムF5』

米国のヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング社は8月24~26日、米国で開催された「The Quail, Motor sports Gathering」において、新型ハイパーカー『ヴェノムF5』(Hennessey Venom F5)のエンジンの詳細を発表しています。ヴェノムF5、気になるエンジンは一体?


【最新情報】ランボルギーニ「アヴェンタドール SVJ」の性能・価格は?

【最新情報】ランボルギーニ「アヴェンタドール SVJ」の性能・価格は?

【8月22日更新】ドイツ・ニュルブルクリンク北コースで6分44秒97を記録し、市販車最速記録を達成したランボルギーニ「アヴェンタドール SVJ」の公開が迫っています。本記事ではランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」の最新情報をご紹介します。


【これぞ伝説】ランボルギーニ カウンタック 中古車価格・名前の由来は?

【これぞ伝説】ランボルギーニ カウンタック 中古車価格・名前の由来は?

ランボルギーニと言えば?と聞かれてまず出てくる名前の1つ。それがランボルギーニ、カウンタックなのではないでしょうか。本記事ではカウンタックについてまとめています。実際に購入するといくらくらいあれば購入できるのか?スペックはどれくらいなのか?改めてカウンタックに迫ります。


最新の投稿


【続々登場】カッコイイ!プレミアムな最先端EVカーまとめ 発売日・価格ほか

【続々登場】カッコイイ!プレミアムな最先端EVカーまとめ 発売日・価格ほか

EVはデザインがいまいち!?いえいえそれはもう過去のお話です。各メーカーが、続々とカッコイイ・プレミアムなEVカーを発表・発売しています。本記事ではそんな最新のプレミアムなEVカーをまとめました。価格は?日本発売日は?スペックは?


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【10月22日更新】


【F1】第18戦 アメリカGP フェラーリのライコネンが5年ぶりの優勝!

【F1】第18戦 アメリカGP フェラーリのライコネンが5年ぶりの優勝!

F1アメリカGPの決勝レースが21日、テキサス州のサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われました。結果は、キミ・ライコネン(フェラーリ)が2013年の開幕戦以来5年ぶりの優勝を飾ることになりました。


【東京オートサロン2019】開催は1月11日~13日!【先取り】

【東京オートサロン2019】開催は1月11日~13日!【先取り】

カスタムトレンドをけん引している東京オートサロン。東京オートサロン2019が1月11日~13日、幕張メッセにて開催されます。2019年のオートサロンはどんな内容になるのでしょうか。オートサロンを先取りです。


助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

法律でも決まっているチャイルドシートの着用ですが、自分の目の届く場所にいて欲しいという思いから助手席にチャイルドシートの設置を検討している親御さんも少なくないと思います。本記事では、助手席にチャイルドシートを乗せる危険性と助手席にチャイルドシートを載せる場合の取り付け方や注意点をまとめてご紹介していきます。