目次へ戻る

ジャガー 新型XFスポーツブレイク 新型準備完了!!XFとは?

ジャガー 新型XFスポーツブレイク 新型準備完了!!XFとは?

イギリスの高級車メーカーのジャガー。ジャガー・ランドローバー・ジャパンはジャガー『XF』にステーションワゴンタイプの『XFスポーツブレイク』を追加しました。2018年モデルとしてサルーンと並行して導入します。納車予定は2018年1月下旬~2月の予定です。本記事では改めて、導入されるXFについてご紹介します。


ジャガーのXFにステーションワゴンタイプが登場・発売は2018年1月から

イメージモデルの錦織圭氏とジャガーXFスポーツブレイク

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガーのEセグメントセダンに分類される『XF』にステーションワゴンタイプの『XFスポーツブレイク』を追加し、2018年モデルとしてサルーンと並行して導入することを発表しました。

納車予定は2018年1月下旬から2月上旬の予定です。

ジャガー返り咲きの一手。XFスポーツブレイク

ジャガーXFは、「ダイナミックラグジュアリーサルーンであり、多くの賞を受けているクルマだ」と同社代表取締役社長のマグナス・ハンソン氏は語りました。

そこに、今回登場したXFスポーツブレイクを投入することで、「大切なプレミアムセグメントに返り咲く」と意気込みを語っています。

そのポイントは、「洗練されたスタイルを求め、ダイナミックさも求める。静けさを求め、パフォーマンスも求める。スペースを求め、スポーティーさも求めるなど、あらゆる望みを叶えるジャガーだ」とのこと。

ジャガーが今、XFスポーツブレイクを投入する理由とは

ジャガーが今、あえてXFにスポーツブレイクを導入した理由とは一体何なのでしょうか。

同社マーケティング・広報部プロダクトマネージャーの佐藤健氏によれば、「メルセデス『Eクラスステーションワゴン』やBMW『5シリーズツーリング』が属する市場がとても活性化しているからだ」とのこと。

また、「20年から30年前のステーションワゴンブームの時から、ずっとステーションワゴンを乗り続けている多くの人たちがいる。その人たちは使い勝手などからこのクラスでないと満足してもらえない。そこでジャガーはXFスポーツブレイクを投入した」と説明しました。

しかし、日本市場で、Eクラスや5シリーズのユーザー層を見ると、その多くが基盤客で占められてる。そこに打って出るのはかなりのリスクがあるようにも思う。佐藤さんはその点は認め、「ほぼ8割が自車内の代替えだ。しかし、裏を返すと2割の人が流動しているということ。そこに間違いなくチャンスがあると見て狙ったのだ」ともコメントしています。

改めて知りたい! ジャガーXFとは

ジャガー XF S

高級自動車メーカーであるジャガー(現在、インドのタタ自動車の子会社)が手掛けるのが、ジャガーXF。Eセグメントセダンです。

初代XFは、2009年に発売されました。

2015年より2代目が販売されています。

ジャガーXF 基本スペック

 
【ジャガー XF】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,965×1,880×1,455mm(ホイールベース:2,960mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,760kg
燃費JC08モード:16.7m/L
エンジン種類 4気筒 180PS ターボチャージド クリーンディーゼルエンジン
最高出力(kW(PS)/rpm)180 (132)/4,000
最大トルク(N・m/rpm)430/1,750-2,500
タンク容量 66L
駆動方式後輪駆動
トランスミッション8速オートマチック
価格6,150,000円
※ジャガーXF PURE 2.0リッター 4気筒 180PS ターボチャージド クリーンディーゼルエンジン 8速オートマチックトランスミッション(後輪駆動) (現行)参照

ジャガーXF 試乗記

新型のXFは先代に比べてホイールベースを10mm短縮、全幅は5mm拡大、全高は5mm短縮された。対してホイールベースは50mm延長されている。搭載されるガソリンエンジンは3リットルのV6スーパーチャージャー付きで340馬力/450Nmの最高出力/最大トルクを誇る。エンジンはしっかりと低速トルクがありながらも、高回転まで気持ちよく吹け上がるフィーリングでジャガーのキャラクターに合っている。

スポーティでありながら、ジェントルでコンフォートな部分もしっかり持っているXF Sは私たちが持っているジャガーに対する先入観…つまりジャガーはかくあるべきという期待に応えてくれるのがXF S。車両本体価格は1000万円オーバーだが、ジャガーらしいジャガーが欲しければ妥当な金額だ。

ジャガーXF 2018モデル受注開始!!

ジャガーXFですが、2018年モデルの受注を11月27日より開始しています。

2018年モデルでは、自社で手がけた2リットル直列4気筒「INGENIUMガソリンエンジン」3種類(最高出力200ps、250ps、300ps)を新たに導入しました。

また、最高出力180ps、最大トルク430NmのINGENIUMディーゼルエンジンを搭載した「ピュア」と「プレステージ」には全輪駆動(AWD)モデルが加わり、全13機種をラインアップしているとのこと。

機能面も大幅に改良し、インフォテインメントシステム「インコントロール タッチ」には、オプションで通信機能を新たに導入しました。

また、ドアロックや解除、エアコン操作、走行履歴や車両状態の確認などをスマートフォンで遠隔操作できるほか、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールに繋ぐことが可能になります。

安全面では、歩行者検知機能が付いた自動緊急ブレーキ(AEB)のほか、サラウンドカメラシステムを強化したフォワードトラフィックディテクション、車線変更時の衝突回避をサポートするブラインドスポットアシストを新たに採用しています。

さらに2018年モデルでは「XFスポーツブレイク」をラインアップに追加。

最大1700リットルを確保するラゲッジスペースに加え、セルフレベリング機能付リアエアサスペンションや室内空間を快適に保つイオン空気清浄機能、軽く手を振るだけで開閉可能なジェスチャー・ルーフブラインドなど、最新のテクノロジーを多数採用します。

ジャガーのXF 2018年モデル、気になる価格は価格は605万円から

ジャガーXFの2018年モデル、気になる価格は605万円から1147万円と発表されています。

最後に

「コンパクトSUVのジャガー『Eペイス』や、来年後半にはエレクトリックパフォーマンスSUVの『Iペイス』も控えている」と、ハンソン氏はジャガーの今後についても語っていました。

海外車、というとやはりドイツ車や、ランボルギーニやアルファロメオなどで有名なイタリア車などを思い浮かべてしまうかもしれませんが、イギリス車だって負けないですよ。

ジャガーの今後に期待しましょう!!!

関連するキーワード


ジャガー

関連する投稿


【最新版】2018年発売が予測される新型車(外車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(外車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。名だたる外車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば2018年発売が予測される海外の輸入車・外車の新型車・新車情報を一気に先取りです!


英国最強SUV!?F-PACEにハイパフォーマンスモデル「SVR」登場!

英国最強SUV!?F-PACEにハイパフォーマンスモデル「SVR」登場!

ジャガーのクロスオーバーSUV『F-PACE』のハイパフォーマンスモデル「SVR」の最新プロトタイプを激写しました。ジャガーランドローバーのスペシャルビークル部門(SVO)の最新モデル。わかっている最新情報&F-PACEの基本スペック・試乗評価についてもお届けします。


カッコイイ!ユニーク!?自動車にまつわるギネス記録5選!

カッコイイ!ユニーク!?自動車にまつわるギネス記録5選!

ギネス記録、というと、真面目なものからユニークなものまでさまざまですよね。もちろん、ギネス記録には自動車にまつわるものも多々認定されています。今回はそんな自動車にまつわるギネス記録をご紹介します。


今、自動車メーカーのプロモーション映像がおもしろい!

今、自動車メーカーのプロモーション映像がおもしろい!

英国の高級車メーカー、ジャガーカーズが、ジャガー『E-PACE』のワールドプレミアの舞台において、バレルロールジャンプの距離でギネス世界記録を樹立したニュースと映像がレスポンスでも紹介されました。そこで、ジャガー『E-PACE』のバレルロールジャンプに負けない、ユニークなプロモーション映像をまとめてみました。


ジャガーの最小SUV!?新型SUV E-PACE最新情報!完全EV車は「I-PACE」!?

ジャガーの最小SUV!?新型SUV E-PACE最新情報!完全EV車は「I-PACE」!?

英国の高級車メーカー、ジャガーカーズは6月21日、新型SUVの『E-PACE』を7月13日、ワールドプレミアすると発表しました。E-PACEは、F-PACEに続くジャガーのSUV。期待も高まっています。 7月3日更新しました


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。