目次へ戻る

11月度新車販売速報を深読みしてみよう(登録乗用車編)

11月度新車販売速報を深読みしてみよう(登録乗用車編)

自販連が6日に発表した11月の登録乗用車販売台数は、プリウスが首位となりました。この速報はすでに多くのニュースサイトで紹介されていますが、ここではランキングから見えてくる他の車種に注目してみたいと思います。


プリウス1位、アクア2位、フィット3位

登録乗用車1位 トヨタ プリウス

勢力分布が変わり始めた

登録乗用車3位 ホンダ フィット

1位 トヨタ プリウス 11,728台 前年同月比88.0%
2位 トヨタ アクア 9,985台 前年同月比80.5%
3位 ホンダ フィット 9,217台 前年同月比145.4%
4位 トヨタ カローラ 8,381台 前年同月比128.0%
5位 トヨタ シエンタ 7,439台 前年同月比64.1%
6位 トヨタ ルーミー 7,381台 前年同月比286.8%
7位 トヨタ ヴィッツ 7,311台 前年同月比142.1%
8位 日産 ノート 6,893台 前年同月比43.7%
9位 トヨタ タンク 6,718台 前年同月比252.3%

トップはプリウス、2位はアクアとここまでは、出荷停止の影響が残る日産のノートやセレナの失速のおかげ。しかし、この2車と5位のシエンタも含め、前年同月比を大きく下回っていて、前年同月比を上回るフィットやヴィッツと対照的な結果となっています。

ルミー/タンクが躍進

登録乗用車6位 トヨタ ルーミー

6位 トヨタ ルーミー 7,381台 前年同月比286.8%
9位 トヨタ タンク 6,718台 前年同月比252.3%
18位 スズキ ソリオ 3,906台 前年同月比87.8%
29位 ダイハツ トール 2,389台 前年同月比457.7%

そのかわり、トヨタではルミーとタンクが急上昇し、ともに前年比200%超え、つまり発売時の倍以上を記録。ダイハツのトールも457%という驚異の伸び率でベスト30にランクインしてきました。その影響かスズキのソリオが失速し、完全に競り負けている状況です。

ミニバン王国トヨタの危機

登録乗用車10位 トヨタ ヴォクシー 6,111台 前年同月比68.8%

10位 トヨタ ヴォクシー 6,111台 前年同月比68.8%
13位 ホンダ ステップワゴン 5,032台 前年同月比150.3%
14位 トヨタ ノア 4,759台 前年同月比82.8%
20位 トヨタ エスクァイア 3,726台 前年同月比116.8%
21位 日産 セレナ 3,192台 前年同月比43.8%
24位 トヨタ ヴェルファイア 3,078台 前年同月比54.9%
26位 トヨタ アルファード 2,687台 前年同月比69.7%

登録乗用車13位 ホンダ ステップワゴン 5,032台 前年同月比150.3%


そして、鉄壁のクラストップを誇るミニバン勢にも異変が起きています。まず、5ナンバーミニバンのヴォクシー/ノア/エスクァイアですが、7月のマイナーチェンジ以降、プロパイロットで話題のセレナをも押さえ込んで、ヴォクシー単体でもベスト10上位の常連となっていました。

ところが11月、そのライバルのセレナが出荷停止の影響を抱え、下位に沈んでいるのにかかわらず、登録車の10位とギリギリのランキング。前年比は伸び悩むノアよりも落ち込んで60%台と不振。原因はビッグマイナーチェンジでハイブリッド車も加わったホンダのステップワゴンの存在です。

大ヒットといわないまでも、前年比150%を超えノアを追い抜き、ヴォクシーまであと千台という位置につけています。加えてセレナの生産が完全復活すれば、トヨタの5ナンバーミニバン最大の危機が訪れそうなのです。

また、Lサイズミニバンのヴェルファイア/アルファードもそれぞれ前年比50%台、60%台と大失速。ランキングに現れる30位内をキープするのも難しくなっています。

下位でも元気な車種

登録乗用車23位 マツダ CX-5 3,148台 前年同月比280.3%

22位 トヨタ カムリ 3,182台 前年同月比1,036.5%
23位 マツダ CX-5 3,148台 前年同月比280.3%
27位 スズキ スイフト 2,571台  前年同月比306.1%

代わりに好調なのがカムリで前年比1000%超えを連発していますが、代数的には3千台止まりで、需要も供給もこのあたりが頭打ちとみられます。

トヨタ以外では、スズキのスイフトが元気で前年比300%超え、マツダではCX-5が280%と好調さをキープしていますが、デミオがベスト30圏外に消えています。

まとめ、12月はどうなる?

スズキ クロスビー(XBEE)

さて、いよいよ2017年も最後の繁忙期の12月はどういった結果になるのか、12月発表予定のスズキのコンパクトSUV「クロスビー(XBEE)」とマツダの「CX-8」はティザーサイトがオープンされており、登場を待つばかりとなっています。

最後に笑うのはどのメーカーか、日産は完全復活なるのか、12月商戦を注目しましょう。 

マツダ CX-8

関連するキーワード


ランキング プリウス

関連する投稿


せっかちなイメージそのまま?クラクションを鳴らし過ぎる都道府県。上位は…

せっかちなイメージそのまま?クラクションを鳴らし過ぎる都道府県。上位は…

こちらの記事では、2016年の6月15日から30日の16日間、JAFのホームページ内で実施された交通マナーに関するアンケート結果、「不要なクラクションを鳴らす車が多いと思うか」という設問に焦点をあてて、ランキング化しています。また、クラクションに関連する道路交通法や、不要なクラクションの危険性も紹介したいと思います。


11月度新車販売を深読みしてみよう(軽乗用車編)

11月度新車販売を深読みしてみよう(軽乗用車編)

全国軽自動車協会連合会が6日に発表した11月の車名別国内新車販売台数(速報)は、ホンダの「N-BOX」が3カ月連続で首位をキープしました。その他のランキングと、その中から見えてくるそれぞれの事情や展望など、他の話題を取り上げてみたいと思います。


日産車が消えた!10月度の新車販売台数ランキング

日産車が消えた!10月度の新車販売台数ランキング

10月、日産が完成検査員違反問題で3週間の出荷停止に追い込まれ、年末へ向けた繁忙期に深刻な影響が表面化しました。日産車の中で最も影響を受けたのはどの車種なのか、そして漁夫の利を得たのは?10月度の販売ランキングを読み解きます。


一部改良 新型プリウス11月より発売開始!20周年記念特別仕様車も!

一部改良 新型プリウス11月より発売開始!20周年記念特別仕様車も!

トヨタはプリウスを一部改良し、11月1日より発売しました。また、2つの特別仕様車を設定し、特別仕様車Aプレミアム“ツーリングセレクション・20th Anniversary Limited”は期間限定で注文を受け付けています。本記事では特別使用車プリウスの燃費、価格、また変更点等をまとめています。


復活!!ホンダのHVカー インサイト!発売は2018年春!?

復活!!ホンダのHVカー インサイト!発売は2018年春!?

ホンダのハイブリッドカー、インサイトが4年ぶりに復活するのでは、というニュースが飛び込んできました。ライバルはやっぱりトヨタのプリウス!?発売は?価格はどうなる?気になる最新情報をまとめています。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。