目次へ戻る

11月度新車販売速報を深読みしてみよう(登録乗用車編)

11月度新車販売速報を深読みしてみよう(登録乗用車編)

自販連が6日に発表した11月の登録乗用車販売台数は、プリウスが首位となりました。この速報はすでに多くのニュースサイトで紹介されていますが、ここではランキングから見えてくる他の車種に注目してみたいと思います。


プリウス1位、アクア2位、フィット3位

登録乗用車1位 トヨタ プリウス

勢力分布が変わり始めた

登録乗用車3位 ホンダ フィット

1位 トヨタ プリウス 11,728台 前年同月比88.0%
2位 トヨタ アクア 9,985台 前年同月比80.5%
3位 ホンダ フィット 9,217台 前年同月比145.4%
4位 トヨタ カローラ 8,381台 前年同月比128.0%
5位 トヨタ シエンタ 7,439台 前年同月比64.1%
6位 トヨタ ルーミー 7,381台 前年同月比286.8%
7位 トヨタ ヴィッツ 7,311台 前年同月比142.1%
8位 日産 ノート 6,893台 前年同月比43.7%
9位 トヨタ タンク 6,718台 前年同月比252.3%

トップはプリウス、2位はアクアとここまでは、出荷停止の影響が残る日産のノートやセレナの失速のおかげ。しかし、この2車と5位のシエンタも含め、前年同月比を大きく下回っていて、前年同月比を上回るフィットやヴィッツと対照的な結果となっています。

ルミー/タンクが躍進

登録乗用車6位 トヨタ ルーミー

6位 トヨタ ルーミー 7,381台 前年同月比286.8%
9位 トヨタ タンク 6,718台 前年同月比252.3%
18位 スズキ ソリオ 3,906台 前年同月比87.8%
29位 ダイハツ トール 2,389台 前年同月比457.7%

そのかわり、トヨタではルミーとタンクが急上昇し、ともに前年比200%超え、つまり発売時の倍以上を記録。ダイハツのトールも457%という驚異の伸び率でベスト30にランクインしてきました。その影響かスズキのソリオが失速し、完全に競り負けている状況です。

ミニバン王国トヨタの危機

登録乗用車10位 トヨタ ヴォクシー 6,111台 前年同月比68.8%

10位 トヨタ ヴォクシー 6,111台 前年同月比68.8%
13位 ホンダ ステップワゴン 5,032台 前年同月比150.3%
14位 トヨタ ノア 4,759台 前年同月比82.8%
20位 トヨタ エスクァイア 3,726台 前年同月比116.8%
21位 日産 セレナ 3,192台 前年同月比43.8%
24位 トヨタ ヴェルファイア 3,078台 前年同月比54.9%
26位 トヨタ アルファード 2,687台 前年同月比69.7%

登録乗用車13位 ホンダ ステップワゴン 5,032台 前年同月比150.3%


そして、鉄壁のクラストップを誇るミニバン勢にも異変が起きています。まず、5ナンバーミニバンのヴォクシー/ノア/エスクァイアですが、7月のマイナーチェンジ以降、プロパイロットで話題のセレナをも押さえ込んで、ヴォクシー単体でもベスト10上位の常連となっていました。

ところが11月、そのライバルのセレナが出荷停止の影響を抱え、下位に沈んでいるのにかかわらず、登録車の10位とギリギリのランキング。前年比は伸び悩むノアよりも落ち込んで60%台と不振。原因はビッグマイナーチェンジでハイブリッド車も加わったホンダのステップワゴンの存在です。

大ヒットといわないまでも、前年比150%を超えノアを追い抜き、ヴォクシーまであと千台という位置につけています。加えてセレナの生産が完全復活すれば、トヨタの5ナンバーミニバン最大の危機が訪れそうなのです。

また、Lサイズミニバンのヴェルファイア/アルファードもそれぞれ前年比50%台、60%台と大失速。ランキングに現れる30位内をキープするのも難しくなっています。

下位でも元気な車種

登録乗用車23位 マツダ CX-5 3,148台 前年同月比280.3%

22位 トヨタ カムリ 3,182台 前年同月比1,036.5%
23位 マツダ CX-5 3,148台 前年同月比280.3%
27位 スズキ スイフト 2,571台  前年同月比306.1%

代わりに好調なのがカムリで前年比1000%超えを連発していますが、代数的には3千台止まりで、需要も供給もこのあたりが頭打ちとみられます。

トヨタ以外では、スズキのスイフトが元気で前年比300%超え、マツダではCX-5が280%と好調さをキープしていますが、デミオがベスト30圏外に消えています。

まとめ、12月はどうなる?

スズキ クロスビー(XBEE)

さて、いよいよ2017年も最後の繁忙期の12月はどういった結果になるのか、12月発表予定のスズキのコンパクトSUV「クロスビー(XBEE)」とマツダの「CX-8」はティザーサイトがオープンされており、登場を待つばかりとなっています。

最後に笑うのはどのメーカーか、日産は完全復活なるのか、12月商戦を注目しましょう。 

マツダ CX-8

関連するキーワード


ランキング

関連する投稿


満足度1位の『車買取会社』はどこ?オリコンが顧客満足度ランキング発表!!

満足度1位の『車買取会社』はどこ?オリコンが顧客満足度ランキング発表!!

オリコンといえば音楽ランキングをイメージすると思います。そのオリコンがオリコン顧客満足度ランキングにて顧客満足度の高い『車買取会社』ランキングを発表しましたのでランキング形式で紹介します。


日本自動車サービス満足度ランキング!ラグジュリーブランド12年連続1位は

日本自動車サービス満足度ランキング!ラグジュリーブランド12年連続1位は

J.D.パワージャパンは8月31日、2018年日本自動車サービス満足度調査の結果を発表しました。この調査は、アフターサービスでの正規販売店の満足度を総合的に分析したもの。その中で、なんと12年連続1位の正規販売店がありました。気になる1位とはいったい…?


【保存版】2018年上半期の輸入車モデル別販売ランキング!トップ20

【保存版】2018年上半期の輸入車モデル別販売ランキング!トップ20

先日、日本自動車輸入組合(JAIA)が2018年上半期の新車販売台数の発表を行いました。輸入車の中で売れたモデルはどのクルマだったのでしょうか?ランキングのトップ20を1台ごと紹介します。


【安全最高】2017年度国産車の安全性能ランキングトップ5 堂々の1位は

【安全最高】2017年度国産車の安全性能ランキングトップ5 堂々の1位は

独立行政法人の自動車事故対策機構が評価した2017年度に販売した国産車のうち、安全性能が最も高いのはマツダの『CX-8』という結果が発表されました。本記事ではランキング形式に2017年度の安全性に優れた車種をご紹介いたします。


【2018年】東京駅限定!今、人気のお土産ランキングTOP10は?

【2018年】東京駅限定!今、人気のお土産ランキングTOP10は?

【4月24日更新】東京観光に来た帰りや帰省の際、「お土産は何を買えば良いのか?」迷うことも多いと思います。今回は「東京駅」の東京ステーションシティエリア内にある各施設の東京駅限定の人気「お土産スイーツ」売上ランキングを、東京ステーションシティからの発表を元にご紹介します。


最新の投稿


【続々登場】カッコイイ!プレミアムな最先端EVカーまとめ 発売日・価格ほか

【続々登場】カッコイイ!プレミアムな最先端EVカーまとめ 発売日・価格ほか

EVはデザインがいまいち!?いえいえそれはもう過去のお話です。各メーカーが、続々とカッコイイ・プレミアムなEVカーを発表・発売しています。本記事ではそんな最新のプレミアムなEVカーをまとめました。価格は?日本発売日は?スペックは?


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【10月22日更新】


【F1】第18戦 アメリカGP フェラーリのライコネンが5年ぶりの優勝!

【F1】第18戦 アメリカGP フェラーリのライコネンが5年ぶりの優勝!

F1アメリカGPの決勝レースが21日、テキサス州のサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われました。結果は、キミ・ライコネン(フェラーリ)が2013年の開幕戦以来5年ぶりの優勝を飾ることになりました。


【東京オートサロン2019】開催は1月11日~13日!【先取り】

【東京オートサロン2019】開催は1月11日~13日!【先取り】

カスタムトレンドをけん引している東京オートサロン。東京オートサロン2019が1月11日~13日、幕張メッセにて開催されます。2019年のオートサロンはどんな内容になるのでしょうか。オートサロンを先取りです。


助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

法律でも決まっているチャイルドシートの着用ですが、自分の目の届く場所にいて欲しいという思いから助手席にチャイルドシートの設置を検討している親御さんも少なくないと思います。本記事では、助手席にチャイルドシートを乗せる危険性と助手席にチャイルドシートを載せる場合の取り付け方や注意点をまとめてご紹介していきます。