目次へ戻る

11月度新車販売速報を深読みしてみよう(登録乗用車編)

11月度新車販売速報を深読みしてみよう(登録乗用車編)

自販連が6日に発表した11月の登録乗用車販売台数は、プリウスが首位となりました。この速報はすでに多くのニュースサイトで紹介されていますが、ここではランキングから見えてくる他の車種に注目してみたいと思います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


プリウス1位、アクア2位、フィット3位

登録乗用車1位 トヨタ プリウス

勢力分布が変わり始めた

登録乗用車3位 ホンダ フィット

1位 トヨタ プリウス 11,728台 前年同月比88.0%
2位 トヨタ アクア 9,985台 前年同月比80.5%
3位 ホンダ フィット 9,217台 前年同月比145.4%
4位 トヨタ カローラ 8,381台 前年同月比128.0%
5位 トヨタ シエンタ 7,439台 前年同月比64.1%
6位 トヨタ ルーミー 7,381台 前年同月比286.8%
7位 トヨタ ヴィッツ 7,311台 前年同月比142.1%
8位 日産 ノート 6,893台 前年同月比43.7%
9位 トヨタ タンク 6,718台 前年同月比252.3%

トップはプリウス、2位はアクアとここまでは、出荷停止の影響が残る日産のノートやセレナの失速のおかげ。しかし、この2車と5位のシエンタも含め、前年同月比を大きく下回っていて、前年同月比を上回るフィットやヴィッツと対照的な結果となっています。

ルミー/タンクが躍進

登録乗用車6位 トヨタ ルーミー

6位 トヨタ ルーミー 7,381台 前年同月比286.8%
9位 トヨタ タンク 6,718台 前年同月比252.3%
18位 スズキ ソリオ 3,906台 前年同月比87.8%
29位 ダイハツ トール 2,389台 前年同月比457.7%

そのかわり、トヨタではルミーとタンクが急上昇し、ともに前年比200%超え、つまり発売時の倍以上を記録。ダイハツのトールも457%という驚異の伸び率でベスト30にランクインしてきました。その影響かスズキのソリオが失速し、完全に競り負けている状況です。

ミニバン王国トヨタの危機

登録乗用車10位 トヨタ ヴォクシー 6,111台 前年同月比68.8%

10位 トヨタ ヴォクシー 6,111台 前年同月比68.8%
13位 ホンダ ステップワゴン 5,032台 前年同月比150.3%
14位 トヨタ ノア 4,759台 前年同月比82.8%
20位 トヨタ エスクァイア 3,726台 前年同月比116.8%
21位 日産 セレナ 3,192台 前年同月比43.8%
24位 トヨタ ヴェルファイア 3,078台 前年同月比54.9%
26位 トヨタ アルファード 2,687台 前年同月比69.7%

登録乗用車13位 ホンダ ステップワゴン 5,032台 前年同月比150.3%


そして、鉄壁のクラストップを誇るミニバン勢にも異変が起きています。まず、5ナンバーミニバンのヴォクシー/ノア/エスクァイアですが、7月のマイナーチェンジ以降、プロパイロットで話題のセレナをも押さえ込んで、ヴォクシー単体でもベスト10上位の常連となっていました。

ところが11月、そのライバルのセレナが出荷停止の影響を抱え、下位に沈んでいるのにかかわらず、登録車の10位とギリギリのランキング。前年比は伸び悩むノアよりも落ち込んで60%台と不振。原因はビッグマイナーチェンジでハイブリッド車も加わったホンダのステップワゴンの存在です。

大ヒットといわないまでも、前年比150%を超えノアを追い抜き、ヴォクシーまであと千台という位置につけています。加えてセレナの生産が完全復活すれば、トヨタの5ナンバーミニバン最大の危機が訪れそうなのです。

また、Lサイズミニバンのヴェルファイア/アルファードもそれぞれ前年比50%台、60%台と大失速。ランキングに現れる30位内をキープするのも難しくなっています。

下位でも元気な車種

登録乗用車23位 マツダ CX-5 3,148台 前年同月比280.3%

22位 トヨタ カムリ 3,182台 前年同月比1,036.5%
23位 マツダ CX-5 3,148台 前年同月比280.3%
27位 スズキ スイフト 2,571台  前年同月比306.1%

代わりに好調なのがカムリで前年比1000%超えを連発していますが、代数的には3千台止まりで、需要も供給もこのあたりが頭打ちとみられます。

トヨタ以外では、スズキのスイフトが元気で前年比300%超え、マツダではCX-5が280%と好調さをキープしていますが、デミオがベスト30圏外に消えています。

まとめ、12月はどうなる?

スズキ クロスビー(XBEE)

さて、いよいよ2017年も最後の繁忙期の12月はどういった結果になるのか、12月発表予定のスズキのコンパクトSUV「クロスビー(XBEE)」とマツダの「CX-8」はティザーサイトがオープンされており、登場を待つばかりとなっています。

最後に笑うのはどのメーカーか、日産は完全復活なるのか、12月商戦を注目しましょう。 

マツダ CX-8

関連するキーワード


ランキング

関連する投稿


ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数トップ10を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきます!


今人気のおすすめSUV!選ぶならどのSUV?

今人気のおすすめSUV!選ぶならどのSUV?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。SUVが気になる方はぜひ本記事をご覧ください!


【新車販売台数ランキング】今売れてる・人気の車とは?SUV・ミニバン・軽自動車他ランキング

【新車販売台数ランキング】今売れてる・人気の車とは?SUV・ミニバン・軽自動車他ランキング

新車販売台数ランキング!この記事では、2019年の販売台数を元に、SUVをはじめとして、その他のボディタイプ別のランキングもご紹介します。(※ランキングの情報は全国軽自動車協会連合会と日本自動車販売協会連合会の情報を参照しています)(2020年更新しました)


【2020最新版】心からおすすめ!本当に燃費がいい国産車 全17選!

【2020最新版】心からおすすめ!本当に燃費がいい国産車 全17選!

燃費のいいクルマがいい!という方は多いかと思いますが、そもそも燃費のいい車はどんなものがあるのでしょう。当記事ではボディタイプ別(SUV ミニバン 軽自動車ほか)で燃費の良い車をランキングしました。さらに燃費の意味と燃費の良い車の傾向なども解説!毎月の燃料代はやっぱり安い方が良い!と思っている方はぜひ本記事をどうぞ。


タイヤメーカーおすすめランキング!メーカー毎の特徴を比較

タイヤメーカーおすすめランキング!メーカー毎の特徴を比較

タイヤのメーカーってどれくらいご存知でしょうか?愛車のタイヤを選ぶ時、自分の車に合いそう、価格が安いからなどで選んでいませんか?タイヤメーカーの特徴を比較して知ることで、愛車に合ったタイヤでより快適に走れるように今回は車のタイヤのメーカーについてご紹介します。(※2020年5月更新しました)


最新の投稿


ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

もしもひき逃げ事故を起こしてしまった際に、どのように対処すべきでしょうか。さらには、被害に遭ってしまった方、事故を目撃した方もその場で適切な処置をする事が求められます。今回は、ひき逃げを起こしてしまった方、巻き込まれてしまった側、それぞれがどのように対処し、処置をしていくべきかを解説しています。


【現行イタリア高級SUV】最新4選! 価格、燃費

【現行イタリア高級SUV】最新4選! 価格、燃費

イタリアの車といえば走行性能の高さや情熱的なデザインが特徴的ですが、実は高級車の世界でも有名なブランドを多く持っています。また、今やセレブや要人が移動する時に使う車は、ハイエンドセダンではなく、ハイエンドSUVの方が多くなっているように思いませんか。高められた車高による室内の余裕と、路上でも抜群の存在感を持つSUVは、次世代の高級車として既に定着している印象もありますよね。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、イタリア車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


【現行イギリス高級SUV】最新5選! 価格、燃費

【現行イギリス高級SUV】最新5選! 価格、燃費

近年ではドイツ製高級車が市場を席巻していますが、イギリスの高級車もその独特の雰囲気や仕立て、長い歴史で高級車として定評を持っていますよね。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、イギリス車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


【大人数で乗れるSUV】最新5車種! 価格、燃費

【大人数で乗れるSUV】最新5車種! 価格、燃費

どこへでも乗っていけそうな自由さが魅力的なSUV。世界的に大人気が継続していますが、その広い室内空間を活用して3列シートを有するものもあります。いざというときは大人数で冒険にも出かけられるし、普段は3列目を格納して広々とした荷室を実現できるなど、ユーティリティ性の高さに磨きをかけた3列シートSUVをまとめてご紹介します。


アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは聞きなれない言葉ですが、元々はレーシングカーに使われていた技術です。では、このアーシングとは、一体どの様な効果があるのでしょうか?今回はこのアーシングチューニングについてご説明します。