目次へ戻る

日本カーオブザイヤー2017-18は、ボルボ XC60に決定!他部門賞も発表。

日本カーオブザイヤー2017-18は、ボルボ XC60に決定!他部門賞も発表。

日本カーオブザイヤー2017-2018の発表が12月11日13時より行われ、ボルボ XC60が受賞するという結果になりました。XC60についての情報と、部門賞、特別賞の情報などを合わせて掲載しています。


日本カーオブザイヤー2017-2018はボルボ XC60に決定!

日本国内で市販された乗用車の中から、年間を通じ最も優秀だった車に贈る自動車賞である日本カーオブザイヤー。

日本カーオブザイヤーの選出方法は、60名の選考員が持ち点25点を持ち、内1台に10点をつけ残り15点を他の車に投票する形式で決定します。

国産車が日本カーオブザイヤーに選出された場合は、輸入車トップとなる車がインポートカーとして決定し、輸入車がトップの場合はその車が日本カーオブザイヤーとしてそのまま選ばれます。

2016年の11月1日から2017年10月31日までの間、日本国内で発表・または発売された乗用車の中から、年間の販売台数が500台以上見込まれている車がノミネート車の対象です。

その後、最終選考会に進む上位10台の「10ベストカー」が選出され、12月11日に受賞車が決定するに至り、2017年10月16日にフルモデルチェンジを行い発売されたボルボのミッドサイズSUV「XC60」に決定しました。

輸入車の受賞は4年ぶり2回目

日本カーオブザイヤーに選ばれたボルボXC60は、投票の結果、2位のBMW5シリーズに48ポイントの差を付け受賞。日本車のトップは2017年7月10日にフルモデルチェンジし発売されたトヨタ「カムリ」という結果となりました。

2017-2018の日本カーオブザイヤーに関しては、日産とスバルの2社が辞退したことにより、稀に見る激戦状態となっていました。

日本カーオブザイヤーに輸入車が選ばれるのは、2013-2014の日本カーオブザイヤーに選ばれたフォルクスワーゲンの「ゴルフ」以来で4年振り2回で、ボルボブランドとしては初の受賞となりました。

下記が日本カーオブザイヤーの最終投票結果となります。

 
2017-2018日本カーオブザイヤー最終結果
ボルボ XC60294
BMW 5シリーズセダン/ツーリング242
トヨタ カムリ232
スズキ スイフトシリーズ210
ホンダ N-BOX/B-BOXカスタム189
レクサス LC115
アルファロメオ ジュリア89
マツダ CX-583
シトロエン C335
フォルクスワーゲン ティグアン11

受賞の席にて、ボルボカージャパン代表の木村氏は、「インポートの1番を取れたらいいなと思っていたが、望外の喜び」とコメントし、「ボルボブランドの日本における完全復活」を宣言しました。

【ジュネーブモーターショー2017】初公開!ボルボXC60の全貌!

https://matome.response.jp/articles/137

スウェーデンのボルボカーズは3月7日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2017において、新型『XC60』を初公開しました。気になるボルボXC60について明らかにしていきましょう。

2017-2018日本カーオブザイヤー 部門賞

カーオブザイヤーとしての選出は、ボルボ XC60に決定しましたが、日本カーオブザイヤーには、「イノベーション部門」「エモーショナル部門」、「スモールモビリティ部門」と3つの部門賞が存在しています。

決定した各部門賞の受賞車についても紹介していきます。

イノベーション部門はトヨタ プリウスPHVに決定!

イノベーション部門賞は、環境、安全面などで、革新技術を持つ車から選ばれる部門賞です。

トヨタ プリウスPKV

イノベーション部門賞として選ばれたのは、2017年2月15日に発売された、トヨタ「プリウスPHV」となりました。

選出理由としては、先代に比べEV走行が飛躍的に伸びた点、乗り心地、量産車初の駆動用ソーラーパネル等の新技術が上げられます。

エモーショナル部門はレクサス LCに決定!

エモーショナル部門賞は、秀でたデザインや、ドライブ技術を持つ車に送られる部門賞です。

レクサス LC

エモーショナル部門賞として選ばれたのは、2017年3月16日にフルモデルチェンジし発売されたレクサスのラグジュアリークーペである「LC」に決定しました。

常務理事件LC チーフエンジニアの佐藤氏は受賞コメントとして、「ある意味レクサスにとっては「最も欲しい賞」を頂くことができた。これからも興奮できるレクサスを作っていきたい。」とコメントしました。

スモールモビリティ部門はホンダ N-BOXに!

スモールモビリティ部門賞は、軽自動車に贈られる部門賞。

ホンダ N-BOX

スモールモビリティ部門に選ばれたのは、2017年8月31日にフルモデルチェンジし発売されたホンダの人気軽自動車、N-BOX/N-BOXカスタムに決定しました。

特別賞にはトヨタ自動車と佐藤拓馬が

また、実行委員会特別賞としてトヨタ自動車のハイブリッド車グローバル累計販売台数が1000万台を突破したことや、日本人として初めてインディ500で優勝するという結果を残したレーシングドライバー「佐藤拓馬」氏が、受賞する結果になりました。

最後に…。

国産車では無く輸入車であるボルボXC60が選ばれる結果となった2017-2018日本カーオブザイヤー。

日本のカーオブザイヤーだけに、もっと日本車に頑張ってもらいたいという意見も出そうですが、ボルボカーズ、ボルボカージャパン、ボルボファンの方々にとっては非常に喜ばしい受賞となりました。

関連する投稿


今年の日本カーオブザイヤー10ベストカーが決定!順当?意外?

今年の日本カーオブザイヤー10ベストカーが決定!順当?意外?

2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤーを決定する第一次選考会が、都内にて開催され、全27台のノミネート車の中から、最終選考会に進む上位10 台の「10 ベストカー」が選出されました。詳しく見ていきましょう。


日本カー・オブ・ザ・イヤーのノミネート車27台が発表!栄冠はどのクルマに!?

日本カー・オブ・ザ・イヤーのノミネート車27台が発表!栄冠はどのクルマに!?

今年一番のクルマを決める「第39回2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」のノミネート車が31日に発表されました。国産、輸入車16ブランド、合計27台がラインアップされました。また、本命視していたスズキ『ジムニー』が辞退して混戦模様になりそうです。詳しく見ていきましょう!


【WCOTY】ワールドカーオブザイヤー2019ノミネート車発表!

【WCOTY】ワールドカーオブザイヤー2019ノミネート車発表!

今年もあと数ヶ月。そうです。ワールドカーオブザイヤーの季節が巡ってきました!本記事では、ワールドカーオブザイヤーにノミネートされている車を随時更新していきたいと思います!いったいどんな車がノミネートされているのでしょうか。


ボルボ新型「V60」発売!ボルボ最新モデルは最高の自信作!

ボルボ新型「V60」発売!ボルボ最新モデルは最高の自信作!

ボルボが2代目ミッドサイズステーションワゴン「V60」をフルモデルチェンジして発売開始しました。 XC60、90シリーズ共通のSPAプラットフォームにてデザイン、安全装備、ラインナップなど隙のない一台に仕上がっています。 詳しく紹介していきます。


【時代はここまで】完全自動運転コンセプトカー!!ボルボ『360c』

【時代はここまで】完全自動運転コンセプトカー!!ボルボ『360c』

ボルボカーズは9月5日に、完全自動運転コンセプトカー、ボルボ『360c』(Volvo 360c)を発表しました。自動車の最先端?!完全自動運転コンセプトカー・ボルボ360cの最新情報をまとめています。


最新の投稿


【最新版】2019年以降発売が予測されるポルシェの新型車&モデルチェンジ情報

【最新版】2019年以降発売が予測されるポルシェの新型車&モデルチェンジ情報

2019年以降に発売が予測・期待されているポルシェの新型車&新車&モデルチェンジ情報をまとめています。あなたの気になる車はあるでしょうか。ポルシェが好きな方、必見です!


フェラーリ初のSUV プロサングエ最新情報!デザイン大予想

フェラーリ初のSUV プロサングエ最新情報!デザイン大予想

フェラーリが現在開発を進めていると噂される、同ブランド初のクロスオーバーSUV、『Purosangue』(プロサングエ)のテスト車両が目撃されています。それに伴って、兄弟サイトのSpyder7では予想CGを入手しました。本記事では発売が待たれるプロサングエの最新情報をお届けいたします。


日産のカルロス・ゴーン会長 複数の重大な不正により、解任へ

日産のカルロス・ゴーン会長 複数の重大な不正により、解任へ

日産自動車は19日、同社のカルロス・ゴーン代表取締役会長らによる重大な不正行為があったと発表しています。本記事ではカルロス・ゴーン会長に関する記事ほじか、日産の記事をまとめています。


メルセデスベンツ Sクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデスベンツ Sクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデス・ベンツの最高級Sクラス。貴方はそのSクラスにどんなボディタイプがあるのかご存知でしょうか。本記事ではメルセデスベンツの現行Sクラスをボディタイプ別にまとめています。クルマ選びの参考にしてみてくださいね。


【今こそ乗ってほしい】日本の現行オープンカーをメーカー別にまとめてみた

【今こそ乗ってほしい】日本の現行オープンカーをメーカー別にまとめてみた

なぜか、ルーフが開閉するだけで心躍る。そんなオープンカー。別にオープンカーじゃなくてもいいけれど、オープンカーにはオープンカーの魅力がありますよね。今こそいろんな人に日本のオープンカーを知っていただきたい!本記事はそんな気持ちを込めて国産オープンカーをご紹介!