目次へ戻る

日本カーオブザイヤー2017-18は、ボルボ XC60に決定!他部門賞も発表。

日本カーオブザイヤー2017-18は、ボルボ XC60に決定!他部門賞も発表。

日本カーオブザイヤー2017-2018の発表が12月11日13時より行われ、ボルボ XC60が受賞するという結果になりました。XC60についての情報と、部門賞、特別賞の情報などを合わせて掲載しています。


日本カーオブザイヤー2017-2018はボルボ XC60に決定!

日本国内で市販された乗用車の中から、年間を通じ最も優秀だった車に贈る自動車賞である日本カーオブザイヤー。

日本カーオブザイヤーの選出方法は、60名の選考員が持ち点25点を持ち、内1台に10点をつけ残り15点を他の車に投票する形式で決定します。

国産車が日本カーオブザイヤーに選出された場合は、輸入車トップとなる車がインポートカーとして決定し、輸入車がトップの場合はその車が日本カーオブザイヤーとしてそのまま選ばれます。

2016年の11月1日から2017年10月31日までの間、日本国内で発表・または発売された乗用車の中から、年間の販売台数が500台以上見込まれている車がノミネート車の対象です。

その後、最終選考会に進む上位10台の「10ベストカー」が選出され、12月11日に受賞車が決定するに至り、2017年10月16日にフルモデルチェンジを行い発売されたボルボのミッドサイズSUV「XC60」に決定しました。

輸入車の受賞は4年ぶり2回目

日本カーオブザイヤーに選ばれたボルボXC60は、投票の結果、2位のBMW5シリーズに48ポイントの差を付け受賞。日本車のトップは2017年7月10日にフルモデルチェンジし発売されたトヨタ「カムリ」という結果となりました。

2017-2018の日本カーオブザイヤーに関しては、日産とスバルの2社が辞退したことにより、稀に見る激戦状態となっていました。

日本カーオブザイヤーに輸入車が選ばれるのは、2013-2014の日本カーオブザイヤーに選ばれたフォルクスワーゲンの「ゴルフ」以来で4年振り2回で、ボルボブランドとしては初の受賞となりました。

下記が日本カーオブザイヤーの最終投票結果となります。

 
2017-2018日本カーオブザイヤー最終結果
ボルボ XC60294
BMW 5シリーズセダン/ツーリング242
トヨタ カムリ232
スズキ スイフトシリーズ210
ホンダ N-BOX/B-BOXカスタム189
レクサス LC115
アルファロメオ ジュリア89
マツダ CX-583
シトロエン C335
フォルクスワーゲン ティグアン11

受賞の席にて、ボルボカージャパン代表の木村氏は、「インポートの1番を取れたらいいなと思っていたが、望外の喜び」とコメントし、「ボルボブランドの日本における完全復活」を宣言しました。

【ジュネーブモーターショー2017】初公開!ボルボXC60の全貌!

https://matome.response.jp/articles/137

スウェーデンのボルボカーズは3月7日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2017において、新型『XC60』を初公開しました。気になるボルボXC60について明らかにしていきましょう。

2017-2018日本カーオブザイヤー 部門賞

カーオブザイヤーとしての選出は、ボルボ XC60に決定しましたが、日本カーオブザイヤーには、「イノベーション部門」「エモーショナル部門」、「スモールモビリティ部門」と3つの部門賞が存在しています。

決定した各部門賞の受賞車についても紹介していきます。

イノベーション部門はトヨタ プリウスPHVに決定!

イノベーション部門賞は、環境、安全面などで、革新技術を持つ車から選ばれる部門賞です。

トヨタ プリウスPKV

イノベーション部門賞として選ばれたのは、2017年2月15日に発売された、トヨタ「プリウスPHV」となりました。

選出理由としては、先代に比べEV走行が飛躍的に伸びた点、乗り心地、量産車初の駆動用ソーラーパネル等の新技術が上げられます。

エモーショナル部門はレクサス LCに決定!

エモーショナル部門賞は、秀でたデザインや、ドライブ技術を持つ車に送られる部門賞です。

レクサス LC

エモーショナル部門賞として選ばれたのは、2017年3月16日にフルモデルチェンジし発売されたレクサスのラグジュアリークーペである「LC」に決定しました。

常務理事件LC チーフエンジニアの佐藤氏は受賞コメントとして、「ある意味レクサスにとっては「最も欲しい賞」を頂くことができた。これからも興奮できるレクサスを作っていきたい。」とコメントしました。

スモールモビリティ部門はホンダ N-BOXに!

スモールモビリティ部門賞は、軽自動車に贈られる部門賞。

ホンダ N-BOX

スモールモビリティ部門に選ばれたのは、2017年8月31日にフルモデルチェンジし発売されたホンダの人気軽自動車、N-BOX/N-BOXカスタムに決定しました。

特別賞にはトヨタ自動車と佐藤拓馬が

また、実行委員会特別賞としてトヨタ自動車のハイブリッド車グローバル累計販売台数が1000万台を突破したことや、日本人として初めてインディ500で優勝するという結果を残したレーシングドライバー「佐藤拓馬」氏が、受賞する結果になりました。

最後に…。

国産車では無く輸入車であるボルボXC60が選ばれる結果となった2017-2018日本カーオブザイヤー。

日本のカーオブザイヤーだけに、もっと日本車に頑張ってもらいたいという意見も出そうですが、ボルボカーズ、ボルボカージャパン、ボルボファンの方々にとっては非常に喜ばしい受賞となりました。

関連する投稿


【時代はここまで】完全自動運転コンセプトカー!!ボルボ『360c』

【時代はここまで】完全自動運転コンセプトカー!!ボルボ『360c』

ボルボカーズは9月5日に、完全自動運転コンセプトカー、ボルボ『360c』(Volvo 360c)を発表しました。自動車の最先端?!完全自動運転コンセプトカー・ボルボ360cの最新情報をまとめています。


ボルボの「ブリッジSMAVO(スマボ)」が1500件契約突破!スマボって何?

ボルボの「ブリッジSMAVO(スマボ)」が1500件契約突破!スマボって何?

ボルボが用意した納期が長期化している新型車の購入者限定のリースプラン「ブリッジSMAVO(スマボ)」契約件数が、2018年7月に受付を開始して以来、8月22日の時点で1500件を超えたことを発表しました。納車までの間、他のボルボ車を低額で利用できる特別なリースプラン「ブリッジSMAVO」の魅力などを紹介します。


【保存版】2018年上半期の輸入車モデル別販売ランキング!トップ20

【保存版】2018年上半期の輸入車モデル別販売ランキング!トップ20

先日、日本自動車輸入組合(JAIA)が2018年上半期の新車販売台数の発表を行いました。輸入車の中で売れたモデルはどのクルマだったのでしょうか?ランキングのトップ20を1台ごと紹介します。


8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

ボルボカーズは6月20日、新型ボルボ『S60』を発表しました。S60のフルモデルチェンジは実に8年ぶりのこととなります。PHVも設定され、刷新されたS60新型についてまとめています。


20日発表!ボルボの新型S60 ワールドプレミア!最新情報

20日発表!ボルボの新型S60 ワールドプレミア!最新情報

ボルボカーズは6月14日、新型ボルボ『S60』を6月20日、ワールドプレミアすると発表しました。ライブストリーミングも予定しているとのこと。S60は3代目モデル。いったいどんな進化を遂げているのでしょうか。新しいS60に注目が集まっています。


最新の投稿


【スクープ!】ランボルギーニがアウディからポルシェ傘下に!

【スクープ!】ランボルギーニがアウディからポルシェ傘下に!

アウディ傘下となっているランボルギーニ。2019年1月から、ポルシェ傘下へ入ることが確定したと、米Automobile Magazineが報じています。


【パリモーターショー2018】BMW X5新型と M5コンペティション発表!

【パリモーターショー2018】BMW X5新型と M5コンペティション発表!

BMWグループは、フランスで10月に開催されるパリモーターショー2018(Paris Motor Show)の出展内容を発表しています。それによれば新型『X5』(BMW X5)と『M5コンペティション』(BMW M5 Competition)がワールドプレミアされるとのことです。


【パリモーターショー2018】トヨタ ヤリス(ヴィッツ)2019年モデル初公開

【パリモーターショー2018】トヨタ ヤリス(ヴィッツ)2019年モデル初公開

トヨタヨーロッパは、ヤリス(日本名:ヴィッツ)の2019年モデルをパリモーターショー2018にて初公開することを発表しています。


日産のスーパーカー!GT-Rのスペック 価格 燃費 まとめ

日産のスーパーカー!GT-Rのスペック 価格 燃費 まとめ

日産が誇る、スーパースポーツ、GT-R。ファンも多いこの車。あのプロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手も日産車の中ではGT-Rがお好きなんだとか。そんなGT-R、みなさんはどれだけ知っていますか?本記事ではGT-Rのスペック、燃費、価格他気になる情報をまとめています。


フェラーリが経営計画発表!ハイブリッド車とSUV「Purosangue」を導入か

フェラーリが経営計画発表!ハイブリッド車とSUV「Purosangue」を導入か

フェラーリは9月18日に投資家向けに開いた説明会「Capital Markets Day」において2022年までにハイブリッド車をラインナップの6割に導入すること、SUV「Purosangue」を導入する予定であることを示唆しました。本記事ではこの度発表されたフェラーリの経営計画についてご紹介します。