目次へ戻る

【最新版】2018年発売が予測される新型SUV情報まとめ【国産/外車】

【最新版】2018年発売が予測される新型SUV情報まとめ【国産/外車】

毎年多くの車種が発表される自動車業界、2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのか楽しみです。実は、2018年も引き続きSUVラッシュなことをご存知ですか。来年もSUVなくして車を語れません。本記事ではSUVに大注目!2018年発売が予測・期待されるSUV新車・新型車最新情報をまとめています!


2018年新型車&新車情報 2018年も「SUV」が熱い!?

以前、2018年発売されると予測・期待されている国産車・外車(輸入車)についてまとめてきました。

※まだお読みになっていない方はぜひとも読んでみてくださいね!

この上記2つの記事をまとめていて、強く感じたことがありました。それは。

ということです。

ボディ別に並べてみると、2018年発売されるSUVの数は圧倒的です。

特に、外車、メルセデスベンツやBMWといった高級車メーカーから発売されるコンパクトSUV、クロスオーバーSUV波の勢いがすさまじいです。

こんなに勢いがあるんだから、きっと多くの人が2018年に発売されるSUVをまとめた記事が読みたいと思っているのでは…?

と思い立った結果、本記事では、急遽、2018年発売が予測・期待されている新型・新車(国産車/外車)のSUVについてまとめました。

新車のSUVとは?フルモデルチェンジするSUVとは?本記事でまとめてお届けいたします!!

【国産車】2018年発売が予測・期待されるSUV 新型車・モデルチェンジ&新車情報

トヨタ Tjクルーザー

Tjクルーザー(SUV)/トヨタ

トヨタ『Tjクルーザー』は、バンの積載性能×SUVの力強いデザインとを融合させた新ジャンルのクロスオーバーコンセプトです。
東京モーターショー2017にて世界初公開されました。次世代のTNGAプラットフォームに2リットルクラスのエンジンとハイブリッドシステムを搭載し、駆動方式はFFおよび4WDを想定しています。

エクステリアは、バンのようなユーティリティの高さを感じられるスクエアなキャビン。
そしてSUVらしい大径タイヤによるしっかりとした足回りと、力強いフロントビューを融合しています。ボンネットとルーフ、フェンダーなどには、無造作に物を置いても傷や汚れがつきにくいケアフリー素材(強化塗装)を採用しています。

Tjクルーザーの室内


室内は助手席側をフルフラットにでき、ロングサーフボードや自転車など、約3mもの大きな荷物を楽に積み込むことが可能な様子。

運転席側の後部座席は、シートクッションを前側に立てることで、買い物袋などの荷物を置けるスペースが出現します。さらに大開口のバックドアやスライドドアを採用し、大きな荷物の出し入れを簡単にしました。

発売日は2018年の12月ごろになるかと言われています。

レクサス UX

UX(SUV)/レクサス
※画像はレクサスUXコンセプト

2016年秋にレクサスが発表した『UXコンセプト』。レクサス最小SUVの量産化が決まりました。

レクサスUXコンセプトの室内

UXコンセプトは、レクサスのコンパクトクロスオーバーの将来像を示すコンセプトカーです。
ボディサイズは全長4400mm、全幅1900mm、全高1520mm、ホイールベース2640mm。

レクサスの主力SUVである『NX』に対して、全長は230mm短くなっています。UXコンセプトは、NXの下に位置する小型SUVになる模様。

レクサスはUXコンセプトを市販化することによって、従来以上に若い顧客の取り込みを狙うのではないかとみられています。

ホンダ CR-V

CR-V(SUV)/ホンダ

ホンダCR-V 2018米国モデル

2016年に、日本では販売中止となっていたホンダのSUV・CR-Vが2018年に復活します。

CR-Vは、ミドルサイズのSUV。ハイブリッド仕様や3列仕様をラインアップし、幅広くSUV価値をお届けすると、ホンダの八郷隆弘社長は語っていました。

発売時期については詳しく語られていませんが、2018年内を目標にしているとのことです。

日産 ジューク

ジューク(SUV)/日産

数多く存在するSUVの中でも、日産のジュークはとりわけ個性的なデザインだと言われます。

そんなジュークですが、フルモデルチェンジして2018年登場するのでは?とささやかれています。

また、ジュークの次期型では、日産の人気ハッチバック・『ノート』に搭載され販売を伸ばしているEVパワートレーン「e-POWER」が採用される可能性が浮上しています。

なおかつ、このイーパワー、1.2リットル直列3気筒ダウンサイジングターボエンジンに電気モーターを組み合わせた進化版のe-POWERだというから驚きですね。実現したら、JC08モード燃費で、なんと31km/L~33km/Lという低燃費が実現できるとか…!

発売日はまだ未定とのことで今後の続報に期待ですね。

スバル フォレスター

フォレスター2018年米国モデル(SUV)/スバル


2017年、一部改良を行ったスバルのSUV・フォレスター。

早々にフルモデルチェンジが迫っているのではと言われています。

フォレスターはモデルチェンジの際に大きくデザインを変更する傾向にありますので、フルモデルチェンジが行われる際には、性能はもちろんのこと、エクステリアデザインやフロントフェイスにも注目していきたいです。

三菱 エクリプスクロス

エクリプスクロス(SUV)/三菱

三菱から発売されている、アウトランダーよりも小型なSUV、エクリプスクロスがヨーロッパに始まり、オーストラリア、アメリカそして日本でも順次発売予定です。三菱のデザインアイデンティティ「ダイナミックシールド」を採り入れ、コンセプトカーのような洗練されたデザインと、力強さを併せ持つクーペSUVとなりそうです。

三菱 エクリプスクロス 日本仕様


エクリプスは、1989年~2006年ごろまで北米中心に販売されていたスポーツコンパクトカー。
それにクロスオーバーの「クロス」要素を足したSUVです。(名前からも見て取れますね)

米国仕様車は、最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載するとのことで、日本仕様車がどうなるかにも注目したいですね。

【外車(輸入車)】2018年発売が予測・期待されるSUV 新型車・モデルチェンジ&新車情報

メルセデスベンツ Gクラス

Gクラス(SUV)/メルセデスベンツ

2018年に、メルセデスベンツGクラスのフルモデルチェンジがされると言われています。39年振りとなる次世代型ということで、注目度も高いGクラス。

究極のオフローダーであり、新型では約200kgの軽量化を実施、パワートレインは新開発の3.0L 直列6気筒ターボエンジンが搭載されます。ワールドプレミアは、早ければ2018年1月のデトロイトモーターショーと噂されているので、2018年春ごろには新しくなったGクラスを見ることができるかもしれません。

メルセデスベンツ Gクラス スクープ写真

アウディ Q8

Q8(SUV)/ アウディ

アウディの最上級SUV・Q8が登場です。

パワートレインには、3リットルV型6気筒エンジン、及び「e-TRON」PHEV、上級モデル「SQ8」にはランボルギーニ「ウルス」に搭載予定の4リットルV型8気筒エンジンが予想されています。

Q8の市販型のワールドプレミアは、2018年1月のデトロイトモーターショー、または3月のジュネーブモーターショーが有力だとされています。

アウディ Q8 プロトタイプ スクープ写真


そして、アウディQ8のスクープ画像を入手しました!!

クローズアップした画像からは、弟分である『Q7』のようにエアコン吹き出し口がサイドいっぱいまで広げられていること、ラグジュアリーサルーン『A8』新型と同じマルチ・デジタルタッチスクリーンディスプレイを搭載していることが確認できます。

BMW X7

X7(SUV)/BMW

BMW『X7』は、BMWのSUV「Xファミリー」において、『X5』や『X6』の上に位置する最上級のフルサイズSUVとなります。『7シリーズ』並みの広さやラグジュアリー性を追求し、2018年内に登場する予定です。

BMW コンセプトX7 iパフォーマンス

また、9月に行われたフランクフルトモーターショー2017では、『コンセプトX7 iパフォーマンス』として、「ツインパワー」ガソリンターボエンジンに、モーターを組み合わせたプラグインハイブリッド車(PHV)が展示されました。

PHVにも期待が高まりますね。

ランボルギーニ ウルス

ウルス(SUV)/ランボルギーニ

ランボルギーニ新型SUV、『ウルス』が日本市場に導入予定です。参考小売価格は2574万円(税別)です。

発売は早くて2018年の春を予定しています。

ランボルギーニ・ウルス

ウルスには、排気量4リットル(3996cc)のV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載、ランボルギーニ初のターボエンジンは、最大出力650hp/6000rpm、最大トルク86.7kgm/2250~4500rpmを引き出すとか。

トランスミッションは8速AT、駆動方式は4WD。車両重量はおよそ2200kg。0~100km/h加速3.6秒、最高速305km/hと、スーパーカーの性能を備えたSUVと呼ぶにふさわしいスペックを備えていますね。

ジャガー I-PACE

I-PACE(SUV)/ジャガー

ジャガー初のEVとなるI-PACE。ハッチバックとスポーツクーペ、そしてSUVが融合したような低くワイドなシルエットが特徴的。

ボディサイズは、上位クラスの『F-PACE』より50mm全長が短く、全高は90mm低くなっています。全幅は40mmタイトとやはりかなりのコンパクト感です。

I-PACE

パワートレインは、モーターを前後アクスルに搭載、4輪を駆動。合計で400psのパワーと、71.4kgmのトルクを引き出します。71.4kgmもの強力なトルクは、スポーツカーの『Fタイプ』の最強グレードである「SVR」と同数値とのこと。パワフルなモーターのおかげで、I-PACEは0~96km/h加速およそ4秒の性能を発揮します。

また、1回のフル充電で500km以上の航続が可能。充電時間は、急速チャージャーを使えば2時間ほどだとのことです。
2018年公開予定です。

関連する投稿


トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタライトエースは、街中でも商用車として走行されることが多いワンボックスタイプのキャブオーバー型のバン・トラックです。本記事ではそんなライトエースバン・トラックに焦点を当てて見ていきたいと思います。


トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

マークXはトヨタ自動車がマークⅡの実質の後継車として、2004年より製造販売しているセダンです。 スタイリッシュな外観とスポーティな走りを得意としており、普通のまじめなセダンとは一線を画します。本記事ではそんなマークXについてまとめています。


【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

レクサスは、SUVのNXを一部改良し、5月6日より販売を開始すると発表しました。価格や、改良点など気になる情報をまとめています。


【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

レクサス、と聞くと高級車だし自分には関係のない車。と決めつけている人はいませんか。それはもったいない!レクサスはもちろん高級車ですが、価格からボディタイプまで様々です!一口にレクサス、と言ってもいろんなモデルがあるんです。本記事では、現行レクサスを一覧にし、特徴や価格をまとめてみました。【4月17日更新】


【日本発売は?】レクサス初のミニバンLM300h!上海モーターショーで初公開

【日本発売は?】レクサス初のミニバンLM300h!上海モーターショーで初公開

レクサスは、4月16日に開幕した上海モーターショー2019で、レクサスブランド初となるミニバンタイプの新型車『LM』(LM300h)を世界初公開しました。大注目のLMの最新情報について見ていきましょう。最新のエクステリア画像・インテリア画像も満載です。そして一番気になるポイント…日本導入はあるんでしょうか?


最新の投稿


日本のスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について徹底検証!!

日本のスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について徹底検証!!

2017年2月に販売開始した2代目NSXを受け、初代NSXの中古車相場と20年以上経過する車両の歴史や特徴について、ご紹介していきます。


ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングとはどんなものでしょうか。具体的な意味と使用時の効果について、気になる値段を調べてワックスの上手な方法やコーティングの効果や耐久性における詳しい分析について調べてみます。メンテナンスの手入れの方法など、ポリマーコーティングの良さを見ていきます。


マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダの「ベリーサ」をご存知でしょうか?ベリーサは1500ccのコンパクトカーで、高級感のある「プレミアム・コンパクトカー」として売り出されました。しかし、その完成度にもかかわらず、現在この車について語られることはそれほどありません。そこで今回は、マツダ・ベリーサの特徴や燃費、中古価格を解説していきます。


ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

1999年にダイハツから発売された軽ワンボックス「アトレー ワゴン」。 同社の「アトレー」をベースとして誕生しました。 イタリアのデザイナーによる内外装デザインと大人4人と荷物を余裕を持って収容できる車内空間はモデルチェンジ後の現在でも健在です。 当記事では、アトレーワゴンの燃費や評判、中古価格などを掲載しています。


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。