目次へ戻る

世界が待つトヨタのスープラ年内初公開!?車名が2000GTに変更!?

世界が待つトヨタのスープラ年内初公開!?車名が2000GTに変更!?

全世界が待ち焦がれている…と言っても過言ではないトヨタの新型クーペ・スープラですが、ここにきて車名変更かと騒がれているのをご存知でしょうか。改名はトヨタ史に残るあの名車「2000GT」!?いやいや「スープラ3000」!?そもそも2000GTは復活が騒がれていますね…。改めてスープラと2000GTの情報を整理してみます。


トヨタの新型クーペ スープラ 初公開は2017年内か?

スープラ新型

世界が注目しているトヨタの新型クーペ『スープラ』が、2017年内にも初公開される可能性があることが新たに分かりました。
スープラを待ち焦がれてやまないファンの方々にとっては、嬉しい情報ですね。

一方で、こんな情報も入ってきました。

なんでも、スープラの車名が別のものに与えられる!?可能性が浮上しているというのです。

スープラの名称が2000GTに変更!?っていったい…

スープラの車名が別のものに与えられる!?可能性が浮上している、とはいえ、「スープラ」の車名が完全に消滅したわけではなく、複数の選択肢がありえるそう。

そしてその候補として、トヨタ史上に残る名車『2000GT』や『スープラ3000』などが予想されています。10月には、Spyder7が2000GT復活の噂を伝えていましたが、その噂とリンクしているのも気になるところではありますね。

Spyder7より

2000GT復活か

トヨタが1967年から1970年まで生産した伝説のスポーツカー『2000GT』の復活が噂されている。果たしてそのベースとなるコンセプトカーは、東京モーターショーに出展されるのだろうか。

「2000GT」はヤマハ発動機と共同開発され、最高出力150psを発揮する「MF10型」2リットル直列6気筒エンジンを搭載、『007』のボンドカーに抜擢されたことも後押しして無敵のスポーツカーと言われた。当時の発売価格238万円は、大卒者の平均初任給2万6000円の約100倍で、現在に換算すると約2000万円以上とも伝えられている。

実際には、2000GTも、スープラも、東京モーターショー2017には出展されませんでしたので詳細は闇の中です。

トヨタの名車と名高い2000GTとは

トヨタ2000GT

トヨタの名車中の名車・「日本車史上、最も美しいフォルム」などと名高いスポーツカー、それが2000GTです。

トヨタと山田発動機が共同開発し、1967年~1970年までトヨタブランドとして販売されていました。

当時の価格はなんと238万円。なんだ安いじゃないか、と思わないでください!当時の初任給が約2万6000円前後・238万円あればカローラが6台も買えてしまう値段設定です。

そのため、当時の一般の人々にとってはまさに憧れの車でした。実際に生産された台数も337台という希少性も相まって未だに伝説の名車として語られています。

もし、2000GTという名称に変更された場合、改めてスープラ(仮)への注目が高まりそうです。

改めて知りたい!トヨタのスープラとは?

そもそも、スープラって何?そんなに世界が待っているのか?という方のために改めてスープラについてご紹介します。

スープラとは、トヨタが1978年~2002年まで販売していた、スポーツカーです。ちなみに、スープラという車名は、ラテン語で「上へ」「至上かつ最高」といった意味です。

元々日本国内では、セリカXXとして販売されていましたが、3代目から北米と同じ「スープラ」として販売されるようになりました。

国内では、1993年に4代目となるモデルチェンジを行い、その時にスープラの人気が爆発しました。

2002年に販売は終了しましたが、いまだに人気の高い車の一つであり、熱いファンも多いです。

新型スープラはこんな車になる!?

スープラ イメージ図

BMW Z4

新型「スープラ」(仮称)はBMWとの共同開発で、新型『Z4』の兄弟車となります。

また、販売ルートとしてはモータースポーツ直系ブランド「GR」から販売される可能性が高いと言われています。

というのも「FT-1コンセプト」から継承されるグラマラスなエクステリア、3連LEDヘッドライト、86風テールライトなどが確認されているからです。

トヨタの、モータースポーツ事業などを担当する社内分社組織である「GAZOOレーシングカンパニー」が、9月19日に新スポーツカーブランド、「GRシリーズ」を立ち上げると発表しました。

これまで「G's」(G Sports)として販売してきたスポーツコンバージョン車を、GRシリーズに一新して車種を拡充し、バリエーションも広げます。

“究極のスポーツモデル”を追求した「GRMN」を頂点として、量産型スポーツモデルの「GR」、多彩なカテゴリーのモデルに展開する「GRスポーツ」の3つのシリーズに。

また、ノーマル車ユーザー向けのアフターパーツ「GRパーツ」も順次投入していくそうです。

パワートレインは200ps程度を発揮する2リットル直列4気筒?

新型スープラのパワートレインは、200ps程度を発揮する2リットル直列4気筒ターボエンジン、および340ps程度を発揮する3リットル直列6気筒ターボあたりのラインアップが見込まれます。

さらにハイブリッドモデルも1年遅れて登場の可能性が高いでしょう。

但し、マニュアルミッション設定の有無など不確定情報も多数あり、パワーユニットに関しても断言出来ない所です。

新型スープラは、2018年内にオーストリアのマグナシュタイアで生産され、逆輸入の形で日本で販売されることになりそうです。

【最後に】スープラ(2000GT)の発売が待ち遠しい!!!

本記事では、スープラの最前線情報をお届けいたしました。

スープラは改称するのか?2000GTになるのか?スープラのままで発売されるのか?
まだまだ謎はたくさんありますが、今後の続報に期待したいですね。

(2017年初公開かと言われていますが、2017年もあと残りわずかなのでトヨタさん何とかお願いします…!)

また、スープラはもちろんのこと、今後発売が期待される新型車も気になりますよね!そんな方はぜひ、下記記事もあわせてご覧ください!

関連する投稿


西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

損害車買取台数で業界シェアNo.1の株式会社タウが、西日本を中心とした記録的な大雨により被災した地域の復旧活動に貢献すべく、新たに「被災地復旧支援チーム」を発足、今回の水害で発生した被災車両の引き取り、保管、買い取りに対応すべく支援チームが対応、被災車両1台の買い取りにつき1,000円を寄付するそうです。


【速報】トヨタ スープラ新型市販型を激写!プロトタイプも公開

【速報】トヨタ スープラ新型市販型を激写!プロトタイプも公開

トヨタ『スープラ』市販型の最終デザインを予想するレンダリングCGをスクープ班が入手しました。これによると、間もなく開幕する「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」で公開を予定していますが、最終生産型ではないプロトタイプの可能性が高いと見られています。


【復活】トヨタ スープラ 新型!復活の日は近い?最新情報

【復活】トヨタ スープラ 新型!復活の日は近い?最新情報

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは7月5日、英国で7月12日に開幕する「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」において、『スープラ』(Toyota Supra)が復活すると発表しました。


トヨタ 86 スポーツカーシリーズ「GR」エントリーモデルを新設定!

トヨタ 86 スポーツカーシリーズ「GR」エントリーモデルを新設定!

トヨタ自動車は、FRスポーツカー『86』に、昨秋発表したスポーツカーシリーズ「GR」のエントリーモデル「GRスポーツ」を新設定し、7月2日より販売を開始しています。GRエントリーモデルとはいったいどんなモデルになっているのでしょうか。


新型クラウンをモデリスタで更にスタイリッシュに!エアロの価格や詳細は?

新型クラウンをモデリスタで更にスタイリッシュに!エアロの価格や詳細は?

6月26日(火)にトヨタのプレミアムセダン15代目新型クラウンが発売されました。14代目の3仕様から今回はスポーティなデザインの1種類に統合されて購買層の若返りを図っています。そんな新型クラウンにモデリスタのクールなエアロが発売されました。新型クラウンを更にスタイリッシュに仕上げるモデリスタバージョンを紹介します。


最新の投稿


画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

DMMが6月5日に車査定アプリ、「DMM AUTO」をiOS版にて、7月20日にAndoroid版をダウンロードしました。本記事ではたった3枚の写真と質問項目に答えるだけで、すぐにマイカーの査定が完了する「DMM AUTO」についてご紹介します。


BMW M235iクーペ スペック  車種情報 試乗評価 中古価格は?

BMW M235iクーペ スペック 車種情報 試乗評価 中古価格は?

あなたはBMW M235iを知っていますか。1シリーズクーペの後継車種として、2013年にドイツで販売が開始され、2016年にM240iがデビューするまで生産された(日本では2014年より発売)、BMWの2ドアスポーツクーペです。M235iはその高性能モデルになります。本記事では改めてM235iについて見ていきます。


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。