トップへ戻る

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


痛車ってなに?

痛車・痛バイクオーナーの皆様には申し訳ありませんが、馴染みのない方のために「痛車」とはなにか、簡単にご紹介させて頂きます。

見ていて痛々しい車(恥ずかしい?車)を自虐して呼ぶのが「痛車」のようですが、主に漫画やアニメなどのキャラクターを車体に堂々と表現した車のことを言います。

見ていて痛々しい装飾が施された乗り物はなんでもこのジャンルに入ってくるようですね。

また、下記の記事では軽自動車やジープと並んで、「彼氏に乗ってきてほしくない車」に挙げられています。

しかし、革新的なものほど最初は理解されないのが世の常。

最近では、痛車・痛バイク展示イベントが日本各地で行われるようになり、痛車が主役の「茂原 de 痛車。」といったレーシングイベントまで開催されるようにまで至っています。

むしろ、追いついていないのは世間なのかもしれませんね。

今回はこの痛車・痛バイクが一挙に集まる、オーナーの皆さんにとっては夢のようなイベントをご紹介します。

100台以上の痛車・痛バイクを一斉に川崎大師で交通安全祈願!

イベントの趣旨は、
皆さん自慢の痛車・痛バイクに川崎大師で交通安全祈願を行うというもの。

本イベントは100台以上の痛車・痛バイクがなんと同時に交通安全祈願をしてもらえるそうなんです。

2018年2月25日(日)川崎大師に100台以上の痛車・痛バイクが集まる光景はまさに圧巻、年始の初詣よりもワクワクします。

先着100台まで参加費が無料、さらにお年玉イベントも

気になる今回のイベント参加費はこちら。

参加費  : 先着100台まで無料、101台目以降は1,500円
       (祈祷料5,000円は痛車オーナー実費負担)

公式サイトからのエントリーで100台までは参加費が無料。カープライスさん、なんとも太っ腹。

既に公式サイトには20台の先着申し込みがあり、この記事を書いている間にも先着100台の枠が埋まってしまうかもしれません。

※なお、交通安全祈願のご祈祷料:5000円は実費負担となるのでご注意下さい。

また詳細は未定ですが

20人に1人の高確率で、全国の痛車ラッピング屋さんで使える20,000円分の
クーポンが当たるお年玉企画も実施します

とのことで、
痛車・痛バイク好きの方にはまさに至れり尽くせりのイベントです。

【川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018】開催概要

詳細なイベントの開催概要はこちら

『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』

開催日時 : 2018年2月25日(日)10:00~16:00 ※予定
開催場所 : 川崎大師 自動車交通安全祈祷殿駐車場
       (神奈川県川崎市川崎区大師河原1-1-1)
開催内容 : 10:00 開場
       痛車・痛バイクの順次入場・展示
       12:30 一斉交通安全祈願
       痛車・痛バイクの展示、閉場までに順次退場
       16:00 閉場

参加方法 : 公式サイトよりエントリー
       複数台で参加される方は、台数分のエントリーをお願いします。
参加費  : 先着100台まで無料、101台目以降は1,500円
       (祈祷料5,000円は痛車オーナー実費負担)
公式サイト: https://campaign.carprice.co.jp/itasha2018/
特典   : 川崎大師より祈祷授与品が贈られます。
       (お札・交通安全お守り・身代守・ステッカー)

※20人に1人の高確率で、全国の痛車ラッピング屋さんで使える20,000円分の
クーポンが当たるお年玉企画も実施します。

「川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018」に参加して、愛する痛車・痛バイクと共に交通ルールを守って安全に走りましょう。

画像の美女が気になった方はこちらから・・・。

「痛車」に関連する記事はこちらから

関連する投稿


新車を買う前に必ず読んで!2021年発売が予想される新車たち

新車を買う前に必ず読んで!2021年発売が予想される新車たち

クルマって、いつ買えばいいんでしょうね。次々に新しいモデルが出て、迷ってしまいますね。そんなに頻繁に買い換える事ができないのがクルマ。出来るだけ後悔しないクルマ選びをしたいですよね。2021年に発売されるかもしれないクルマの情報を片っ端から集めてみました!


西日本豪雨による被災・水没車両の買取4000台超えのタウ|今後も強化

西日本豪雨による被災・水没車両の買取4000台超えのタウ|今後も強化

損害車買取シェアNo.1の「株式会社タウ」より、西日本豪雨による被災車両の買取台数が4000台を超えたとの発表がありました。今後も事態収束に向け、全国の提携レッカー業者と協力し、被災車両の引き取りを強化していくようです。詳細についてお届けします。


米ホンダがシビックやプレリュード、S2000に試乗できるMT車体験プログラムを開催!

米ホンダがシビックやプレリュード、S2000に試乗できるMT車体験プログラムを開催!

米国ホンダが、MT車の楽しさを体験してもらいたいと1980年代から2000年代初頭までに生まれたミレニアル世代向けに「シフトギア」プログラムというMT車を試乗できる講習会を開始しました。実際にどんな目的や内容なのか、用意された車種など、現在のマニュアルトランスミッション(MT)車の状況を含めて紹介します。


貴方は行ってきた?~お台場痛車天国2018~

貴方は行ってきた?~お台場痛車天国2018~

痛車好きの方。2018年も痛車イベントが多数開催されますが、ご予定の方はいかがですか?4月8日に開催されたお台場痛車天国2018でも、数多くの痛車が展示されていました。本日は、その模様をちょっぴりご紹介したいと思います。


過去5年で不正改造車が激減?東京オートサロン会場周辺の街頭検査

過去5年で不正改造車が激減?東京オートサロン会場周辺の街頭検査

毎年恒例の東京オートサロン会場周辺での特別街頭検査。2013年〜2018年までの過去5年間のデータを並べて掲載しています。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。