目次へ戻る

10台中の4台が日本車!アメリカ10ベストエンジン2018発表

10台中の4台が日本車!アメリカ10ベストエンジン2018発表

ベストジーニストやベストカー、ベストファーザーなど「ベスト〇〇」は数ありますが、車好きのみなさんは、優秀なエンジンを選ぶ「10ベストエンジン」なるものがあることをご存知でしょうか。もちろん日本車・国産車のエンジンもベスト10に入っていましたよ!!


「10ベストエンジン2018」が決定!!!

米国の『ワーズオートワールド』誌は12月14日、「10ベストエンジン2018」を発表しました。

結果は、10ベストエンジン史上初めて、10車種中、4車種を電動パワートレインが占めるという結果になりました。

10ベストエンジンは1995年から開催されており、今年が24回目。

「エンジンオスカー」と称されるように、エンジン性能に着目して優秀な10車種を選ぶ賞で、エンジンのエンターテインメント性や環境性能などに着目して、同誌の編集者が10エンジンを選出しています。

選考条件は、2018年3月まで米国市場で継続して販売されること。また、車両価格は6万3000ドル(約710万円)以下。よって、フェラーリやランボルギーニ、日産『GT-R』などのスーパーカーは除外されています。



【貴方はわかる?】スポーツカー&スーパーカーって何が違うの?

https://matome.response.jp/articles/1084

スーパーカー、スポーツカー。よく聞く言葉ですが、この単語の意味を簡潔に説明できますか?

【これがベストエンジンだ】10ベストエンジン2018

10ベストエンジンに選ばれたのは以下のエンジンでした!!

●シボレー・ボルトEVの電動パワートレイン

●クライスラー・パシフィカ・ハイブリッドの3.6リットルV6+モーター

●フォードF-150の2.7リットルV6ツインターボ

●フォード・マスタングGTの5.0リットルV8

●ホンダ・クラリティの燃料電池パワートレイン

●ホンダ・シビック・タイプRの2.0リットル直4ターボ

●インフィニティQ50の3.0リットルV6ターボ

●ジャガーXFの2.0リットル直4ターボ

●キア・スティンガーの3.3リットルV6ターボ

●トヨタ・カムリ・ハイブリッドの2.5リットル直4+モーター

シボレー ボルト EV

クライスラー、パシフィカ

フォード F-150

フォード マスタングGT 改良新型

クラリティ

シビックタイプR

インフィニティQ50

ジャガーXF

キア スティンガー

カムリ ハイブリッド

カムリハイブリッド、ホンダのシビックタイプRもランク入り

シビックタイプR

10ベストエンジン史上初めて、10車種中、4車種を電動パワートレインが占有。ハイブリッド車がトヨタ『カムリ・ハイブリッド』と、クライスラー『パシフィカ・ハイブリッド』、燃料電池車がホンダ『クラリティ』、EVがGMのシボレー『ボルトEV』。

その一方、10ベストエンジンの24年の歴史において初めて、ドイツ車がリストから外れました。

また、今回選出された高級車ブランドは、インフィニティとジャガーの2ブランドのみと少ない結果に。

『ワーズオートワールド』誌のドリュー・ウインター氏は、「高級車ブランドよりも、多くの顧客が購入する量販ブランドが多数を占めたことに興奮している。4つの電動パワートレイン車は、効率的であると同時に、ファン・トゥ・ドライブだ」と語っています。

最後に

本記事では、ベストエンジンについてご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。

ベストカーならぬ、ベストエンジンというものまであるなんて…。と驚いた人もいるのではないでしょうか。

エンジンもこだわりだすと奥が深く、人によってはそこまで考えていない、エンジンまで考えるのは面倒といった人もいるかもしれませんが、こういった10ベストエンジンなどを参考にすると、エンジン性能もお墨付きな車種が一目瞭然ですね。

関連する投稿


2017年12月のSUV販売台数ランキングTOP20!10位に「クロスビー」が!

2017年12月のSUV販売台数ランキングTOP20!10位に「クロスビー」が!

2017年12月の販売台数をSUVのみに限定し、自販連、全軽自協、自動車産業ポータルMarkLinesのデータを元にランキング化し上位20位までを掲載しています。


販売台数からみる2017年の自動車業界【軽自動車編】

販売台数からみる2017年の自動車業界【軽自動車編】

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が11日に発表した、2017年12月の販売台数ランキングは、「プリウス」に大差をつけた「N-BOX」がトップ。同時に発表された2017年の累計でも「N-BOX」がトップとなりました。今回は、軽自動車のベスト10と、それ以外の気になる車種にもスポットを当ててみます。


販売台数からみる2017年の自動車業界【登録乗用車編】

販売台数からみる2017年の自動車業界【登録乗用車編】

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が11日に発表した、2017年12月および2017年の車名別販売台数は、トップがホンダの「N-BOX」で、2位のトヨタ「プリウス」に大差をつけたものでした。そこで、その詳細と、ベスト10以外の気になる車種にもスポットを当ててみたいと思います。まずは【登録乗用車編】からです


新成人のカーライフ意識調査2018 新成人が欲しい車はズバリこの車!

新成人のカーライフ意識調査2018 新成人が欲しい車はズバリこの車!

ソニー損害保険株式会社は、2017年に、今年の新成人(1997年4月2日〜1998年4月1日生まれ)に対して、新成人のカーライフ意識調査をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効回答を得ました。気になる結果はいったい?新成人が購入したい車とは一体どんな車なのでしょうか?


絶版スポーツカー売れ筋ランキング!気になる1位はマツダのあの名車!

絶版スポーツカー売れ筋ランキング!気になる1位はマツダのあの名車!

絶版の車にこそ、欲しい車があったりするこの現象はいったい何なのでしょうか。そんな中、気になるランキングIDOMが運営するスポーツカー専門店「GT-ガレージ@ガリバー」より発表されました。その名も「絶版スポーツカー売れ筋ランキング」気になるランキングを見ていきましょう!


最新の投稿


東京オートサロン&大阪オートメッセ出展。おしゃれなリノベランクル

東京オートサロン&大阪オートメッセ出展。おしゃれなリノベランクル

カーリノベーションサービス「Renoca(リノカ)」とファッションブランド「Ungrid(アングリッド)」が共同プロデュースしたリノベーションカーを発表しました。女性らしい柔らかさと力強さのあるランドクルーザーが、東京オートサロン2018と大阪オートメッセに出展します。


BMW i8クーペ 改良新型! 最新コネクト採用!最新情報

BMW i8クーペ 改良新型! 最新コネクト採用!最新情報

BMWグループは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、改良新型『i8クーペ』に、最新のコネクティビティを採用すると発表しています。最新情報&改めてBMW i8のスペック・価格・基本情報・燃費・試乗感想・評価についてまとめています。


【デトロイトモーターショー2018】ワールドプレミア多数!最新情報【開幕中】

【デトロイトモーターショー2018】ワールドプレミア多数!最新情報【開幕中】

2018年1月15日から開催されるデトロイトモーターショー。このモーターショーにおいて、すでに多くのメーカーが、新型車のワールドプレミアを予定しています。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報・また出展された新型車の写真をまとめています。【1月19日更新】


【初公開】ホンダ インサイト 新型、米国燃費は21.2km/リットル以上!

【初公開】ホンダ インサイト 新型、米国燃費は21.2km/リットル以上!

デトロイトモーターショー2018にて、ホンダのインサイト新型が発表されました。米国燃費は21.2km/リットル以上とのこと。インサイトの最新情報をお届けいたします。【1月17日更新】


メルセデスベンツ Eクラス カブリオレ新型 1月19日より注文受付開始!

メルセデスベンツ Eクラス カブリオレ新型 1月19日より注文受付開始!

メルセデス・ベンツ日本は1月19日より、新型『Eクラス・カブリオレ』を発表し、注文受付を開始しました。納車は3月頃を予定しています。本記事ではEクラス・カブリオレ新型について、価格・エクステリア・インテリア画像・進化した安全技術についても見ていきます。