目次へ戻る

10台中の4台が日本車!アメリカ10ベストエンジン2018発表

10台中の4台が日本車!アメリカ10ベストエンジン2018発表

ベストジーニストやベストカー、ベストファーザーなど「ベスト〇〇」は数ありますが、車好きのみなさんは、優秀なエンジンを選ぶ「10ベストエンジン」なるものがあることをご存知でしょうか。もちろん日本車・国産車のエンジンもベスト10に入っていましたよ!!


「10ベストエンジン2018」が決定!!!

米国の『ワーズオートワールド』誌は12月14日、「10ベストエンジン2018」を発表しました。

結果は、10ベストエンジン史上初めて、10車種中、4車種を電動パワートレインが占めるという結果になりました。

10ベストエンジンは1995年から開催されており、今年が24回目。

「エンジンオスカー」と称されるように、エンジン性能に着目して優秀な10車種を選ぶ賞で、エンジンのエンターテインメント性や環境性能などに着目して、同誌の編集者が10エンジンを選出しています。

選考条件は、2018年3月まで米国市場で継続して販売されること。また、車両価格は6万3000ドル(約710万円)以下。よって、フェラーリやランボルギーニ、日産『GT-R』などのスーパーカーは除外されています。



【貴方はわかる?】スポーツカー&スーパーカーって何が違うの?

https://matome.response.jp/articles/1084

スーパーカー、スポーツカー。よく聞く言葉ですが、この単語の意味を簡潔に説明できますか?

【これがベストエンジンだ】10ベストエンジン2018

10ベストエンジンに選ばれたのは以下のエンジンでした!!

●シボレー・ボルトEVの電動パワートレイン

●クライスラー・パシフィカ・ハイブリッドの3.6リットルV6+モーター

●フォードF-150の2.7リットルV6ツインターボ

●フォード・マスタングGTの5.0リットルV8

●ホンダ・クラリティの燃料電池パワートレイン

●ホンダ・シビック・タイプRの2.0リットル直4ターボ

●インフィニティQ50の3.0リットルV6ターボ

●ジャガーXFの2.0リットル直4ターボ

●キア・スティンガーの3.3リットルV6ターボ

●トヨタ・カムリ・ハイブリッドの2.5リットル直4+モーター

シボレー ボルト EV

クライスラー、パシフィカ

フォード F-150

フォード マスタングGT 改良新型

クラリティ

シビックタイプR

インフィニティQ50

ジャガーXF

キア スティンガー

カムリ ハイブリッド

カムリハイブリッド、ホンダのシビックタイプRもランク入り

シビックタイプR

10ベストエンジン史上初めて、10車種中、4車種を電動パワートレインが占有。ハイブリッド車がトヨタ『カムリ・ハイブリッド』と、クライスラー『パシフィカ・ハイブリッド』、燃料電池車がホンダ『クラリティ』、EVがGMのシボレー『ボルトEV』。

その一方、10ベストエンジンの24年の歴史において初めて、ドイツ車がリストから外れました。

また、今回選出された高級車ブランドは、インフィニティとジャガーの2ブランドのみと少ない結果に。

『ワーズオートワールド』誌のドリュー・ウインター氏は、「高級車ブランドよりも、多くの顧客が購入する量販ブランドが多数を占めたことに興奮している。4つの電動パワートレイン車は、効率的であると同時に、ファン・トゥ・ドライブだ」と語っています。

最後に

本記事では、ベストエンジンについてご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。

ベストカーならぬ、ベストエンジンというものまであるなんて…。と驚いた人もいるのではないでしょうか。

エンジンもこだわりだすと奥が深く、人によってはそこまで考えていない、エンジンまで考えるのは面倒といった人もいるかもしれませんが、こういった10ベストエンジンなどを参考にすると、エンジン性能もお墨付きな車種が一目瞭然ですね。

関連する投稿


【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している月別統計データをもとに、2019年上半期(1月から6月)のミニバン販売台数トップ9を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきます!


【2019年度上半期新車販売】「N-BOX」自己新記録で3年連続トップもホンダは素直に喜べない?

【2019年度上半期新車販売】「N-BOX」自己新記録で3年連続トップもホンダは素直に喜べない?

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した、9月および2019年度上半期(4~9月)の車名別新車販売台数によると、ホンダ N-BOXが9月度は25か月連続、上半期でも自己新記録で3年連続トップとのこと。 9月は東京モーターショー直前だけに通常の月よりも、より意義のあるランキングとなりそうです。 しかし、発売以来好調な滑り出しを見せた新型N-WGNが生産停止という、ホンダにとって深刻な事態が発生し、思わぬ展開になっているとか…?


【2019年最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

【2019年最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。SUVが気になる方はぜひ本記事をご覧ください。


本当に燃費の良い、おすすめの軽自動車ランキングTOP10

本当に燃費の良い、おすすめの軽自動車ランキングTOP10

様々な機能の発達によりどんどん性能が良くなっている軽自動車ですが、中でも一番の特徴は燃費の良さです。どの車も普通車に比べると燃費の良いものばかりですが、軽自動車の中で本当に燃費の良いのは一体どの車種なのか、TOP10をわかりやすくランキング形式でお届けしたいと思います。


【大丸東京店調べ】スイーツだけじゃない! 大丸東京店 江戸の味手土産ランキング

【大丸東京店調べ】スイーツだけじゃない! 大丸東京店 江戸の味手土産ランキング

東京駅に隣接する大丸東京店の食品フロアは帰省シーズン、お土産を購入するお客さんでいっぱいです。数ある東京土産のなかでおしゃれなスイーツはもちろん人気ですが、江戸の老舗の味を詰合せたお土産も年代を問わずおすすめ!日持ちもし、帰省土産に最適ですよ。もらって嬉しい江戸の味を売上ランキングでご紹介します。 帰省のお供にどうですか?


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)