トップへ戻る

ホンダ インサイトが4年ぶり復活!!発売は米国市場2018年夏予定

ホンダ インサイトが4年ぶり復活!!発売は米国市場2018年夏予定

ホンダのセダン、インサイトが復活するという情報が入ってきました!ホンダの米国部門は12月19日、米国で2018年1月に開催されるデトロイトモーターショー2018にて、新型『インサイト』のプロトタイプを初公開するとのこと。4年ぶりの復活ということで期待が高まりますね。本記事ではホンダのインサイト最新情報をお届けします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホンダのセダン、インサイトが復活!!!

ホンダ インサイト

復活するのでは…という噂がまことしやかに流れていたホンダのインサイトが、ついに復活するという情報が入ってきました。

ホンダのセダン インサイト初公開は2018年1月か

インサイト プロトタイプ

ホンダの米国部門は12月19日、米国で2018年1月に開催されるデトロイトモーターショー2018において、新型『インサイト』のプロトタイプを初公開すると発表しました。

初代インサイトは1999年、米国市場に導入されました。

実は、初代トヨタ『プリウス』よりも、米国ではインサイトが先に投入されたため、初代インサイトが米国初の市販ハイブリッド車となりました。

2ドアの軽量ボディに、ホンダの「IMA」ハイブリッドシステムを搭載していた初代インサイトは、米EPA(環境保護局)の高速燃費で、およそ30km/Lの低燃費を誇っていました。

新型インサイトは3代目 発売は2018年夏ごろ予定

2代目インサイトは2009年、初代とは一転、実用的な5ドア、5名乗りボディで登場。IMAハイブリッドシステムを進化させて搭載。米国市場では、最も価格の安いハイブリッド車として支持を集めました。

しかし、2014年3月をもって、生産を終了しています。

デトロイトモーターショー2018で初公開される新型インサイトのプロトタイプは、3世代目モデル。インサイトの名前が、およそ4年ぶりに復活を果たすこととなります。

ホンダの乗用車ラインナップでは、『シビック』の上に位置する5名乗りのセダンとなります。

ハイブリッドシステムに関しては、最新世代のホンダの2モーターハイブリッドシステムを採用します。

ホンダのインディアナ工場で生産され、2018年夏、米国市場で発売される予定です。

ホンダの新型シビックセダン 最新情報 価格・スペック・燃費・試乗評価

https://matome.response.jp/articles/1072

ホンダのシビック、セダンが復活しました。本記事ではシビックセダンの最新情報をお届けします。

【大予想】 インサイト 価格はどのくらいになる?

それでは、気になるインサイトの価格どれくらいの値段になるのでしょうか。

ホンダのシビックセダンを参考に考えてみたいと思います。

 
【参考:ホンダ シビック 新車価格】 
セダンハッチバックタイプR
265万320円280万440円450万360円

シビックより上にくるセダンですので、おそらくシビックセダンの価格、265万円以上になると予測ができます。約300万円~が妥当なのではないでしょうか。

【大予想2】インサイトは日本発売される?

そして、気になるのが日本発売はされるのか、という点ですね。

今の段階では、インサイトが米国にて2018年夏に発売予定ということしか発表されていません。

ホンダには、他にグレイスやアコード、レジェンドといったセダンがラインアップされていますが、
レジェンドは高級車であり、アコードもアッパーミドルクラスですので、アコードとシビックセダンの中間に位置してくるであろうインサイトは、日本でも需要があるのではないでしょうか。

シビックが日本で復活したことも考慮すると、日本でも発売されるのでは、と期待してしまいますね。続報を待ちましょう。

最後に

本記事では、新型インサイトの最新情報をお届けしました。

新型インサイトはどれだけの低燃費を実現するのか、HVカーのプリウスに待ったをかけられるのか。楽しみですね。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

家族が増えて、車の買い替えをお考えの方に、おすすめの一台としてホンダのN-BOXがあります。軽自動車でも安心して乗れる車で、ホンダの提案するN-BOXの安全設計であるタフネスボディは、軽自動車に普通乗用車並みの全方位衝突安全性能を搭載しました。このN-BOXで安心してご家族と自動車ライフを楽しむという提案をします。


トヨタの北米戦略車「アバロン」ってどんな車?日本でも購入は可能?

トヨタの北米戦略車「アバロン」ってどんな車?日本でも購入は可能?

トヨタが北米を中心に販売している高級セダン「アバロン」。2021年モデルがアナウンスされました。今回はこのアバロンについてどんな車なのかをご紹介していきます。


【実はコスパが良い?!】マツダ3 セダンの魅力やライバル車との比較!

【実はコスパが良い?!】マツダ3 セダンの魅力やライバル車との比較!

コンパクトなセダンが欲しい、そうお思いのあなた!マツダ3がおすすめです!ライバルのカローラとも比較して見ていきましょう。


ホンダeは乗りやすいの?スペックやEVのメリット・デメリットを紹介!

ホンダeは乗りやすいの?スペックやEVのメリット・デメリットを紹介!

ホンダeは新型のEVです。しかし、EVに乗ったことのない人は、本当に乗りやすいのか不安に感じることでしょう。そこで今回は、ホンダeの特徴やEVのメリット・デメリット、実際に使いやすいのかについてご紹介します。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。