目次へ戻る

ホンダ N-ONEはマイナーチェンジでどこを目指すのか?

ホンダ N-ONEはマイナーチェンジでどこを目指すのか?

12月21日、ホンダの軽トールワゴン「N-ONE」がマイナーチェンジされ、同日に発売されました。同社のN-BOXの快進撃や、そのライバルであるスズキの「スペーシア」のフルモデルチェンジに比べて、あまりにも静かなデビューで、ニュースもごくわずか。このホンダの異端児「N-ONE」はいったいどこを目指したのでしょうか?


N-ONEってどんなクルマだっけ?

2012年12月に発売されたN-ONEは、N-BOXから始まった、ホンダの軽自動車シリーズ「Nシリーズ」の第3弾(第二弾はN-BOX+)。

全高が1550mmを越えるため、スズキのワゴンRやダイハツのムーヴと同じく、トールワゴンとされますが、のちに発売されるN-WGNとは異なり、個性や先進性を表現したハッチバックとされます。

N-ONEの現状

N-BOXの勢いを受けて登場したN-ONEは、かつての名車「N360」を思わせノスタルジックなデザインが話題となり、他社ライバルと明確な差別化がなされましたが、逆にライバルに近いコンセプトで個性に乏しいとされたN-WGNの方がユーザーに受け入れられ、販売は低迷。

11月度のN-ONEの販売台数は1,320台と、自社生産車としては軽自動車で最低、これ以下はOEM車しかなく、月によってはトヨタのピクシスにも抜かされるほど。

その結果、発売当初の販売目標台数1万台/月に対し今回のマイナーチェンジでの同台数はわずか1200台/月にすぎません。

なぜ低迷してしまったのだろうか?

N-WGN

軽自動車は個性がなく、どれもみな同じに見えると言われることがあります。

しかし、ユーザーが軽自動車に求める要望を各メーカーが真摯に受け止め、経済性や使い勝手を競い合った結果、行きつくゴールが同じになったからなのです。

したがって、個性を求めたN-ONEは、多くのユーザーにとって望む車種ではなくなってしまったのですが、実は、N-ONE同様に個性を求めた結果、失速した車種が他にもありました。ダイハツのウェイクとキャストです。

マイナーチェンジでN-ONEはどうしたのか?

その答えがマイナ-チェンジされたN-ONEの姿です。つまり、販売台数で多くを求めず、コアなファンに向け、個性をさらに尖らせること。つまり開き直りともとれる姿勢です。

新しいN-ONEには、世界観・デザインが異なる4つのタイプを設定。これまでのグレードの違いよりも、さらにライフスタイルやニーズに合わせて、さらに個性を追求しており、まるで別の車種のような違いがあります。

これと似たような方法に、N-BOX SLASHの個性的な6種のインテリアがあり、N-BOXの中でも人気があり旧モデルの後半ではシリーズをけん引していました。マイナーチェンジされたN-ONEが目指したのはこのN-BOX SLASHなのかもしれません。

<Standard>

シンプルながら機能的。インテリアは見やすさと使いやすさにこだわり、すっきりと端正に仕上あげています。

<Select>

こだわりを感じさせる上品な佇まい。ブラウンとクロームメッキで仕上げたエクステリアと、ブラウンに統一したインテリアは、上品さとぬくもりを表現しています。

<Premium>

洗練された上質さと重厚感を表現。随所にあしらった加飾と黒に統一されたインテリアで上質に仕上げられています。

<RS>

精悍かつスポーティー。走りのポテンシャルを感じさせる流麗なフォルムに、アクセントとして赤を取り入れたスポーティーなインテリアで、操る喜びを表現しています。

問題点もあった

しかし、この新しく魅力あるN-ONEは、安全装備に問題があります。低速自動ブレーキ(対車両)とペダル踏み間違い時加速抑制装置が条件の、「サポカーSベーシック」にしか該当しないのはいただけない。日とも鹿子前なら通用しても、現在では見劣りします。せっかくのマイナーチェンジなのですから、「Honda SENSING」が設定されるべきでした。

まとめ

はっきり言って、売れるかどうかわかりませんが、かなりいいです。背の高いN-BOXよりも、小さなお子さんがいなければ、このN-ONEは絶対にいい。その質感の高さや、飽きのこない普遍的なデザインもいい。機能を追求しすぎておもちゃっぽくなった他車にはない、落ち着いたインテリアもいい。

若い人にとっても、いくら走りがよくてもチープさが鼻につくアルトよりも絶対いい。ローダウンなんて他にはないのですから。N-ONEにもっと日が当たるようになるともっと軽自動車が面白くなるのに。

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【10月22日更新】


【2018年版】120万円出せば購入できる!!!オススメの新車まとめ

【2018年版】120万円出せば購入できる!!!オススメの新車まとめ

できるだけ安くで、でも良い新車を買いたい!絶対妥協はイヤ!という人に読んでいただきたい第2弾。本記事では120万円出せば購入できるオススメの新車をまとめています。


【最新版】2019年以降発売が予測されるホンダの新型車&モデルチェンジ情報

【最新版】2019年以降発売が予測されるホンダの新型車&モデルチェンジ情報

2019年以降に発売が予測・期待されているホンダの新型車&新車&モデルチェンジ情報をまとめています。アーバンEVやS2000の後継車他、あなたの気になるホンダ車はあるでしょうか。ホンダ車が好きな方、必見です!


ホンダが新型「CR-V」の受注状況を発表!販売台数、人気グレードやボディカラーの内訳は?

ホンダが新型「CR-V」の受注状況を発表!販売台数、人気グレードやボディカラーの内訳は?

ホンダが新型「CR-V」の受注状況を発表しました。販売台数、人気グレードやボディカラーの内訳などをじっくり見ていきましょう。


ホンダの新型インサイト最新情報!気になる燃費と価格、日本発売は?

ホンダの新型インサイト最新情報!気になる燃費と価格、日本発売は?

ホンダの米国部門、アメリカンホンダは6月19日、新型『インサイト』の燃費と価格を発表しました。米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地モードで23.4km/リットル。ベース価格は2万2830ドル(約252万円)です。


最新の投稿


【続々登場】カッコイイ!プレミアムな最先端EVカーまとめ 発売日・価格ほか

【続々登場】カッコイイ!プレミアムな最先端EVカーまとめ 発売日・価格ほか

EVはデザインがいまいち!?いえいえそれはもう過去のお話です。各メーカーが、続々とカッコイイ・プレミアムなEVカーを発表・発売しています。本記事ではそんな最新のプレミアムなEVカーをまとめました。価格は?日本発売日は?スペックは?


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【10月22日更新】


【F1】第18戦 アメリカGP フェラーリのライコネンが5年ぶりの優勝!

【F1】第18戦 アメリカGP フェラーリのライコネンが5年ぶりの優勝!

F1アメリカGPの決勝レースが21日、テキサス州のサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われました。結果は、キミ・ライコネン(フェラーリ)が2013年の開幕戦以来5年ぶりの優勝を飾ることになりました。


【東京オートサロン2019】開催は1月11日~13日!【先取り】

【東京オートサロン2019】開催は1月11日~13日!【先取り】

カスタムトレンドをけん引している東京オートサロン。東京オートサロン2019が1月11日~13日、幕張メッセにて開催されます。2019年のオートサロンはどんな内容になるのでしょうか。オートサロンを先取りです。


助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

法律でも決まっているチャイルドシートの着用ですが、自分の目の届く場所にいて欲しいという思いから助手席にチャイルドシートの設置を検討している親御さんも少なくないと思います。本記事では、助手席にチャイルドシートを乗せる危険性と助手席にチャイルドシートを載せる場合の取り付け方や注意点をまとめてご紹介していきます。