目次へ戻る

三菱の新型SUV[エクリプスクロス]が期待される理由とは。

三菱の新型SUV[エクリプスクロス]が期待される理由とは。

三菱自動車は2018年3月に発売予定の小型スポーツ多目的車(SUV)「エクリプスクロス」の予約注文の受け付けを12月22日に開始しました。天文現象である「日食」を意味する英語「ECLIPSE」を車名にするこの車が、メーカーそして専門家にも期待させる理由はなんなのでしょうか。


エクリプスクロスとは?

「エクリプスクロス」は、三菱の新たな方向性を斬新なクーペタイプのデザインで表現した新世代SUV。今年のジュネーブモーターショーで初公開され、すでに欧州では受注を開始しているが、右ハンドル・日本仕様は東京モーターショーで初公開されていたので、すでにご覧になったかもおられるでしょう。


さらに、特別サイトも公開されており、そのエクステリアデザインも確認できます。さらに、2018年1月9日から、サイト上で、ユーザーの質問に開発車や自動車ジャーナリストらが回答し、同車の魅力を伝えるイベントを開催する予定となっており、同社の力の入れ具合がわかるモデルであることがわかります。なぜこんなに力が入るのか?

大人の事情、最後の100%三菱車種だから

三菱自動車にとって「エクリプスクロス」は、これまでのモデルと異なる車種です。それは、ルノー日産連合の傘下に入ったことで、単独での車両開発はほぼ不可能。これからは、プラットフォームやエンジンなどが共通化されることになるので、三菱自動車が独自に開発する最後の車種となるからです。ですから、真の意味での三菱らしさを詰め込んだ車種はこのエクリプスクロスが最後なのです。

とにかく出来のいいSUVだから

そんな事情を抜きにしても、すでに試乗を行ったジャーナリストの評価も好評で、三菱の強みである4WD技術を詰め込んだ車種であるとしています。

シャープで軽快な操縦性は、SUVからイメージする重さや鈍さを感じさせず、1.5Lの直噴エンジンは、軽々とクルマを加速してくれると、その走行性能は絶賛されています。「S-AWC」(車両運動統合制御システム)+ 高剛性ボディの組み合わせがなせる業でしょう。

「RVR」と「アウトランダー」の中間に位置するサイズの「エクリプスクロス」は、1.5L ダウンサイジング直噴ターボエンジンを搭載し、電子制御4WDを標準装備するSUV。今はやりの2WDを主体とする、都市型のオシャレなクロスオーバーSUVではなく、悪路も苦にしない4WDを装備する三菱製の純然たるSUVなのです。

とはいえ、「エクリプスクロス」はオンロード重視で、走行モードもドライ、オート、スノーモードまでで、そこは今風だ。それでいて悪路走行もこなすのが三菱流なのです。

エクリプスクロスとアウトランダーのサイズの差

アウトランダー

(エクリプスクロス)
全長×全幅×全高(mm) :4,405/1,805/1,685
(アウトランダー)
全長×全幅×全高(mm):4,695/1,810/1,710
(両車共通)
ホイールベース(mm):2,670

流行りを押さえていてもなお、三菱らしさが色濃く残るデザインだから

エクリプスクロスのエクステリアは、三菱のデザインアイデンティティ「ダイナミックシールド」を採り入れ、洗練されたデザインと、力強さを併せ持つクーペSUVとしてはいるものの、トヨタのC-HRやマツダのCX-3などと比べると、どうも野暮ったさが残ります。また、記載はされていませんが、RVR同様のロードクリアランスも保っているようです。

また、コックピットではスマートフォン連携ディスプレイオーディオとコネクトでき、手元で操作可能なタッチパッドコントローラー、視線移動を抑えたヘッドアップディスプレイからリアルタイムに情報を受けとることもできるという洒落たこともできます。

まとめ

消費税込みの価格が約260万円からというのも、ライバルとガチンコ勝負となりそうで、派手なデザインがそろそろ飽きられ始めているC-HRを食うようなら、「エクリプスクロス」は大化けする可能性さえあります。

それだけでも外野としては応援したくなるのも事実。「エクリプスクロス」はその名の通り、皆既日食の時に現れるダイヤモンドリングのように、輝くことが出来るでしょうか。

関連する投稿


三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)が軽自動車から登録車へ変更された理由は?

三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)が軽自動車から登録車へ変更された理由は?

三菱の電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』が一部改良されて発売されました。 驚いたのが軽自動車から小型車(登録車)へ変更されて発売されたことです。何故、税金面でも不利になる登録車へわざわざ変更されたのでしょうか?不思議に感じたので調べてみました。


トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年春に日本復活すると公式サイトより発表がありました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。【4月18日更新】


【2018年最新版】オープンカーなSUVまとめ

【2018年最新版】オープンカーなSUVまとめ

オープンカー、と聞くと、スポーツカーをベースにしたスポーティーな車、というイメージが強いかもしれません。しかし、近年はあの人気なSUVタイプに、オープンモデルが設定されている車がじわじわと発表・発売されていることを知っていましたか?本記事ではそんな『SUV×オープンカー』という車をまとめてみました。随時更新いたします!


【北京モーターショー2018】中国初公開!三菱e-エボリューション コンセプト他

【北京モーターショー2018】中国初公開!三菱e-エボリューション コンセプト他

三菱自動車は、4月25日(一般公開は29日から)から5月4日まで開催される北京モーターショー2018にて、コンセプトカー『ミツビシ e-エボリューション コンセプト』および新型コンパクトSUV『エクリプス クロス』を中国初公開予定です。最新情報をお届けいたします。


ランドローバーレンジローバー イヴォーク新型は2018年秋公開!

ランドローバーレンジローバー イヴォーク新型は2018年秋公開!

レンジローバーのエントリー・クロスオーバーSUV『イヴォーク』の次期型プロトタイプが、ニュルブルクリンク北コースで高速テストを開始しました。新型イヴォークは3ドアが廃止された模様です。また発表は2018年秋ごろとのこと。本記事では、クロスオーバーSUV・イヴォークについて改めて見ていきたいと思います。


最新の投稿


三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)が軽自動車から登録車へ変更された理由は?

三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)が軽自動車から登録車へ変更された理由は?

三菱の電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』が一部改良されて発売されました。 驚いたのが軽自動車から小型車(登録車)へ変更されて発売されたことです。何故、税金面でも不利になる登録車へわざわざ変更されたのでしょうか?不思議に感じたので調べてみました。


これはカワイイ!ホンダN-BOX純正アクセサリーにバーバパパ登場!

これはカワイイ!ホンダN-BOX純正アクセサリーにバーバパパ登場!

ホンダアクセスは、主に女性ドライバーに向けてトータルコーディネートを提案するコレクションの第5弾「バーバパパ コレクション」を5月31日より全国のホンダカーズから発売すると発表しました。画像を見てしまったら、バーバパパコレクションを思わず大人買いしてしまうかも!?


【知っておきたい】ガソリンの種類。レギュラーとハイオク、軽油の違いは?

【知っておきたい】ガソリンの種類。レギュラーとハイオク、軽油の違いは?

本記事では車の燃料であるガソリン種類、レギュラー・ハイオク、ディーゼル車の燃料である軽油の違いについてを説明しています。合わせてガソリン車に軽油を入れてしまう、ディーゼル車にガソリンを入れてしまうなど、指定されている燃料以外の燃料を入れてしまった場合、どうなるのかについても紹介しています。


日産 セレナe-POWERを買うべき5つの理由

日産 セレナe-POWERを買うべき5つの理由

セレナe-POWERの人気が沸騰中です。販売台数において、ミニバントップの座を死守し続けるセレナは、e-POWERを投入してからは、さらに独走状態に入っています。そこで、今なぜセレナe-POWERを買うのか?その理由を5つにまとめてみました。これを読めば貴方もセレナe-POWERを買いたくなるでしょう!


【速報】あのNシリーズに新モデル!ホンダの軽バン N-VAN新型2018年夏登場!

【速報】あのNシリーズに新モデル!ホンダの軽バン N-VAN新型2018年夏登場!

ホンダが、今夏に発表を予定している軽バン「N-VAN(エヌ バン)」に関する情報を4月20日本日、Hondaホームページで先行公開されました。今わかっている最新情報をお届けいたします!!