目次へ戻る

今年こそ電気自動車(EV)を買うべきなのだろうか?

今年こそ電気自動車(EV)を買うべきなのだろうか?

日産自動車は1月8日、EVの『リーフ』が世界累計販売台数30万台を達成したことを発表しました。日本国内でも、街中で見かけても違和感がないくらい普及しており、いよいよ次期購入車に電気自動車(EV)が候補に入ってもおかしくない時代になったようです。では、今年こそ電気自動車(EV)を買うべきなのでしょうか?


EV のメリットとデメリット

初代 日産リーフ

初代リーフは2010年12月。以降、世界のマーケットに販売エリアを拡大し、世界累計販売30万台は、初代発売からおよそ7年で到達した記録となります。

2017年9月にフルモデルチェンジを行った新型リーフは、「プロパイロット」や「プロパイロットパーキング」、「e-Pedal」などのなどの技術を搭載。出力と航続離を向上させ、快適性や利便性を高めました。現在、電気自動車(EV)を購入しようとすると、実質的な選択肢はこの日産リーフのみ。つまり、EVを買うかどうかは、リーフを買うべきかどうかということになるのです。それでは、改めてEV のメリットとデメリットを考えてみましょう。

EV のメリットとデメリット

日産 新型リーフ

メリットとしては、発電にかかる環境への負荷を考えたとしても、内燃機関に比べて環境に優しいこと。モーターによるスムーズでトルクフルな動力性能、そして静粛性が、自動車に非常に適していることなどがあげられます。また、動力性能は飛躍的に向上し、高速道路においてガソリン車に遜色ないレベルまでになっています。

デメリットとしては、これまで EVの普及を妨げてきた、連続走行の可能な距離と、給電設備などのインフラの問題があります。

デメリットは解決したのか?

パーキングエリアの充電スポット

しかし、デメリットであるインフラは、ここ数年で高速道路のパーキングエリアなど、充電設備の設置が増えていますが、まだガソリンスタンドで気軽に行える状態ではなく、設置個数以上に、給油と比べてかかりすぎる充電時間が問題となっています。

さらに、新型リーフで400㎞になったとされる、満充電での走行距離も、実電費では280㎞ほどとされており、ガソリン車が、実燃費がカタログ燃費より悪くても「思ったほど伸びないな」という話が、 EVの場合は走行不能に陥る電欠の危険をはらむ事態になります。

まだまだ足りない走行可能距離

初代 日産リーフと充電スポット

つまり、インフラ整備がガソリンの給油ほどに気軽にできる状況ではなく、最近のオール電化マンションならEVの充電器もついてはいるものの、やはり自宅での充電が基本となるため、一戸建てに住んでいることが条件となり、途中で急速充電することが極力少なくするための走行可能距離が、まだ不十分であるということになります。

EV はどのような人に向いているのでしょうか?

日産 新型リーフ

まず、一軒家、EVの充電器が設置されたマンションに住んでいることが最低条件。

この時点でかなりの人が EVの購入に二の足を踏んでしまうでしょう。むろん、充電器設置の無い集合住宅に住んでいても、月極の駐車場を利用している人でも EVの購入は可能です。

しかし、毎日電力の残を気にして急速充電を行うことは、便利であるはずの乗用車にとってストレスになります。「クルマを使ったらちゃんと充電してから帰ってきてよ」なんて家人に言われたくありません。

リーフの場合はもし300㎞ぐらい走れるとしても、ギリギリまで乗るのは困難。200~250㎞が安全圏とすれば、日常の買い物などで使うなら問題はないでしょう。

自宅で夜間に充電すれば、朝には満充電状態でスタートでき、GSに一切よらずに済み、たまのロングドライブに行くときには、事前に立ち寄れる充電スポットを探しておけばOK。 EV生活を送れるでしょう。

実際に購入しようとしても価格という大きな壁がある

充電設備の設置費用は抜きにしても、車両本体の購入にかかる費用はどうでしょうか。

リーフの価格は約315万円。国のクリーンエネルギー補助金が40万円あるので、実質275万円が車両代金となりますが、車格的にはコンパクトカーですので、他の車種と比べて見ましょう。

トヨタアクアの実質的な量販グレード「S」は1,886,760円、日産ノートe-POWER「X」 では1,965,600円ですから、リーフは約80万円ほど高いという事になります。

エクストレイルやVWゴルフよりも高いコンパクトカー

VWゴルフ

この差は大きく、いくらガソリン代を使わなくて済むと言っても、購入費用がこれだけ違うと、EVを購入する条件がそろっている人も尻ごみしてしまうはず。ちなみに日産車で比較すると275万円の購入代金があれば、セレナやエクストレイルといった人気車種も購入可能です。VWゴルフも買えます。

したがって、経済性を考えたらリーフはおすすめできません。充電いらずのEV、ノートe-POWERが売れる理由はここにあるといってもいいでしょう。

リーフと他車の価格の比較

日産リーフ 3,150,000円~
日産エクストレイルハイブリッド 2,589,840円~
日産セレナ 2,435,400円~
VWゴルフ 2,539,000円~

まとめ

EVはまだ買えないというのが筆者個人の結論です。

それは、走行距離よりインフラよりも、販売価格が高すぎるからという基本的な問題です。何のためにEVを買うのか?と考えたときに、良いものは良いからと、買える人はどんどん買っていただくことは必要です。走行性能は間違いなく同クラスのガソリン車やハイブリッド車を上回っているのですから。

しかし、あくまでコストパフォーマンスを重視するのなら、ハイブリッド車まで。EVで元を取ろうと考えるのは難しい。強力なライバルが出現してさらにコストが下がるなどの劇的な要因が現れるまで、もう少し時間が必要となると考えます。

関連するキーワード


リーフ EV・電気自動車

関連する投稿


BMW元副社長創業の「BYTON」よりレベル4自動運転コンセプトが発表!

BMW元副社長創業の「BYTON」よりレベル4自動運転コンセプトが発表!

BMWグループ元副社長が創業した、中国の新興EVメーカー「BYTON」から自動運転レベル4のコンセプトカー「K-byteConcept」が発表されました。本記事では、BYTON社と、今回発表された「K-byteConcept」についてご紹介します。


EV祭りだ!北京モーターショー国産車編

EV祭りだ!北京モーターショー国産車編

5月4日まで開催される北京モーターショー2018において、世界最大の自動車市場である中国のEV政策に対応するために、世界中のメーカーが多くのEVやPHVを出展しています。そして日本のメーカーも同様に数々のモデルを投入しています。ではどんなモデルがあったのか見てみましょう。


三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)が軽自動車から登録車へ変更された理由は?

三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)が軽自動車から登録車へ変更された理由は?

三菱の電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』が一部改良されて発売されました。 驚いたのが軽自動車から小型車(登録車)へ変更されて発売されたことです。何故、税金面でも不利になる登録車へわざわざ変更されたのでしょうか?不思議に感じたので調べてみました。


EV、日産リーフを買うべき5つの理由

EV、日産リーフを買うべき5つの理由

日産のEV、「リーフ」が好調な売れ行きとなっています。3月の登録実績では前年比190.8%の2,997台という結果となり、登録乗用車のベスト30の常連になりつつあります。そこで、リーフを買うべき理由を5つにまとめてみました。今、EVの「リーフ」を買うべきか否か、貴方はどうしますか?


自販連のランキング表示が50位までとなったことで見えたものとは?

自販連のランキング表示が50位までとなったことで見えたものとは?

自販連と全軽自協は2018年2月の乗用車車名別販売台数と、軽四輪車通称名別新車販売速報を発表しました。特に今回から自販連のランキング表示が、これまでの30位までから、過去に遡って50位まで表示されるようになったのが特徴となります。そこから見えてくるのはどんなことなのでしょうか?


最新の投稿


画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

DMMが6月5日に車査定アプリ、「DMM AUTO」をiOS版にて、7月20日にAndoroid版をダウンロードしました。本記事ではたった3枚の写真と質問項目に答えるだけで、すぐにマイカーの査定が完了する「DMM AUTO」についてご紹介します。


BMW M235iクーペ スペック  車種情報 試乗評価 中古価格は?

BMW M235iクーペ スペック 車種情報 試乗評価 中古価格は?

あなたはBMW M235iを知っていますか。1シリーズクーペの後継車種として、2013年にドイツで販売が開始され、2016年にM240iがデビューするまで生産された(日本では2014年より発売)、BMWの2ドアスポーツクーペです。M235iはその高性能モデルになります。本記事では改めてM235iについて見ていきます。


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。