トップへ戻る

販売台数からみる2017年の自動車業界【登録乗用車編】

販売台数からみる2017年の自動車業界【登録乗用車編】

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が11日に発表した、2017年12月および2017年の車名別販売台数は、トップがホンダの「N-BOX」で、2位のトヨタ「プリウス」に大差をつけたものでした。そこで、その詳細と、ベスト10以外の気になる車種にもスポットを当ててみたいと思います。まずは【登録乗用車編】からです

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ車がトップ3を独占した2017年12月度

12月度第2位 トヨタアクア

第3位 トヨタヴォクシー


12月度ランキング

1位 プリウス 12,175台 (前年比95.3%)
2位 アクア 11,660台 (前年比101.8%)
3位 ヴォクシー 7,545台 (前年比106.3%)
4位 ノート 7,475台 (前年比60.3%)
5位 シエンタ 7,307台 (前年比75.8%)
6位 フィット 7,104台 (前年比114.2%)
7位 カローラ 6,715台 (前年比121.1%)
8位 ヴィッツ 6,619台 (前年比128.4%)
9位 タンク 6,458台 (前年比108.9%)
10位C-HR 6,421台 (前年比138.0%)

12月の販売台数ランキングでは、102,1751台でトヨタの「プリウス」トップ。2位は「アクア」、3位「ヴォクシー」となり、トヨタ車がトップ3を独占しました。トヨタは、この3車以外にも、5位に「シエンタ」、7位に「カローラ」、8位「ヴィッツ」、9位「タンク」、10位「C-HR」が入り、トップ10中、8台を占めることになり、トヨタ車以外では4位の日産「ノート」、6位のホンダ「フィット」が入ってだけという結果です。

9月までは「プリウス」や「アクア」とトップ争いを繰り広げてきた「ノート」は、検査不正問題による出荷停止の影響からまだ回復していないことと、ブランドの失墜による日産離れに歯止めがかからず、5,648台に留まった「セレナ」とともに、トヨタ車のトップ3独占をゆるした要因となっています。

11位~20位  「N-BOX」ヒットの陰に、割を食った「フリード」

第13位 ホンダフリード

11位ルーミー 6,378台(前年比104.6%)
12位セレナ 5,648台 (前年比93.1%)
13位フリード 5,493台(前年比61.9%)
14位デミオ 5,161台 (前年比140.1%)
15位 ノア 4,768台(前年比110.0%)
16位 インプレッサ 4,635台(前年比106.7%)
17位 ステップワゴン 4,607台(前年比166.3%)
18位 ハリアー 4,028台(前年比88.3%)
19位 エクストレイル 3,888台(前年比101.0%)
20位 パッソ 3,793台(前年比72.0%)

もう一台、トヨタの独占状態を許したのがホンダの「フリード」です。10月まではコンパクトミニバン唯一のライバルであるトヨタ「シエンタ」を完全に抑えてベスト10の常連だったのにかかわらず、11月度から販売台数が失速。
「フリード」自体のマイナス要因も、「シエンタ」のプラス要因もないことから、原因は、大ヒットを続ける同社の軽ハイトワゴン「N-BOX」だと思われます。

ユーザー層の被る「N-BOX」に「フリード」を検討する層が、話題の「N-BOX」を見て、「こっちもいいかも」と流れていったことは容易に想像がつきます。

その他、ホンダの「ステップワゴン」が、17位ながらも前年比166.3%と大幅に伸びて「ノア」にせまっています。ハイブリッド車が追加設定された「スパーダ」の人気も高く、ホンダセンシングの標準装備化とともに、シリーズをけん引しています。

マツダの「デミオ」も、前月はベスト30からも姿を消しながらも、前年比140%で復活。「プレミアムカーと同じ安全性能」というCM効果でしょうか。

21位~30位  新型EV「リーフ」も苦戦

第27位 日産リーフ

第28位 スズキスイフト

21位 エスクァイア 3,678台(前年比122.4%)
22位 ヴェゼル 3,409台(前年比69.5%)
23位ソリオ 2,968台(前年比80.6%)
24位 ランドクルーザーワゴン 2,911台(前年比185.3%)
25位 ヴェルファイア 2,806台(前年比60.4%)
26位 アルファード 2,574台(前年比89.3%)
27位 リーフ 2,306台 (前年比187.2%)
28位 スイフト 2,271台(前年比430.1%)
29位 シャトル 2,241台(前年比93.5%)
30位 カムリ 2,203台 (前年比795.3%)

27位にやっと2017年度日産でもっとも期待されたEV「リーフ」が登場します。前年比187.2%の2,306台は順調に見えますが、10月には前年比700%超で19位までポジションを上げ、本当ならベスト10さえ狙える勢いだっただけに残念でなりません。この失速は、日産のみならず、国内のEV市場に及ぼす影響が懸念されます。

その他では、スズキの「スイフト」が28位ながらも、前年比430.1%という驚異的な伸び率を見せています。また、今年に入ってランキングの常連になっていたマツダの「CX-5」が姿を消しています。

フルモデルチェンジ以降、高評価を受け続けていたのに不思議ですが、12月に発売を開始した兄弟車である3列シートSUVの「CX-8」の人気っが予想を上回っており、かなりの潜在ユーザーが流れているようです。今後はこの2車種をどう住み分けることが出来るのかがポイントとなりそうです。

登録乗用車年間ランキング トヨタ圧勝も笑えず 

年間1位 トヨタプリウス

2017年1月~12月累計

1位 プリウス 160,912台 (前年比64.8%)
2位 ノート 138,905台 (前年比135.6%)
3位 アクア 131,615台 (前年比78.2%)
4位 C-HR  117,299台
5位 フリード 104,405台 (前年比200.0%)
6位 フィット 97,939台 (前年比92.7%)
7位 シエンタ 96,847台 (前年比77.0%)
8位 ヴィッツ 90,248台 (前年比125.5%)
9位 ヴォクシー 86,772台 (前年比94.5%)
10位 セレナ 84,433台 (前年比114.9%)

年間ランキングでも、「プリウス」が160,9122台で2年連続のトップとなりましたが、前年比を35.2%減という深刻な状況。「ノート」をはじめとする日産車の自滅状態がなければ、どうなっていたか。2位は9月まで「プリウス」に5千台ほどまで詰め寄っていた「ノート」。3位に「アクア」、4位にSUVの「C-HR」が入り、トヨタ車がトップ10中6台を占めました。

タンクとルーミーが急上昇

年間11位 トヨタルーミー

「プリウス」「アクア」が前年比を落とすのと反対に、急上昇したのがプチバンの「タンク」と姉妹車の「ルーミー」です。合計で約15万台を記録し、トヨタの救世主になり、まだまだ上昇中。2018年はベスト10入り間違いないでしょう。問題は、どのトヨタ車と入れ替わるかですが、「アクア」が最も食われていそうです。

ミニバンでは「ヴォクシー」がトップですが、逆風の中、日産の「セレナ」が約2千台差まで迫っており、信頼を回復すればその座を奪い取ることは十分可能な射程距離。「NISMO」や「オーテック」など、ラインナップを充実させた「セレナ」に目が離せません。その他では、前年比を大きく上回るスズキの「スイフト」、スバルの「インプレッサ」が健闘しています。

まとめ

年間4位 日産ノート

2018年は初頭からスズキの「クロスビー」、そして3月には鳴り物入りの三菱の力作「エクリプスクロス」と、SUVが賑わいを見せています。また、夏には大物「クラウン」のフルモデルチェンジも控えており、話題に事欠かない一年になりそうです。

もちろん、販売ランキングに大きく影響するのは、ニューモデルよりも日産の復調。いつ本来の姿に戻るのか、信頼の回復にはどのくらいかかるのか、2018年の新車販売ランキングは、「やっちゃった日産」次第、というところでしょうか。

関連する投稿


ミニバンとは?魅力やおすすめ5車種をご紹介!

ミニバンとは?魅力やおすすめ5車種をご紹介!

乗用車として人気のミニバンは、使いやすいことからも多くのドライバーに愛されています。そこで今回は、そんなミニバンについて解説します。ミニバンの魅力や、おすすめのミニバン5種をご紹介。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。


コンパクトカーのおすすめランキング!人気車種を徹底解説

コンパクトカーのおすすめランキング!人気車種を徹底解説

多々ある車の中でも、コンパクトカーが大人気です。道を見れば必ず目にしますよね。そこで今回は、コンパクトカーの魅力や選び方、さらにオススメランキングトップ10をご紹介します。


日産 ノートはここが凄い!その性能を改めて徹底解説、ライバルとの比較も

日産 ノートはここが凄い!その性能を改めて徹底解説、ライバルとの比較も

2020年12月23日から販売が開始されている日産 ノートが凄いと話題となっています。2021年の本命とされる「ノート」はどこがそんなに凄いのでしょうか?そこで、これまでに明らかになった情報をもとに全てをご紹介します。もちろん追加設定された4WDモデル情報も!


車中泊が人気の理由は?快適に使えるおすすめ車種とその理由!

車中泊が人気の理由は?快適に使えるおすすめ車種とその理由!

車中泊に興味がある方なら、次の車選ぶをするときに使いやすい車にしたい思うもの。人に接することも少なく、費用も抑えながら旅ができるので、人気が高まっている車中泊ですが、できる限り快適に行いたいところですよね。そこでこの記事は、車中泊が人気の理由とおすすめの理由をご紹介します。


【価格帯別】安くても運転が最高に楽しいおすすめ現行車!100万から

【価格帯別】安くても運転が最高に楽しいおすすめ現行車!100万から

車はただの移動手段と考える人もいれば、その移動手段を楽しくしてくれる相棒と考える人もいるはず。この記事では、100万円から300万円の価格帯で運転を楽しめる車をご紹介していきます。当然高いお金を払って高級車を選べば性能も高いですが、狙っていきたいのはコスパの良さ。日本車豊作の年と後年に振り返られそうな2020年の最新ドライバーズカーを、一緒にチェックしていきましょう。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。