目次へ戻る

メルセデスベンツ Aクラス新型 最新情報まとめ 最新コネクト搭載!発売日は

メルセデスベンツ Aクラス新型 最新情報まとめ 最新コネクト搭載!発売日は

発売が待ち遠しいメルセデスベンツAクラス新型。本記事ではそんな新型Aクラスの最新情報をお届けいたします。最新コネクトを搭載し、デジタルコックピットを採用ほか、最新技術を兼ね備えた一台に期待が高まります!!【2月25日更新】


メルセデスベンツ Aクラス新型はもう間もなく!!ワールドプレミアは2月2日!

予想CG

メルセデスベンツのエントリーモデル、一番コンパクトなメルセデスベンツAクラス。

メルセデスベンツは、着々とAクラス新型の発売に向けて準備を始めています。

気になる発売日ですが、2018年~2019年ごろと予想されています。

また、2018年の2月2日、オランダのアムステルダムにてワールドプレミア予定と言われています。

メルセデスベンツAクラス新型、発売が待ち遠しいですね。そこで今回は今わかっているAクラス新型の最新情報をまとめてお届けいたします。

メルセデスベンツ 新型Aクラス最新情報!!

メルセデスベンツ Aクラス 次期型 スクープ写真

メルセデスベンツ 新型Aクラス 最新コネクティビティ搭載

新型Aクラスには、最新のコネクティビティを搭載される予定です。

新型Aクラスには、2つの高精細ワイドディスプレイ(最大10.25インチ)を採用します。この2つのディスプレイを一枚のガラスカバーで融合したコックピットディスプレイは、なんと、空中に浮かんでいるように見えるのが特徴です。

これにより、インテリアデザインの水平方向の流れを強調するとのこと

さらに、新型Aクラスでは、初めてコックピットの上のカウルを完全に無くしたデザインを導入。また、タービン状の空調吹き出し口や3本スポークのステアリングホイールは、最新メルセデスベンツ車に見られるデザインとしました。

メルセデスベンツ 新型Aクラス インテリアも刷新!ラゲッジスペースも拡張

メルセデスベンツ新型Aクラスのインテリアは、現行型よりも広くなります。

具体的には、現行モデルに対して、ショルダールームはフロントが+9mm、リアが+22mm。エルボールームはフロントが+35mm、リアが+36mm。ヘッドルームはフロントが+7mm、リアが+8mm。

また、メルセデスベンツによると、後席へのアクセスも現行モデルよりも簡単になるとのことです。

また荷室は、現行モデルよりも29リットル多い370リットルの容量を確保しました。

ラゲッジルームフロアは現行比で115mm長い、としています。

メルセデスベンツ 新型Aクラス パワートレインは?

メルセデスベンツ Aクラス 次期型 スクープ写真

パワートレインは、6速MTと9速DCTに組み合わされる、1.6リットル直列4気筒エンジン、及び新開発の2リットル直列4気筒ターボディーゼルなどをラインナップしているとのこと。

また、プラグインハイブリッドやEVモデルの投入も間違いないと予想されています。

メルセデスベンツ 新型Aクラス 「MFA2」プラットフォーム採用

次期型はルノー・日産アライアンスと共同開発された「MFA2」プラットフォームにより、全長、全幅、ホイールベースが拡大しました。これを受けて室内空間も広くなっています。

また荷室は29リットル拡大され370mmへ。デザインはかなりスポーティ寄りに見られますが、実用性は飛躍的に向上すると言えそうです。

メルセデスベンツ 新型Aクラス AI音声認識アシスタント採用

新型Aクラスの特徴のひとつとして新たに公開されたのが、「MBUX」を搭載する最初のモデルという点です。

このMBUXとは、「メルセデスベンツ・ユーザー・エクスペリエンス」の略。新開発のマルチメディアシステムとなります。

MBUXでは、AI(人工知能)を導入した音声認識アシスタントを採用。

ユーザーが「ヘイ、メルセデス」と呼びかけるだけで、音声認識アシスタントが起動します。ユーザーの求めるさまざまなサービスを、車両が提供してくれます。

なお、メルセデスベンツは、このMBUXを含めた新型Aクラスの最新ティザーイメージを配信しています。

メルセデスベンツ 新型Aクラス 新型はセダン&ハッチバック??

メルセデスベンツ『Aクラス』次期型と、その派生モデルとなる『Aクラスセダン』の完全な姿をキャッチしました。

捉えたプロトタイプは、オレンジカラーに塗装されたクラッシュテスト用車両です。そして…この写真には気になる新たな姿まで撮影されていました!

カメラマンはハッチバックを狙っていたが、偶然にもセダンが写り込んでいたようだ。セダンはリアだけだが、『コンセプト Aセダン』に酷似したテールライト・グラフィックが見て取れる。

ヘッドライトは、ハッチバックとセダンで共通性を持たせたシャープなデザインを採用。薄くワイドな新形状のテールライト、拡大されたテールゲート開口部も確認できる。ルノー日産アライアンスと共同開発された「MFA2」プラットフォームを採用し、ホイールベースを延長、居住空間が大幅に向上すると共に、スポーティなエクステリアとなる。

メルセデスベンツ 新型Aクラス ハイパフォーマンスモデルAMG A45&AMG A35

AMG A45

AMG「A35」

メルセデスベンツ『Aクラス』のハイパフォーマンスモデル『AMG A45』と、それよりもライトな『AMG A35』の存在も明らかになっています。

トップモデルである『AMG A45』の対してA35はその弟分です。A45が、アウディ『RS3』をライバルとするのに対し、A35は『S3』クラスが標的となる模様。A45およびA35の発表は2018年10月のパリモーターショーと予想されています。

【最新情報】2月2日、メルセデスベンツ新型発表

メルセデスベンツは2月2日、オランダ・アムステルダムにおいて、新型『Aクラス』を発表しました。

新型Aクラスのフロントマスクには、新型『CLSクーペ』など、最近のメルセデスベンツに導入されたデザイン言語を反映しました。ヘッドライトやテールランプには、最新のLEDテクノロジーを組み込む。空気抵抗を示すCd値は0.25と、エアロダイナミクス性能を追求しています。

新型Aクラスのインテリアには、初めてコックピットの上のカウルを完全に無くしたデザインを導入。また、タービン状の空調吹き出し口や3本スポークのステアリングホイールは、最新メルセデスベンツ車に見られるデザイン。

また、現行モデルに対して、新型では室内空間を拡大。乗員の肩や肘の周辺、頭上と、すべての部分でスペースを広げた。荷室容量は奥行きを115mm延ばした効果で、現行よりも29リットル増えて370リットルに。リアゲートの開口部も、200mm広がり、積載性を向上させた。

欧州では発売当初、ガソリンとディーゼルの3種類のエンジンを設定。中でも、ガソリンは、新開発の「M282」型1.4リットル直列4気筒ターボユニットを、「A200」グレードに搭載。現行の1.6リットルから排気量を縮小しながら、最大出力163hp、最大トルク25.5kgmと、11%強化。7速デュアルクラッチトランスミッション車では、気筒休止システムを採用し、燃費性能を高めている。

関連する投稿


最強SUV メルセデス・ベンツ GL │GL・GLSなどのラインナップ

最強SUV メルセデス・ベンツ GL │GL・GLSなどのラインナップ

ベンツのSUVのカテゴリーにラインナップされ、全長堂々の5.1mオ ーバーの3列シートで定員は7名乗りのGL。ベンツのSUVクラスの中でも最上級のモデルとなっています。今回はそのラインナップをご紹介します。


メルセデスベンツ SLの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで総まとめ

メルセデスベンツ SLの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで総まとめ

歴史あるメルセデスベンツのSLクラスの歴代モデルや気になる燃費、そして中古価格などをまとめてみました。買い替えを検討されている方は是非ご覧ください。


メルセデスベンツVクラス 新車・中古車価格 スペック 燃費 評価まとめ

メルセデスベンツVクラス 新車・中古車価格 スペック 燃費 評価まとめ

メルセデスベンツのワンボックスタイプのミニバン。それがVクラスです。 ミニバンの購入を検討している人は、Vクラスはどうでしょうか。本記事ではメルセデスベンツVクラスの 新車・中古車価格 スペック 燃費 評価についてまとめています。


日産 ティーダの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

日産 ティーダの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

日産が過去に発売していたティーダ。このティーダはハッチバックスタイルの車で、実質的にはサニーの後継車だ、ともいわれています。2004年に発売され、日本では2012年に発売を終了しましたが、海外では今もなお発売されています。そんなティーダについて本記事では改めてまとめています。


ホンダ フィットの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

ホンダ フィットの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

ホンダのコンパクトハッチバック、フィット。みなさんも運転中や道端で見かけたことがあるのではないでしょうか。軽自動車を除いたホンダの乗用車では最も小型な車で、走行性能と燃費の良さに定評があります。そんなフィットについて本記事新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価などの情報をまとめています。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。