目次へ戻る

【レベル4自動運転】ソウルから平昌までデモカーが190kmを完走

【レベル4自動運転】ソウルから平昌までデモカーが190kmを完走

韓国のヒュンダイ自動車は5台のデモカーが、レベル4の自動運転を用いてソウルから平昌(ピョンチャン)まで190kmの距離を完走したと発表しました。ますます注目される自動運転技術ですが、今回のヒュンダイの自動運転はどのように成し遂げられたのか、ベースとなる水素燃料電池車SUV「NEXO」についてもご紹介します。


レベル4自動運転で、ヒュンダイのデモカー5台が190km完走

自動運転技術に新たなニュースです。

韓国のヒュンダイ自動車のデモカー5台が自動運転でソウルから平昌(ピョンチャン)までの190kmの距離を完走したと発表しました。

今回のデモ用に投入されたのは、水素燃料電池式SUV「NEXO」をベースにした3台と、ジェネシス「G80」をベースにした2台の合計5台。
これら全てのデモカーにはSAE規格で定められたレベル4の運転技術と、5Gネットワーク技術が搭載されています。

ちなみにレベル4の運転技術は”運転手がいなくても運転ができる”というレベルの自動運転を指します。

韓国の高速道路を使用してデモンストレーション

多くの自動運転では、施設内の限られたエリアでの走行がメインとなっていましたが、今回のデモンストレーションは実際の高速道路を含んだデモ走行となっています。

冬季オリンピックの開催に合わせて韓国のソウルから平昌までの車道でデモは行われました。

2月2日にソウルを出発したデモカー5台は、車線の変更と追い越しを自動で行い、高速道路では韓国の無線高速道路決済システム「Hi-pass」を使い料金所を通過しました。

デモカー5台は、韓国の高速道路の法定速度100km/h〜110km/hでの走行を続け、無事に平昌にたどり着きまし、190kmの距離を完走しました。

ヒュンダイのデモカーに埋め込まれた技術

ヒュンダイはこのデモンストレーションを行うにあたり、数千キロに及ぶ試走を行っており、その蓄積されたデータと先進技術を元に今回のデモンストレーションを成功に導いたそうです。

デモカーに搭載された技術にも注目してみましょう。

今回のデモカーの外観や内観は、ベースとなったNEXOとほとんど変わらない見た目でした。

しかし、デモカーには様々な種類のカメラと LiDAR(ライダー)センサーが搭載され全方向の周囲の状況を把握するそうです。

これらが組み合わさることで、
■料金ゲートの幅や位置の認識
■周囲の車認識
■GPSがなくなるトンネル内でも正確に位置を把握する
などが可能になったといいます。

ヒュンダイ自動車はレベル4の自動運転技術の商業化を2021年までに達成するとしています。

デモカーのベースとなった水素燃料電池SUV「NEXO」とは?

今回のデモカーのベースになった車両のうち、NEXOの詳細を確認してみましょう。

NEXOは今年1月にアメリカ・ラスベガスで開かれた世界最大の家電見本市CES2018で発表された水素を燃料とするヒュンダイの新型SUVです。

わずか5分で水素の注入が完了でき、航続可能距離は595kmと世界最長の航続距離を誇る点が注目されています。

もちろんブラインドスポットビューモニターやレーンアシスト、そしてスマートパーキングアシストなどの最新技術も搭載するようです。

まとめ

いかがでしたか?

各メーカーが自動運転の商業化の達成目標時期を発表しています。
自動運転の実現が待ちきれませんね。

レベル5完全自動運転の実現が気になる方はこちらの記事をご覧ください

BMWが発表したレベル5完全自動運転のプロトタイプカー情報はこちらの記事をご覧下さい

関連するキーワード


自動運転 ヒュンダイ

関連する投稿


クルーズコントロールとは?使い方から後付け方法 各社の機能比較も

クルーズコントロールとは?使い方から後付け方法 各社の機能比較も

クルーズコントロールの基本的な機能や役割に使い方、後付け製品の比較までといったクルーズコントロールについてご紹介していきます。


ADASってなに?自動運転との違いから各メーカーの先進技術を紹介

ADASってなに?自動運転との違いから各メーカーの先進技術を紹介

ADASという言葉を耳にしたことがあるでしょうか?車の自動ブレーキ機能や、ドライバーの運転アシスト機能などといったものを総称してADAS(先進運転支援システム)と言いますが、実際のところどのようなことが出来るのか、自動運転とは何が違うのか?という部分の解説と、各メーカーの先進技術をご紹介します。


トラクターも自動の時代!?ヤンマー、自動運転トラクターを発売!

トラクターも自動の時代!?ヤンマー、自動運転トラクターを発売!

ヤンマーは、ICT技術を活用して農作業の省力・省人化、効率化を実現する自動運転トラクターを10月1日より順次発売すると発表しました。ついに農作業も自動運転の時代へ…?気になるヤンマーの新しいトラクターについて見ていきましょう。


アウディA8が最も革新的な自動車に認定。ブランドもダブルで受賞

アウディA8が最も革新的な自動車に認定。ブランドもダブルで受賞

アウディは6月12日、「自動車イノベーションアワード2018」において、アウディ新型「A8」とアウディブランドが最優秀賞に認定されたことを発表しました。本記事では、その受賞内容についてご紹介します。


【ついにここまで】歩行者の意図を理解する自動運転システム!?

【ついにここまで】歩行者の意図を理解する自動運転システム!?

ついにここまできたのか。という注目のニュースが入ってきました。コンチネンタルは6月11日、中国で6月13日に開幕するCESアジア2018において、人工知能(AI)やニューラルネットワーク、深層機械学習などの技術を備えた最新の自動運転向けシステムを初公開します。いったいどんなシステムになっているのでしょうか。


最新の投稿


海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

地球上のあらゆる大地を舞台に戦いをみせてきた三菱パジェロのサイズ感をミドルクラスに制作されたパジェロイオ。ダカールラリーでも優勝経験を果たし、その雄姿も相まって1990年代、RVブームに乗り販売台数を大きく伸ばしました。今回は、パジェロイオが愛された理由をまとめご紹介します。


幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

スズキが2009年に発売したセダン『キザシ』。この『キザシ』という言葉には、物事の始まりの予兆という意味と、芽が出るという二つの意味合いがあります。今回の記事では、志高く誕生したものの短命に終わった『スズキ キザシ』についてまとめています。


【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

高圧洗浄機は洗車に使ったり外壁を洗浄したり、あらゆる場所の洗浄に便利なので、購入を考えている人もいるでしょう。そこで今回は、ケルヒャーなどの有名なメーカーを含め、家庭用と業務用のおすすめの高圧洗浄機を紹介します。気になる動作音を抑える静音タイプも紹介しています。


今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

ハイブリッドと一言で言っても実はいくつか種類があります。今回わかりやすく解説しながら、最も取り扱いが簡単なマイルドハイブリッドの仕組みについて迫りたいと思います。来る電気自動車の時代に向けて勉強してみましょう。


【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

行政処分である免許取り消しの制度の仕組みは、交通違反として最も重い処分です。点数による処分がどのように行われているのかしりたいところでしょう。免許取り消しの理由は、また、違反による点数によって講習を受ける必要性があります。取り消しの期間から最終的に再取得までの流れを改めて見ていきましょう。