目次へ戻る

BMWが完全自動運転 レベル5のプロトタイプを公開【MWC2018】

BMWが完全自動運転 レベル5のプロトタイプを公開【MWC2018】

スペインで開催されている世界最大のモバイル関連見本市、MWC2018でBMWがi3をベースとしたレベル5の完全自動運転車のプロトタイプを公開しました。本記事では今回のプロトタイプの画像と動画をご紹介し、他メーカーのレベル5完全自動運転を搭載する予定のコンセプトカーをご紹介します。


BMWがレベル5完全自動運転のプロトタイプを公開

BMWグループははスペインのバルセロナで開催されたMWC2018に出展しました。

MWC2018では、BMWがi3をベースとしたレベル5の完全自動運転車のプロトタイプの公開とデモンストレーションを行いました。

本記事では現在の自動運転はどこまで進んでいるのかという視点から、「レベル5完全自動運転のプロトタイプ公開」というニュースのすごさをご紹介します。

レベル5の完全自動運転車がデモンストレーション

スペインのバルセロナで開催された世界最大のモバイル関連の見本市、Mobile World Congress2018にBMWが出展しました。

MWCは世界最大のモバイル関連の見本市ですが、今回はレベル5の完全自動運転のデモンストレーションを行いました。

今回のデモンストレーションの内容は、スマートフォンにダウンロードした専用アプリを使うことで、ユーザーの元へ、完全自動運転のi3がやって来るというものです。

スマートフォンアプリを使用している様子は確認できませんでしたが、運転席に無人の状態で走行するi3をベースにしたレベル5完全自動運転のプロトタイプカーの動画をみることができます。

レベル5の自動運転とは

自動運転はSAEというアメリカの機関が定めた0〜6段階に分けられ、レベル5は最高レベルにあたります。

定義としてはシステムが
・場所の制限なく
・通常時も緊急時も
すべての運転を行うことです。

BMW i3とは

MWC2018で公開されたBMW i3をベースとした、レベル5完全自動運転プロトタイプカー

今回のレベル5自動運転のプロトタイプカーはBMW i3をベースにして製作されました。

BMWi3は2011年に立ち上げられたBMWのサブブランド「BMWi」から2013年7月末に発表されました。翌年の2014年4月に日本で販売が開始された4人乗りの100%電気自動車です。

2016年10月と2018年1月にマイナーチェンジを行い、2018年1月に発表された最新モデルはフル充電で最高400kmの航続距離を誇ります。

「完全自動運転レベル5のプロトタイプ発表」はどれほど凄いのか?

現在市販化されている自動運転は最高でレベル3です。
各メーカーがレベル5完全自動運転の市販化にむけて努力する中、BMWのレベル5完全自動運転のプロトタイプ公開はどれほど凄いのでしょうか?

市販化されている自動運転の最高レベルは、レベル3自動運転

まず、現時点で市販化されている最高のレベルは、レベル3です。
レベル3の自動運転は新型アウディA8に搭載されています。

なお新型アウディA8の日本での販売ですが、法整備がまだ整っていない為、レベル2の自動運転に調整された新型アウディA8が販売される見込みです。

現在、市販されている自動運転レベルの最高がレベル3であることから、レベル5の完全自動運転までの実現への長い道のりが感じられます。

相次ぐメーカーのレベル5コンセプトカー発表

自動運転の中でも最高レベルにあたるレベル5完全自動運転の市販化に向け、メーカーは努力を重ねています。

今回プロトタイプ走行に至ったBMW以外にも、コンセプトモデルを発表しその姿勢を示しているメーカーが多くあります。

下記にレベル5完全自動運転のコンセプトカーの例を少しではありますがご紹介します。

Audi AICON(アイコン)

フォルクスワーゲングループに属するアウディからは、レベル5完全自動運転のコンセプトカー AICON(アイコン)が発表されました。

フランクフルトモーターショー2017で発表されたAICON(アイコン)はDセグメントに属するフルサイズEVで、航続距離は700km〜800kmです。

日産 IMx

国内では日産からもレベル5の完全自動運転のコンセプトカーを発表しています。

東京モーターショー2017で発表された日産のIMxはクロスオーバータイプのEVで航続距離は600kmを超えます。

他にもレベル5完全自動運転を掲げたコンセプトカーをご覧になりたい方はこちら

まとめ

いかがでしたか?
BMWのレベル5完全自動運転のプロトタイプのデモンストレーションが公開された今、ますます自動運転技術の競争に拍車がかかりそうです。

関連する投稿


進化し続ける BMW 5シリーズ(2014年式)  をご紹介

進化し続ける BMW 5シリーズ(2014年式) をご紹介

世界で最も売れているセダンと聞かれて名前の挙がる車の一つが、このBMW 5シリーズではないでしょうか。マイナーチェンジ・メジャーアップデートを重ねるたびに進化し続けている車です。72年に初代が登場してから十数年の時を経てもまだ進化をやめないのがこの5シリーズです。今回は、このBMW 5シリーズ(2014年式)についてご紹介いたします。


BMW 5シリーズ 2014年モデル|中古価格から評価に至るまで一挙掲載

BMW 5シリーズ 2014年モデル|中古価格から評価に至るまで一挙掲載

BMW 5seriesの2014年モデルについて、特徴や評価などの気になる情報をはじめ、中古車相場まで購入に向けての知りたい情報が満載です。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


走りにこだわったBMW 523の魅力|価格や燃費を解説

走りにこだわったBMW 523の魅力|価格や燃費を解説

BMWのシリーズでも、世界的に人気のある5シリーズ。今回は、BMW 523のスペックや価格、燃費などについて解説していきます。


走りの楽しさを追求したBMW X3の中古価格、評価、燃費を徹底解説!

走りの楽しさを追求したBMW X3の中古価格、評価、燃費を徹底解説!

走りの楽しさを追求した「BMW X3(クロススリー)」シリーズ。 2004年に発売されてから、2011年に2代目へ。そして、2017年に3代目が発売されました。この記事では、最新の3代目を中心に「BMW X3」について機能や燃費、評価、価格などをご紹介しております。


最新の投稿


海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

地球上のあらゆる大地を舞台に戦いをみせてきた三菱パジェロのサイズ感をミドルクラスに制作されたパジェロイオ。ダカールラリーでも優勝経験を果たし、その雄姿も相まって1990年代、RVブームに乗り販売台数を大きく伸ばしました。今回は、パジェロイオが愛された理由をまとめご紹介します。


幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

スズキが2009年に発売したセダン『キザシ』。この『キザシ』という言葉には、物事の始まりの予兆という意味と、芽が出るという二つの意味合いがあります。今回の記事では、志高く誕生したものの短命に終わった『スズキ キザシ』についてまとめています。


【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

高圧洗浄機は洗車に使ったり外壁を洗浄したり、あらゆる場所の洗浄に便利なので、購入を考えている人もいるでしょう。そこで今回は、ケルヒャーなどの有名なメーカーを含め、家庭用と業務用のおすすめの高圧洗浄機を紹介します。気になる動作音を抑える静音タイプも紹介しています。


今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

ハイブリッドと一言で言っても実はいくつか種類があります。今回わかりやすく解説しながら、最も取り扱いが簡単なマイルドハイブリッドの仕組みについて迫りたいと思います。来る電気自動車の時代に向けて勉強してみましょう。


【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

行政処分である免許取り消しの制度の仕組みは、交通違反として最も重い処分です。点数による処分がどのように行われているのかしりたいところでしょう。免許取り消しの理由は、また、違反による点数によって講習を受ける必要性があります。取り消しの期間から最終的に再取得までの流れを改めて見ていきましょう。