目次へ戻る

BMWが完全自動運転 レベル5のプロトタイプを公開【MWC2018】

BMWが完全自動運転 レベル5のプロトタイプを公開【MWC2018】

スペインで開催されている世界最大のモバイル関連見本市、MWC2018でBMWがi3をベースとしたレベル5の完全自動運転車のプロトタイプを公開しました。本記事では今回のプロトタイプの画像と動画をご紹介し、他メーカーのレベル5完全自動運転を搭載する予定のコンセプトカーをご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


BMWがレベル5完全自動運転のプロトタイプを公開

BMWグループははスペインのバルセロナで開催されたMWC2018に出展しました。

MWC2018では、BMWがi3をベースとしたレベル5の完全自動運転車のプロトタイプの公開とデモンストレーションを行いました。

本記事では現在の自動運転はどこまで進んでいるのかという視点から、「レベル5完全自動運転のプロトタイプ公開」というニュースのすごさをご紹介します。

レベル5の完全自動運転車がデモンストレーション

スペインのバルセロナで開催された世界最大のモバイル関連の見本市、Mobile World Congress2018にBMWが出展しました。

MWCは世界最大のモバイル関連の見本市ですが、今回はレベル5の完全自動運転のデモンストレーションを行いました。

今回のデモンストレーションの内容は、スマートフォンにダウンロードした専用アプリを使うことで、ユーザーの元へ、完全自動運転のi3がやって来るというものです。

スマートフォンアプリを使用している様子は確認できませんでしたが、運転席に無人の状態で走行するi3をベースにしたレベル5完全自動運転のプロトタイプカーの動画をみることができます。

レベル5の自動運転とは

自動運転はSAEというアメリカの機関が定めた0〜6段階に分けられ、レベル5は最高レベルにあたります。

定義としてはシステムが
・場所の制限なく
・通常時も緊急時も
すべての運転を行うことです。

BMW i3とは

MWC2018で公開されたBMW i3をベースとした、レベル5完全自動運転プロトタイプカー

今回のレベル5自動運転のプロトタイプカーはBMW i3をベースにして製作されました。

BMWi3は2011年に立ち上げられたBMWのサブブランド「BMWi」から2013年7月末に発表されました。翌年の2014年4月に日本で販売が開始された4人乗りの100%電気自動車です。

2016年10月と2018年1月にマイナーチェンジを行い、2018年1月に発表された最新モデルはフル充電で最高400kmの航続距離を誇ります。

「完全自動運転レベル5のプロトタイプ発表」はどれほど凄いのか?

現在市販化されている自動運転は最高でレベル3です。
各メーカーがレベル5完全自動運転の市販化にむけて努力する中、BMWのレベル5完全自動運転のプロトタイプ公開はどれほど凄いのでしょうか?

市販化されている自動運転の最高レベルは、レベル3自動運転

まず、現時点で市販化されている最高のレベルは、レベル3です。
レベル3の自動運転は新型アウディA8に搭載されています。

なお新型アウディA8の日本での販売ですが、法整備がまだ整っていない為、レベル2の自動運転に調整された新型アウディA8が販売される見込みです。

現在、市販されている自動運転レベルの最高がレベル3であることから、レベル5の完全自動運転までの実現への長い道のりが感じられます。

相次ぐメーカーのレベル5コンセプトカー発表

自動運転の中でも最高レベルにあたるレベル5完全自動運転の市販化に向け、メーカーは努力を重ねています。

今回プロトタイプ走行に至ったBMW以外にも、コンセプトモデルを発表しその姿勢を示しているメーカーが多くあります。

下記にレベル5完全自動運転のコンセプトカーの例を少しではありますがご紹介します。

Audi AICON(アイコン)

フォルクスワーゲングループに属するアウディからは、レベル5完全自動運転のコンセプトカー AICON(アイコン)が発表されました。

フランクフルトモーターショー2017で発表されたAICON(アイコン)はDセグメントに属するフルサイズEVで、航続距離は700km〜800kmです。

日産 IMx

国内では日産からもレベル5の完全自動運転のコンセプトカーを発表しています。

東京モーターショー2017で発表された日産のIMxはクロスオーバータイプのEVで航続距離は600kmを超えます。

他にもレベル5完全自動運転を掲げたコンセプトカーをご覧になりたい方はこちら

まとめ

いかがでしたか?
BMWのレベル5完全自動運転のプロトタイプのデモンストレーションが公開された今、ますます自動運転技術の競争に拍車がかかりそうです。

関連する投稿


シューティングブレークとは?昔と今で意味が違うってホント?

シューティングブレークとは?昔と今で意味が違うってホント?

車を探しているときに「シューティングブレーク」という言葉を見たことがあるかもしれません。ワゴンの形の1つになっていますが、登場したときと現在では意味合いが異なっています。今回は、シューティングブレークとはどんな車なのか、また代表的な車をご紹介します。


自動運転、いつ実現するの? レベル別で機能を復習、実現時期

自動運転、いつ実現するの? レベル別で機能を復習、実現時期

車任せで居眠りしながら帰省や旅行のロングドライブがこなせたら最高なのに、「自動運転」なんて全然実現していないじゃないか、とお思いの方も多いことでしょう。しかし、現行の自動車に装備されている機能でも、歴とした自動運転に該当するものもあるのです。自動運転のレベル分けについてご説明するとともに、将来の展望についても迫っていきます。


【おすすめ5選!】今、人気のかっこいいSUVは?

【おすすめ5選!】今、人気のかっこいいSUVは?

まず車を買おうと考えた時、みなさんはどんな車種を買おうか悩みますよね。今人気のある車も気になるところです。けれど、すでに最初から購入する車種は決めていたって方も多いかもしれませんね。本記事では、今人気のかっこいいSUVの購入をご検討の方参考にして頂きたい車種を5選より直ぐってお届けしていきます。


【最新版】国産・外車コンパクトSUVおすすめ10選

【最新版】国産・外車コンパクトSUVおすすめ10選

今、コンパクトSUVが熱い!ダイハツロッキーと姉妹車のトヨタライズが発売された直後から大ヒット、さらに日産からはキックスがついに国内へ導入されました。また、フォルクスワーゲンはTクロスを日本に導入して話題となっています。そこで、今回は、注目されるコンパクトSUVを国産車、外車(輸入車)から5台ずつ選んで、お勧めする10台をご紹介します。


【最新版】国産&外車 人気・おすすめコンパクトSUV10選を比較!

【最新版】国産&外車 人気・おすすめコンパクトSUV10選を比較!

人気の高いコンパクトSUV。続々と新型が発売され、多くの方が車を選ぶ際選択肢のひとつにあげられるのではないでしょうか。その中でもどんな車種がおすすめなのか、国産SUV、外車SUV(輸入車)からそれぞれピックアップし、価格、燃費、スペック、評価、レビューなどを比較できるようご紹介します。


最新の投稿


ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

もしもひき逃げ事故を起こしてしまった際に、どのように対処すべきでしょうか。さらには、被害に遭ってしまった方、事故を目撃した方もその場で適切な処置をする事が求められます。今回は、ひき逃げを起こしてしまった方、巻き込まれてしまった側、それぞれがどのように対処し、処置をしていくべきかを解説しています。


【現行イタリア高級SUV】最新4選! 価格、燃費

【現行イタリア高級SUV】最新4選! 価格、燃費

イタリアの車といえば走行性能の高さや情熱的なデザインが特徴的ですが、実は高級車の世界でも有名なブランドを多く持っています。また、今やセレブや要人が移動する時に使う車は、ハイエンドセダンではなく、ハイエンドSUVの方が多くなっているように思いませんか。高められた車高による室内の余裕と、路上でも抜群の存在感を持つSUVは、次世代の高級車として既に定着している印象もありますよね。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、イタリア車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


【現行イギリス高級SUV】最新5選! 価格、燃費

【現行イギリス高級SUV】最新5選! 価格、燃費

近年ではドイツ製高級車が市場を席巻していますが、イギリスの高級車もその独特の雰囲気や仕立て、長い歴史で高級車として定評を持っていますよね。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、イギリス車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


【大人数で乗れるSUV】最新5車種! 価格、燃費

【大人数で乗れるSUV】最新5車種! 価格、燃費

どこへでも乗っていけそうな自由さが魅力的なSUV。世界的に大人気が継続していますが、その広い室内空間を活用して3列シートを有するものもあります。いざというときは大人数で冒険にも出かけられるし、普段は3列目を格納して広々とした荷室を実現できるなど、ユーティリティ性の高さに磨きをかけた3列シートSUVをまとめてご紹介します。


アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは聞きなれない言葉ですが、元々はレーシングカーに使われていた技術です。では、このアーシングとは、一体どの様な効果があるのでしょうか?今回はこのアーシングチューニングについてご説明します。