トップへ戻る

【3月1日公開】マーベル最新作『ブラックパンサー』にレクサスLC500が登場

【3月1日公開】マーベル最新作『ブラックパンサー』にレクサスLC500が登場

レクサスの最上級クーペ『LC500』が、3月1日に公開されるマーベルスタジオ最新作『ブラックパンサー』に主人公の専用ヴィークルとして登場します!!レクサスファンもマーベルファンも映画館へGO!!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【あのLCが!?】最上級クーペがスクリーンに登場!

(c) Marvel Studios 2018ブラックパンサー

レクサスの最上級クーペ『LC500』が、3月1日に公開されるマーベルスタジオ最新作『ブラックパンサー』に主人公の専用ヴィークルとして登場します。

こちら、レクサスLC

マーベル『ブラックパンサー』とは

ブラックパンサーは、アメコミヒーローのクロスオーバー作品、新「アベンジャーズ」につながるハイスピードアクションエンタメ。

主人公は若き国王「ティ・チャラ」と漆黒のヒーロー「ブラックパンサー」、2つの顔を持つ男。彼の使命は、祖国である超文明国家ワカンダの秘密「ヴィブラニウム鉱石」を守ること。

ヴィブラニウム鉱石は、世界を破壊するパワーを秘める希少鉱石です。

主人公は、責任と重圧に葛藤しながら、秘密を脅かす国内外の敵と戦いを繰り広げます。

レクサスLC500とは

LC500は、2010年7月に生産を終了した『SC』の後継車となる、レクサスの新たな最上級2ドアクーペ。デトロイトモーターショー12に出展された『LF-LC』の市販版である。

パワートレインには、『RC F』、『GS F』用の「2UR-GSE」型5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンを選択。北米仕様の場合、最大出力475ps/7100rpm、最大トルク54kgm/4800-5600rpmを引き出す。トランスミッションは10速ATを組み合わせる。

ヴィブラニウム鉱石によって作られた特別仕様!レクサスLC500だっ!

映画『ブラックパンサー』に起用されたレクサスLC500

ブラックパンサーに登場するレクサス LC500は、ヴィブラニウム鉱石によって作られた特別仕様になっています。

劇中では、ブラックパンサーとともに夜の街を疾走し、過激なカーチェイスを繰り広げるとのこと。

ヴィブラニウム鉱石の特別な力により、銃弾も寄せ付けず、ブラックパンサーの足となり、悪を追い詰めます…!

映画を見たら、ぜひINTERSECT BY LEXUS - TOKYOへ

(c) 2017 VALERIAN S.A.S. - TF1 FILMS PRODUCTIONスカイジェット / ヴァレリアン 千の惑星の救世主

INTERSECT BY LEXUS - TOKYOでは、劇中に登場するLC500のベースとなったレクサスLCと、等身大のブラックパンサーフィギュアを、2月20日から3月5日まで展示しています。

さらに3月6日から26日には、リュック・ベッソン監督のSF大作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』(3月30日全国公開)に登場するレクサス初となるコラボデザインの宇宙船「スカイジェット」を展示するとのこと。

また展示に合せて、各映画とのコラボドリンクを用意します。

ブラックパンサー展では、主人公のティ・チャラがハーブの力でブラックパンサーに変身するイメージを表現したノンアルコール・カクテル「CHANGE」を販売し、ヴァレリアン 千の惑星の救世主展では、数千の惑星、ミュール変換器(コンバーター)により生成される真珠、パール人の表情など流動するイメージを取り入れたカクテル「SKY」を提供します。

価格はいずれも800円ですよ。

(c) 2017 VALERIAN S.A.S. - TF1 FILMS PRODUCTIONヴァレリアン 千の惑星の救世主

最後に

『ブラックパンサー』 (C)Marvel Studios 2017

マーベル好きな方も、レクサスが好きな方も、どちらも好きな方も!どちらも興味ない方でも!

3月1日から公開予定の『ブラックパンサー』。ぜひ一度劇場へ足を運んでみてくださいね!

関連するキーワード


レクサス 車種情報 LC

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


高級車「レクサス」に安く乗りたい? 安いレクサスの探し方を伝授!

高級車「レクサス」に安く乗りたい? 安いレクサスの探し方を伝授!

国産車の中でも一際高いブランドイメージで憧れの「レクサス」。高級ホテルのようなその販売店に並べられる新車たちはお高めの価格設定になっていますし、中古車であっても高い人気を背景に値段が下がらない車種もあります。そこでこの記事では、レクサスバッジの優越感を味わえるのにおトクな「安いレクサス」の選び方を、実例もまじえてご紹介していきます。


レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。


いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

最近発売されるクルマはSUVばかり!もう、どんなSUVがあるのかなんて、わからないですよね。今回は、数あるSUVのなかから、ああ、いいなぁ。そのうち欲しいなぁと思えるようなモデルをご紹介します!


セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

時代と共に車も進化や変化を続けています。一昔前まで自動車といえば、多くの方がセダンタイプのものをイメージしていたのではないでしょうか。しかし、今日ではセダン以外にも多くの車の選択肢があります。中でも、SUVなどのハッチバック系のモデルの人気が高まっていることもあって、セダンの存在感がやや小さくなったという印象を抱いている方も多いかもしれません。しかし、セダンならではの魅力もあり、現在でも根強い人気があります。そこで、今回はセダンとはどういった車なのかや、メリット・デメリットなどについてご紹介します。


最新の投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

流麗なデザインで他のSUVとは一線を画す高級感のあるSUVといえば、「トヨタ ハリアー」ですよね。高級セダンのような押し出しと乗り心地の良さがありつつ、SUVのような使い勝手の良さも兼ね備えたハリアーは、人気のSUVの中でも定番モデルのひとつです。そんなハリアーの内装は、こちらも上質かつ妖艶な世界が広がっています。ハリアーの内装の注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

世界で最も売れている2シーターオープンスポーツカーが「マツダ ロードスター」です。歴代併せて生産累計台数が100万台を超えるなど、世界中で愛されるロードスターは、ドライブの楽しみやオープン時の開放感もさることながら、乗り込んだ瞬間から非日常を感じさせるような上質なインテリアも見どころです。この記事では、ロードスターの内装デザインや使い勝手などを詳しくご紹介していきます。