トップへ戻る

【3月1日発売】セレナ e-POWERに、スポーツカスタム「オーテック」他設定!

【3月1日発売】セレナ e-POWERに、スポーツカスタム「オーテック」他設定!

オーテックジャパンは、新世代電動パワートレインを搭載した『セレナ e-POWER』をベースに、カスタムカー「オーテック」および、「ステップタイプ」、福祉車両「ライフケアビークル(LV)」シリーズ2車種を設定し、3月1日より発売します。セレナe-POWERオーテックの最新情報をお届けいたします!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


セレナ e-POWERに「オーテック」仕様が早くも登場

オーテックジャパンによれば、新世代電動パワートレインを搭載した『セレナ e-POWER』をベースに、カスタムカー「オーテック」および、「ステップタイプ」、福祉車両「ライフケアビークル(LV)」シリーズ2車種を設定、3月1日より発売すると発表しました。

早速のオーテック仕様登場です!

改めて知りたい!オーテックとは

日産セレナ e-POWERオーテック

オーテック、みなさんはご存知でしょうか。

「オーテック」、とは、カスタムカーづくりから蓄積してきたクラフトマンシップを注入した、プレミアムスポーティ志向の新ブランドのことです。

セレナe-POWERオーテック、エクステリアには、細部まで作り込まれたディティールに加えて、メタリックシルバーの専用パーツを設定。より高いレベルでの上質さと先進性を表現しました。

ボディカラーは、2トーンカラーを含む8色をラインアップ。

また、インテリアでは、クリスタルスエード仕様のシートを採用したほか、オーテックのアイコニックカラーであるブルーを随所にあしらい、個性的かつエレガントな空間を演出しています。

セレナe-POWER オーテック仕様!価格は

気になるセレナe-POWERオーテック、価格は382万1040円とのことです。

セレナe-POWER ステップタイプも登場

そして、セレナe-POWERの「ステップタイプ」は、助手席の乗降・助手席側スライドドアから後席の乗降、同時に使えるロングステップを採用しました。

助手席ドア・助手席側スライドドアの開閉と連動して、ステップが展開・格納できます。

またステップイルミネーションを装備し、暗い場所でも安心して乗降できます。

また、LEDのクリアな輝きがスタイリッシュさを演出。お子さんのいる家庭にもおすすめのモデルになっています。

価格は338万6880円より。

福祉車両「ライフケアビークル(LV)」シリーズも登場

日産セレナ・セカンドステップタイプ e-POWERハイウェイスターV

日産セレナ・チェアキャブスロープタイプ e-POWERハイウェイスター

LVシリーズ「チェアキャブ スロープタイプ」は、バックドアから車いすのまま乗りこめるよう、手動式スロープ・車いす乗降アシスト装置(電動ウインチ)、車いす固定装置(電動式)を装備した福祉車両となっています。

また、車いすですが、3列目シートの左右を格納して乗車、車いす1名を含めて5名が乗車できる「車いす1名サード仕様」を設定しました。

車いすの人が乗車しない場合の乗車定員は7名。3列目シートが、格納時に側面の窓をふさがないため、車いすスペースが明るくなることで、車窓を眺めながらのドライブが楽しめるとのことです。

価格は353万1000円から。

また、LVシリーズの「セカンドスライドアップシート」。

こちらは、2列目左側シートが車両外側に電動で回転・昇降することで、車への乗り降りが容易にできる福祉車両になっています。

スライドアップシートには、シートの回転・昇降操作に加え、シートスライドとシートリクライニングの操作ができる多機能ワイヤレスリモコンを標準装備。

価格は343万9000円から。

最後に

いかがでしたでしょうか。

本記事では、3月1日より発売される、日産のミニバン、セレナe-POWERのオーテック仕様車についてお伝えしました。発売前から注目のセレナe-POWER、オーテック仕様はいかがですか?

関連する投稿


日産 セレナの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 セレナの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 セレナは、使い勝手の良さと高性能で、日産を代表するミニバンの一台です。初代登場から30年、多くのファミリーの思い出作りに貢献してきたセレナですが、現行型となる5代目モデルにはe-POWERやプロパイロットなど先進的な要素も満載。全車でハイブリッド仕様となるセレナの気になる燃費情報を、カタログ燃費や実燃費などをチェックしつつ、ライバルのミニバンとも比較することで、詳しくご紹介していきます。


トヨタ アルファードの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較

トヨタ アルファードの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較

トヨタのフラッグシップミニバンでありながら、2021年上半期ではなんとミニバンクラストップの売り上げ台数を記録しているなど、売れに売れまくっているのがアルファードです。ファミリーカーとして毎日運転している方もよく見かけるアルファードですが、そんな利用シーンで気になるのは燃費性能。カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較などで、アルファードの燃費性能をとことんご紹介していきます。


トヨタ ノアハイブリッドの燃費情報が丸わかり!ライバルとの比較も

トヨタ ノアハイブリッドの燃費情報が丸わかり!ライバルとの比較も

5ナンバークラスミニバンの定番であるノアは、すでに25年の歴史を誇る車名です。現行モデルではハイブリッド仕様が新設定され、新たに燃費性能も大幅に向上。利用頻度が高いミニバンだけに、ガソリン代が節約できるハイブリッド仕様の燃費性能は気になるところですよね。この記事では、カタログ燃費から実燃費、ライバルとの性能比較まで、ノア ハイブリッドの燃費情報をあますところなくご紹介していきます。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

背が低く、低床・低重心なミニバンの代表格だったトヨタ ウィッシュ。生産・販売が終了して、まもなく4年が経ちますが、いま中古車市場ではお手頃価格です。そこで、改めてトヨタ ウィッシュの魅力と、どうして「買い」といえるのかをまとめました。


最新の投稿


トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ミニバンの使い勝手とコンパクトカーの乗りやすさが高度にバランスされていて人気の「トヨタ シエンタ」。混み合う駅へのお出迎えや、狭めな駐車場のお店でのお買い物だって楽々こなせます。そんなシエンタ、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、シエンタの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険は、比較・検討することで、自分に合った補償内容に調整しつつ、保険料を安くできます。今回は、見積もりを取るのに比較サイトが便利な理由と、各種キャンペーンについてまとめました。


自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険の更新時期になると、保険料をもっと安くできないか、もっといい保険はないか、と検討される方は多いかもしれません。そこで今回は、自動車保険の基本的な部分と、おすすめ保険会社をまとめました。


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。