目次へ戻る

【新型車】BMW2シリーズグランクーペのクールな最新レンダリング画像!

【新型車】BMW2シリーズグランクーペのクールな最新レンダリング画像!

BMW2シリーズに追加されると予想されている「2シリーズグランクーペ」の最新情報をお届けします。4ドアクーペらしいスポーティなデザインでコンパクトなBMWの小型セダンを待っていた層には楽しみな一台です。2018年10月にワールドプレミアと噂される日本導入が期待されます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


はじめに

BMW2シリーズに追加されると予想されている「2シリーズグランクーペ」ですが、以前BMW2シリーズグランクーペと思われるカモフラージュ姿の車両のスパイショットの情報を掲載しましたが、この度、Spyder7に最新レンダリング画像が届きました。

画像では4ドアクーペらしいスポーティなデザインとなっていて、コンパクトなBMWの小型セダンを待っていた層にとっては楽しみな一台です。

2018年10月にワールドプレミアとの噂もあり日本導入が期待されています。

BMW2シリーズグランクーペの最新レンダリング画像!

これが「2シリーズグランクーペ」の最新レンダリングCG画像ですが、第1印象はいかがでしょうか?

スポーティ且つスタイリッシュなエクステリアとなっています。

ヘッドライトは最新のBMWのヘキサゴン型LED、シルバーのエアスプリッター付きベンチレーションもいいアクセントになっています。

近年はキドニーグリルが大型化していますがこのくらいだとバランスがいいですね。

また、近年のBMWの車種はキドニーグリルとヘッドライトがつながっているモデルが多いのですが、このレンダリング画像ではカモフラージュ姿のスパイ車両と同様に繋がってません。

プラットフォームには、「BMW2シリーズアクティブツアラー・グランツアラー」や「BMW X1」と共有する「UKL」が採用される模様なのでFFベースですが、BMWのFFモデルは熟成を重ねてきておりドライビングプレジャーの面では心配は不要でしょう。

デザインも、このCG画像や目撃されているカモフラージュ車両をみる限り問題なさそうです。

日本の道路事情にあったボディサイズ!

現在日本のBMWモデルラインナップでは4ドアセダンは現行3シリーズ(F30)、4ドアクーペは現行4シリーズグランクーペ(F36)が最小サイズのモデルとなっています。

クルマの大型化の波で3シリーズはE46→E90→F30のフルモデルチェンジでどんどん大型化しています。

現行の最小モデル1シリーズでさえも、E46型の旧3シリーズ並みのサイズ感です。

「2シリーズグランクーペ」ですが、ボディサイズ的には全長は4.5m程度になるとの予測なので、E46セダンの全長が4,470mm、F30セダンが全長4,520mmの中間あたりのサイズになるのではないでしょうか。

駐車場などでの停め安さも考慮し、全幅も1,800mm以内でお願いしたいですね。

ライバル車は?

輸入車のコンパクト4ドアクーペのセグメントでのライバル車は同じドイツのメルセデスベンツCLAが一番のライバル車となりそうです。

日本自動車輸入組合(JAIA)が発表している国メーカー車モデル別トップ20の資料によると2017年1-12月合計販売台数でメルセデス・ベンツCLAは販売ランキング12位で7,430台を販売しています。

CLAはクーペ型モデルではなくシューティングブレークも販売していますのでこちらの比率も多いのかもしれないですが、BMWとしても無視できないセグメントとして認識したのかもしれないですね。

最後に

BMWの最小セダンとしては「BMW1シリーズセダン」が中国限定モデルとして存在します(上記写真)が、日本には導入されず残念な思いをしていた方は少なく無いはず。

3シリーズが大きくなりすぎたので他のBMW車種を検討したときに、2シリーズはクーペしかない、1シリーズはハッチバックモデルのみと、あまり選択肢の幅がありませんでした。

また4シリーズグランクーペよりもう少し小さめのグランクーペが欲しいと思う方もいらっしゃると思います。

紹介したBMW2シリーズグランクーペが発売され、日本市場に導入されれば上記のような層からの支持を集め、人気車種になりそうです。

4ドアの小型モデルを検討するときは、ハッチバックモデルは1シリーズ、セダンがよければ2シリーズグランクーペと、選択肢も広がり嬉しい限り。

情報によれば、2020年をワールドプレミア予定としていましたが、スケジュールが大幅に前倒しとなり今年2018年10月が有力とされています。

サイドからの流れるようなエレガンスなデザインがグランクーペのチャームポイントと言える「2シリーズグランクーペ」。

市販車ができるだけ素敵なデザインで発表されることを楽しみにしながら続報が入り次第お届けしていきます。

これがBMW最小の新型4ドアクーペだ!正式発表は10月、日本導入は | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2018/03/06/306837.html

BMW『2シリーズ』ファミリーに、新たに加わると予想されている『2シリーズグランクーペ』のレンダリングCGを入手した。スポーティなルックスとセダンのエレガンスが見事に融合されたデザインが予想されている。

関連するキーワード


BMW 車種情報 クーペ

関連する投稿


シューティングブレークとは?昔と今で意味が違うってホント?

シューティングブレークとは?昔と今で意味が違うってホント?

車を探しているときに「シューティングブレーク」という言葉を見たことがあるかもしれません。ワゴンの形の1つになっていますが、登場したときと現在では意味合いが異なっています。今回は、シューティングブレークとはどんな車なのか、また代表的な車をご紹介します。


【おすすめ5選!】今、人気のかっこいいSUVは?

【おすすめ5選!】今、人気のかっこいいSUVは?

まず車を買おうと考えた時、みなさんはどんな車種を買おうか悩みますよね。今人気のある車も気になるところです。けれど、すでに最初から購入する車種は決めていたって方も多いかもしれませんね。本記事では、今人気のかっこいいSUVの購入をご検討の方参考にして頂きたい車種を5選より直ぐってお届けしていきます。


ライバル多数!スポーツクーペ レクサス RCに勝機はあるか?!

ライバル多数!スポーツクーペ レクサス RCに勝機はあるか?!

自動車界の花形ともいえる、2ドアクーペ。近年は大衆向けのクーペはめっきり少なくなっており、欧州高級車ブランドによるプレミアムクーペが市場では多く見られます。そんな輸入車勢に真っ向から立ち向かうレクサスのクーペ、RC。果たして勝ち目はあるのでしょうか?詳しく見ていきます。


【最新版】国産・外車コンパクトSUVおすすめ10選

【最新版】国産・外車コンパクトSUVおすすめ10選

今、コンパクトSUVが熱い!ダイハツロッキーと姉妹車のトヨタライズが発売された直後から大ヒット、さらに日産からはキックスがついに国内へ導入されました。また、フォルクスワーゲンはTクロスを日本に導入して話題となっています。そこで、今回は、注目されるコンパクトSUVを国産車、外車(輸入車)から5台ずつ選んで、お勧めする10台をご紹介します。


【最新版】国産&外車 人気・おすすめコンパクトSUV10選を比較!

【最新版】国産&外車 人気・おすすめコンパクトSUV10選を比較!

人気の高いコンパクトSUV。続々と新型が発売され、多くの方が車を選ぶ際選択肢のひとつにあげられるのではないでしょうか。その中でもどんな車種がおすすめなのか、国産SUV、外車SUV(輸入車)からそれぞれピックアップし、価格、燃費、スペック、評価、レビューなどを比較できるようご紹介します。


最新の投稿


ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

もしもひき逃げ事故を起こしてしまった際に、どのように対処すべきでしょうか。さらには、被害に遭ってしまった方、事故を目撃した方もその場で適切な処置をする事が求められます。今回は、ひき逃げを起こしてしまった方、巻き込まれてしまった側、それぞれがどのように対処し、処置をしていくべきかを解説しています。


【現行イタリア高級SUV】最新4選! 価格、燃費

【現行イタリア高級SUV】最新4選! 価格、燃費

イタリアの車といえば走行性能の高さや情熱的なデザインが特徴的ですが、実は高級車の世界でも有名なブランドを多く持っています。また、今やセレブや要人が移動する時に使う車は、ハイエンドセダンではなく、ハイエンドSUVの方が多くなっているように思いませんか。高められた車高による室内の余裕と、路上でも抜群の存在感を持つSUVは、次世代の高級車として既に定着している印象もありますよね。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、イタリア車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


【現行イギリス高級SUV】最新5選! 価格、燃費

【現行イギリス高級SUV】最新5選! 価格、燃費

近年ではドイツ製高級車が市場を席巻していますが、イギリスの高級車もその独特の雰囲気や仕立て、長い歴史で高級車として定評を持っていますよね。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、イギリス車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


【大人数で乗れるSUV】最新5車種! 価格、燃費

【大人数で乗れるSUV】最新5車種! 価格、燃費

どこへでも乗っていけそうな自由さが魅力的なSUV。世界的に大人気が継続していますが、その広い室内空間を活用して3列シートを有するものもあります。いざというときは大人数で冒険にも出かけられるし、普段は3列目を格納して広々とした荷室を実現できるなど、ユーティリティ性の高さに磨きをかけた3列シートSUVをまとめてご紹介します。


アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは聞きなれない言葉ですが、元々はレーシングカーに使われていた技術です。では、このアーシングとは、一体どの様な効果があるのでしょうか?今回はこのアーシングチューニングについてご説明します。