目次へ戻る

【ジュネーブモーターショー2018】シロンより高い!ブガッティからシロン・スポーツが公開

【ジュネーブモーターショー2018】シロンより高い!ブガッティからシロン・スポーツが公開

約3億円する『シロン』よりもさらに高い『シロン・スポーツ』がジュネーブモーターショー2018で公開されました。『シロン』から2年を経て進化したブガッティの『シロン・スポーツ』の魅力をご紹介します。


シロン誕生から2年。「シロン・スポーツ」が誕生

ジュネーブモータショー2018の初日に公開されたブガッティの『シロン・スポーツ』が公開されました。

2年前のジュネーブモーターショー2016で公開された『シロン』は、3億円を超える価格と1500馬力にも及ぶ出力、そして美しいフォルムで世界のファンたちを虜にしました。

今回公開された『シロン・スポーツ』は『シロン』と比べてどのように進化したのかをご紹介します。

2年を経て生み出された『シロン・スポーツ』の進化

実は『シロン・スポーツ』は最大出力やエンジン性能は、8リットルW型16気筒エンジンに4つのターボ、1500馬力のエンジンと『シロン』から変更されていません。

しかし、スポーツの名を冠する新バージョン『シロン・スポーツ』には、細部に渡る徹底的な軽量化とハンドリング部分の調整によりさらに性能が向上しています。

18kgに及ぶ徹底的な軽量化

『シロン・スポーツ』は『シロン』と同じ出力・パフォーマンスでありながら約18kgもの徹底した軽量化が行われています。

例えば、軽量化に効果のあるカーボンファイバーを、スタビライザー、インタークーラー・カバー、新開発ウィンドスクリーン・ワイパーなど余すことなくふんだんに使用しています。

さらに、最新のホイールに変更し、リアウィンドウを軽量ガラスにすることで軽量化を成功させています。

新型のウィンドスクリーン・ワイパー

ウィンドスクリーン・ワイパーには『シロン・スポーツ』のために開発された新型ワイパーで、
業界初となるカーボンファイバー素材を採用。
通常のワイパーで必要だったジョイント部分が不要になったことで、従来のワイパーと比較して77%、1.4kgの軽量化に成功しました。

またアルミニウム製のワイパー・チップを3Dプリンターで製作するなど、細部まで軽量化への取り組みを行いました。

より攻めた走りを可能にした技術でシロンよりも5秒早く

『シロン』よりも優れているのは軽量化だけではありません。

ブガッティ開発担当者は、『シロン』よりも硬いサスペンションを設定し、ショックアブソーバーの制御ストラテジーも変更したことで平均して『シロン』よりも10%程度硬いレスポンスを返すそうです。

また、走行モードも、ハンドリング・モードを新しいセッティングにしたことで『シロン・スポーツ』ならではの走りが楽しめるようになっています。

上記の変更に加えて、リヤ・ディファレンシャルギアの最適化や、
駆動輪に個別にトルクを配分することで駆動力をコントロールするダイナミック・トルクベクタリングを追加しました。

それらの結果、『シロン・スポーツ』はコーナーでのスピードを高めることに成功。
ナルド・テストサーキットのハンドリング・コースでは、標準仕様の『シロン』よりも5秒速いラップタイムを記録しました。

エクステリア

ジュネーブモーターショー2018で公開されたボディカラーはイタリアンレッドでしたが、『シロン・スポーツ』のオーナーは「フレンチ・レーシング・ブルー」やシルバー基調の「グリ・ラファール」、ダークグレーの「ガンパウダー」などが用意されています。
ボディカラーはカラー&トリム・パッケージ・オプションにより好みの色にカスタマイズすることが可能です。

また、フロントグリル内部に赤く映える「16」の文字は、『シロン・スポーツ』が16気筒エンジンであることを示しています。

インテリア

インテリアはブラックを基調とし、コントロール類にはブラック・アルマイトになっています。

インテリアのファブリックにはアルカンターラとスムースレザーを使い分け、赤いライニングが施されています。

ダッシュボードなどは素材のカーボンファイバーをそのまま使用しています。

約3億円の『シロン』を超えた!気になる価格と納車予定は?

ブガッティ『シロン・スポーツ』の気になる価格は約265万ユーロ。
なんと、日本円にして約3.47億円です。

またアメリカで購入する場合は本体価格は約326万USドルで、日本円にして3.44億円(輸送費、関税、税、手数料などを含む)です。

ヨーロッパでもアメリカにしても、3.4億円超えと限られた人しか手に入れることのできない超高級車で、2018年末から納車が予定されているということです。

なお、現時点で何台の『シロン・スポーツ』が販売予定かは明かされていません。

まとめ

ブガッティから公開される度に話題になるスーパーカー。
本記事では『シロン』から更にパワーアップした『シロン・スポーツ』をご紹介しました。
ジュネーブモーターショー2018閉幕までに一体何台が予約されるのか楽しみです。

関連する投稿


【ジュネーブモーターショー2019】VWのパサートに初搭載!トラベルアシスト

【ジュネーブモーターショー2019】VWのパサートに初搭載!トラベルアシスト

フォルクスワーゲンは、ジュネーブモーターショー2019において、改良新型『パサート』(Volkswagen Passat)シリーズを初公開し、同車に「トラベルアシスト」(Travel Assist)を初搭載すると発表しました。 トラベルアシストとはいったい……?


【ジュネーブモーターショー2019】ルノークリオ新型にR.S.ライン登場!

【ジュネーブモーターショー2019】ルノークリオ新型にR.S.ライン登場!

ルノーはジュネーブモーターショー2019において、新型『クリオ』(Renault Clio。日本名:『ルーテシア』に相当)にスポーティーな「R.S.(ルノースポール)ライン」を設定すると発表しています。


【ジュネーブモーターショー2019】その名はダ・ヴィンチ。イタルデザインのクーペ

【ジュネーブモーターショー2019】その名はダ・ヴィンチ。イタルデザインのクーペ

イタリアのデザイン工房で、フォルクスワーゲングループに属するイタルデザインは、ジュネーブモーターショー2019において、EVコンセプトカーの『ダ・ヴィンチ』(Italdesign DaVinci)を初公開しました。


【ジュネーブモーターショー2019】その名はサメ。ジネッタのスーパーカー!

【ジュネーブモーターショー2019】その名はサメ。ジネッタのスーパーカー!

英国のジネッタは、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2019において、新型軽量スーパーカー、ジネッタ『アクーラ』(Ginetta Akula,)を初公開しました。その名もなんと「サメ」。


【その車何億円?】ブガッティ歴代車種一覧!このブガッティの価格は?

【その車何億円?】ブガッティ歴代車種一覧!このブガッティの価格は?

ブガッティ・オトモビルとはフランスに本社を置く自動車メーカーです。子会社として1998年に創業。フォルクスワーゲングループの子会社になります。ブガッティと言えば…やはり気になるのは価格なのではないでしょうか。今まで発売されてきたブガッティ、どれが一番高かったの?なんて気になっている方必見!の記事です。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。