目次へ戻る

【ジュネーブモーターショー2018】ポルシェ、EVのSUVを世界初公開!

【ジュネーブモーターショー2018】ポルシェ、EVのSUVを世界初公開!

ジュネーブモーターショー2018でポルシェのEVプロジェクト、ミッションEのSUV『ミッションE クロスツーリスモ』のコンセプトスタディモデルが公開されました。本記事では『ミッションE クロスツーリスモ』を画像と動画も含めてご紹介します。


ミッションEとは?

ポルシェはSUVタイプのEV車のコンセプトスタディモデル『ミッションE クロスツーリスモ』をジュネーブモーターショー2018で公開しました。
ミッションEはポルシェのEV車であることを示すモデルです。本記事ではミッションEの新しいラインナップとして公開された『ミッションE クロスツーリスモ』についてご紹介します。

ミッションEプロジェクトとは

『ミッションE』はフランクフルトモーターショー2015にて初公開されたポルシェ初のEVスポーツカーです。

2015年の12月にはポルシェが本格的な市販化を宣言しました。

12月4日、ポルシェ取締役会は、このミッションEプロジェクトの市販化を承認。ポルシェ初の市販EVは、2020年までに登場する予定。ポルシェ取締役のオリバー・ブルーメ会長は、「我々は電動モビリティに、断固として挑戦する。EVであっても、ポルシェはセグメントにおいて、最もスポーティかつ技術的に洗練された車を顧客に提供していく」と述べている。

2018年2月には生産体制の強化を宣言し、開発投資額も当初の30億ユーロから60億ユーロにする案も発表されました。

同時にポルシェは2017年12月にはスポーツカータイプ以外にも他のセグメントにもミッションEを派生させることを発表していました。

ポルシェは今回、このミッションEに派生モデルを計画していると発表。ポルシェによると、どのセグメントに派生EVを追加するべきか、調査しているという。

今回ジュネーブモーターショー2018で発表された『ミッションE クロスツーリスモ』は、ミッションEプロジェクトで公開された2つ目のモデルとなります。

『ミッションE クロスツーリスモ』に迫る!

ポルシェがミッションEの派生モデルとして選んだのは、近年人気が高まっているSUVタイプでした。
ポルシェの美しさはそのままに、ライフスタイルも充実させたいドライバー向けに公開された『ミッションE クロスツーリスモ』の詳細に迫ります。

『ミッションE クロスツーリスモ』エクステリア

まず、『ミッションE クロスツーリスモ』のフロント部分は、左右の大きなカーブを描くフェンダーの間に低低く構えたフロントフードを持っています。これはポルシェの代表作であるスポーツカー「911」との繋がりを感じさせます。

次に、ボディを側面から見ると『ミッションE クロスツーリスモ』がポルシェのカイエンやマカンと比較してフロントが長くシャープな印象であることがわかります。

また、ホイールやフロントライト、サイドミラーなど随所にブルーのラインが散りばめられています。

リア部分から見ると、ポルシェの特徴であるルーフから後方にかけてなだらかに傾斜するようにデザインされた「フライライン」もポルシェらしさを感じさせます。

もちろん、SUVの用途に合わせ、フロントからリアまで広がる大型のパノラマルーフで開放感を味わうことも可能です。

リアに光る”PORSCHE”ロゴは立体的なガラスを使用しており、随所にあしらわれたラインと同様にブルーの明かりで照らされています。

『ミッションE グランツーリスモ』インテリア

次にインテリアをご紹介します。
4人乗りの室内シートはミッションEと同じく2分割の軽量シートで、ブルーのシートベルトがアクセントになっています。

液晶表示のモニターは、ポルシェが提供するスマートフォンアプリと連携し、事前に目的地などを決めておくことが可能です。

ポルシェドローンで目的地の絶景を収められる

さらに、コンセプトカーには車に搭載されたポルシェロゴのドローンの姿も。
このドローンはタッチパネルの操作によって車から飛び立ち美しい景色を収めてくれるようです。

ポルシェ『ミッションE クロスツーリスモ』予測されている基本スペック

ミッションEクロスツーリスモに予測されている基本スペックは以下の通りです。

■全長:4950mm
全幅1990mm

■2基のモーターを装着。
パワートレインにはミッションEと同じく2基のモーターを搭載し、最大出力600ps、0-100km/h加速3.5秒、0-200km/h加速12秒以内のハイパフォーマンスを発揮。

■インダクティブ充電(非接触充電)が可能。
例えば、床に充電設備を埋め込むことで、駐車するだけで充電が可能。


■従来のEV車の2倍である800Vの電池システムを採用
通常のEV車は400Vですが、その2倍の電池システムを採用予定

まとめ

ポルシェのEV車であるミッションEからは、4ドアスポーツカーに加えて今回のSUVがラインナップに加わりました。

市販は2019〜2020年を目指していますが、市販化が待ち遠しいですね。

関連する投稿


【フランクフルトモーターショー2019】ついに来たランドローバー ディフェンダー新型

【フランクフルトモーターショー2019】ついに来たランドローバー ディフェンダー新型

ランドローバーは9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2019において、新型『ディフェンダー』(Land Rover Defender)を初公開しています。本記事では最新情報とともに最新画像もまとめています。


【フランクフルトモーターショー2019】ランボルギーニのHV シアン初公開

【フランクフルトモーターショー2019】ランボルギーニのHV シアン初公開

9月10日からドイツのフランクフルトで開催されているフランクフルトモーターショー。同ショーにてランボルギーニ初となるHVカー、シアンが初公開されました。いったいどんなスペックを誇るのか?最新の画像を含めてまとめています。


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催概要・出展車など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催概要・出展車など最新情報まとめ

東京モーターショー2019が、10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・ワールドプレミア・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。【9月10日更新】


【2019年保存版】2019年世界の主要モーターショー スケジュールまとめ

【2019年保存版】2019年世界の主要モーターショー スケジュールまとめ

世界中で開催されている海外のモーターショー。本記事では2019年に開催決定&開催が予定されているモーターショー情報をまとめています。東京モーターショー、フランクフルトモーターショー、ジュネーブモーターショー、デトロイトモーターショー、ロンドンモーターショー他。公式サイトへのリンクも貼っています。随時更新予定です。


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


最新の投稿


道の駅日光ってどんな場所?その魅力を徹底追及

道の駅日光ってどんな場所?その魅力を徹底追及

この記事を読んでいるということは近々栃木県に旅行するときの休憩所を探しているのではないでしょうか?それなら道の駅日光がおすすめです。この記事では道の駅日光のアクセス方法だけでなく、魅力やスポットをお伝えします。これを読めば栃木に行く際に必ず行きたくなること間違いなしです。


【おすすめ10選】居眠り運転対策!眠気覚ましグッズ

【おすすめ10選】居眠り運転対策!眠気覚ましグッズ

電車事故でも話題になった居眠り運転。電車だけでなく、自動車走行中の事故の原因でも居眠りは問題となっています。事故を起こさないためにも、何か起こすことがないように、突然の睡魔に襲われないよう眠気を覚ますグッズをご紹介します。


【おすすめ10選】超便利!車の収納グッズ

【おすすめ10選】超便利!車の収納グッズ

車を綺麗に使いたいと思う方は多いと思います。しかし、寛げばくつろぐほどに、ゴミが出たり車内便利グッズが増えてしまったりしていませんか?今回は、トランク、シートの隙間、シートの背中部分などに設置できる様々な用途の収納グッズをご紹介します。


【道の駅 みつ】食べてよし!遊んでよし!瀬戸内を一望できる道の駅

【道の駅 みつ】食べてよし!遊んでよし!瀬戸内を一望できる道の駅

兵庫県たつの市にある道の駅 みつ。京都や大阪からは少し遠い場所にありますが、瀬戸内を一望できる場所にある道の駅です。今回は、道の駅 みつの見どころをたっぷり紹介していきます。


淡路島で渦潮もお土産も「道の駅うずしお」の見どころ紹介

淡路島で渦潮もお土産も「道の駅うずしお」の見どころ紹介

淡路島と四国を結ぶ大鳴門橋に一番近く、渦潮を一望できる絶景スポットが有るのはご存知ですか?道の駅うずしおので渦潮に出会うためのタイミングやお土産、グルメ情報をご紹介します。