目次へ戻る

【ジュネーブモーターショー2018】ポルシェ、EVのSUVを世界初公開!

【ジュネーブモーターショー2018】ポルシェ、EVのSUVを世界初公開!

ジュネーブモーターショー2018でポルシェのEVプロジェクト、ミッションEのSUV『ミッションE クロスツーリスモ』のコンセプトスタディモデルが公開されました。本記事では『ミッションE クロスツーリスモ』を画像と動画も含めてご紹介します。


ミッションEとは?

ポルシェはSUVタイプのEV車のコンセプトスタディモデル『ミッションE クロスツーリスモ』をジュネーブモーターショー2018で公開しました。
ミッションEはポルシェのEV車であることを示すモデルです。本記事ではミッションEの新しいラインナップとして公開された『ミッションE クロスツーリスモ』についてご紹介します。

ミッションEプロジェクトとは

『ミッションE』はフランクフルトモーターショー2015にて初公開されたポルシェ初のEVスポーツカーです。

2015年の12月にはポルシェが本格的な市販化を宣言しました。

12月4日、ポルシェ取締役会は、このミッションEプロジェクトの市販化を承認。ポルシェ初の市販EVは、2020年までに登場する予定。ポルシェ取締役のオリバー・ブルーメ会長は、「我々は電動モビリティに、断固として挑戦する。EVであっても、ポルシェはセグメントにおいて、最もスポーティかつ技術的に洗練された車を顧客に提供していく」と述べている。

2018年2月には生産体制の強化を宣言し、開発投資額も当初の30億ユーロから60億ユーロにする案も発表されました。

同時にポルシェは2017年12月にはスポーツカータイプ以外にも他のセグメントにもミッションEを派生させることを発表していました。

ポルシェは今回、このミッションEに派生モデルを計画していると発表。ポルシェによると、どのセグメントに派生EVを追加するべきか、調査しているという。

今回ジュネーブモーターショー2018で発表された『ミッションE クロスツーリスモ』は、ミッションEプロジェクトで公開された2つ目のモデルとなります。

『ミッションE クロスツーリスモ』に迫る!

ポルシェがミッションEの派生モデルとして選んだのは、近年人気が高まっているSUVタイプでした。
ポルシェの美しさはそのままに、ライフスタイルも充実させたいドライバー向けに公開された『ミッションE クロスツーリスモ』の詳細に迫ります。

『ミッションE クロスツーリスモ』エクステリア

まず、『ミッションE クロスツーリスモ』のフロント部分は、左右の大きなカーブを描くフェンダーの間に低低く構えたフロントフードを持っています。これはポルシェの代表作であるスポーツカー「911」との繋がりを感じさせます。

次に、ボディを側面から見ると『ミッションE クロスツーリスモ』がポルシェのカイエンやマカンと比較してフロントが長くシャープな印象であることがわかります。

また、ホイールやフロントライト、サイドミラーなど随所にブルーのラインが散りばめられています。

リア部分から見ると、ポルシェの特徴であるルーフから後方にかけてなだらかに傾斜するようにデザインされた「フライライン」もポルシェらしさを感じさせます。

もちろん、SUVの用途に合わせ、フロントからリアまで広がる大型のパノラマルーフで開放感を味わうことも可能です。

リアに光る”PORSCHE”ロゴは立体的なガラスを使用しており、随所にあしらわれたラインと同様にブルーの明かりで照らされています。

『ミッションE グランツーリスモ』インテリア

次にインテリアをご紹介します。
4人乗りの室内シートはミッションEと同じく2分割の軽量シートで、ブルーのシートベルトがアクセントになっています。

液晶表示のモニターは、ポルシェが提供するスマートフォンアプリと連携し、事前に目的地などを決めておくことが可能です。

ポルシェドローンで目的地の絶景を収められる

さらに、コンセプトカーには車に搭載されたポルシェロゴのドローンの姿も。
このドローンはタッチパネルの操作によって車から飛び立ち美しい景色を収めてくれるようです。

ポルシェ『ミッションE クロスツーリスモ』予測されている基本スペック

ミッションEクロスツーリスモに予測されている基本スペックは以下の通りです。

■全長:4950mm
全幅1990mm

■2基のモーターを装着。
パワートレインにはミッションEと同じく2基のモーターを搭載し、最大出力600ps、0-100km/h加速3.5秒、0-200km/h加速12秒以内のハイパフォーマンスを発揮。

■インダクティブ充電(非接触充電)が可能。
例えば、床に充電設備を埋め込むことで、駐車するだけで充電が可能。


■従来のEV車の2倍である800Vの電池システムを採用
通常のEV車は400Vですが、その2倍の電池システムを採用予定

まとめ

ポルシェのEV車であるミッションEからは、4ドアスポーツカーに加えて今回のSUVがラインナップに加わりました。

市販は2019〜2020年を目指していますが、市販化が待ち遠しいですね。

関連する投稿


【あの991型の最終モデル降臨】ポルシェ 911 スピードスター 新型!価格は約3000万円

【あの991型の最終モデル降臨】ポルシェ 911 スピードスター 新型!価格は約3000万円

ポルシェは、新型『911スピードスター』のドイツ本国ベース価格を、26万9274ユーロ(約3320万円)と発表しました。「991」型ポルシェ『911』の最終モデルになる、としているこの911スピードスター。最新情報をお届けです!


【日本発売は?】レクサス初のミニバンLM300h!上海モーターショーで初公開

【日本発売は?】レクサス初のミニバンLM300h!上海モーターショーで初公開

レクサスは、4月16日に開幕した上海モーターショー2019で、レクサスブランド初となるミニバンタイプの新型車『LM』(LM300h)を世界初公開しました。大注目のLMの最新情報について見ていきましょう。最新のエクステリア画像・インテリア画像も満載です。そして一番気になるポイント…日本導入はあるんでしょうか?


【ニューヨークモーターショー2019】スバルのアウトバック 新型発表へ

【ニューヨークモーターショー2019】スバルのアウトバック 新型発表へ

スバルの米国部門は4月10日、米国で4月17日に開幕するニューヨークモーターショー2019において、新型『アウトバック』(日本名:『レガシィ アウトバック』に相当)を初公開すると発表しました。


【上海モーターショー】トヨタのC-HR(シーエイチアール)のEVがついに登場!!!

【上海モーターショー】トヨタのC-HR(シーエイチアール)のEVがついに登場!!!

トヨタは、上海モーターショーにてSUVのC-HRのEVモデルをワールドプレミアすると発表しました。


【ジュネーブモーターショー2019】VWのパサートに初搭載!トラベルアシスト

【ジュネーブモーターショー2019】VWのパサートに初搭載!トラベルアシスト

フォルクスワーゲンは、ジュネーブモーターショー2019において、改良新型『パサート』(Volkswagen Passat)シリーズを初公開し、同車に「トラベルアシスト」(Travel Assist)を初搭載すると発表しました。 トラベルアシストとはいったい……?


最新の投稿


トヨタのミニバン イプサム|燃費やスペック・サイズ、中古価格までを一覧で紹介

トヨタのミニバン イプサム|燃費やスペック・サイズ、中古価格までを一覧で紹介

トヨタの人気ミニバン「イプサム」の歴代モデルの性能や燃費・中古価格などをまとめていきます。「イプサム」に乗り換えを検討されている方は是非参考にしてください。


【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

熱い視線が注がれているトヨタの新型RAV4。買うかどうか迷っている…。家族になんと説明しようか…。いや、でもなあ…。なんて頭を抱えてお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな悩めるあなたに、本記事ではRAV4新型の試乗記をまとめました。生のRAV4新型の試乗記を読んで、検討の材料にしてみてくださいね!


熊本を訪れたらぜひ立ち寄りたい道の駅10選

熊本を訪れたらぜひ立ち寄りたい道の駅10選

熊本県には道の駅が多数存在しており、地元の名物が買えたり人気のフードが食べられたりするところがあります。 そんな熊本ので人気のある道の駅を10選集めてみました。


【最新鋭の商用トラック】日野 プロフィア|価格・特徴を紹介

【最新鋭の商用トラック】日野 プロフィア|価格・特徴を紹介

約13年ぶりにモデルチェンジした日野の大型トラック「プロフィア」の最新装備や、価格から特徴とその魅力などについてご紹介していきます。


マクラーレン新型スーパーカーGTが登場!カシミア素材がオプションで追加!?

マクラーレン新型スーパーカーGTが登場!カシミア素材がオプションで追加!?

マクラーレンオートモーティブは5月15日、新型スーパーカーのマクラーレン『GT』(McLaren GT)を発表しました。4.0リットルV8ツインターボ搭載。0-100km/h加速3.2秒、最高速326km/hとのこと。気になる最新情報をまとめました。