目次へ戻る

ホンダのミニバン ジェイドがマイナーチェンジで5月に発売!最新情報

ホンダのミニバン ジェイドがマイナーチェンジで5月に発売!最新情報

ホンダは、5月にマイナーモデルチェンジを予定しているミニバン『ジェイド』に関する情報を、ホームページで先行公開しました。今わかっている最新情報をお届けいたします。


ホンダ ジェイド 改良新型 ホームページにて先行公開中!

5シーターに変更され、ホンダセンシングも標準装備

ホンダは、5月にマイナーモデルチェンジを予定しているミニバン『ジェイド』に関する情報を、ホームページで先行公開しました。

今回のジェイドのモデルチェンジでは、ダウンサイジングターボ搭載の「ジェイドRS」を2列5人乗り仕様へ変更するとともに、新たに「スポーツハイブリッド i-DCD」を搭載した仕様も追加設定します。

またRS専用色として「プレミアムクリスタルオレンジ・メタリック」や、ブラックルーフ仕様を追加しています。

安全運転支援システム「ホンダ センシング」は全タイプ標準装備としています。

ホンダ ジェイド新型エクステリア画像

ホンダ・ジェイド改良新型

ホンダ・ジェイド改良新型

ホンダ・ジェイド改良新型

ホンダ ジェイド新型インテリア画像

ホンダ・ジェイド改良新型

ホンダ・ジェイド改良新型

ホンダ・ジェイド改良新型

ホンダのジェイドとは

ホンダのジェイドは、3列シートミニバンです。

2013年から中国向けに販売されていましたが、2015年以降日本でも販売されています。

日本仕様はハイブリッド専用車の位置づけとなっています。2017年に仕様変更が行われました。

ホンダ 現行ジェイド スペック

 
【ホンダ ジェイド(HIBRID)】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,650×1,775×1,530mm(ホイールベース:2,760mm)
室内長×室内幅×室内高2,850×1,505×1,230mm
最大乗車定員6名
車両重量1,510kg
燃費JC08モード:25.0km/L
エンジン種類水冷直列4気筒横置き
最高出力(kW(PS)/rpm)96kW (131PS) /6,600rpm
最大トルク(N・m/rpm)155N·m (15.8kgf·m) /4600rpm
タンク容量 40L
駆動方式FF
トランスミッション7速オートマチック

ホンダ 現行ジェイド レビュー・試乗感想

殆んどずっと単身赴任で鹿児島から熊本や福岡で仕事をしています。前に乗ってた2300ccのアコードワゴンでは運転が面白くて疲れなかったのですが、ハイオクガソリンと燃費もリッター12キロがせいぜいだったのが、3月末にジェイドを買ってから、運転も楽しいし燃費もいいし、ボディ剛性もゴルフ並みで、ギシギシ音もなく快適です。もちろん燃費も高速でリッター23キロ、街中でも15キロを切ることはありません。EVを積極的に使うと街中でも17キロ位は行ってます。
そしてホンダセンシングも快適で高速運転も楽で、加速も良く、鹿児島~福岡往復も疲れません。今まで乗ったどの車より大満足です。

最後に

ホンダのミニバン、ジェイドがマイナーチェンジを実施して5月に発売予定です。今のところ先行情報サイトに詳細な情報は掲載されていませんが、今後情報が入り次第、本記事も更新していく予定です。

車の乗り替えを考えているみなさま、改良新型ジェイドはいかがですか。

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【オートカラーアウォード2018】今年の受賞はホンダのN-VAN

【オートカラーアウォード2018】今年の受賞はホンダのN-VAN

日本流行色協会(JAFCA)が毎年、最も魅力的な車両のカラーデザインを選ぶ「オートカラーアウォード」。 2018年はホンダ『N-VAN』のカラーリングがグランプリに輝きました。またトヨタ『JPN TAXI』には特別賞が授与されています。


軽トラもここまでくると欲しくなる!特別仕様車「アクティトラック・スピリットカラースタイル」登場!

軽トラもここまでくると欲しくなる!特別仕様車「アクティトラック・スピリットカラースタイル」登場!

ホンダの軽トラック「アクティ・トラック」に、タイプ「TOWN」をベースにホンダの四輪車の原点となるT360誕生55周年を記念した特別仕様車「スピリットカラースタイル」を11月9日から発売しました。ダイハツがハイゼットトラックに農業女子向けに設定した仕様など、最近の軽トラはオシャレ度が高いのでまとめて紹介していきます。


【ロサンゼルスモーターショー2018】CR-Vの兄貴分!ホンダ パスポート 新型

【ロサンゼルスモーターショー2018】CR-Vの兄貴分!ホンダ パスポート 新型

ホンダの米国部門は、米国で開催したロサンゼルスモーターショー2018のプレビューイベントにおいて、新型『パスポート』(Honda Passport)を初公開しました。このパスポート、CR-Vの兄貴分ともいえるSUVなんです。


【カッコカワイイ】四角くてかくかくしたキュービックな車たち

【カッコカワイイ】四角くてかくかくしたキュービックな車たち

セダンも、クーペも、みんな違ってみんないいけど、やっぱり僕は私はかくかくした四角い車が好きだ!そんな人はいませんか?本記事ではそんな貴方のために、新車で購入できる四角い車をまとめてみました。思わず欲しくなってしまうこと間違いなし!


最新の投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。