目次へ戻る

スーパーカーも完全自動運転の時代!?リマックのEVハイパーカーとは

スーパーカーも完全自動運転の時代!?リマックのEVハイパーカーとは

エヌビディア(NVIDIA)は、クロアチアのリマック・アウトモビリ社がジュネーブモーターショー2018で初公開した新型EVハイパーカー、リマック『C_Two』に、エヌビディアのレベル4の自動運転システムが採用されたと発表しました。スーパーカーも完全自動運転の時代!?なのでしょうか。


新型EVハイパーカー、リマック『C_Two』登場

エヌビディア(NVIDIA)は、クロアチアのリマック・アウトモビリ社がジュネーブモーターショー2018で初公開した新型EVハイパーカー、リマック『C_Two』に、エヌビディアのレベル4の自動運転システムが採用されたと発表しました。

レベル4の自動運転が可能!?

このリマックC_Twoが、エヌビディアのAI車載コンピュータ「NVIDIA DRIVE」を採用しています。

これにより、レベル4の自動運転を可能にするとのこと。

レベル4は、特定の場所ですべての操作が完全に自動化されるもの。レベル3同様、特定の場所に限り車が交通状況を認知して、運転に関わる全ての操作を行います。

さらにレベル4では、緊急時の対応も自動運転システムに操作を委ねます。自動運転システムを利用している限り、ドライバーの運転操作は必要ないそうです。

リマックC_Twoの気になるスペックとは

リマックC_Twoは、モーターが最大出力1914hp、最大トルク234.5kgmを発生。

強力なモーターは、0~96km/h加速1.85秒、最高速412km/hと、世界最高峰の性能を発揮します。

バッテリーは、蓄電容量が120kWhと大容量のリチウムニッケル。1回の充電での航続は、最大650kmの性能を備えます。

充電は急速チャージャーを利用すれば、バッテリーの80%の容量をおよそ30分で充電可能です。

最後に

完全自動運転がここまできているとは・・・と思わせるような最新情報をお届けいたしました。

スーパーカーが完全自動運転になったら、みなさんはどう思いますか???みなさんのアンケートをとってみたいものです!!

関連するキーワード


スーパーカー

関連する投稿


【ジュネーブモーターショー2019】その名はサメ。ジネッタのスーパーカー!

【ジュネーブモーターショー2019】その名はサメ。ジネッタのスーパーカー!

英国のジネッタは、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2019において、新型軽量スーパーカー、ジネッタ『アクーラ』(Ginetta Akula,)を初公開しました。その名もなんと「サメ」。


【受注開始】マクラーレン 600LTスパイダー!気になる価格は3000万円超!

【受注開始】マクラーレン 600LTスパイダー!気になる価格は3000万円超!

マクラーレンオートモーティブは、マクラーレン『600LTスパイダー』(McLaren 600LT Spider)の日本での受注を開始したと発表しています。気になる価格はなんと3226万8000円です。


日産のスーパーカー!GT-Rに2019年モデル登場!ベース価格は約1130万円

日産のスーパーカー!GT-Rに2019年モデル登場!ベース価格は約1130万円

日産のGT-Rに2019年モデルが登場です。日産の米国部門はGT-Rの2019年モデルを発表しました。米国でのベース価格は9万9990ドル(約1130万円)とのことです。どういった部分が刷新されたのでしょうか。


【初心者向け】ランボルギーニの本流!アヴェンタドールってどんな車なの?

【初心者向け】ランボルギーニの本流!アヴェンタドールってどんな車なの?

ランボルギーニと聞くと、車に詳しくない人でもカッコイイスーパーカーというイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。しかし、ランボルギーニと言っても、現行モデルだけでもいろんな車種があるんです!本記事で改めてご紹介するのはアヴェンタドール。V12エンジンを搭載したランボルギーニの本流、アヴェンタドールを紹介します


【量産車世界最強】米国生まれの新型ハイパーカーその名は『ヴェノムF5』

【量産車世界最強】米国生まれの新型ハイパーカーその名は『ヴェノムF5』

米国のヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング社は8月24~26日、米国で開催された「The Quail, Motor sports Gathering」において、新型ハイパーカー『ヴェノムF5』(Hennessey Venom F5)のエンジンの詳細を発表しています。ヴェノムF5、気になるエンジンは一体?


最新の投稿


レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

トヨタのレジアスエースは、トヨタで生産、販売されているキャブオーバー型のバンです。ハイエースの姉妹車で、1999年に発売されました。2004年には現行モデルの2代目レジアスエースが発売されています。本記事ではレジアスエースについてご紹介します。


車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

テレビCMでもよく見かけるダイハツの軽トールワゴン「ウェイク」は高い性能で注目を集めている車です。ウェイクの数ある長所の中でも特に注目されている部分は「車中泊もできる」と言われている室内容積の広さでしょう。今回はウェイクの気になる特徴や燃費をご紹介します。ぜひ購入にあたっての参考にしてください。


アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

マツダとの技術協力によって、生み出されたアバルトの「124スパイダー」の性能から燃費、中古価格などをまとめてみました。


レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

高級車レクサス。そのレクサスの中でもかなりラグジュアリーなSUV、それがLXです。本記事ではそんなLXの内装画像をまとめました。LXを購入検討している方、レクサス最高峰のSUVの内装がどうなっているのか気になるという方はぜひ本記事を読んでみてください。


アルファロメオの4C/スパイダー 性能・価格・中古価格・試乗評価ほか

アルファロメオの4C/スパイダー 性能・価格・中古価格・試乗評価ほか

アルファロメオの4C(フォーシー)とは、イタリアの自動車メーカーであるアルファロメオが製造をしているミッドシップのスポーツカーです。アルファロメオ初のミッドシップの量産市販車でもあります。クーペタイプと、スパイダーのタイプがあります。本記事ではそんなアルファロメオの4C・スパイダーの性能・価格・中古価格・試乗評価についてまとめています。