目次へ戻る

【ジュネーブモーターショー2018】タイヤ自ら空気を浄化!?タイヤの進化に迫る

【ジュネーブモーターショー2018】タイヤ自ら空気を浄化!?タイヤの進化に迫る

ジュネーブモーターショーでは数多くの最新テクノロジーを搭載した車が出展されていますが、もちろん、最新テクノロジーを採用しているのは車だけではないんです。今回ご紹介するのは、ハイテクなタイヤです。


空気を浄化してくれる!?人にも環境にも優しいタイヤ「Oxygene(オキシジェン)」

グッドイヤーは、ジュネーブモーターショー2018において、空気を浄化する機能を持たせたコンセプトタイヤを発表しました。

【タイヤとは】空気を浄化してくれる!その驚きの性能に迫る

グッドイヤーのコンセプトタイヤ「オキシジェン」

このコンセプトタイヤは、『Oxygene(オキシジェン)』と命名。サイドウォール内で苔を生息させるユニークな構造が特徴。

この独特のタイヤの構造とトレッドデザインは、路面から水滴や水分を吸収して循環させるため、光合成が起こり、空気中に酸素を放出します。

オキシジェンでは、独自のトレッドを通して路面から水分を吸収。

また、空気中の二酸化炭素を取り込み、サイドウォールに生息させた苔の光合成を促すことで酸素を放出する仕組みになっています。

グッドイヤーによれば、約250万台の車両を擁するフランス・パリと同規模の都市では、オキシジェンが年間およそ3000トンの酸素を生成。年間4000トン以上の二酸化炭素を吸収することになる、としています。

EVの性能を向上させるタイヤ爆誕

グッドイヤーのエフィシェントグリップ・パフォーマンスのプロトタイプ(ジュネーブモーターショー2018)

そして、またまたグッドイヤーからご紹介。

グッドイヤーは、ジュネーブモーターショー2018において、EVの性能を向上させる新しいタイヤ技術を発表しました。

EV性能を向上させてくれるタイヤとはいったいどんな仕組みになっているのでしょうか。

エネルギー消費を抑えてくれる!魅惑の仕組みとは

このタイヤは、「エフィシェントグリップ パフォーマンス」のプロトタイプ。成長を続けるEV市場に向けた試作タイヤです。

グッドイヤーのテストによると、EVのモーターからの強力で瞬間的なトルクの立ち上がりと重いバッテリーの影響で、従来のタイヤでは、最大で30%早く摩耗する可能性があることが判明したそうです。

そのため、今回展示されていたエフィシェントグリップ パフォーマンスのプロトタイプでは、トレッドのより薄いサイプ(小さな溝)を採用しました。

従来よりも路面に対して、横方向に広い面積でのトレッドゴムの接触を可能にしています。より多くのトレッドゴムが路面に接触するため、タイヤは濡れた路面でも高いグリップ性能を維持しながら、高いレベルのトルクを実現。

また、このトレッド設計は音波がトレッドの溝に入るのを防ぎ、タイヤの車内音および通過ノイズを低減させます。

さらに、タイヤの空洞形状は、高性能を実現するために最適なトレッド接地形状を維持しながら、バッテリーによる車両への付加重量に対応できるように最適化しました。

トレッドコンパウンドの材料特性は、超低転がり抵抗実現のために調整されており、高レベルのトルクに対応しながら、車両の走行可能距離の延長に寄与します。

サイドウォールは空気力学的抵抗を低減するように設計。プロファイルは回転質量を低減し、結果的にはエネルギー消費を抑える、としています。

発売は2019年か

発売時期は今のところ2019年ごろとのこと。

EVカーを持っている人はぜひとも履き替えを考えてみてはどうでしょうか。

最後に

本記事では、気になるハイテクタイヤについてご紹介いたしました。

車の進化だけではなく、車まわりもかなり進化しているということがわかりますね!!!ジュネーブモーターショー2018は18日まで開催中です。

関連する投稿


【日本発売は?】レクサス初のミニバンLM300h!上海モーターショーで初公開

【日本発売は?】レクサス初のミニバンLM300h!上海モーターショーで初公開

レクサスは、4月16日に開幕した上海モーターショー2019で、レクサスブランド初となるミニバンタイプの新型車『LM』(LM300h)を世界初公開しました。大注目のLMの最新情報について見ていきましょう。最新のエクステリア画像・インテリア画像も満載です。そして一番気になるポイント…日本導入はあるんでしょうか?


【ニューヨークモーターショー2019】スバルのアウトバック 新型発表へ

【ニューヨークモーターショー2019】スバルのアウトバック 新型発表へ

スバルの米国部門は4月10日、米国で4月17日に開幕するニューヨークモーターショー2019において、新型『アウトバック』(日本名:『レガシィ アウトバック』に相当)を初公開すると発表しました。


【上海モーターショー】トヨタのC-HR(シーエイチアール)のEVがついに登場!!!

【上海モーターショー】トヨタのC-HR(シーエイチアール)のEVがついに登場!!!

トヨタは、上海モーターショーにてSUVのC-HRのEVモデルをワールドプレミアすると発表しました。


【ジュネーブモーターショー2019】VWのパサートに初搭載!トラベルアシスト

【ジュネーブモーターショー2019】VWのパサートに初搭載!トラベルアシスト

フォルクスワーゲンは、ジュネーブモーターショー2019において、改良新型『パサート』(Volkswagen Passat)シリーズを初公開し、同車に「トラベルアシスト」(Travel Assist)を初搭載すると発表しました。 トラベルアシストとはいったい……?


【ジュネーブモーターショー2019】ルノークリオ新型にR.S.ライン登場!

【ジュネーブモーターショー2019】ルノークリオ新型にR.S.ライン登場!

ルノーはジュネーブモーターショー2019において、新型『クリオ』(Renault Clio。日本名:『ルーテシア』に相当)にスポーティーな「R.S.(ルノースポール)ライン」を設定すると発表しています。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。