目次へ戻る

【ジュネーブモーターショー2018】タイヤ自ら空気を浄化!?タイヤの進化に迫る

【ジュネーブモーターショー2018】タイヤ自ら空気を浄化!?タイヤの進化に迫る

ジュネーブモーターショーでは数多くの最新テクノロジーを搭載した車が出展されていますが、もちろん、最新テクノロジーを採用しているのは車だけではないんです。今回ご紹介するのは、ハイテクなタイヤです。


空気を浄化してくれる!?人にも環境にも優しいタイヤ「Oxygene(オキシジェン)」

グッドイヤーは、ジュネーブモーターショー2018において、空気を浄化する機能を持たせたコンセプトタイヤを発表しました。

【タイヤとは】空気を浄化してくれる!その驚きの性能に迫る

グッドイヤーのコンセプトタイヤ「オキシジェン」

このコンセプトタイヤは、『Oxygene(オキシジェン)』と命名。サイドウォール内で苔を生息させるユニークな構造が特徴。

この独特のタイヤの構造とトレッドデザインは、路面から水滴や水分を吸収して循環させるため、光合成が起こり、空気中に酸素を放出します。

オキシジェンでは、独自のトレッドを通して路面から水分を吸収。

また、空気中の二酸化炭素を取り込み、サイドウォールに生息させた苔の光合成を促すことで酸素を放出する仕組みになっています。

グッドイヤーによれば、約250万台の車両を擁するフランス・パリと同規模の都市では、オキシジェンが年間およそ3000トンの酸素を生成。年間4000トン以上の二酸化炭素を吸収することになる、としています。

EVの性能を向上させるタイヤ爆誕

グッドイヤーのエフィシェントグリップ・パフォーマンスのプロトタイプ(ジュネーブモーターショー2018)

そして、またまたグッドイヤーからご紹介。

グッドイヤーは、ジュネーブモーターショー2018において、EVの性能を向上させる新しいタイヤ技術を発表しました。

EV性能を向上させてくれるタイヤとはいったいどんな仕組みになっているのでしょうか。

エネルギー消費を抑えてくれる!魅惑の仕組みとは

このタイヤは、「エフィシェントグリップ パフォーマンス」のプロトタイプ。成長を続けるEV市場に向けた試作タイヤです。

グッドイヤーのテストによると、EVのモーターからの強力で瞬間的なトルクの立ち上がりと重いバッテリーの影響で、従来のタイヤでは、最大で30%早く摩耗する可能性があることが判明したそうです。

そのため、今回展示されていたエフィシェントグリップ パフォーマンスのプロトタイプでは、トレッドのより薄いサイプ(小さな溝)を採用しました。

従来よりも路面に対して、横方向に広い面積でのトレッドゴムの接触を可能にしています。より多くのトレッドゴムが路面に接触するため、タイヤは濡れた路面でも高いグリップ性能を維持しながら、高いレベルのトルクを実現。

また、このトレッド設計は音波がトレッドの溝に入るのを防ぎ、タイヤの車内音および通過ノイズを低減させます。

さらに、タイヤの空洞形状は、高性能を実現するために最適なトレッド接地形状を維持しながら、バッテリーによる車両への付加重量に対応できるように最適化しました。

トレッドコンパウンドの材料特性は、超低転がり抵抗実現のために調整されており、高レベルのトルクに対応しながら、車両の走行可能距離の延長に寄与します。

サイドウォールは空気力学的抵抗を低減するように設計。プロファイルは回転質量を低減し、結果的にはエネルギー消費を抑える、としています。

発売は2019年か

発売時期は今のところ2019年ごろとのこと。

EVカーを持っている人はぜひとも履き替えを考えてみてはどうでしょうか。

最後に

本記事では、気になるハイテクタイヤについてご紹介いたしました。

車の進化だけではなく、車まわりもかなり進化しているということがわかりますね!!!ジュネーブモーターショー2018は18日まで開催中です。

関連する投稿


東京ビッグサイト周辺の駐車場情報 19選!アクセス 移動時間も紹介

東京ビッグサイト周辺の駐車場情報 19選!アクセス 移動時間も紹介

東京モーターショーや東京おもちゃショーなど様々なイベントが開催される東京ビッグサイト。こちらの記事では車で東京ビッグサイトまで行くという方のために、周辺の駐車場情報をビッグサイトまでの移動手段(徒歩か電車か)や、徒歩でかかる時間、駐車場の混雑に関連する情報をお届けしています。


【パリモーターショー2018】今年で120周年! 最新情報

【パリモーターショー2018】今年で120周年! 最新情報

今年で120周年を迎える世界最古のモーターショー。それがパリモーターショーです。すでに、パリモーターショー2018の概要が発表されました。今年は名称も“ル・モンディアル・ド・ロートモービル”から、“ル・モンディアル”へと変えるとともに、大きく構成等を変更しての開催となります。新型車情報やワールドプレミア他随時更新。


【フォトレポート】「TRIUMPH RIOT 7th」富士北麓にオールドトライアンフが集結

【フォトレポート】「TRIUMPH RIOT 7th」富士北麓にオールドトライアンフが集結

2018年5月20日に山梨県・富士北麓駐車場で開催された、オールドトライアンフが集結するミーティングイベント「TRIUMPH RIOT 7th」(トライアンフライオット)の様子をフォトレポートで紹介します。


ヴェヌーシア?イゾア?日本人の知らない北京の日本車たち

ヴェヌーシア?イゾア?日本人の知らない北京の日本車たち

海外で販売される日本車には、日本国内では販売されない車種も多くあります。北京モーターショーでは、特に中国専用車種が多く見られ、日本の自動車メーカーからも多くの中国専用車種が多く見られました。そこで、我々が知らないそれらの日本の自動車メーカーが出展した中国専用車種をご紹介してみましょう。


【北京モーターショー2018】6年ぶり復活!ホンダのインスパイア

【北京モーターショー2018】6年ぶり復活!ホンダのインスパイア

ホンダと東風汽車の中国合弁、東風ホンダは中国で開催中の北京モーターショー2018において、『インスパイア・コンセプト』を初公開しました。復活は実に6年ぶりのことになります。最新情報をお届けいたします。


最新の投稿


画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

DMMが6月5日に車査定アプリ、「DMM AUTO」をiOS版にて、7月20日にAndoroid版をダウンロードしました。本記事ではたった3枚の写真と質問項目に答えるだけで、すぐにマイカーの査定が完了する「DMM AUTO」についてご紹介します。


BMW M235iクーペ スペック  車種情報 試乗評価 中古価格は?

BMW M235iクーペ スペック 車種情報 試乗評価 中古価格は?

あなたはBMW M235iを知っていますか。1シリーズクーペの後継車種として、2013年にドイツで販売が開始され、2016年にM240iがデビューするまで生産された(日本では2014年より発売)、BMWの2ドアスポーツクーペです。M235iはその高性能モデルになります。本記事では改めてM235iについて見ていきます。


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。