目次へ戻る

【最新版】2018年以降発売が予測されるメルセデスベンツの新型車&モデルチェンジ情報

【最新版】2018年以降発売が予測されるメルセデスベンツの新型車&モデルチェンジ情報

2018年以降、2019年、2020年に発売されると予測・期待されているメルセデスベンツの新型車&新車&モデルチェンジ情報をまとめています。あなたの気になる一台はあるでしょうか。メルセデスベンツが好きな方、必見です!


2018年~2020年 メルセデスベンツの新型車&新車&モデルチェンジ情報が知りたい貴方に

2018年がスタートしました。

気になるのは、今後発売される新型車、モデルチェンジ情報。

今年はもちろん、そしてそれ以降も、気になる新型車が目白押しです。

本記事では、今現在判明している2018年以降に発売予定のメルセデスベンツの新型車&全力で期待したい新型車をまとめています。

貴方の好きな・気になる名前はあるでしょうか?

2018年内に発売が予測されるメルセデスベンツの新型車&モデルチェンジ情報

メルセデスベンツ CLS 新型

CLS 新型/メルセデスベンツ

メルセデス・ベンツ CLSがフルモデルチェンジをおこない、2018年3月から発売を開始すると発表されています。

ドイツ本国でのベース価格は6万8127ユーロ(約910万円)。

今回のフルモデルチェンジにより直列6気筒マイルドハイブリッドモデルが登場します。

メルセデスベンツ Aクラス 新型

Aクラス新型/メルセデスベンツ

メルセデスベンツは2月2日、オランダ・アムステルダムにおいて、新型『Aクラス』を発表しました。

現行Aクラスが、およそ6年ぶりにフルモデルチェンジし、4世代目モデルが登場します。

新型は若々しさやダイナミックなキャラクターを維持しながら、上質さや快適さに、いっそうの磨きをかけているのが見て取れますね。

新型Aクラスのフロントマスクには、新型『CLSクーペ』など、最近のメルセデスベンツに導入されたデザイン言語を反映。ヘッドライトやテールランプには、最新のLEDテクノロジーを組み込む。空気抵抗を示すCd値は0.25と、エアロダイナミクス性能を追求しています。

発売日は欧州が3月、日本は2018年秋ごろになると推測されています。

メルセデスベンツ Gクラス 新型

Gクラス新型/メルセデスベンツ

デトロイトモーターショー2018にて、約40年ぶりのモデルチェンジとなる新型『Gクラス』が公開されました。
ドイツ本国でのベース価格は、10万7040ユーロ(約1455万円)。6月に販売を開始する予定です。

新型Gクラスの特徴のひとつが、大幅な軽量化です。

メルセデスベンツによると、複合素材などを導入すること等により、先代比で最大およそ170kgの軽量化を果たしているとのこと。

メルセデスベンツ Bクラス 新型

Bクラス新型/メルセデスベンツ

メルセデスのコンパクトMPV『Bクラス』次期型が、2018年に登場するのではないかと噂されています。

刷新される新ボディには、プラットフォームに最新世代の「MFA」を採用、軽量かつ高剛性を実現しています。

また、メルセデスベンツの『Aクラス』のようなルーフとなり、ルーフエンドに丸みを持たせMPV然としたスタイルからハッチバック寄りへと変身をとげていることがわかります。またテールライトはよりコンパクトなデザインとなるようです。

メルセデスベンツ GLS 新型

GLSクラス新型/メルセデスベンツ

メルセデスベンツのフラッグシップ・クロスオーバーSUV『GLS』次期型が、2018年内に発表されるのではないかと言われています。

「GLS」は「GL」のフェイスリフトに合わせてリネームされたメルセデスの最高級SUV。佇まい、ラグジュアリー性から「ファーストクラスSUV」と呼ばれています。次期型も、GLSという名前にふさわしい車になることは間違いないでしょう。

次期型では、新プラットフォーム「MHA」を採用することで、ボディ拡大に反して軽量化を図ります。この「MHA」は今後、弟分の『GLE』次期型にも採用される予定です。

メルセデスベンツ GLE 新型

メルセデスベンツ GLE 次期型 レンダリングCG

メルセデスベンツのミドルクラス・クロスオーバーSUV『GLE』が、歴代でもっともオフロード色の強いデザインとなって登場するのではと噂されています。

「GLE」は1997年に『Mクラス』としてデビュー。2011年に登場した3代目が2015年にフェイスリフトされる際、「GLE」とリネームされました。

ワールドプレミアは、発売から21年目となる2018年秋が有力と言われています。

メルセデスベンツ Vクラス 新型

Vクラス新型/メルセデスベンツ

メルセデスベンツのVクラスは、商用車をベースに作られた乗用車登録のミニバンです。このVクラスも近々モデルチェンジを控えていると言われています。

改良モデルで修正されるエクステリアは、ヘッドライトのグラフィック、バンパーのエアインテーク形状、そしてこの初期プロトタイプではまだ着手されていないものの、テールライトやリアバンパーもリフレッシュされると予測されています。

さらにフロントの偽装ネット越しには、存在感を増した大判スリーポインテッド・スターのロゴが透けて見えています。

ワールドプレミアは、2018年秋が有力とされています。

最後に

本記事では、2018年内、また2018年以降に発売が予測・期待されるメルセデスベンツの新型車、新車をまとめてお届けしました。

今後、最新情報が発表されたら随時更新していきます!!

関連する投稿


200万円以下で購入できる!?ベンツのおすすめ中古車3選

200万円以下で購入できる!?ベンツのおすすめ中古車3選

高級車として多くの人が憧れるメルセデスベンツ。高くて手が出せないと諦めていませんか?しかし、なんと、中古車であれば200万円以下で購入できるのです。今回は、ベンツの中古車が安く買える理由とオススメ車種などを紹介します。


重厚感が魅力のメルセデスベンツのGLC┃スペック燃費や新古車中古車価格など

重厚感が魅力のメルセデスベンツのGLC┃スペック燃費や新古車中古車価格など

メルセデスベンツの造る高級SUV、GLC。メルセデスでは「GL」の二文字でSUVであることを表し、そのあとの一文字でクラスを表しています。すなわち、GLCは、メルセデスの造るCクラスのSUVボディを持つ車ということになります。今回の記事では、この重厚感とスポーティーさを併せ持つGLCの魅力を伝えます。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


メルセデスベンツのEV EQC日本上陸!価格・スペック・発売日ほか

メルセデスベンツのEV EQC日本上陸!価格・スペック・発売日ほか

メルセデス・ベンツ日本は4日に、電気駆動SUVの新型車、『EQC』を日本市場で発表しました。このメルセデスベンツのEQCは、日本におけるメルセデスベンツ初の電気自動車です。メルセデスベンツが電動専用車種として本格的に市場展開する初の電気自動車でもあることから注目が集まっています。最新情報をまとめてお届けいたします。


【欧州発売】メルセデスベンツ GLS新型!3列シート完備!価格は?

【欧州発売】メルセデスベンツ GLS新型!3列シート完備!価格は?

メルセデスベンツは6月24日、新型『GLS』(Mercedes-Benz GLS)を欧州市場で発売した、と発表しました。2世代目となるGLS新型は、「SUVのSクラス」を開発テーマに掲げています。GLS新型に関する最新情報をまとめています。


最新の投稿


兵庫県内の道の駅一覧~南東部・阪神編~

兵庫県内の道の駅一覧~南東部・阪神編~

今回は兵庫県内の道の駅をご紹介します。阪神地区のほか淡路島へと渡りながら、南東部と阪神編としてまとめています。


滋賀県内の道の駅一覧~滋賀県南部編~

滋賀県内の道の駅一覧~滋賀県南部編~

今回紹介するのは、京都寄りに相当する琵琶湖南部にある道の駅についてご紹介します。琵琶湖観光を兼ねて、道の駅を散策してみましょう。


山口県東部の道の駅

山口県東部の道の駅

海沿いのドライブデートもできるのが、瀬戸内海を持つ県の特権でもあります。今回は瀬戸内海側の山口県東部にある道の駅について紹介していきましょう。


香川県南部(琴平地区)の道の駅一覧

香川県南部(琴平地区)の道の駅一覧

こんぴらさんとして親しまれている金刀比羅宮は観光名所としても有名です。今回は、そんな香川県南部の金刀比羅宮を擁する琴平地区を中心にご紹介いたします。


30万円以下で購入できる!中古のホンダ軽自動車5選

30万円以下で購入できる!中古のホンダ軽自動車5選

ホンダ車の軽自動車は、小回りが利き使い勝手が良く、燃費性能が高い軽自動車でありながら、デザイン性が良いのが人気の理由といえますね。今回は、ホンダの軽自動車の中でも30万円以下で購入できる車を5選紹介します。