目次へ戻る

【最新版】2018年以降発売が予測されるVWの新型車&モデルチェンジ情報

【最新版】2018年以降発売が予測されるVWの新型車&モデルチェンジ情報

2018年以降、2019年、2020年に発売されると予測・期待されているVW(フォルクスワーゲン)の新型車&新車&モデルチェンジ情報をまとめています。あなたの気になる一台はあるでしょうか。VWが好きな方、必見です!


2018年~VWの新型車&新車&モデルチェンジ情報が知りたい貴方に

2018年がスタートしました。

気になるのは、今後発売される新型車、モデルチェンジ情報。

今年はもちろん、そしてそれ以降も、気になる新型車が目白押しです。

本記事では、今現在判明している2018年以降に発売予定のVW(フォルクスワーゲン)の新型車&全力で期待したい新型車をまとめています。

貴方の好きな・気になる名前はあるでしょうか?

2018年内に発売が予測されるVWの新型車&モデルチェンジ情報

VW ポロ新型

ポロ 新型/VW

フォルクスワーゲングループジャパンは、コンパクトカー『ポロ』を約8年ぶりに刷新し、3月20日ごろに発売予定と言われています。

新型ポロは6代目になります。よりスポーティーなデザインを目指し、現行モデルに比べてホイールベースを80mm、全幅を65mm拡大しています。これにより広い室内空間を実現しました。

特に後席の快適性を向上させるとともに、ラゲージスペースも71リットル拡大しています。インテリアは操作系を一列に配置した水平基調とし、使い易さの向上をねらっています。

VWポロ新型

VW トゥアレグ新型

トゥアレグ 新型プロトタイプ/VW

VWは、新型『トゥアレグ』の開発プロトタイプ車の画像を2月に公開しました。

トゥアレグは、フォルクススワーゲンブランドの最上級SUVです。

現行のトゥアレグは2代目。先代(初代)モデル比で、最大200kgの軽量化を図るなど、大きく進化して2010年に登場しました。新型トゥアレグは、現行型のデビューからちょうど8年となる3月23日、中国北京市で発表される予定です。

VW T-Roc新型

T-Roc カブリオレ のティザースケッチ/VW

フォルクスワーゲンは、新型コンパクトSUVの『T-Roc』に、オープン版のカブリオレを設定すると発表した。

VWのT-Rocは、フォルクスワーゲンのSUVラインナップの中で、第4のモデルとして登場します。

T-Rocは、ティグアンの下に位置するコンパクトSUVとなる模様。小型SUVに対する需要は世界中で増していることから、フォルクスワーゲンも、このクラスへの参入を決めました。

カブリオレタイプも発売されることが決定していて、VWとしては初となるSUVカブリオレとなります。

VW Tクロス新型

コンセプトカーの『Tクロス ブリーズ』/VW

フォルクスワーゲンは、コンセプトカーの『Tクロス ブリーズ』の市販モデルを、2018年内に発売すると発表しました。

2016年春に初公開されたTクロス ブリーズは、フォルクスワーゲンが『ティグアン』の下に位置する小型SUVを提案したコンセプトカーです。

『ポロ』サイズの小型SUVでありながら、オープンカーという点が、最大の特徴。ボディサイズは、全長4133mm、全幅1798mm、全高1563mm、ホイールベース2565mm。全長は、『クロスポロ』よりも、若干長い程度とコンパクトなサイズに。パワートレインは、直噴1.0リットルの直列3気筒ガソリンターボ「TSI」。最大出力110hp、最大トルク17.8kgmを発生し、トランスミッションは7速デュアルクラッチ「DSG」。車両重量は1250kg。0~100km/h加速10.3秒、最高速188km/hの性能を備えているとのことです。

2018年以降に発売が予測されるVWの新型車&モデルチェンジ情報

I.D BUZZ(ワーゲンバス)2022年以降

VW I.D BUZZ/VW

東京モーターショー2017、VWブースに展示されていた、『I.D BUZZ』。

この車は、名車「ワーゲンバス(フォルクスワーゲン・タイプ2)」をEVとして蘇らせた車です。I.D BUZZは、フォルクスワーゲンの新世代の電動モデル「I.D.ファミリー」のうちの1台で、2022年の生産が決定しています。

長いホイールベースと短いオーバーハングが特徴で、広い室内スペースを追求。乗用モデルと商用モデルが用意されます。フォルクスワーゲンによると、レベル3の自動運転機能も採用されるとのこと。EVパワートレーンは、前後に搭載されるモーターが最大出力374psを発生。0~100km/h加速5秒、最高速160km/h(リミッター作動)の性能を持っています。

参考:フォルクスワーゲンバス(正式名称:タイプ2)(1965年型)

最後に

本記事では、2018年内、また2018年以降に発売が予測・期待されるVWの新型車、新車をまとめてお届けしました。

今後、最新情報が発表されたら随時更新していきます!!

関連する投稿


フォルクスワーゲンのゴルフトゥーラン|中古価格から燃費、新型情報まで網羅

フォルクスワーゲンのゴルフトゥーラン|中古価格から燃費、新型情報まで網羅

フォルクスワーゲンから販売されているコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」当記事ではゴルフトゥーランの燃費・実燃費やスペックなどの基本情報に加え、ジャーナリストによる試乗評価とユーザーからの評価口コミなどをまとめて掲載しています。また、中古車情報についても掲載していますので、ゴルフトゥーランを検討中の方は是非チェックして見てください。


VW トゥアレグの新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価まとめ

VW トゥアレグの新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価まとめ

トゥアレグ、みなさんはご存知でしょうか。トゥアレグはフォルクスワーゲンのSUVで、2002年から発売されています。トゥアレグはポルシェと共同開発で誕生しました。ポルシェのSUV・カイエンとはプラットフォームを共有する姉妹車にあたります。そんなトゥアレグについて本記事では改めてまとめています。


【ジュネーブモーターショー2019】VWのパサートに初搭載!トラベルアシスト

【ジュネーブモーターショー2019】VWのパサートに初搭載!トラベルアシスト

フォルクスワーゲンは、ジュネーブモーターショー2019において、改良新型『パサート』(Volkswagen Passat)シリーズを初公開し、同車に「トラベルアシスト」(Travel Assist)を初搭載すると発表しました。 トラベルアシストとはいったい……?


フォルクスワーゲン シロッコ|中古車価格から燃費・スペック・評価一覧

フォルクスワーゲン シロッコ|中古車価格から燃費・スペック・評価一覧

フォルクスワーゲンのクーペ型車「シロッコ」の中古価格や評判、燃費についてまとめていきます。「シロッコ」をお探しの方は是非参考にしてみてください。


【ジュネーブモーターショー2019】フォルクスワーゲンの次世代EVバギーコンセプト

【ジュネーブモーターショー2019】フォルクスワーゲンの次世代EVバギーコンセプト

フォルクスワーゲンは3月4日(日本時間3月5日)、スイスで開催したジュネーブモーターショー2019のプレビューイベントにおいて、EVコンセプトカーの『ID.バギー』(Volkswagen ID. Buggy)を初公開しました。


最新の投稿


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。


【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

車検を受ける際はさまざまなパーツを換える必要がありますが、タイミングチェーンというパーツもよく換える場合があります。 タイミングチェーンを換える場合は車検費用が高くなるでしょう。 ここでは、タイミングチェーンについて、その交換時期や費用、タイミングベルトとの違いや異音の原因と対処法まで一挙ご紹介します。


【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

スクールゾーンの法的根拠や、具体的にどのような規制があるか、その表示方法などと、車の通行ができない場合の許可についてわかりやすく解説しています。違反した場合には罰則もあるので、標識などで確認することが大事です。


ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンは車好きが乗るイメージが強いです。合法化されてからは、街中でも見かけるようになりましたね。ローダウンの仕組みやジャッキの使いかたは気になりますね。ローダウンの乗り心地や、車検に通るのかまで一気に詳しく紹介していきます。


マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

あなたはマットブラックに塗装された車を見たことはありますか?独特の存在感がありますよね。深みのある色合いが車ファンを魅了しています。今回はマットブラックに塗装することのメリット・デメリット、コーティングなどによるお手入れの方法も紹介していきます。