目次へ戻る

オリンピックまでに100台普及。トヨタが量販型燃料電池バス『SORA』を発売

オリンピックまでに100台普及。トヨタが量販型燃料電池バス『SORA』を発売

トヨタ自動車は量販型燃料電池(FC)バス『SORA』を3月7日より販売を開始しました。トヨタは水素で走るSORAを東京オリンピックが開催される2020年までに、東京を中心に100台の普及を目指しています。本記事では、SORAの特長についてご紹介します。


トヨタ 量販型燃料電池バス「SORA」を発売

トヨタ自動車は量販型燃料電池バス(FCバス)『SORA』の型式認証をFCバスとして国内で初めて取得し3月7日より販売を開始しました。トヨタは2020年までに東京を中心に100台以上の普及を目指しています。

本記事では、SORAの特長についてご紹介します。

燃料電池バスとして国内初の型式認証を取得

SORAは燃料電池(Fuel Cell)バスとして初めて国内で型式認証を受けました。型式認証とは自動車メーカーが新型自動車の生産や販売を行うときに、国土交通大臣に申請・届け出を行い、保安基準への適合性等について審査を受ける制度です。
型式認証を行ったことで、量産する際の準備が整ったといえます。

SORAの特長

こちらでは今までのバスとは違うSORAはの特長をご紹介します。

1. 水しか排出しない環境にやさしいバス

SORAの名前の由来は地球で水が循環する順番、Sky、Ocean、River、Airの頭文字からきています。

このことからも分かるように、SORAはガソリンではなく水素を燃料として走る燃料電池(FC=Fuel Cell)バスです。

水素で走るため、排出するのは水のみで環境にやさしいのが特長です。

パワートレインは2014年12月に発売した量販FCV「MIRAI」向けに開発しされた「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」が搭載されています。

「TFCS」は電気モーターで車輪が動きギアチェンジが不要なため、揺れや振動も少なく快適な乗り心地が楽しめるようです。

災害時にも使える電源供給能力

SORAは燃料電池を備えた特性を活かし外部出力電源を使用することが可能です。電源供給能力は最高出力9kW、供給電力量235kWhで災害時・非常時に電源として活躍します。

2. 自動格納機構つきシートでバス車内が広く利用可能

現在のバスにも存在する横向きの優先席は、未使用時に自動格納される機能があり、ベビーカーや車いす利用者と一般の乗客がゆとりをもって車内を使える工夫がされています。

SORAの定員は運転手を含め79人(座席+立席+乗務員/22+56+1)人で、平成28年に都営バスで使用されているすべての車両の平均定員72.1人と比べると少しだけ定員が多くなっています。

3. 視界支援カメラシステム

乗用車には装備されることが増えた視界支援カメラシステムが、SORAにも搭載されます。車内外に配置した8個の高精細カメラの映像が運転席のモニターに表示され、停車時には周囲の歩行者や自転車などの動体を検知し、運転手へ音と画像で知らせることで、安全な運転を手助けします。

4. 加速制御機能が車内での転倒事故を防止

また、急加速を抑制する加速制御機能を採用することで、発進時の揺れを最小限に抑え車内での転倒事故などを防ぎます。

実際にSORAに乗れる!都バス05系統

東京都を走る都バスでは2017年12月15日からSORAに乗ることが可能です。現在2台のSORAが都05系統 東京駅丸の内南口〜東京ビッグサイトを運行しています。

2020年の東京オリンピック、パラリンピックを想定したコースなのか、試合が行われる競技場が点在する有明エリアと各国記者団が滞在するプレスセンターが設置予定の東京ビッグサイトを通ります。

もし、SORAに乗ってみたい方はぜひ都05系統のバスに乗ってみてください。

まとめ

水素で走る燃料電池(FC)バス、SORAをご紹介しました。これからSORAを都内で見かける機会が増えたときは是非その特長を思い出してみてくださいね。

関連する投稿


ロボットカーがグッドウッド名物ヒルクライムに出走?

ロボットカーがグッドウッド名物ヒルクライムに出走?

毎年7月に開催されるイギリスのレーシングカーが集まるグッドウッドフェスティバル2018。同フェスティバルの名物であるヒルクライムに、Roborace社の自動運転を備えたロボットカーが出走することが発表されました。本記事では、出走が発表されたロボットカーについてご紹介します。


日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

自動車で行くほどではないけど、歩くのはちょっと遠い…という距離の移動など気軽なチョイ乗りで活用できる折りたたみ電動原付スクーター『Airwheel Z5』。日本初の折り畳み可能なコンパクト原付スクーターを詳しく紹介していきたいと思います!!


バスBUSバス! バス好きに贈るバスの気になる情報まとめ

バスBUSバス! バス好きに贈るバスの気になる情報まとめ

車好きの中でも、バスがお好きな方、いらっしゃいますよね。 そんな方に朗報です。夏休みには数多くのバスイベントがありました。そして9月20日は、「バスの日」なんですよ。 今回はそんなバスにまつわるエトセトラをまとめて紹介しています。


【調査】次世代モビリティは、2020年までにどこまで普及するか?

【調査】次世代モビリティは、2020年までにどこまで普及するか?

市場調査・分析からソリューション提供までおこなう、矢野経済研究所が調査した次世代モビリティ市場の調査を実施しました。調査結果を記事にまとめます。


FCV(燃料電池車) もし水素タンクが炎に包まれたら!?安全性について

FCV(燃料電池車) もし水素タンクが炎に包まれたら!?安全性について

クリーンな未来のクルマ、水素社会の未来を拓くクルマとして注目されているトヨタの燃料電池車「MIRAI」。未知の燃料ともいえる「水素」を抱えて走ることに不安を抱える人も少なくないはず。こちらの記事では、燃料電池車の安全性について説明しています。


最新の投稿


USJ周辺のおすすめ駐車場13選!料金が安いのは?予約はできる?

USJ周辺のおすすめ駐車場13選!料金が安いのは?予約はできる?

大阪市此花区に位置するテーマパーク、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)。本記事ではUSJ周辺の駐車場を、予約可能か、料金はどれくらいか、年パスがあるとお得になる情報等、ユニバ周辺での駐車場探しに役立つ情報を掲載しています。


BMWの7シリーズ改良新型が登場!表情刷新でグリルも大型に!

BMWの7シリーズ改良新型が登場!表情刷新でグリルも大型に!

BMWは1月16日、改良新型『7シリーズ』(BMW 7 series)を本国で発表しました。現行7シリーズがデビューからおよそ3年半を経て、初の本格改良を受けています。最新情報をお届けいたします!


マツダのコンパクトSUV CX-3 スペック・価格・中古価格・評価はどう?

マツダのコンパクトSUV CX-3 スペック・価格・中古価格・評価はどう?

マツダから発売されているSUVは沢山ありますね。その中でも一番コンパクトサイズなのがCX-3(シーエックススリー)です。コンパクトサイズのため、街乗りはもちろん、SUVとしていろんな用途で楽しめる車ですね。そんなCX-3について改めてスペック・価格・中古価格・評価など様々な角度から調べてみました。


【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

マツダの大人気CXシリーズ。日本ではCX-3やCX-5が知られていますが、他にもたくさん販売されています。各車種の違いがわからない。そもそも何が違うの?という人向けに、今回はCXシリーズについてまとめています。これを読めばCXシリーズがより好きになるかも!?です。


【最新情報】トヨタのSUV RAV4ハイブリッド 新型 この春欧州発売!

【最新情報】トヨタのSUV RAV4ハイブリッド 新型 この春欧州発売!

トヨタのSUV、RAV4。このRAV4ハイブリッド新型がこの春欧州にて発売されます。さらにトヨタは、RAV4ハイブリッド新型の燃費も発表しました。2019年春に日本でも発売されるとあって今大注目のRAV4。本記事では欧州仕様のRAV4ハイブリッド新型のハイブリッド性能に焦点を当てました。