目次へ戻る

オリンピックまでに100台普及。トヨタが量販型燃料電池バス『SORA』を発売

オリンピックまでに100台普及。トヨタが量販型燃料電池バス『SORA』を発売

トヨタ自動車は量販型燃料電池(FC)バス『SORA』を3月7日より販売を開始しました。トヨタは水素で走るSORAを東京オリンピックが開催される2020年までに、東京を中心に100台の普及を目指しています。本記事では、SORAの特長についてご紹介します。


トヨタ 量販型燃料電池バス「SORA」を発売

トヨタ自動車は量販型燃料電池バス(FCバス)『SORA』の型式認証をFCバスとして国内で初めて取得し3月7日より販売を開始しました。トヨタは2020年までに東京を中心に100台以上の普及を目指しています。

本記事では、SORAの特長についてご紹介します。

燃料電池バスとして国内初の型式認証を取得

SORAは燃料電池(Fuel Cell)バスとして初めて国内で型式認証を受けました。型式認証とは自動車メーカーが新型自動車の生産や販売を行うときに、国土交通大臣に申請・届け出を行い、保安基準への適合性等について審査を受ける制度です。
型式認証を行ったことで、量産する際の準備が整ったといえます。

SORAの特長

こちらでは今までのバスとは違うSORAはの特長をご紹介します。

1. 水しか排出しない環境にやさしいバス

SORAの名前の由来は地球で水が循環する順番、Sky、Ocean、River、Airの頭文字からきています。

このことからも分かるように、SORAはガソリンではなく水素を燃料として走る燃料電池(FC=Fuel Cell)バスです。

水素で走るため、排出するのは水のみで環境にやさしいのが特長です。

パワートレインは2014年12月に発売した量販FCV「MIRAI」向けに開発しされた「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」が搭載されています。

「TFCS」は電気モーターで車輪が動きギアチェンジが不要なため、揺れや振動も少なく快適な乗り心地が楽しめるようです。

災害時にも使える電源供給能力

SORAは燃料電池を備えた特性を活かし外部出力電源を使用することが可能です。電源供給能力は最高出力9kW、供給電力量235kWhで災害時・非常時に電源として活躍します。

2. 自動格納機構つきシートでバス車内が広く利用可能

現在のバスにも存在する横向きの優先席は、未使用時に自動格納される機能があり、ベビーカーや車いす利用者と一般の乗客がゆとりをもって車内を使える工夫がされています。

SORAの定員は運転手を含め79人(座席+立席+乗務員/22+56+1)人で、平成28年に都営バスで使用されているすべての車両の平均定員72.1人と比べると少しだけ定員が多くなっています。

3. 視界支援カメラシステム

乗用車には装備されることが増えた視界支援カメラシステムが、SORAにも搭載されます。車内外に配置した8個の高精細カメラの映像が運転席のモニターに表示され、停車時には周囲の歩行者や自転車などの動体を検知し、運転手へ音と画像で知らせることで、安全な運転を手助けします。

4. 加速制御機能が車内での転倒事故を防止

また、急加速を抑制する加速制御機能を採用することで、発進時の揺れを最小限に抑え車内での転倒事故などを防ぎます。

実際にSORAに乗れる!都バス05系統

東京都を走る都バスでは2017年12月15日からSORAに乗ることが可能です。現在2台のSORAが都05系統 東京駅丸の内南口〜東京ビッグサイトを運行しています。

2020年の東京オリンピック、パラリンピックを想定したコースなのか、試合が行われる競技場が点在する有明エリアと各国記者団が滞在するプレスセンターが設置予定の東京ビッグサイトを通ります。

もし、SORAに乗ってみたい方はぜひ都05系統のバスに乗ってみてください。

まとめ

水素で走る燃料電池(FC)バス、SORAをご紹介しました。これからSORAを都内で見かける機会が増えたときは是非その特長を思い出してみてくださいね。

関連する投稿


実用化目前?「空飛ぶ車」最新事情|市販化は2020年?

実用化目前?「空飛ぶ車」最新事情|市販化は2020年?

近年、自動車の自動運転技術と共に急速に注目度が高まってきた移動手段が、「空飛ぶ車」です。すでに世界各地で開発が進み、一説には東京オリンピックの開会式でお披露目ともいわれている。こちらの記事では世界各国の空飛ぶ車についての情報や最新情報などをまとめて紹介していきます。


愛車が空を飛ぶ時代!?空飛ぶ車「スイッチブレード」 価格は1350万

愛車が空を飛ぶ時代!?空飛ぶ車「スイッチブレード」 価格は1350万

漫画や映画や小説などでたびたび登場する、空飛ぶ車…。夢のような話が2018年にはかなうかもしれません。米国オレゴン州に本拠を置くサムソンモーターズは2018年に空飛ぶ車、サムソン『スイッチブレード』を発売する計画を発表しました。


ロボットカーがグッドウッド名物ヒルクライムに出走?

ロボットカーがグッドウッド名物ヒルクライムに出走?

毎年7月に開催されるイギリスのレーシングカーが集まるグッドウッドフェスティバル2018。同フェスティバルの名物であるヒルクライムに、Roborace社の自動運転を備えたロボットカーが出走することが発表されました。本記事では、出走が発表されたロボットカーについてご紹介します。


日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

自動車で行くほどではないけど、歩くのはちょっと遠い…という距離の移動など気軽なチョイ乗りで活用できる折りたたみ電動原付スクーター『Airwheel Z5』。日本初の折り畳み可能なコンパクト原付スクーターを詳しく紹介していきたいと思います!!


バスBUSバス! バス好きに贈るバスの気になる情報まとめ

バスBUSバス! バス好きに贈るバスの気になる情報まとめ

車好きの中でも、バスがお好きな方、いらっしゃいますよね。 そんな方に朗報です。夏休みには数多くのバスイベントがありました。そして9月20日は、「バスの日」なんですよ。 今回はそんなバスにまつわるエトセトラをまとめて紹介しています。


最新の投稿


レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

トヨタのレジアスエースは、トヨタで生産、販売されているキャブオーバー型のバンです。ハイエースの姉妹車で、1999年に発売されました。2004年には現行モデルの2代目レジアスエースが発売されています。本記事ではレジアスエースについてご紹介します。


車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

テレビCMでもよく見かけるダイハツの軽トールワゴン「ウェイク」は高い性能で注目を集めている車です。ウェイクの数ある長所の中でも特に注目されている部分は「車中泊もできる」と言われている室内容積の広さでしょう。今回はウェイクの気になる特徴や燃費をご紹介します。ぜひ購入にあたっての参考にしてください。


アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

マツダとの技術協力によって、生み出されたアバルトの「124スパイダー」の性能から燃費、中古価格などをまとめてみました。


レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

高級車レクサス。そのレクサスの中でもかなりラグジュアリーなSUV、それがLXです。本記事ではそんなLXの内装画像をまとめました。LXを購入検討している方、レクサス最高峰のSUVの内装がどうなっているのか気になるという方はぜひ本記事を読んでみてください。


アルファロメオの4C/スパイダー 性能・価格・中古価格・試乗評価ほか

アルファロメオの4C/スパイダー 性能・価格・中古価格・試乗評価ほか

アルファロメオの4C(フォーシー)とは、イタリアの自動車メーカーであるアルファロメオが製造をしているミッドシップのスポーツカーです。アルファロメオ初のミッドシップの量産市販車でもあります。クーペタイプと、スパイダーのタイプがあります。本記事ではそんなアルファロメオの4C・スパイダーの性能・価格・中古価格・試乗評価についてまとめています。