目次へ戻る

【ニューヨークモーターショー2018】トヨタのRAV4新型初公開 HVも!【最新】

【ニューヨークモーターショー2018】トヨタのRAV4新型初公開 HVも!【最新】

トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は3月27日(日本時間3月28日)に、米国で開催したニューヨークモーターショー2018のプレビューイベントに、新型『RAV4』を初公開しました。さらにハイブリッドモデルも!?最新情報をお届けいたします。


トヨタの新型RAV4が登場!ニューヨークモーターショー2018

トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は3月27日(日本時間3月28日)に、米国で開催したニューヨークモーターショー2018のプレビューイベントに、新型『RAV4』を初公開しました。

現行RAV4(北米向け)は2012年に発表

北米向けの現行RAV4は2012年秋、 ロサンゼルスモーターショー2012で発表。

今回のニューヨークモーターショー2018で、およそ6年ぶりにモデルチェンジ。

5世代目となる新型RAV4がデビューしました。

【最新】トヨタ 新型RAV4 エクステリア画像

トヨタ 新型RAV4

トヨタ 新型RAV4

トヨタ 新型RAV4

トヨタ 新型RAV4

【最新】トヨタ 新型RAV4 インテリア画像

トヨタRAV4新型

トヨタRAV4新型

トヨタRAV4新型

トヨタ 新型RAV4はTNGAを採用

新型RAV4は、トヨタのクルマづくりの構造改革、「TNGA」(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)に基づく新プラットフォームを採用しています。

ボディの高剛性化や低重心化を図りながらも、燃費性能の向上と高い操縦安定性や走破性を目指して開発が行われたとのことです。

トヨタ 新型RAV4 外観・ボディサイズは

外観は、TNGAの思想に基づくプラットフォームの採用により、ボディのワイドスタンス化やタイヤの大径化(19インチ)のほか、最低地上高を現行型よりも高くし、SUVらしい力強いスタイリングを追求しました。

新型RAV4のボディサイズは、全長4595mm、全幅1855mm、全高1700mm、ホイールベース2690mm。

現行モデルと比較すると全長と全高は5mm小さくなり、全幅は10mmワイド、ホイールベースは30mm延ばされています。

トヨタ 新型RAV4 パワートレインは

新型RAV4のパワートレーンには、TNGAを導入した直噴2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジン「ダイナミックフォース」などを用意しました。

8速ATの「ダイレクトシフト」と組み合わせています。

ガソリン車の上級グレードには、新開発の4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を初採用しました。

また前後および後輪の左右駆動力を最適に制御するトルクベクタリング機構を搭載することで、コーナリングや悪路走行時に、優れた操縦安定性とトラクション性能を発揮する、としています。

トヨタ 新型RAV4 内装は

内装は、本格SUVを想起させる機能性と上質感を追求。

水平基調のインストルメントパネルや幅広く骨太なセンターコンソールにより、視界の良さと膝のホールド性を両立した快適かつ安心な空間を実現しています。

SUVらしさを感じる硬質な素材だけでなく、人の手や身体が触れやすい部分にソフトパッドを配置することにより、機能性に基づいたメリハリのある構成としました。

トヨタRAV4ハイブリッド新型も登場

トヨタRAV4ハイブリッド新型(ニューヨークモーターショー2018)

さらに、ニューヨークモーターショー2018において、新型『RAV4ハイブリッド』が初公開されました!

先代RAV4 ハイブリッドは2015年4月、ニューヨークモーターショー2015で発表。歴代『RAV4』にハイブリッドが設定されたのは、先代が初めて。今回、ニューヨークモーターショー2018で発表された新型RAV4にも、ハイブリッドが設定される。

新型RAV4 ハイブリッドには、2.5リットルのガソリンエンジンとモーターを組み合わせた新世代のトヨタハイブリッドシステムを搭載。小型・軽量・低損失化技術と「TNGA」による新型2.5リットル「ダイナミックフォース」エンジンの高い燃焼効率と高出力とのシナジーにより、優れた動力性能や低燃費を高次元で追求した。

最後に

いかがでしたか。ニューヨークモーターショー2018は3月28日(プレスデー)より開幕中です!

ニューヨークモーターショー2018の最新情報が気になる方は下記記事も合わせてご覧ください。

関連する投稿


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタの新型RAV4は、2019年4月に発売されて以来大ヒットといえる販売で、トヨタのC-HRやホンダのヴェゼルを押さえて一躍国産SUVトップに躍り出ました。そんな中、健闘しているのが2013年に発売された現行ハリアーです。いまだに国産SUVの販売台数では上位につけ、多くのユーザーを引き付けています。では、新型RAV4ではなくハリアーを選ぶ理由は何なのでしょうか?それには3つの理由があるのです。


【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


トヨタの人気SUV ハリアー!価格 燃費 内装 グレード 完全網羅!!

トヨタの人気SUV ハリアー!価格 燃費 内装 グレード 完全網羅!!

トヨタから発売されているSUV、ハリアーは、絶大な人気を誇ります。 ハリアーが気になっている人のために、価格、燃費、他のSUVと比較した結果、グレード、内装、中古車情報についてまとめました。ハリアーが気になる方、必見です!!


【スクープ】トヨタのヤリス(ヴィッツ)新型 東京モーターショー2019で披露?

【スクープ】トヨタのヤリス(ヴィッツ)新型 東京モーターショー2019で披露?

トヨタのハッチバック、ヤリス(日本名:ヴィッツ)の新型プロトタイプがドイツのニュルベルリンクに登場しました。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。