目次へ戻る

救急車などの緊急車両、道を譲らないと違反!罰金、違反点数は?

救急車などの緊急車両、道を譲らないと違反!罰金、違反点数は?

救急車や消防車に代表される車は通称・緊急車両と呼ばれます。しかし、緊急車両は他にも種類があり、道を譲らなかったり進行妨害をすると反則金の支払いや交通違反点数の加点があります。本記事では、緊急車両とは何か、どのような行為が妨害にあたるのか、緊急車両の避け方、交通違反点数や反則金についてご紹介します。


緊急車両と妨害の定義

「緊急車両の走行を妨害した場合はどうなるのか?」という本題に入る前に、緊急車両と妨害の定義をご紹介します。

【定義】緊急車両とは?

緊急車両とは正式名称を緊急自動車といい、下記に道路交通法第39条にあるように「消防用自動車、救急用自動車その他の政令で定める自動車で、当該緊急用務のため、政令で定めるところにより、運転中のもの」を指します。

主に人命救助や災害・事故などの解決のために使用される車両であり、この急務のための走行を緊急走行と呼びます。

(道路交通法)
第三十九条 緊急自動車(消防用自動車、救急用自動車その他の政令で定める自動車で、当該緊急用務のため、政令で定めるところにより、運転中のものをいう。以下同じ。)(以下略)

上記の道路交通法第39条文中の「その他の政令」にあたる道路交通施行令13条1項には、細かい緊急車両の対象車が記載されています。

代表的なものとして
・パトカー
・自衛隊車
・消防車
・救急車
・血液運搬車
・臓器運搬車
・レッカー車
などが緊急車両にあたります。

【定義】進行妨害とは?

進行妨害とはどのようなことを指すのでしょうか?進行妨害は下記の道路交通法第2条22項に定義されています。

二条(定義)
二十二 進行妨害 車両等が、進行を継続し、又は始めた場合においては危険を防止するため他の車両等がその速度又は方向を急に変更しなければならないこととなるおそれがあるときに、その進行を継続し、又は始めることをいう。

法律を緊急車両の場合に読み替えると「緊急車両が速度や方向を急に変更しなければならないまたは変更するおそれがあるときに普通車両がそれを妨げることや妨げ続けること」を指します。

緊急車両が免除される交通ルールは?

緊急車両は人命救助や災害・事故の解決に使用されるため、通常守らなければならないルールを免除されます。同時に、交通事故を避けるためにサイレンやランプなどの点灯にルールが設けられています。

緊急車両が免除される交通ルール

緊急車両は道路交通法第39条によって、緊急走行中に限りやむを得ない必要がある時は道路の右側にはみ出したり、赤信号でも停止をしなくていいことになっています。

第三十九条 緊急自動車(消防用自動車、救急用自動車その他の政令で定める自動車で、当該緊急用務のため、政令で定めるところにより、運転中のものをいう。以下同じ。)は、第十七条第五項に規定する場合のほか、追越しをするためその他やむを得ない必要があるときは、同条第四項の規定にかかわらず、道路の右側部分にその全部又は一部をはみ出して通行することができる。
2 緊急自動車は、法令の規定により停止しなければならない場合においても、停止することを要しない。この場合においては、他の交通に注意して徐行しなければならない。
(緊急自動車の優先)

他にも特例として
・シートベルト着用免除
・通行禁止区分の免除
・追い越し、右折、Uターン、横断禁止の免除
・駐車禁止の免除
などがあります。

緊急走行時の速度制限

緊急車両であっても、走行時の速度は一般車両と同じく
■一般道道路:80km/h
■高速道路:100km/h
が上限速度です。

パトカーなどの警察車両が追跡を行う際には速度制限は特に設けられていませんが、「緊急時」であると認められなかった場合は取締りの対象となります。

緊急走行時のサイレンと警告灯の使用

様々な交通ルールが免除される緊急車両ですが、道路運送車両法第14条により緊急走行の際には赤色ランプ(警光灯)をつけ、サイレンを鳴らさなければなりません。

第十四条 前条第一項に規定する自動車は、緊急の用務のため運転するときは、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定(道路運送車両法の規定が適用されない自衛隊用自動車については、自衛隊法第百十四条第二項の規定による防衛大臣の定め。以下「車両の保安基準に関する規定」という。)により設けられるサイレンを鳴らし、かつ、赤色の警光灯をつけなければならない。ただし、警察用自動車が法第二十二条の規定に違反する車両又は路面電車(以下「車両等」という。)を取り締まる場合において、特に必要があると認めるときは、サイレンを鳴らすことを要しない。
(道路維持作業用自動車)

ただし、パトカーなどの警察車両が最高速度超過の取締りに用いる際に必要と認められる場合はサイレンを鳴らさなくても良い決まりになっています。

サイレンや警告灯の基準

サイレンや警告灯にも下記のような基準が設けられています。
■サイレン:車の前方20mの位置で90dB 以上120dB以下の音量
■警光灯:300mの距離から点灯を確認できるもの

緊急自動車を妨害するとどうなるの?

救急車や消防車、パトカーに代表される緊急車両に対し、道を譲らなかった場合や、進路を妨害するとどうなるのでしょうか?

緊急車両の妨害には2つの種類がある

まず、緊急車両の妨害には妨害の方法によって2つの種類があります。

■1. 緊急車等妨害違反
緊急車両が近づいてきているにも関わらずそのまま走行し妨害する行為
■2. 本線車道緊急車妨害違反
緊急車両が本線車道に車線変更する時や、本線車道を出る時にその進行を妨害する行為

次項では2つの妨害を分けて交通違反点数、反則金、罰金をご紹介します。

■1. 緊急車等妨害違反の交通違反点数、反則金、罰金

交通違反点数…1点

「緊急車妨害等」は1点の加算となり、いわゆる青切符(青キップ)と呼ばれる、交通反則通告書が渡されます。

反則金…普通車で6000円

 
緊急車妨害等違反の反則金一覧
違反内容大型車普通車二輪車小型 特殊車原付車
緊急車妨害等7,000円6,000円6,000円5,000円5,000円

緊急車両の進行を妨げた場合は、普通車で反則金6000円が科されます。「交通反則通告制度」により、上記の反則金を納付すれば刑事罰にあたらないため、罰金の支払いは必要ありません。

しかし、反則金を納付しない場合等は法に則り、刑事罰として処され罰金刑に移行します。

罰金…反則金を支払わない場合は5万円以下の罰金

第四十条 交差点又はその附近において、緊急自動車が接近してきたときは、路面電車は交差点を避けて、車両(緊急自動車を除く。以下この条において同じ。)は交差点を避け、かつ、道路の左側(一方通行となつている道路においてその左側に寄ることが緊急自動車の通行を妨げることとなる場合にあつては、道路の右側。次項において同じ。)に寄つて一時停止しなければならない。
2 前項以外の場所において、緊急自動車が接近してきたときは、車両は、道路の左側に寄つて、これに進路を譲らなければならない。
(罰則 第百二十条第一項第二号)
(緊急自動車等の特例)

もし反則金を支払わない場合は、道路交通法第40条または41条2項の違反にあたり、120条第2項を根拠として5万円以下の罰金が科されます。

■2. 本線車道緊急車妨害違反の交通違反点数、反則金、罰金

交通違反点数…1点

「本線車道緊急車妨害」は1点の加算となり、いわゆる青切符(青キップ)と呼ばれる、交通反則通告書が渡されます。

反則金…普通車で6000円(原付きは0円)

 
緊急車妨害等違反の反則金一覧
違反内容大型車普通車二輪車小型 特殊車原付車
緊急車妨害等7,000円6,000円6,000円5,000円なし

本線車道緊急車妨害違反は、普通車で反則金6000円が科されますが原付車は0円です。先ほどと同じく「交通反則通告制度」により、上記の反則金を納付すれば刑事罰にあたらないため、罰金の支払いは必要ありません。

しかし、反則金を納付しない場合等は法に則り、刑事罰として処され罰金刑に移行します。

罰金…反則金を支払わない場合は5万円以下の罰金

第七十五条の六
(前略)
2 緊急自動車以外の自動車は、緊急自動車が本線車道に入ろうとしている場合又はその通行している本線車道から出ようとしている場合においては、当該緊急自動車の通行を妨げてはならない。
(本線車道の出入の方法)

もし反則金を支払わない場合は、道路交通法第75条6項の違反にあたり、120条第2項を根拠として5万円以下の罰金が科されます。

緊急自動車の妨害、歩行者、自転車は対象?

緊急車両の妨害は、歩行者や自転車も対象なのでしょうか?歩行者や自転車が緊急車両を妨害した場合はどうなるのかご紹介します。

緊急自動車の妨害 歩行者の場合

道路交通法第40条には、歩行者に関する記載はありません。しかし、緊急自動車が通行する場合は横断歩道などを歩くのを止め、速やかな通行をさせるのが最低限のモラルです。

またあからさまに緊急自動車の妨害を行った場合は道路交通法ではなく、公務執行妨害で逮捕される場合があります。

緊急自動車の妨害 自転車の場合

上記と同じく道路交通法第40条には、緊急自動車を「車両」が避けなければならない記載されています。自転車は軽車両にあたるため、緊急自動車を妨害すると道路交通法第40条の違反対象です。

緊急自動車の避け方

緊急自動車の避け方は、緊急自動車と遭った場所によって異なります。こちらでは緊急自動車の避け方を場所別にご紹介します。

交差点または交差点付近での緊急自動車の避け方

交差点を避け、かつ道路の左側に寄って一時停止します。但し、一方通行で左側に寄ると緊急自動車の通行を妨げる場合は道路の右側に寄って一時停止します。

交差点または交差点付近では確実に一時停止をする必要があります。片側2車線の道路で追い越し車線を走行している場合はすぐに本線に戻り、優先的に緊急自動車を通行させましょう。

また、混雑などでやむを得ず交差点内に停止してしまう場合は緊急自動車のマイク等での指示に従う必要があります。

それ以外での緊急自動車の避け方

それ以外の場所では道路の左側に寄って進路を譲ります。※但し、「一方通行で左側にに寄ると緊急自動車の通行を妨げる場合」は道路の右側に寄って進路を譲ります。

この場合は徐行をする必要はありませんが、優先的に緊急自動車を通行させるためにマナーとして徐行を心がけましょう。

まとめ

本記事では緊急車両と妨害の定義から、緊急車両が免除される交通ルール、緊急車両を妨害したらどうなるのかをご紹介しました。緊急車両に遭遇したら、速やかに緊急車両が通れるようにするのが大切です。

関連するキーワード


公用車 交通ルール・マナー

関連する投稿


ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

もしもひき逃げ事故を起こしてしまった際に、どのように対処すべきでしょうか。さらには、被害に遭ってしまった方、事故を目撃した方もその場で適切な処置をする事が求められます。今回は、ひき逃げを起こしてしまった方、巻き込まれてしまった側、それぞれがどのように対処し、処置をしていくべきかを解説しています。


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)の実施場所一覧

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)の実施場所一覧

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施場所となる道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


最低限抑えておきたい自転車の交通ルール&マナー|違反時の罰則・罰金について

最低限抑えておきたい自転車の交通ルール&マナー|違反時の罰則・罰金について

子供から大人まで、幅広く多くの人が乗っている自転車。ですが、意外と知られていないのが自転車の交通ルールです。自転車の交通ルールを守らなかったことにより死亡事故に繋がるような事例もあります。こちらの記事では最低限抑えておくべき自転車の交通ルールと違反時の罰則、また交通マナーに関してをまとめて掲載しています。


【後部座席も義務】シートベルトの着用 違反時の点数・罰金は?免除される事例も

【後部座席も義務】シートベルトの着用 違反時の点数・罰金は?免除される事例も

シートベルトは後部座席にも着用義務があります。こちらの記違ではシートベルトを着用しなかった場合の違反点数、違反金・罰金とシートベルトの着用が免除される事例等をまとめて掲載しています。また、シートベルトに関連するカー用品・カーアクセサリーの紹介も掲載しています。


【免停】免許停止になる違反点数と停止期間・講習の内容 総まとめ

【免停】免許停止になる違反点数と停止期間・講習の内容 総まとめ

何かしらの交通違反を犯してしまい、点数が加算されると免許停止となってしまいます。免許停止となる点数は?免停期間は?免停講習はどのようなことするのか?など免停に対して良くある疑問を分かりやすくまとめて掲載しています。。免停になってしまった場合どうなるのかをこちらの記事でご紹介したいと思います。


最新の投稿


【スクープ】三菱のパジェロスポーツ改良新型 日本導入はある?

【スクープ】三菱のパジェロスポーツ改良新型 日本導入はある?

三菱自動車の世界戦略SUV、『パジェロスポーツ』改良新型プロトタイプを、北欧で兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えました。果たして日本導入はあるのでしょうか。


ブースト計の人気・おすすめ5選!使い方・見方から取り付け方まで説明

ブースト計の人気・おすすめ5選!使い方・見方から取り付け方まで説明

あまり使い道が知れ渡っていないブースト計。実は愛車のコンディションを知ることのできる優れたアイテムです。今回はブースト計とは何か?の説明からブース時計の種類、必要性、取り付け方、そしておすすめ商品についてを紹介していきます。


バックミラー・ルームミラー 人気ランキング&おすすめ11選|タイプ別に紹介

バックミラー・ルームミラー 人気ランキング&おすすめ11選|タイプ別に紹介

車のルームミラー・バックミラーには様々なタイプのものが存在します。こちらの記事では、通常のルームミラーの売上人気ランキングから、おすすめのモニター一体型やドラレコ一体型のルームミラー、それぞれの特徴とおすすめ商品、取り付けについてなどを紹介しています。本記事が新しいルームミラー購入の参考になれば幸いです。


【2019年最新情報】トヨタのスープラ新型ワールドプレミア!最新情報

【2019年最新情報】トヨタのスープラ新型ワールドプレミア!最新情報

2019年に入り、早くもスープラ新型の情報が続々と出てきていますね。本記事では超気になる新型車、スープラ新型の最新情報をまとめています。スペック、価格、発売日ほか。


ポルシェ初市販EVタイカン 2019年内に生産開始予定!価格は?発売日は?

ポルシェ初市販EVタイカン 2019年内に生産開始予定!価格は?発売日は?

ポルシェ初、量産市販EVスポーツカーのタイカン。2019年内には生産開始が予定されています。発売日はいつになる?価格は?そんな発売が待たれるタイカンの最新画像および最新情報をまとめています。