目次へ戻る

救急車などの緊急車両、道を譲らないと違反!罰金、違反点数は?

救急車などの緊急車両、道を譲らないと違反!罰金、違反点数は?

救急車や消防車に代表される車は通称・緊急車両と呼ばれます。しかし、緊急車両は他にも種類があり、道を譲らなかったり進行妨害をすると反則金の支払いや交通違反点数の加点があります。本記事では、緊急車両とは何か、どのような行為が妨害にあたるのか、緊急車両の避け方、交通違反点数や反則金についてご紹介します。


緊急車両と妨害の定義

「緊急車両の走行を妨害した場合はどうなるのか?」という本題に入る前に、緊急車両と妨害の定義をご紹介します。

【定義】緊急車両とは?

緊急車両とは正式名称を緊急自動車といい、下記に道路交通法第39条にあるように「消防用自動車、救急用自動車その他の政令で定める自動車で、当該緊急用務のため、政令で定めるところにより、運転中のもの」を指します。

主に人命救助や災害・事故などの解決のために使用される車両であり、この急務のための走行を緊急走行と呼びます。

(道路交通法)
第三十九条 緊急自動車(消防用自動車、救急用自動車その他の政令で定める自動車で、当該緊急用務のため、政令で定めるところにより、運転中のものをいう。以下同じ。)(以下略)

上記の道路交通法第39条文中の「その他の政令」にあたる道路交通施行令13条1項には、細かい緊急車両の対象車が記載されています。

代表的なものとして
・パトカー
・自衛隊車
・消防車
・救急車
・血液運搬車
・臓器運搬車
・レッカー車
などが緊急車両にあたります。

【定義】進行妨害とは?

進行妨害とはどのようなことを指すのでしょうか?進行妨害は下記の道路交通法第2条22項に定義されています。

二条(定義)
二十二 進行妨害 車両等が、進行を継続し、又は始めた場合においては危険を防止するため他の車両等がその速度又は方向を急に変更しなければならないこととなるおそれがあるときに、その進行を継続し、又は始めることをいう。

法律を緊急車両の場合に読み替えると「緊急車両が速度や方向を急に変更しなければならないまたは変更するおそれがあるときに普通車両がそれを妨げることや妨げ続けること」を指します。

緊急車両が免除される交通ルールは?

緊急車両は人命救助や災害・事故の解決に使用されるため、通常守らなければならないルールを免除されます。同時に、交通事故を避けるためにサイレンやランプなどの点灯にルールが設けられています。

緊急車両が免除される交通ルール

緊急車両は道路交通法第39条によって、緊急走行中に限りやむを得ない必要がある時は道路の右側にはみ出したり、赤信号でも停止をしなくていいことになっています。

第三十九条 緊急自動車(消防用自動車、救急用自動車その他の政令で定める自動車で、当該緊急用務のため、政令で定めるところにより、運転中のものをいう。以下同じ。)は、第十七条第五項に規定する場合のほか、追越しをするためその他やむを得ない必要があるときは、同条第四項の規定にかかわらず、道路の右側部分にその全部又は一部をはみ出して通行することができる。
2 緊急自動車は、法令の規定により停止しなければならない場合においても、停止することを要しない。この場合においては、他の交通に注意して徐行しなければならない。
(緊急自動車の優先)

他にも特例として
・シートベルト着用免除
・通行禁止区分の免除
・追い越し、右折、Uターン、横断禁止の免除
・駐車禁止の免除
などがあります。

緊急走行時の速度制限

緊急車両であっても、走行時の速度は一般車両と同じく
■一般道道路:80km/h
■高速道路:100km/h
が上限速度です。

パトカーなどの警察車両が追跡を行う際には速度制限は特に設けられていませんが、「緊急時」であると認められなかった場合は取締りの対象となります。

緊急走行時のサイレンと警告灯の使用

様々な交通ルールが免除される緊急車両ですが、道路運送車両法第14条により緊急走行の際には赤色ランプ(警光灯)をつけ、サイレンを鳴らさなければなりません。

第十四条 前条第一項に規定する自動車は、緊急の用務のため運転するときは、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定(道路運送車両法の規定が適用されない自衛隊用自動車については、自衛隊法第百十四条第二項の規定による防衛大臣の定め。以下「車両の保安基準に関する規定」という。)により設けられるサイレンを鳴らし、かつ、赤色の警光灯をつけなければならない。ただし、警察用自動車が法第二十二条の規定に違反する車両又は路面電車(以下「車両等」という。)を取り締まる場合において、特に必要があると認めるときは、サイレンを鳴らすことを要しない。
(道路維持作業用自動車)

ただし、パトカーなどの警察車両が最高速度超過の取締りに用いる際に必要と認められる場合はサイレンを鳴らさなくても良い決まりになっています。

サイレンや警告灯の基準

サイレンや警告灯にも下記のような基準が設けられています。
■サイレン:車の前方20mの位置で90dB 以上120dB以下の音量
■警光灯:300mの距離から点灯を確認できるもの

緊急自動車を妨害するとどうなるの?

救急車や消防車、パトカーに代表される緊急車両に対し、道を譲らなかった場合や、進路を妨害するとどうなるのでしょうか?

緊急車両の妨害には2つの種類がある

まず、緊急車両の妨害には妨害の方法によって2つの種類があります。

■1. 緊急車等妨害違反
緊急車両が近づいてきているにも関わらずそのまま走行し妨害する行為
■2. 本線車道緊急車妨害違反
緊急車両が本線車道に車線変更する時や、本線車道を出る時にその進行を妨害する行為

次項では2つの妨害を分けて交通違反点数、反則金、罰金をご紹介します。

■1. 緊急車等妨害違反の交通違反点数、反則金、罰金

交通違反点数…1点

「緊急車妨害等」は1点の加算となり、いわゆる青切符(青キップ)と呼ばれる、交通反則通告書が渡されます。

反則金…普通車で6000円

 
緊急車妨害等違反の反則金一覧
違反内容大型車普通車二輪車小型 特殊車原付車
緊急車妨害等7,000円6,000円6,000円5,000円5,000円

緊急車両の進行を妨げた場合は、普通車で反則金6000円が科されます。「交通反則通告制度」により、上記の反則金を納付すれば刑事罰にあたらないため、罰金の支払いは必要ありません。

しかし、反則金を納付しない場合等は法に則り、刑事罰として処され罰金刑に移行します。

罰金…反則金を支払わない場合は5万円以下の罰金

第四十条 交差点又はその附近において、緊急自動車が接近してきたときは、路面電車は交差点を避けて、車両(緊急自動車を除く。以下この条において同じ。)は交差点を避け、かつ、道路の左側(一方通行となつている道路においてその左側に寄ることが緊急自動車の通行を妨げることとなる場合にあつては、道路の右側。次項において同じ。)に寄つて一時停止しなければならない。
2 前項以外の場所において、緊急自動車が接近してきたときは、車両は、道路の左側に寄つて、これに進路を譲らなければならない。
(罰則 第百二十条第一項第二号)
(緊急自動車等の特例)

もし反則金を支払わない場合は、道路交通法第40条または41条2項の違反にあたり、120条第2項を根拠として5万円以下の罰金が科されます。

■2. 本線車道緊急車妨害違反の交通違反点数、反則金、罰金

交通違反点数…1点

「本線車道緊急車妨害」は1点の加算となり、いわゆる青切符(青キップ)と呼ばれる、交通反則通告書が渡されます。

反則金…普通車で6000円(原付きは0円)

 
緊急車妨害等違反の反則金一覧
違反内容大型車普通車二輪車小型 特殊車原付車
緊急車妨害等7,000円6,000円6,000円5,000円なし

本線車道緊急車妨害違反は、普通車で反則金6000円が科されますが原付車は0円です。先ほどと同じく「交通反則通告制度」により、上記の反則金を納付すれば刑事罰にあたらないため、罰金の支払いは必要ありません。

しかし、反則金を納付しない場合等は法に則り、刑事罰として処され罰金刑に移行します。

罰金…反則金を支払わない場合は5万円以下の罰金

第七十五条の六
(前略)
2 緊急自動車以外の自動車は、緊急自動車が本線車道に入ろうとしている場合又はその通行している本線車道から出ようとしている場合においては、当該緊急自動車の通行を妨げてはならない。
(本線車道の出入の方法)

もし反則金を支払わない場合は、道路交通法第75条6項の違反にあたり、120条第2項を根拠として5万円以下の罰金が科されます。

緊急自動車の妨害、歩行者、自転車は対象?

緊急車両の妨害は、歩行者や自転車も対象なのでしょうか?歩行者や自転車が緊急車両を妨害した場合はどうなるのかご紹介します。

緊急自動車の妨害 歩行者の場合

道路交通法第40条には、歩行者に関する記載はありません。しかし、緊急自動車が通行する場合は横断歩道などを歩くのを止め、速やかな通行をさせるのが最低限のモラルです。

またあからさまに緊急自動車の妨害を行った場合は道路交通法ではなく、公務執行妨害で逮捕される場合があります。

緊急自動車の妨害 自転車の場合

上記と同じく道路交通法第40条には、緊急自動車を「車両」が避けなければならない記載されています。自転車は軽車両にあたるため、緊急自動車を妨害すると道路交通法第40条の違反対象です。

緊急自動車の避け方

緊急自動車の避け方は、緊急自動車と遭った場所によって異なります。こちらでは緊急自動車の避け方を場所別にご紹介します。

交差点または交差点付近での緊急自動車の避け方

交差点を避け、かつ道路の左側に寄って一時停止します。但し、一方通行で左側に寄ると緊急自動車の通行を妨げる場合は道路の右側に寄って一時停止します。

交差点または交差点付近では確実に一時停止をする必要があります。片側2車線の道路で追い越し車線を走行している場合はすぐに本線に戻り、優先的に緊急自動車を通行させましょう。

また、混雑などでやむを得ず交差点内に停止してしまう場合は緊急自動車のマイク等での指示に従う必要があります。

それ以外での緊急自動車の避け方

それ以外の場所では道路の左側に寄って進路を譲ります。※但し、「一方通行で左側にに寄ると緊急自動車の通行を妨げる場合」は道路の右側に寄って進路を譲ります。

この場合は徐行をする必要はありませんが、優先的に緊急自動車を通行させるためにマナーとして徐行を心がけましょう。

まとめ

本記事では緊急車両と妨害の定義から、緊急車両が免除される交通ルール、緊急車両を妨害したらどうなるのかをご紹介しました。緊急車両に遭遇したら、速やかに緊急車両が通れるようにするのが大切です。

関連するキーワード


公用車 交通ルール・マナー

関連する投稿


【注意必須】覆面パトカーの見分け方!多い車種や特徴を細部に渡って紹介

【注意必須】覆面パトカーの見分け方!多い車種や特徴を細部に渡って紹介

覆面パトカーの車種や特徴、様々な見分け方を紹介しています。交通ルールを守る大切さを改めて確認し、これから年末年始に向けてのドライブや帰省、旅行といった楽しいひと時にトラブルが起きないように心がけましょう。


「危険性帯有者」罰則強化|あおり運転も対象に。被害経験は約9割…。

「危険性帯有者」罰則強化|あおり運転も対象に。被害経験は約9割…。

警察庁から全国の警察に「あおり運転」に対し罰則を強化する新対応が発表されました。こちらの記事では新対応に伴う罰則強化に関連する情報と、あおり運転への対処として高まるドライブレコーダー需要に関する調査結果、そしておすすめのドライブレコーダーや対策方法を合わせて掲載しています。


【信号のない横断歩道】3年連続 9割超のルール無視。違反時の罰則は?

【信号のない横断歩道】3年連続 9割超のルール無視。違反時の罰則は?

2017年6月より、JAFが「信号機のない横断歩道における実態アンケート調査」を実施していました。「横断歩道」に関する道交法・ルールを再度知っていただくと共に、関連するデータ等を記事にしています。2016年から2018年8月の全国の信号の無い横断歩道での一時停止率についても掲載しています。


【表で解説】スピード違反。超過速度毎の点数と罰金額は?逮捕事例も

【表で解説】スピード違反。超過速度毎の点数と罰金額は?逮捕事例も

日ごろ、車やバイクを運転する方は気を付けなくてはいけないのが「スピード違反」。スピード違反は最も取締りされる件数が多い交通違反の1つとなっています。もし、スピード違反で捕まってしまった場合の点数は何点?罰金はいくら?何キロオーバーしたら免停になる?などの疑問点を詳しく説明していきたいと思います。


免停になる違反点数と停止期間、講習の内容 総まとめ!

免停になる違反点数と停止期間、講習の内容 総まとめ!

何かしらの交通違反を犯してしまい、点数が加算されると免許停止となってしまいます。免許停止となる点数は?免停期間は?免停講習はどのようなことするのか?など免停に対して良くある疑問を分かりやすくまとめて掲載しています。。免停になってしまった場合どうなるのかをこちらの記事でご紹介したいと思います。


最新の投稿


今の20代は知らない?キャブレターとは|仕組み、セッティングについて

今の20代は知らない?キャブレターとは|仕組み、セッティングについて

バイク用語では見聞きすることのあるキャブレターという言葉も、20代の方にとってはなかなか親しみづらい言葉なのではないでしょうか。今回は、実は今もなお熱烈な支持者に愛され続けているキャブレターの仕組みから、調整やセッティング、オーバーホールの方法を解説していきます。これを読めばキャブレターの知識に関しては完璧です。


LEDヘッドライト おすすめ商品10選!価格・明るさを比較&取り付け方

LEDヘッドライト おすすめ商品10選!価格・明るさを比較&取り付け方

愛車のヘッドライト、もっと明るいヘッドライトに変えたいと思ったことはありませんか?こちらの記事では、LEDヘッドライトとハロゲンライト、HID等との違いから、明るさの基準と選び方、車検への影響の有無と、人気・おすすめのLEDヘッドライトの紹介、ヘッドライトの交換方法、取付け方についてを説明しています。


ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダは、「ステップワゴンやN-BOX+」など4車種について、テールゲートに不具合があり、突然降下するおそれがあるとして、国土交通省に改善対策を届け出ました。 対象車種は「ステップワゴン」「ステップワゴン スパーダ」「N-BOX+」「N-BOX+カスタム」の4モデル59万3815台になります 詳しく見ていきましょう。


【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年春頃に日本発売が予想されている、トヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4の最新情報をまとめてご紹介します。


トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年春に日本復活すると公式サイトより発表がありました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。【11月21日更新】