目次へ戻る

【ジュネーブモーターショー2017】三菱の強みはSUV!エクリプス復活

【ジュネーブモーターショー2017】三菱の強みはSUV!エクリプス復活

三菱自動車は、2017年3月7日にスイスで開幕した「ジュネーブモーターショー2017」で新型SUV「エクリプス クロス」の実車を世界初公開しました。三菱の新たな方向性を斬新なクーペタイプのデザインで表現した新世代SUVの第1弾となる「エクリプス クロス」の情報と画像をまとめました。


三菱エクリプス復活!新型SUV エクリプス クロスが世界初公開!

三菱のエクリプスという車をご存知でしょうか。三菱エクリプスは、1989年より米国で販売されていた2ドアスペシャリティクーペです。日本でも1999年に登場した3代目モデルまで販売されていました。

2011年8月に生産を終了した三菱エクリプス

エクリプスは、1989年の初代発売以来、累計98万2024台を米国市場で販売した三菱のヒット作。現在、スポーツ&スぺシャルティカー市場は縮小したとはいえ、エクリプスは米国で最も成功を収めた日本のスポーツカーの1台といえます。

今回、2017年3月のジュネーブモーターショー2017にて世界初公開となった、「エクリプス クロス」がこちら。

三菱を代表するクーペの「エクリプス」と、クロスオーバーの略である「クロス」を組み合わせた車名。エクリプスは「日食」を意味する英語で、三菱は「皆既日食で観測されるダイヤモンドリング同様、人々の心を刺激して高揚させる美しいフォルム、プロミネンス(紅炎)を思わせる新開発の高彩度レッドなどをイメージしてネーミングした」と説明しています。

エクリプス クロスの特徴はまず第一に個性的なデザインです。三菱のデザインアイデンティティ「ダイナミックシールド」を採り入れて、コンセプトカーのような洗練さと力強さを併せ持つクーペSUVとなっています。

リアの2分割ウインドウも特徴的で、クーペSUVでは犠牲になりがちな後方視界を、しっかりと確保しています。

三菱が目指す世界をデザインで表現した「エクリプス クロス」

ジュネーブモーターショー2017で世界初公開とされた「エクリプス クロス」ですが、久々に登場した新型車ということだけでなく、三菱の新世代デザインを纏う商品の第一弾となっています。

アウトランダーのフェイスリフトではじめて採用された「ダイナミックシールド」をはじめとした、新しいデザイン言語を当初から織り込んでデザインされた、最初のモデルです。

エクリプス クロスのデザインコンセプトは「VIBRANT & DEFIANT」。日本語にすると「きらめきのある&挑戦的」という意味になります。

正統派SUVに近いシルエットながら、シャープな造形やグラフィックがもたらす軽快感がうまくバランスしています。ホイールアーチまわりは、スタート直前の陸上選手のような筋肉の盛り上がりと踏ん張り感。上半身は勢いや軽快感。このコントラストで、新しいスポーティさやスタイリッシュさを狙っているといいます。

インテリアはどうでしょうか。まず目に入るのは、左右にワイドに広がるインパネ造形です。

水平基調のインパネは、車両の姿勢がすぐに把握できて、SUVとしては大切な要素。同時にすっきりした印象やルーミーな感覚を出せるのもSUVとしてメリットだということで、採用した造形とのこと。

助手席前方を上下に分けて間にシルバーのモールを通したのは、大きな塊を分割することでボリューム感を減らし、軽快感やスポーティさを加えるためだそう。ただしセンタークラスター部を少し突き出し「囲まれ感」も演出。これは運転席にコックピット感覚をもたらすため。

ほかにもシフトグリップやドアグリップなどは塊感のあるしっかりした造形ながら、精緻さを感じる造形を採用。

さらに、スタイリッシュな外観であっても後席の居住性、荷室は妥協したくないということで、このクラスでは珍しく後席が200mmスライドします。それと共に、リクライニングは8段階の調節が可能。

また荷室は4個のゴルフバッグが載る。後席を一番後ろまでスライドした状態でも3個のバッグが載るし、後席の足元スペースはクラストップレベルの居住性が確保できているようです。

「エクリプス クロス」日本での発売は?

ジュネーブモーターショー2017にて発表されたエクリプスクロス。パワートレインは新開発の1.5リットル直噴ターボガソリンエンジンと、アウトランダーや『デリカ D:5』に搭載されている2.2リットルクリーンディーゼルターボエンジンの2つが設定されています。

クリーンディーゼルについては、デリカD:5やアウトランダーのものに対して、圧縮比も変更する等、かなりの変更を加えていて、ひと世代進化したという位置づけとのこと。

エクリプス クロスの気になる日本での発売時期に関してですが、まず今秋から欧州で出荷を開始し、北米、オーストラリアなどへも順次展開。日本では2017年度中に発売する計画ということです。

関連する投稿


【10月20日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【10月20日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【10/20情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。


【最新情報】三菱デリカD:5新型 発売時期はいつ?気になる価格はズバリ

【最新情報】三菱デリカD:5新型 発売時期はいつ?気になる価格はズバリ

三菱のロングセラーを誇るデリカD:5。SUV風のミニバンといういいとこどりの三菱デリカD:5ですが、今回三菱がデリカD:5のフルモデルチェンジを発表しました。デリカD:5の発売時期はいつになるのか、価格はいくらになるのか…。他基本情報などデリカD:5新型の最新情報をお届けします。


三菱 新型eKワゴン 一部改良で安全装備のパワーアップ 特別仕様車も

三菱 新型eKワゴン 一部改良で安全装備のパワーアップ 特別仕様車も

三菱自動車は、eKシリーズ、でおなじみのハイトワゴンタイプの『eKワゴン』及び『eKカスタム』、スーパーハイトワゴンタイプの『eKスペース』に安全装備の採用グレードを拡大等一部改良を施し、10月6日から販売を開始しています。今回はこの新型eKワゴンについてまとめています。


【2018年初頭か】三菱新型SUVエクリプス クロス 発売日 価格 スペック

【2018年初頭か】三菱新型SUVエクリプス クロス 発売日 価格 スペック

三菱の「エクリプス」が新たな新型SUV「エクリプス クロス」と生まれ変わって発売されます。本記事では、エクリプス クロスの性能・発売日・価格などの観点からエクリプス クロスについてご紹介しています。


【9/6更新】フランクフルトモーターショー2017 出展車&トピック一覧

【9/6更新】フランクフルトモーターショー2017 出展車&トピック一覧

世界最大級の規模ともいわれるフランクフルトモーターショーが9月12日にドイツにて開幕します。二年に一度のビッグモーターショー、出展メーカー、見どころ、気になるワールドプレミアは…?など、ドイツには行けないけれどもモーターショーが気になる!という方に情報を随時更新しお届けします。


最新の投稿


あなたのクルマのニオイは大丈夫!?一車に一つ芳香剤!

あなたのクルマのニオイは大丈夫!?一車に一つ芳香剤!

車の中のニオイは人によって気になります。家族やデートなどで誰かを乗せる時、良いニオイを演出したいし、またプライベート空間として、自分に合ったニオイで、心地よくドライブを楽しみたいものです。車の芳香剤をいくつかご紹介します。


【10月20日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【10月20日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【10/20情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。


ボルボの高性能ブランド発! 高級PHEVクーペポールスター1最新情報

ボルボの高性能ブランド発! 高級PHEVクーペポールスター1最新情報

ボルボ発、高性能ブランド、ポールスター。ブランド初のオリジナルモデル『ポールスター1』が登場しました。今回はこのポールスター1について、最新情報をお届けします。 EV航続距離・スペック・価格などをまとめています。


日産キューブ!中古価格・色・内装・口コミ完全網羅!新型はいつ?

日産キューブ!中古価格・色・内装・口コミ完全網羅!新型はいつ?

日産の車、と聞かれたら何の車を思い浮かべますか?マーチ、ノート…。日産には魅力的な車が多いですが、今回ご紹介するのはキューブです。カワイイ見た目とは裏腹に、パワー面もしっかりしているキューブ。今回はこのキューブの、中古価格や色、口コミ、スペック、燃費などについて見ていきます。


新型ステップワゴンのベストチョイスを考えてみたら意外にも・・・

新型ステップワゴンのベストチョイスを考えてみたら意外にも・・・

マイナーチェンジされた新型ステップワゴンは、スパーダに待望のハイブリッド車が設定されたり、「ホンダセンシング」が全車標準装備になったりと、話題満載の改良になりました。となると、ステップワゴンを選ぶとしたら、ベストチョイスは話題のスパーダハイブリッドでしょうか?それとも・・・