目次へ戻る

ランドローバー70周年!雪上にディフェンダーの地上絵が出現!

ランドローバー70周年!雪上にディフェンダーの地上絵が出現!

ランドローバーは、2018年4月30日にブランド70周年を迎えることを記念して、アルプス山脈にディフェンダーのスノー・アートを施した動画を公開しました。本記事でスノーアートの模様と、ランドローバー誕生秘話をご紹介します。


ディフェンダーが雪上に出現!ランドローバーの70周年記念動画が凄い

ランドローバーといえば高級4WDが有名なメーカーで、レンジローバー、ディフェンダー、ディスカバリーなどが有名です。そんなランドローバー超ド級のアイデアでブランド70周年の節目にある動画を公開しました。

舞台は、フランス・アルプス山脈の標高2700mの雪原です。現れたのは、「スノーアート」という誰も歩いていない雪の上を踏み固めて模様をつくる表現方法の創始者であるサイモン・ベック氏です。

サイモン・ベック氏はスノーシューを締め帽子をかぶると、おもむろに雪の上を歩き初めます。

地図を見てつぎにどの方向に進むべきかを確認しています。

同じ道を往復し踏み固めていくサイモン・ベック氏。急勾配の坂では息をつく場面もあります。

微妙なズレがないか確認するサイモン・ベック氏

出来上がったのは雪上に描かれたランドローバー「ディフェンダー」でした。この作品をつくるためにベック氏は2万894歩、距離にして16.5kmを歩いたといいます。

雪上にディフェンダーの絵が描かれた理由 ブランドの誕生秘話

雪上にディフェンダーの絵が描かれた理由には、ランドローバーブランドの誕生に隠されています。初代ランドローバーは、エンジニアリング・ディレクターであったモーリス・ウィルクスがマネージング・ディレクターであった兄スペンサーにみせたスケッチが元になりこの世に生み出されました。

モーリスが、兄スペンサーにそのスケッチを見せたのが、イギリス・ウェールズ北西部のアングルシー島にあるレッドワーフベイの砂の上だったのです。今回のスノー・アートはそのスケッチへの尊敬の念が込められていました。

【さらにデカい】2015年には全長1kmの巨大なサンドアートも!

実は3年前の2015年には、スケッチの舞台となったレッドワーフベイにてサンド・アーティストジェイミー・ウォードリー氏を迎え、全長1kmもの大きさのディフェンダーのサンドアートを完成させています。

今回のディフェンダーのスノー・アートはその雪上版だったと言うわけです。

70年前の4月30日、ランドローバーブランドが誕生

ランドローバーは、第二次世界大戦後の1948年にアムステルダムモーターショーでランドローバーシリーズⅠを公開しブランドのスタートを切りました。

そこでランドローバーは2018年の4月30日を「ワールドランドローバーデイ」として大々的に祝うことを発表しています。

最高経営責任者のラルフ・スペッツ博士は「ランドローバーは世界的に象徴的なブランドであり、ディフェンダーは誰もが見てすぐに(ディフェンダーだと)分かるシルエットをしている。ブランド生誕から70年を迎えることは非常に特別なことであり、 私達はランドローバーの”Above and Beyond(さらなる高みへ) ”というブランドスピリットと共に世界中有のランドローバーファンに向けてこの70周年を祝いの年にする」と述べています。

2018年4月30日ワールドランドローバーデイに参加!

ランドローバーでは、2018年4月30日現地時間午後8時より公式Youtubeチャンネルでワールドランドローバーデイの祝いの模様が配信される予定です。
何が行われるかは未定ですが、ぜひチェックされてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?本記事では70周年を迎えるランドローバーの超ド級のスノー・アートをご紹介しました。ワールドランドローバーデイである4月30日に何が起こるのか楽しみですね!

関連するキーワード


ランドローバー

関連する投稿


ランドローバー レンジローバー イヴォーク新型は2018年秋公開!

ランドローバー レンジローバー イヴォーク新型は2018年秋公開!

レンジローバーのエントリー・クロスオーバーSUV『イヴォーク』の次期型プロトタイプが、ニュルブルクリンク北コースで高速テストを開始しました。新型イヴォークは3ドアが廃止された模様です。また発表は2018年秋ごろとのこと。本記事では、クロスオーバーSUV・イヴォークについて改めて見ていきたいと思います。


ジャガー レンジローバー/レンジローバースポーツ新型 PHEVモデル登場!

ジャガー レンジローバー/レンジローバースポーツ新型 PHEVモデル登場!

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、『レンジローバー』および『レンジローバー スポーツ』にプラグインハイブリッド(PHEV)モデルを追加、6月27日より予約受注を開始しました。このPHEVシステム、いったいどれくらいの性能なのでしょうか。


激写! レンジローバーの最高級SUV 新車価格は4000万円超!?

激写! レンジローバーの最高級SUV 新車価格は4000万円超!?

ロールスロイスのカリナンや、ランボルギーニのウルス、多くの高級車ブランドがSUVを展開し始めて久しいですが、そんな中、高級SUVを多く手掛けているレンジローバーの新型SUVの姿を激写しました。最高級モデルになると予測され、価格も4000万円以上はするとみられています。いったいどんなSUVになるのでしょうか。


【2018年最新版】オープンカーなSUVまとめ

【2018年最新版】オープンカーなSUVまとめ

オープンカー、と聞くと、スポーツカーをベースにしたスポーティーな車、というイメージが強いかもしれません。しかし、近年はあの人気なSUVタイプに、オープンモデルが設定されている車がじわじわと発表・発売されていることを知っていましたか?本記事ではそんな『SUV×オープンカー』という車をまとめてみました。随時更新いたします!


【ジュネーブモーターショー2018】初公開!レンジローバー2ドアクーペ

【ジュネーブモーターショー2018】初公開!レンジローバー2ドアクーペ

ランドローバーは3月6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2018において、『レンジローバーSVクーペ』を初公開しています。最新情報をお届けいたします。


最新の投稿


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。


シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

ホンダが2017年9月に日本で販売開始した「シビック」シリーズの高性能モデルである「シビック タイプR」に廉価版の噂がでています。本記事では、スクープされた画像と共に、「シビック タイプR」廉価版の可能性についてご紹介します。


【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

2018年、夏。シャレにならない猛烈な暑さに襲われています。それはあなたの愛車も同じ!貴方の車内の暑さ対策は万全ですか?不安な方、あまり気にしていなかった方!本記事を読んで、2018年夏を乗り切りましょう!本記事では夏の暑さ対策カー用品グッズをご紹介いたします。これで今夏も楽しいカーライフを過ごせること間違いなし!