目次へ戻る

ランドローバー70周年!雪上にディフェンダーの地上絵が出現!

ランドローバー70周年!雪上にディフェンダーの地上絵が出現!

ランドローバーは、2018年4月30日にブランド70周年を迎えることを記念して、アルプス山脈にディフェンダーのスノー・アートを施した動画を公開しました。本記事でスノーアートの模様と、ランドローバー誕生秘話をご紹介します。


ディフェンダーが雪上に出現!ランドローバーの70周年記念動画が凄い

ランドローバーといえば高級4WDが有名なメーカーで、レンジローバー、ディフェンダー、ディスカバリーなどが有名です。そんなランドローバー超ド級のアイデアでブランド70周年の節目にある動画を公開しました。

舞台は、フランス・アルプス山脈の標高2700mの雪原です。現れたのは、「スノーアート」という誰も歩いていない雪の上を踏み固めて模様をつくる表現方法の創始者であるサイモン・ベック氏です。

サイモン・ベック氏はスノーシューを締め帽子をかぶると、おもむろに雪の上を歩き初めます。

地図を見てつぎにどの方向に進むべきかを確認しています。

同じ道を往復し踏み固めていくサイモン・ベック氏。急勾配の坂では息をつく場面もあります。

微妙なズレがないか確認するサイモン・ベック氏

出来上がったのは雪上に描かれたランドローバー「ディフェンダー」でした。この作品をつくるためにベック氏は2万894歩、距離にして16.5kmを歩いたといいます。

雪上にディフェンダーの絵が描かれた理由 ブランドの誕生秘話

雪上にディフェンダーの絵が描かれた理由には、ランドローバーブランドの誕生に隠されています。初代ランドローバーは、エンジニアリング・ディレクターであったモーリス・ウィルクスがマネージング・ディレクターであった兄スペンサーにみせたスケッチが元になりこの世に生み出されました。

モーリスが、兄スペンサーにそのスケッチを見せたのが、イギリス・ウェールズ北西部のアングルシー島にあるレッドワーフベイの砂の上だったのです。今回のスノー・アートはそのスケッチへの尊敬の念が込められていました。

【さらにデカい】2015年には全長1kmの巨大なサンドアートも!

実は3年前の2015年には、スケッチの舞台となったレッドワーフベイにてサンド・アーティストジェイミー・ウォードリー氏を迎え、全長1kmもの大きさのディフェンダーのサンドアートを完成させています。

今回のディフェンダーのスノー・アートはその雪上版だったと言うわけです。

70年前の4月30日、ランドローバーブランドが誕生

ランドローバーは、第二次世界大戦後の1948年にアムステルダムモーターショーでランドローバーシリーズⅠを公開しブランドのスタートを切りました。

そこでランドローバーは2018年の4月30日を「ワールドランドローバーデイ」として大々的に祝うことを発表しています。

最高経営責任者のラルフ・スペッツ博士は「ランドローバーは世界的に象徴的なブランドであり、ディフェンダーは誰もが見てすぐに(ディフェンダーだと)分かるシルエットをしている。ブランド生誕から70年を迎えることは非常に特別なことであり、 私達はランドローバーの”Above and Beyond(さらなる高みへ) ”というブランドスピリットと共に世界中有のランドローバーファンに向けてこの70周年を祝いの年にする」と述べています。

2018年4月30日ワールドランドローバーデイに参加!

ランドローバーでは、2018年4月30日現地時間午後8時より公式Youtubeチャンネルでワールドランドローバーデイの祝いの模様が配信される予定です。
何が行われるかは未定ですが、ぜひチェックされてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?本記事では70周年を迎えるランドローバーの超ド級のスノー・アートをご紹介しました。ワールドランドローバーデイである4月30日に何が起こるのか楽しみですね!

関連するキーワード


ランドローバー

関連する投稿


【2018年最新版】オープンカーなSUVまとめ

【2018年最新版】オープンカーなSUVまとめ

オープンカー、と聞くと、スポーツカーをベースにしたスポーティーな車、というイメージが強いかもしれません。しかし、近年はあの人気なSUVタイプに、オープンモデルが設定されている車がじわじわと発表・発売されていることを知っていましたか?本記事ではそんな『SUV×オープンカー』という車をまとめてみました。随時更新いたします!


ランドローバーレンジローバー イヴォーク新型は2018年秋公開!

ランドローバーレンジローバー イヴォーク新型は2018年秋公開!

レンジローバーのエントリー・クロスオーバーSUV『イヴォーク』の次期型プロトタイプが、ニュルブルクリンク北コースで高速テストを開始しました。新型イヴォークは3ドアが廃止された模様です。また発表は2018年秋ごろとのこと。本記事では、クロスオーバーSUV・イヴォークについて改めて見ていきたいと思います。


【ジュネーブモーターショー2018】初公開!レンジローバー2ドアクーペ

【ジュネーブモーターショー2018】初公開!レンジローバー2ドアクーペ

ランドローバーは3月6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2018において、『レンジローバーSVクーペ』を初公開しています。最新情報をお届けいたします。


ランドローバー ディスカバリーのスペック・価格・ユーザー評価は?

ランドローバー ディスカバリーのスペック・価格・ユーザー評価は?

歴代から愛され続けるランドローバーディスカバリー。フルモデルチェンジのシリーズ5のスペックや機能を紹介していきます。


ランドローバー初のHV!!プレミアムコンパクトSUVイヴォーク新型!

ランドローバー初のHV!!プレミアムコンパクトSUVイヴォーク新型!

ランドローバーの人気クロスオーバーSUVである、『レンジローバー イヴォーク』次期型プロトタイプが、極寒のスウェーデンで初の寒冷気候テストを開始しました。本記事では最新情報をお届けいたします!新型イヴォークの価格は?発売日は?パワートレインは?HV初採用?エクステリアデザインは?他気になる疑問に迫ります!


最新の投稿


三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)が軽自動車から登録車へ変更された理由は?

三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)が軽自動車から登録車へ変更された理由は?

三菱の電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』が一部改良されて発売されました。 驚いたのが軽自動車から小型車(登録車)へ変更されて発売されたことです。何故、税金面でも不利になる登録車へわざわざ変更されたのでしょうか?不思議に感じたので調べてみました。


これはカワイイ!ホンダN-BOX純正アクセサリーにバーバパパ登場!

これはカワイイ!ホンダN-BOX純正アクセサリーにバーバパパ登場!

ホンダアクセスは、主に女性ドライバーに向けてトータルコーディネートを提案するコレクションの第5弾「バーバパパ コレクション」を5月31日より全国のホンダカーズから発売すると発表しました。画像を見てしまったら、バーバパパコレクションを思わず大人買いしてしまうかも!?


【知っておきたい】ガソリンの種類。レギュラーとハイオク、軽油の違いは?

【知っておきたい】ガソリンの種類。レギュラーとハイオク、軽油の違いは?

本記事では車の燃料であるガソリン種類、レギュラー・ハイオク、ディーゼル車の燃料である軽油の違いについてを説明しています。合わせてガソリン車に軽油を入れてしまう、ディーゼル車にガソリンを入れてしまうなど、指定されている燃料以外の燃料を入れてしまった場合、どうなるのかについても紹介しています。


日産 セレナe-POWERを買うべき5つの理由

日産 セレナe-POWERを買うべき5つの理由

セレナe-POWERの人気が沸騰中です。販売台数において、ミニバントップの座を死守し続けるセレナは、e-POWERを投入してからは、さらに独走状態に入っています。そこで、今なぜセレナe-POWERを買うのか?その理由を5つにまとめてみました。これを読めば貴方もセレナe-POWERを買いたくなるでしょう!


【速報】あのNシリーズに新モデル!ホンダの軽バン N-VAN新型2018年夏登場!

【速報】あのNシリーズに新モデル!ホンダの軽バン N-VAN新型2018年夏登場!

ホンダが、今夏に発表を予定している軽バン「N-VAN(エヌ バン)」に関する情報を4月20日本日、Hondaホームページで先行公開されました。今わかっている最新情報をお届けいたします!!