トップへ戻る

2018年3月の軽自動車販売ランキング分析!決算月のN-BOXやライバル車の動向は?

2018年3月の軽自動車販売ランキング分析!決算月のN-BOXやライバル車の動向は?

2018年3月の軽自動車新車販売ランキングの速報値が発表されました。3月は決算月なので一年で一番販売台数の多い月で各社販売に一番力の入る月です。新型スペーシアは前月より売上を伸ばすのか?ホンダ N-BOXの販売台数は?ベスト15のランキングを元に紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


はじめに

全国軽自動車協会連合会から2018年3月の軽自動車新車販売ランキングの速報値が発表されました。

3月は決算月なので一年で一番販売台数の多い月で各社販売に一番力の入る月となっています。

新型スペーシアは前月より売上を伸ばすのか?ホンダ N-BOXの販売台数は?今月も先月に引き継続いてベスト15のランキングを元に紹介させて頂きます。

乗用車も含めた販売台数についても分析します。

ランキング1位~5位

1位(前月1位-) ホンダ・N-BOX 26,851台(前月比122%)
2位(3位↑) スズキ・スペーシア 18,711台(前月比137%)
3位(4位↑) ダイハツ・ムーヴ 17,465台(前月比129%)
4位(2位↓) 日産・デイズ 16,233台(前月比113%)
5位(5位-) ダイハツ・タント 15,783台(前月比122%)

ホンダN-BOXが先月に引き続き、26,851台で1位となりました。
販売初月の26,983台には届きませんでしたが、2位以下に8,000台の差をつけ、ぶっちりぎりの登録台数は凄いの一言です。

決算期ということで値引きの渋いN-BOXですが、若干値引きも拡大したのかもしれませんね。

2位はスズキ新型スペーシアが先月3位から1ランクアップの2位にランクイン。

1万8千台と着実に台数を伸ばしました。
まだまだN-BOXの壁は高いですが、このまま2位をキープできそうな勢いです。
来月の台数に注目したいところです。

3位はダイハツ・ムーヴ

ムーヴキャンパスが台数を稼いでいると思われます。
個人的にはパールホワイトⅢ×ファインミントメタリックのボディカラーがおすすめです。

4位はニッサンのデイズ。
2ランクダウンです。
新型がでるまではしばらく我慢が続きそうですね。

5位はダイハツ・タント。
こちらも今年フルモデルチェンジ予定とされていますが、先月と引き続き順位をキープしています。

ランキング6位~10位

6位(-) スズキ・ワゴンR 14,392台(前月比125%)
7位(-) ダイハツ・ミラ 11,497台(前月比143%)
8位(-) スズキ・アルト 11,021台(前月比154%)
9位(-) ホンダ・N-WGN 10,408台(前月比160%)
10位(11位↑) 三菱・eK 7,128台(前月比152%)

6位から9位までは引き続き前月と順位は変わらず。

10位に三菱・eKが前月比152%増でトップ10にランクインしてきました。
三菱復調気味ですね。エクリプスクロスも発売され今年は三菱期待できそうですね。

ランキング11位~15位

11位(↓) スズキ・ハスラー 6,830台(前月比121%)
12位(-) ダイハツ・キャスト 5,661台(前月比124%)
13位(-) ダイハツ・ウェイク 3,568台(前月比119%)
14位(-) トヨタ・ ピクシス 2,886台(前月比138%)
15位(圏外) ホンダ・N-ONE 2,535台(前月比173%)

11位は1ランクダウンしたスズキ・ハスラー
クロスビーの方に少し流れているのかもしれないですね。
発売から大分経ってきてそろそろ限定車などお買い得車などの設定が欲しいところ。

ホンダ・N-ONEがマイナーチェンジ後また15位にランクインしてきました
N-ONEの目標月間販売は1,200台で、2500台越えの販売数は立派ですね。
N-WGNと統合されて消滅という噂もありましたが、この販売台数なら次期型も生産しそうで一安心です。

軽自動車・乗用車混合ランキングトップ10

※軽自動車
1位 ※ホンダ・N-BOX 26,851台
2位 日産・ノート 19,356台
3位 ※スズキ・スペーシア 18,711台
4位 ※ダイハツ・ムーヴ 17,465台
5位 ※日産・デイズ 16,233台
6位 ※ダイハツ・タント 15,783台
7位 トヨタ・プリウス 15,688台
8位 日産・セレナ 15,080台
9位 ※トヨタ・アクア 14,778台
10位 ※スズキ・ワゴンR 14,392台

ホンダN-BOXのみが2万台超え、2位のノートに7000台以上の差をつけての1位です。

普通乗用車ではノートが前月2位、プリウスが7位、e-POWERモデルが追加されたセレナが8位にランクイン。
10台中7台が軽自動車という相変わらずの軽自動車が強い結果に。

ノートは相変わらず安定して売れています。
セレナは近々プリウスを抜きそうですね。
プリウスはマイナーチェンジで不評なデザインに手を入れる可能性も噂されています。

最後に

決算月も新型N-BOXの独走状態となりました。
販売初月の台数には届きませんでしたが、それに近しい台数でぶっちりぎりの登録台数は王者の貫禄すら漂います。

新型スペーシアが上向き加減ですが、N-BOXを抜くまでは厳しそうですね。
デイズやタントの新型が発売されるまではしばらくはN-BOXの1位は安泰な気がします。

完成度の高いN-BOXの販売を抜くのは相当大変だと思います。
例えば全車速ACCや、e-POWERのような革新的な機能など他メーカーにも頑張ってもらってN-BOXを脅かすような素敵なクルマを作って欲しいですね!

以上、2018年3月のランキングを分析してみました。

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


スズキ スペーシアの魅力は?基本スペックやメリットを徹底解説

スズキ スペーシアの魅力は?基本スペックやメリットを徹底解説

スズキのスペーシアは個性豊かで快適性も重視したい人におすすめの一台です。そこで今回は、スペーシアの基本スペックやメリット、カスタムやギアとの違い、ライバル車との比較などについて解説します。


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

国内で販売された新車の3台に1台は、軽自動車の時代。どんなクルマが、売れているのでしょうか?今回は、2020年の軽自動車新車販売台数をもとに、トップテン形式でまとめました。


ホンダ N-BOX|内装の特徴は?使い勝手や室内空間の良さを徹底解説

ホンダ N-BOX|内装の特徴は?使い勝手や室内空間の良さを徹底解説

ホンダのN-BOXは軽自動車の販売台数で上位に入っているモデルです。軽スーパーハイトワゴンで広い室内空間を持っているだけでなく、ファミリー層に使いやすい収納が魅力です。この記事では、N-BOXの内装の特徴を徹底的に解説します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。