目次へ戻る

2018年3月の軽自動車販売ランキング分析!決算月のN-BOXやライバル車の動向は?

2018年3月の軽自動車販売ランキング分析!決算月のN-BOXやライバル車の動向は?

2018年3月の軽自動車新車販売ランキングの速報値が発表されました。3月は決算月なので一年で一番販売台数の多い月で各社販売に一番力の入る月です。新型スペーシアは前月より売上を伸ばすのか?ホンダ N-BOXの販売台数は?ベスト15のランキングを元に紹介します。


はじめに

全国軽自動車協会連合会から2018年3月の軽自動車新車販売ランキングの速報値が発表されました。

3月は決算月なので一年で一番販売台数の多い月で各社販売に一番力の入る月となっています。

新型スペーシアは前月より売上を伸ばすのか?ホンダ N-BOXの販売台数は?今月も先月に引き継続いてベスト15のランキングを元に紹介させて頂きます。

乗用車も含めた販売台数についても分析します。

ランキング1位~5位

1位(前月1位-) ホンダ・N-BOX 26,851台(前月比122%)
2位(3位↑) スズキ・スペーシア 18,711台(前月比137%)
3位(4位↑) ダイハツ・ムーヴ 17,465台(前月比129%)
4位(2位↓) 日産・デイズ 16,233台(前月比113%)
5位(5位-) ダイハツ・タント 15,783台(前月比122%)

ホンダN-BOXが先月に引き続き、26,851台で1位となりました。
販売初月の26,983台には届きませんでしたが、2位以下に8,000台の差をつけ、ぶっちりぎりの登録台数は凄いの一言です。

決算期ということで値引きの渋いN-BOXですが、若干値引きも拡大したのかもしれませんね。

2位はスズキ新型スペーシアが先月3位から1ランクアップの2位にランクイン。

1万8千台と着実に台数を伸ばしました。
まだまだN-BOXの壁は高いですが、このまま2位をキープできそうな勢いです。
来月の台数に注目したいところです。

3位はダイハツ・ムーヴ

ムーヴキャンパスが台数を稼いでいると思われます。
個人的にはパールホワイトⅢ×ファインミントメタリックのボディカラーがおすすめです。

4位はニッサンのデイズ。
2ランクダウンです。
新型がでるまではしばらく我慢が続きそうですね。

5位はダイハツ・タント。
こちらも今年フルモデルチェンジ予定とされていますが、先月と引き続き順位をキープしています。

ランキング6位~10位

6位(-) スズキ・ワゴンR 14,392台(前月比125%)
7位(-) ダイハツ・ミラ 11,497台(前月比143%)
8位(-) スズキ・アルト 11,021台(前月比154%)
9位(-) ホンダ・N-WGN 10,408台(前月比160%)
10位(11位↑) 三菱・eK 7,128台(前月比152%)

6位から9位までは引き続き前月と順位は変わらず。

10位に三菱・eKが前月比152%増でトップ10にランクインしてきました。
三菱復調気味ですね。エクリプスクロスも発売され今年は三菱期待できそうですね。

ランキング11位~15位

11位(↓) スズキ・ハスラー 6,830台(前月比121%)
12位(-) ダイハツ・キャスト 5,661台(前月比124%)
13位(-) ダイハツ・ウェイク 3,568台(前月比119%)
14位(-) トヨタ・ ピクシス 2,886台(前月比138%)
15位(圏外) ホンダ・N-ONE 2,535台(前月比173%)

11位は1ランクダウンしたスズキ・ハスラー
クロスビーの方に少し流れているのかもしれないですね。
発売から大分経ってきてそろそろ限定車などお買い得車などの設定が欲しいところ。

ホンダ・N-ONEがマイナーチェンジ後また15位にランクインしてきました
N-ONEの目標月間販売は1,200台で、2500台越えの販売数は立派ですね。
N-WGNと統合されて消滅という噂もありましたが、この販売台数なら次期型も生産しそうで一安心です。

軽自動車・乗用車混合ランキングトップ10

※軽自動車
1位 ※ホンダ・N-BOX 26,851台
2位 日産・ノート 19,356台
3位 ※スズキ・スペーシア 18,711台
4位 ※ダイハツ・ムーヴ 17,465台
5位 ※日産・デイズ 16,233台
6位 ※ダイハツ・タント 15,783台
7位 トヨタ・プリウス 15,688台
8位 日産・セレナ 15,080台
9位 ※トヨタ・アクア 14,778台
10位 ※スズキ・ワゴンR 14,392台

ホンダN-BOXのみが2万台超え、2位のノートに7000台以上の差をつけての1位です。

普通乗用車ではノートが前月2位、プリウスが7位、e-POWERモデルが追加されたセレナが8位にランクイン。
10台中7台が軽自動車という相変わらずの軽自動車が強い結果に。

ノートは相変わらず安定して売れています。
セレナは近々プリウスを抜きそうですね。
プリウスはマイナーチェンジで不評なデザインに手を入れる可能性も噂されています。

最後に

決算月も新型N-BOXの独走状態となりました。
販売初月の台数には届きませんでしたが、それに近しい台数でぶっちりぎりの登録台数は王者の貫禄すら漂います。

新型スペーシアが上向き加減ですが、N-BOXを抜くまでは厳しそうですね。
デイズやタントの新型が発売されるまではしばらくはN-BOXの1位は安泰な気がします。

完成度の高いN-BOXの販売を抜くのは相当大変だと思います。
例えば全車速ACCや、e-POWERのような革新的な機能など他メーカーにも頑張ってもらってN-BOXを脅かすような素敵なクルマを作って欲しいですね!

以上、2018年3月のランキングを分析してみました。

関連する投稿


三菱の軽自動車の魅力とは? 中古から新型まで人気車種をご紹介!

三菱の軽自動車の魅力とは? 中古から新型まで人気車種をご紹介!

三菱の軽自動車はあまり見かけることが少ないかもしれませんが、実は最近三菱は新型を発表しています。その新型は使い勝手の良さをアピールしており、人気が出てくると思うので今回はその三菱の軽自動車の魅力について見ていきたいと思います。


ダイハツの軽 エッセ|スペック・燃費から中古価格までご紹介

ダイハツの軽 エッセ|スペック・燃費から中古価格までご紹介

発売が終了している、ダイハツのエッセは街乗りに丁度いい仕様で作られています。エッセの中古車には、燃費性のに走行性能など様々な点で期待することができます。今回の記事では、ダイハツの軽自動車「エッセ」」の性能や燃費に、中古車価格などをまとめてご紹介していきます。


ダイハツ ハイゼットカーゴの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価

ダイハツ ハイゼットカーゴの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価

みなさんはダイハツのハイゼットカーゴをご存知でしょうか。 ハイゼットカーゴはダイハツの数ある車種の中でも歴史の長い車種になります。本記事ではハイゼットカーゴの気になる情報をまとめています。


ダイハツのムーヴカスタム 新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価一覧

ダイハツのムーヴカスタム 新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価一覧

ダイハツの軽トールワゴン、ムーヴカスタムは、ムーヴのスポーティータイプです。ムーヴカスタムは2014年から発売されており人気も高い一台です。本記事ではムーヴカスタムに関する新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価などをまとめています。


日産の軽自動車にはOEMが多い?現行モデルの価格、スペック等一覧で紹介

日産の軽自動車にはOEMが多い?現行モデルの価格、スペック等一覧で紹介

日産の軽自動車はOEM車は日産と三菱の出費で株式会社NMKVが作って販売しています。NMKVとはどんな会社なのか、ハイブリットやEV、安全装置はどうなっているのか性能や内容を詳しく解説します。売れ筋の新型車両にもぜひ注目してください。


最新の投稿


海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

地球上のあらゆる大地を舞台に戦いをみせてきた三菱パジェロのサイズ感をミドルクラスに制作されたパジェロイオ。ダカールラリーでも優勝経験を果たし、その雄姿も相まって1990年代、RVブームに乗り販売台数を大きく伸ばしました。今回は、パジェロイオが愛された理由をまとめご紹介します。


幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

スズキが2009年に発売したセダン『キザシ』。この『キザシ』という言葉には、物事の始まりの予兆という意味と、芽が出るという二つの意味合いがあります。今回の記事では、志高く誕生したものの短命に終わった『スズキ キザシ』についてまとめています。


【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

高圧洗浄機は洗車に使ったり外壁を洗浄したり、あらゆる場所の洗浄に便利なので、購入を考えている人もいるでしょう。そこで今回は、ケルヒャーなどの有名なメーカーを含め、家庭用と業務用のおすすめの高圧洗浄機を紹介します。気になる動作音を抑える静音タイプも紹介しています。


今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

ハイブリッドと一言で言っても実はいくつか種類があります。今回わかりやすく解説しながら、最も取り扱いが簡単なマイルドハイブリッドの仕組みについて迫りたいと思います。来る電気自動車の時代に向けて勉強してみましょう。


【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

行政処分である免許取り消しの制度の仕組みは、交通違反として最も重い処分です。点数による処分がどのように行われているのかしりたいところでしょう。免許取り消しの理由は、また、違反による点数によって講習を受ける必要性があります。取り消しの期間から最終的に再取得までの流れを改めて見ていきましょう。