目次へ戻る

2018年3月の軽自動車販売ランキング分析!決算月のN-BOXやライバル車の動向は?

2018年3月の軽自動車販売ランキング分析!決算月のN-BOXやライバル車の動向は?

2018年3月の軽自動車新車販売ランキングの速報値が発表されました。3月は決算月なので一年で一番販売台数の多い月で各社販売に一番力の入る月です。新型スペーシアは前月より売上を伸ばすのか?ホンダ N-BOXの販売台数は?ベスト15のランキングを元に紹介します。


はじめに

全国軽自動車協会連合会から2018年3月の軽自動車新車販売ランキングの速報値が発表されました。

3月は決算月なので一年で一番販売台数の多い月で各社販売に一番力の入る月となっています。

新型スペーシアは前月より売上を伸ばすのか?ホンダ N-BOXの販売台数は?今月も先月に引き継続いてベスト15のランキングを元に紹介させて頂きます。

乗用車も含めた販売台数についても分析します。

ランキング1位~5位

1位(前月1位-) ホンダ・N-BOX 26,851台(前月比122%)
2位(3位↑) スズキ・スペーシア 18,711台(前月比137%)
3位(4位↑) ダイハツ・ムーヴ 17,465台(前月比129%)
4位(2位↓) 日産・デイズ 16,233台(前月比113%)
5位(5位-) ダイハツ・タント 15,783台(前月比122%)

ホンダN-BOXが先月に引き続き、26,851台で1位となりました。
販売初月の26,983台には届きませんでしたが、2位以下に8,000台の差をつけ、ぶっちりぎりの登録台数は凄いの一言です。

決算期ということで値引きの渋いN-BOXですが、若干値引きも拡大したのかもしれませんね。

2位はスズキ新型スペーシアが先月3位から1ランクアップの2位にランクイン。

1万8千台と着実に台数を伸ばしました。
まだまだN-BOXの壁は高いですが、このまま2位をキープできそうな勢いです。
来月の台数に注目したいところです。

3位はダイハツ・ムーヴ

ムーヴキャンパスが台数を稼いでいると思われます。
個人的にはパールホワイトⅢ×ファインミントメタリックのボディカラーがおすすめです。

4位はニッサンのデイズ。
2ランクダウンです。
新型がでるまではしばらく我慢が続きそうですね。

5位はダイハツ・タント。
こちらも今年フルモデルチェンジ予定とされていますが、先月と引き続き順位をキープしています。

ランキング6位~10位

6位(-) スズキ・ワゴンR 14,392台(前月比125%)
7位(-) ダイハツ・ミラ 11,497台(前月比143%)
8位(-) スズキ・アルト 11,021台(前月比154%)
9位(-) ホンダ・N-WGN 10,408台(前月比160%)
10位(11位↑) 三菱・eK 7,128台(前月比152%)

6位から9位までは引き続き前月と順位は変わらず。

10位に三菱・eKが前月比152%増でトップ10にランクインしてきました。
三菱復調気味ですね。エクリプスクロスも発売され今年は三菱期待できそうですね。

ランキング11位~15位

11位(↓) スズキ・ハスラー 6,830台(前月比121%)
12位(-) ダイハツ・キャスト 5,661台(前月比124%)
13位(-) ダイハツ・ウェイク 3,568台(前月比119%)
14位(-) トヨタ・ ピクシス 2,886台(前月比138%)
15位(圏外) ホンダ・N-ONE 2,535台(前月比173%)

11位は1ランクダウンしたスズキ・ハスラー
クロスビーの方に少し流れているのかもしれないですね。
発売から大分経ってきてそろそろ限定車などお買い得車などの設定が欲しいところ。

ホンダ・N-ONEがマイナーチェンジ後また15位にランクインしてきました
N-ONEの目標月間販売は1,200台で、2500台越えの販売数は立派ですね。
N-WGNと統合されて消滅という噂もありましたが、この販売台数なら次期型も生産しそうで一安心です。

軽自動車・乗用車混合ランキングトップ10

※軽自動車
1位 ※ホンダ・N-BOX 26,851台
2位 日産・ノート 19,356台
3位 ※スズキ・スペーシア 18,711台
4位 ※ダイハツ・ムーヴ 17,465台
5位 ※日産・デイズ 16,233台
6位 ※ダイハツ・タント 15,783台
7位 トヨタ・プリウス 15,688台
8位 日産・セレナ 15,080台
9位 ※トヨタ・アクア 14,778台
10位 ※スズキ・ワゴンR 14,392台

ホンダN-BOXのみが2万台超え、2位のノートに7000台以上の差をつけての1位です。

普通乗用車ではノートが前月2位、プリウスが7位、e-POWERモデルが追加されたセレナが8位にランクイン。
10台中7台が軽自動車という相変わらずの軽自動車が強い結果に。

ノートは相変わらず安定して売れています。
セレナは近々プリウスを抜きそうですね。
プリウスはマイナーチェンジで不評なデザインに手を入れる可能性も噂されています。

最後に

決算月も新型N-BOXの独走状態となりました。
販売初月の台数には届きませんでしたが、それに近しい台数でぶっちりぎりの登録台数は王者の貫禄すら漂います。

新型スペーシアが上向き加減ですが、N-BOXを抜くまでは厳しそうですね。
デイズやタントの新型が発売されるまではしばらくはN-BOXの1位は安泰な気がします。

完成度の高いN-BOXの販売を抜くのは相当大変だと思います。
例えば全車速ACCや、e-POWERのような革新的な機能など他メーカーにも頑張ってもらってN-BOXを脅かすような素敵なクルマを作って欲しいですね!

以上、2018年3月のランキングを分析してみました。

関連する投稿


西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

損害車買取台数で業界シェアNo.1の株式会社タウが、西日本を中心とした記録的な大雨により被災した地域の復旧活動に貢献すべく、新たに「被災地復旧支援チーム」を発足、今回の水害で発生した被災車両の引き取り、保管、買い取りに対応すべく支援チームが対応、被災車両1台の買い取りにつき1,000円を寄付するそうです。


【7月13日発売】ホンダのNシリーズ 新型軽バン N-VAN(エヌバン)最新情報

【7月13日発売】ホンダのNシリーズ 新型軽バン N-VAN(エヌバン)最新情報

7月13日、ホンダのNシリーズにニューフェイスが登場します。その名もN-VAN(エヌバン)!N-VANは機能性・走行性能・安全性能を追求した軽貨物車です。N-BOXのプラットフォームを最大に活かし、軽バンとしての積載量は十分に確保した新型N-VAN。N-VANが気になっている人、本記事を読んで、ぜひとも検討してみては?


2018年上半期 軽自動車販売台数ランキングを分析!N-BOXに死角はあるのか?

2018年上半期 軽自動車販売台数ランキングを分析!N-BOXに死角はあるのか?

全国軽自動車協会連合会が7月5日、2018年上半期(1月~6月)の軽四輪車通称名別新車販売速報を発表しました。N-BOXが圧倒的に売れている印象の2018年の軽自動車市場ですが、上半期を振り返って分析してみました。下半期に期待の新型車もピックアップしてみました。


【FMC最新情報】スズキ新型ジムニー&ジムニーシエラ 7月に正式発売!

【FMC最新情報】スズキ新型ジムニー&ジムニーシエラ 7月に正式発売!

スズキは20年振りのフルモデルチェンジとなる新型「ジムニー」の概要を6月18日に発表し、同時に7月に発売するのを正式に予告しました。またジムニーをベースとした小型車規格の「ジムニーシエラ」も正式に発売が発表されたので、併せて車種の概要や価格についてを紹介します。


スズキ新型ジムニーの5ドア、カブリオレ、ピックアップの3バージョン予想CG!

スズキ新型ジムニーの5ドア、カブリオレ、ピックアップの3バージョン予想CG!

ハンガリーのデザイン会社「X-Tomi Design」が、スズキ新型ジムニーの5ドア、カブリオレ、ピックアップの3バージョンの予想CGをサイトで公開しました。 どれもそのまま出しても違和感のないレベルの完成度のCGで、過去のジムニーでもピックアップやオープンモデルは設定されたこともあり新型でも是非発売を期待したいですね


最新の投稿


画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

DMMが6月5日に車査定アプリ、「DMM AUTO」をiOS版にて、7月20日にAndoroid版をダウンロードしました。本記事ではたった3枚の写真と質問項目に答えるだけで、すぐにマイカーの査定が完了する「DMM AUTO」についてご紹介します。


BMW M235iクーペ スペック  車種情報 試乗評価 中古価格は?

BMW M235iクーペ スペック 車種情報 試乗評価 中古価格は?

あなたはBMW M235iを知っていますか。1シリーズクーペの後継車種として、2013年にドイツで販売が開始され、2016年にM240iがデビューするまで生産された(日本では2014年より発売)、BMWの2ドアスポーツクーペです。M235iはその高性能モデルになります。本記事では改めてM235iについて見ていきます。


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。